2020 ファッション産業のデジタルテクノロジー戦略

近年AIやIoT化等の進展により世界的にデータ流通が増大しており、DX(デジタルトランスフォーメーション)による持続的成長が注目されています。コロナ禍は経済的打撃を与える一方で、このDX推進を加速させています。
しかし、ファッション産業のサプライチェーンは分業を基本とし、クモの巣のように複雑で独特です。ファッション産業のDXはどこに向かうのか?当資料の出発点はそこにあります。
SDGsへの取り組みが不可欠なファッション産業において、デジタルテクノロジーがどのような変化を齎すかを、どのようなムーブメントが起きているかを業務フロー別に調査し、ファッション産業におけるデジタル・DXシフトのポテンシャル、展望を明確化します。

発刊日
2020/07/31
体裁
A4 / 206頁
資料コード
C62108700
PDFサイズ
10.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、デジタルトランスフォーメーションが進んでいる。ファッション産業は見込生産を前提にものづくりを行い、過剰在庫を製造し続けている。ファッション産業の活性化に寄与するデジタルテクノロジーを業務プロセスごとにレポートし、デジタル化のポテンシャルが最も高い業務プロセスを明らかにすることを目的とした。
調査対象:ファッションのデジタルテクノロジー戦略に関わる主要企業(業務プロセス別)(1)製造・企画 (2)販売・販売促進 (3)管理 (4)採寸
調査方法:Web・直接面談ヒアリング、Webアンケート・アンケート郵送法、文献調査
調査期間:2020年5~2020年7月

資料ポイント
Close

  • 企画~製造~販売のどの業務フローにデジタル化のポテンシャルがあるのか
  • 「アパレルメーカー・小売」と「ソリューションベンダー・機器開発」の両面からデジタル戦略に関するアンケートを実施し、現状と展望を分析
  • コロナ禍がもたらすファッション産業の変化とその対応策を考察

資料概要
Close

第1章 ファッション産業の現状
第2章 デジタルテクノロジーと産業イノベーションの現在
第3章 ファッション産業のデジタル化の市場ポテンシャルの考察
第4章 アフターコロナにおけるファッションテックの位置づけ
第5章 ファッション産業のデジタルテクノロジー・企業個表
第6章 ファッション企業のデジタルテクノロジー導入の現状(アンケート調査)

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 ファッション産業の現状

1.国内アパレル小売業の現状
 (1)国内アパレル小売業の縮小と変化
 (2)スマートフォンの普及と消費者行動
 (3)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の衝撃
2.ファッション産業の現状と方向性
 (1)国内繊維産業の衰退
 (2)国内市場における衣類の輸入浸透率と貿易収支
 (3)国内供給数量と衣料品消費支出額の推移
 (4)国内繊維・アパレル産業の現状と課題
3.繊維・アパレル産業のサプライチェーンの特徴
 (1)川上・川中・川下の段階別市場規模推計と予測
 (2)国内繊維・アパレル企業が目指すべき方向性

第2章 デジタルテクノロジーと産業イノベーションの現在

1.流通・小売のデジタルトランスフォーメーション
2.ファッション産業のデジタルトランスフォーメーション
3.製品・サービス展開事例

※( )カッコ内は製品、サービス名
株式会社 Flow Solution(IoT Intergrations)
GROUND 株式会社(GTP (Goods to Person) 型ロボットButler、他)
Jeanologia(Flexi Pro/Twin Pro 他)
Shopify Japan 株式会社(Shopify)
株式会社 オプティム(OPTiM®AI Camera)
株式会社 クレスト(Xovis/esasy)
スプリームシステム 株式会社(Moptar)
株式会社 テクムズ(AI顔認証技術「顔パス®」)
東芝テック 株式会社(RFIDトータルソリューション)
トレジャーデータ 株式会社(ARM TREASURE DATE)
飛天ジャパン 株式会社(顔認識AIデバイス)
株式会社 プレイド(KARTE)
ベータ・ジャパン 合同会社(b8ta)

第3章 ファッション産業のデジタル化の市場ポテンシャルの考察

1.中・長期的にデジタル化ポテンシャルの高い業務フロー
 (企画・製造/販売・販売促進/管理/採寸)
 (ファッション関連企業向けRFIDタグ(下げ札等)の市場規模)
2.主要企業の事業戦略(カテゴリー別)

第4章 アフターコロナにおけるファッションテックの位置づけ

主要企業のアフターコロナの対応・見解(カテゴリー別)

第5章 ファッション産業のデジタルテクノロジー・企業個表

1.企画・製造
 DeepValley、アベイル、島精機製作所、東レACS、フクル、ユカアンドアルファ
2.販売・販売促進
 FABRIC TOKYO、スタイラー、七彩、ニューロープ
3.管理
 RFルーカス、テンタック、東京吉岡、ナクシス
4.採寸
 NTC、VRC、スペースビジョン、ワコール

<ファッション産業のデジタルテクノロジー企業個表の内容>
※一部企業は項目が異なります
1.会社概要
2.業績推移
3.製品・サービスについて
 a.〔特徴〕
 b.〔開発の経緯、背景・市場機会の発見〕
 c.〔実績・売上・導入事例など〕
4.差別化戦略
5.自社の課題・目標について
6.ファッション産業の問題・課題について
7.デジタル・DXシフトの方向をどうみるか
  (消費者の変化、サプライチェーンの変化、デジタル人材の確保など)

第6章 ファッション企業のデジタルテクノロジー導入の現状(アンケート調査)

(1)アンケート調査結果
(2)調査結果の分析

<アンケート内容>
1.ファッション産業の低迷要因
2.今後閉鎖が進む店舗形態
3.デジタルテクノロジーが発展した後のリアル店舗の役割
4.ファッション産業の優先課題
5.コロナ禍のファッション産業で加速するデジタルテクノロジー導入の業務プロセス
6.ファッション企業で最優先に改善が必要だと考えられる業務プロセス
7.デジタルテクノロジー導入の計画
8.デジタルテクノロジー導入の課題
9.デジタルテクノロジー導入による課題解決の計画
10.ファッション産業の業務プロセスでデジタル化が必要だと考えられる箇所
11.ファッション産業で魅力を感じる部分
12.ファッション業界のメーカー、小売に対するサービス提案の課題

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。