プレスリリース
No.2654
2021/02/09
家庭用衛生用品(6品目)市場に関する調査を実施(2020年)

2020年度の家庭用衛生用品(6品目)市場規模は前年度比190.3%の3,245億円の見込
~新型コロナウイルス感染拡大による特需により、家庭用衛生用品(6品目)の市場は大幅伸長見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の家庭用衛生用品6品目の市場を調査し、製品カテゴリー別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

家庭用衛生用品(6品目)市場規模推移
家庭用衛生用品(6品目)市場規模推移

1.市場概況

季節性のインフルエンザやノロウイルス、O157などの細菌感染などの予防のため、家庭での衛生管理意識は高まっており、これまで家庭用衛生用品は普及してきた。家庭用マスクやウェットティッシュ、タオルペーパー、ハンドソープ、浴用固形石鹸、手指消毒剤の家庭用衛生用品6品目を対象とした2019年度の市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比113.2%1,705億600万円となった。

2.注目トピック

家庭用衛生用品6品目の製品別動向

家庭用衛生用品6品目それぞれの2019年度市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、家庭用マスク市場が前年度比121.2%の486億円、ウェットティッシュ市場が前年度比120.3%の326億円、タオルペーパー市場が前年度比107.2%の384億600万円、ハンドソープ市場が前年度比108.1%の239億円、浴用固形石鹸市場が前年度比101.8%の231億円、手指消毒剤市場が前年度比136.8%の39億円となった。家庭での衛生管理意識の高まりに加え、2020年初頭から新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、市場は伸長している。

3.将来展望

新型コロナウイルス感染症拡大による特需により、市場は大幅に伸長すると見られ、2020年度の家庭用衛生用品(6品目)市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比190.3%の3,245億円の見込みである。今後の市場見通しとしては、2020年初頭から続く新型コロナウイルスの感染予防の一環として、いずれの品目も更なる利用普及が進むものとみられる一方で、有望な市場に対して周辺の業種からの新規参入が増加しており、市場競争は激化するものと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  サニタリー分野3品目(家庭用マスク、ウェットティッシュ、タオルペーパー)
     フェイス・ボディケア3分野(ハンドソープ、浴用固形石鹸、手指消毒剤)
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年11月~12月
    2.調査対象: 家庭用衛生用品メーカー
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接及び電話取材、その他周辺調査併用

    <家庭用衛生用品6品目とは>

    本調査における家庭用衛生用品6品目は、家庭用マスク、ウェットティシュ、タオルペーパー、ハンドソープ、浴用固形石鹸、手指消毒剤を対象とした。
    なお、市場規模は主として日用雑貨ルートを通じて販売される製品とし、メーカー出荷金額ベースで算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    ①家庭用マスク ②ウェットティッシュ ③タオルペーパー ④ハンドソープ ⑤浴用固形石鹸 ⑥手指消毒剤

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2021年01月25日
    体裁
    A4 81ページ
    定価
    50,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2021 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。