プレスリリース
No.2559
2021/02/09
ファッション産業のデジタルテクノロジーに関する調査を実施(2020年)

2019年のアパレル向けRFIDタグの国内流通総数を24億7,149万枚と推計
~ファッション製品向け商品タグ(下げ札等)のうち、RFIDタグの流通総数は増加傾向にあり、今後普及が進む見通し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ファッション産業におけるデジタルテクノロジー戦略を調査し、プロセス別の動向、今後の方向性を明らかにした。ここでは、アパレル向けRFIDタグの国内流通総数予測について、公表する。

アパレル向けRFIDタグ(下げ札等)国内流通総数推移・予測
アパレル向けRFIDタグ(下げ札等)国内流通総数推移・予測

1.調査結果概要

アパレル企業が不良在庫を生み出す根源的な要因は、見込生産である。製品数やサイズ、色、柄、流行、シーズンサイクル、天候など多くの不確定要素が多いアパレル製品は元来需要予測が難しく、見込で生産せざるを得ない。さらに、生産コストの削減を追求するために、海外のサプライチェーンでモノづくりを行い、大量生産を進めていく。その結果、大量の不良在庫が年々積み重なる悪循環から抜け出ることができない。

最終不良在庫は原料から糸、テキスタイル、縫製に至るすべてのプロセスで費やした資源、エネルギー、労働力を濫用し、地球環境に悪影響を与えており、ファッション産業は在庫の適正化に向かう必要がある。需要予測の精度を高くすることで見込生産を最小限にとどめて、不良在庫を軽減するにはデジタルテクノロジー(ファッション産業にとってのDX:デジタルトランスフォーメーション)の活用が有効であり、アパレル向けRFIDタグへの期待は大きい。

​RFIDタグは、将来的にはサプライチェーンを一気通貫して管理するポテンシャルを持っている。ファッション製品向け商品タグ(下げ札等)のうち、RFIDタグ付きの下げ札の2019年国内流通総数を24億7,149万枚と推計した。RFIDタグの平均価格低下を背景に、RFIDタグ導入が広まっており、2017年にファーストリテイリングがGUでセルフレジを導入したことを皮切りに、アパレル業界ではRFIDタグへの関心度が高まっている。

2.注目トピック

ファッション産業におけるデジタル化ポテンシャル

ファッション産業の業務フロー別にデジタル化のポテンシャルをまとめると、以下の通りである。

【企画・製造】
布類は柔軟な素材で出来ているため、衣服製造自動化による効率的な製造が難しい。企画・製造工程においては、3D CADによってサンプル作成のスピードをあげるなど、適正在庫を目指す取り組みは進められている。一方、企業と工場をマッチングする等、サプライチェーン自体に関わるソリューションはまだ取り組みが少なく、今後の動向を注視する必要がある。

【販売・販売促進】
小売業の販売・販売促進への取り組みはここ数年増えており、デジタルテクノロジーの導入でもっとも盛んな分野である。アパレル業界という切り口でみると、リアル店舗やWebで展開できるサービスにはまだ広がりがあるが、D2C(Direct to Consumer)のビジネスモデルは拡大しており、D2C支援のプラットフォームも増える見込みである。

【管理】
管理におけるデジタルテクノロジーの中心となるのは、RFIDタグの普及・活用である。RFIDはこれまで、棚卸の効率化を目的としていた。現在は在庫管理などを目的としたRFID導入のステップにあり、次のステップはRFIDソリューションを活用し、アパレル企業がセルフレジやマーケティングに取り組む段階である。

【採寸】
採寸におけるデジタルテクノロジーとは、主に3Dボディスキャンを指す。3Dボディスキャンは、データが蓄積しビッグデータになり、ECなどで利用できるようになれば、市場拡大につながる。ドラスティックな成長戦略を描くには、スキャン回数向上の壁を越えなければならない。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
BCパターン
  • 注目トピックの追加情報 ※1
  • 調査結果詳細の追加情報
  •  企画・製造のデジタル化のポテンシャル
     販売・販売促進のデジタル化のポテンシャル
     管理のデジタル化のポテンシャル
     採寸のデジタル化のポテンシャル
    以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年5月~7月
    2.調査対象: ファッションのデジタルテクノロジー戦略に関わる主要企業
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談(オンライン含む) 、アンケート調査 、ならびに文献調査調査併用

    <アパレル向けRFIDタグとは>

    RFID(Radio Frequency Identification)システムは、RFIDタグ(ICタグ)の電子回路に記憶された情報を、無線通信によって非接触で読み書きする自動認識システムである。
    本調査におけるアパレル向けRFIDタグとは、ファッション製品向け商品タグ(下げ札等)のうち、RFIDタグ付きの下げ札を指す。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    アパレル向けRFIDタグ、インレイ(タグ内のICチップ・アンテナ)他

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年07月31日
    体裁
    A4 206ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2021 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。