プレスリリース
No.2716
2021/05/26
コロナ禍における流通菓子市場に関する調査を実施(2021年)

2020年度の流通菓子市場規模を前年度比1.6%減の2兆232億円と予測
​~コロナ禍で、自宅で消費される流通菓子はプラス、外出を伴う食シーンの製品群や土産向けの製品が大幅なマイナスの見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の流通菓子市場を調査し、製品カテゴリ別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。

流通菓子市場規模推移・予測
流通菓子市場規模推移・予測
2019年度の製品カテゴリ別市場構成比
2019年度の製品カテゴリ別市場構成比

1.市場概況

2019年度の流通菓子の市場環境は概ね良く、チョコレートやビスケット類、米菓、スナック菓子、キャンディ・キャラメル、輸入菓子と、ほとんどの製品カテゴリで前年度を上回って着地した。豆菓子、チューインガム、その他菓子製品は前年割れとなったが、いずれも前年度比90%台後半で微減にとどまったことで、2019年度の流通菓子市場(メーカー出荷金額ベース)は2兆566億円と、前年度越えとなった。

2020年度は多くの企業にとって期初にあたる4月から、新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が発出され、外出自粛となったことで在宅率が上昇、家庭内で食される流通菓子の需要は急増となった。本来であれば行楽シーズンであるこの時期に在宅率が上昇したことは、自宅で消費される菓子商品にとってはプラスとなったが、一方でポケット菓子や小箱菓子、カップ型、パウチ型などの容器形態の菓子、ご当地物の菓子など、行楽需要のお供となる商品群にとっては大打撃となった。
また、都市部を中心にリモートワークが広がったことで、オフィスワーカーの需要を取り込んでいた商品群も打撃を受けている。お茶うけとされるおせんべいなどの米菓、甘納豆などは、帰省や友人同士の集まりなど人が集まる場で消費されることが多く、コロナ禍では苦戦傾向となっている。

2.注目トピック

新型コロナウイルス感染拡大の影響とその対応

2020年4~6月緊急事態宣言下においては巣ごもり消費が急増し、流通菓子の商品販売上の観点からいうと、プラス影響が多かった。但し、食品スーパーなどで販売されている商品は概ね好調に推移したものの、CVSでの販売商品は外出自粛やリモートワークの広がりに伴うオフィス需要の減少から、利用者数が減少し苦戦を強いられた。

その後6月下旬から学校が再開すると、製品カテゴリによって好不調が分かれるようになった。ビスケット類などは7月以降も好調に推移したほか、おつまみ需要を取り込んでスナック菓子や豆菓子も好調を維持した。一方で、スナック菓子の中でも、行楽需要やオフィス需要が多いカップ型、パウチ型などの容器形態の菓子は苦戦が続いたほか、人が集まる場所でよく食される米菓も苦戦した。また、外出のお供であるキャンディ・キャラメルは、年間を通して苦戦が続いた。

3.将来展望

2020年度、国内の流通菓子需要は在宅時間の増加を背景に概ね堅調に推移しているものの、ポケット菓子や携帯型スナック菓子など、外出を伴う食シーンの製品群が苦戦をしていること、また、土産向けの流通菓子製品が大幅な減少を余儀なくされていることなどが影響し、2020年度の流通菓子市場規模を前年度比1.6%減の2兆232億円と縮小を予測する。

2021年度は、コロナ禍での需要拡大と土産菓子の市場縮小など、プラスとマイナスの影響が瞬間風速の中でどの程度みられたかによって、市場の拡大・縮小が左右される見通しである。また、東京オリンピック・パラリンピックについては、仮に開催された場合でも当初想定していたインバウンド(訪日外国人客)や観光客、競技観戦客の需要の多くは見込めないと判断しており、プラス影響はほぼ織り込まずに算出している。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  チョコレート
     スナック菓子
     ビスケット類
  • 注目トピックの追加情報
  •  おつまみ菓子の拡大~消費増税とコロナ禍で大きく拡大~
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年11月~2021年1月
    2.調査対象: 流通菓子メーカー、卸売業、商社、関連団体等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用

    <流通菓子市場とは>

    本調査における流通菓子とは、チョコレート、ビスケット類、米菓、豆菓子、スナック菓子、チューインガム、キャンディ・キャラメル、輸入菓子などの菓子品目について、量販店・食品スーパー、コンビニエンスストア(CVS)、ドラッグストア、ディスカウントストア等への卸売によって流通している常温流通菓子を指すものとする。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    チョコレート、ビスケット、米菓、豆菓子、スナック菓子、チューインガム、キャンディ・キャラメル、その他菓子製品(タブレット菓子、甘納豆、かりんとう、玩具菓子等)、輸入菓子など

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2021年02月05日
    体裁
    A4 466ページ
    価格(税込)
    132,000円 (本体価格 120,000円)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2021 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。