2009年版 メタボリックシンドローム関連市場の実態と展望

メタボリックシンドローム関連市場を予防、診断、治療に分類。各分野ごとに、中心となる市場と注目される市場を徹底分析。今後も拡大するメタボリックシンドローム関連市場を把握するための市場調査レポート。

発刊日
2009/04/30
体裁
A4 / 227頁
資料コード
C51105200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:メタボリックシンドロームに関連した各分野における中心的な製品、及び、サービス
調査方法:研究員による直接面接取材、電話取材、インターネットやその他の情報収集に複合調査
調査期間:2009年1月~2009年4月
 

リサーチ内容

第1章 メタボリックシンドローム関連市場の総合分析

2008年特定健診・特定保健指導が開始されたが低調
メタボ診断基準の国際統一化の動き
・・・ゼロ、・・・オフという食品、キャッチフレーズの流行
ワンコイン健診にメタボ対応
メタボリックシンドロームで大腸がんリスク増大
メタボリックシンドロームの研究進む
自宅フィットネスの広がり
乗馬フィットネス機器の低迷
気づき、楽しい、簡単、効果、飽きのない
メタボリックシンドローム関連市場のダイエット市場
メタボリックシンドローム関連市場のセグメント
メタボリックシンドローム関連市場規模の考察
メタボリックシンドローム関連市場の展望


第2章 予防分野の徹底分析

2-1.運動予防市場
  2-1-1.フィットネスクラブ市場
    (1)市場概況
    (2)フィットネスクラブでのメタボリックシンドローム対応プログラム
  2-1-2.フィットネス機器市場
    (1)市場概況
    メタボ対応で導入増えるウェスト専用フィットネス機器
    (2)市場規模
    乗馬フィットネスの急激な販売減少
    パナソニック「ジョーバ」
    スライヴ「ロデオボーイ」
2-2.食事予防市場
  2-2-1.特定保健用食品市場
    (1)市場概況
    (2)個別市場
    ①コレステロール抑制製品市場
      a.市場規模
      b.製品概略
    ②血圧対策製品市場
      a.市場規模
      b.製品概略
    ③血糖値対策製品市場
      a.市場規模
      b.製品概略
    ④中性脂肪・体脂肪対策製品市場
      a.市場規模
      b.製品概略
2-3.注目新市場
  2-3-1.エクサゲーミング市場
    任天堂「Wii Fit」
    新世代「XaviX(ザビックス)」
  2-3-2.低GI食品市場
    大塚製薬「SOYJOY」


第3章 診断分野の徹底分析

3-1.特定健診市場
  3-1-1.特定健診の実施による変化
  3-1-2.特定健診の検査項目
  3-1-3.特定健診のポイント
  3-1-4.特定健診の課題
    (1)自治体における目標実施率の設定の違い
    (2)目標実施率の未達成後の対策
    (3)受診義務と保険料及び個人負担額のバラツキ
    (4)受診勧奨システムの違いの影響
  3-1-5.特定健診市場規模
3-2.在宅検診
  3-2-1.市場概況
  3-2-2.主要参入企業の事業動向
3-3.健康管理機器市場
  3-3-1.家庭用血圧計
    (1)市場概況
    (2)参入企業動向
  3-3-2.体重体組成計
    (1)市場概況
    (2)参入企業動向
  3-3-3.歩数計
    (1)市場概況
    (2)参入企業動向
    (3)歩数計のトレンド
  3-3-4.尿糖計
    (1)市場概況
    (2)参入企業動向
3-4.注目新市場
  【メタボ遺伝子検査】
  遺伝子検査システム 4社掲載


第4章 改善・治療分野の徹底分析

4-1.特定保健指導市場
  4-1-1.特定保健指導におけるアウトソーシングビジネス
    (1)特定保健指導のアウトソーシング先実態調査結果
    (2)保健アウトソーシングデータベース
  4-1-2.特定保健市場規模の推考
    (1)アンケート調査による特定保健指導の実態
    (2)特定保健指導市場の推移
    ダブリュー・エム『ウォーキングマイレージ』
    明治安田システム・テクノロジー株式会社『疾病予防サポートサービス』
    全国訪問健康指導協会『生活習慣病予防支援事業』
    旭化成ライフサポート『健康・予防サービス』
    他 2社掲載
4-2.肥満治療市場(メタボ外来・生活習慣病外来)
  4-2-1.市場概況
  4-2-2.市場展望
  4-2-3.医療機関の動向
    (1)独立行政法人国立病院機構 京都医療センター
    (2)BOOCSクリニック
4-3.漢方薬市場
  4-3-1.市場概況
  4-3-2.主要参入企業の事業動向
    小林製薬「ナイトシール85」
    ロート製薬「和漢箋」
    クラシエ製薬「コッコアポ」・「漢方セラピー・防風通聖散料エキス錠」
4-4.運動療法
4-5.エステ市場
  4-5-1.市場概況
  4-5-2.参入企業シェア
4-6.注目新市場
  【地域医療におけるメタボ医療連携】
  地域健康情報データバンク及び自治体病院における特定健診の取組みを紹介


第5章 その他の分野

5-1.広がるメタボ提携ビジネス
    (1)NTTドコモ&オムロンヘルスケア
    (2)タニタ&NTTレゾナントヘルスケコミッティー
    (3)任天堂&NEC&日立製作所&パナソニックメディカルソリューション
    (4)その他
5-2.メタボ関連資格市場
  5-2-1.対象資格内容
    (1)健康運動指導士
    (2)健康運動実践指導者
    (3)肥満予防健康管理士
    (4)健康管理士一般指導員
    (5)生活習慣病予防士
    (6)メタボ改善健康指導士「ボディマネジメントコーチ」
    (7)行動目標化支援士(ヘルスカウンセリング初級講座)
  5-2-2.市場規模推測
5-3.ヘルスツーリズム市場
5-4.その他
  5-4-1.フリーペーパーによるメタボビジネス
  オアシス「メタボ読本」


第6章 参考資料

主な家庭用健康管理機器一覧
二次医療圏別保健サービス会社一覧
主な保健サービス会社のサービス内容一覧
特定保健用食品関与成分別一覧
主な業務用フィットネス機器


図表

図表1-1 メタボリックシンドローム該当者推移(2004~2007年)
図表1-2 メタボリックシンドローム該当者・予備群別の状況(40歳以上10歳階級)
図表1-3 40~74歳人口とメタボリック対象者率推移(2004~2007年)
図表1-4 住民10万人以上・特定健診追加検査項目実施153市における検査項目比較
図表1-5 平成18年度基本健康診査受診率比較
図表1-6 基本健康診査受診率の上位下位における特定健診目標実施率比較
図表1-7 政令指定都市における特定健診個人負担額
図表1-8 主な健康保険組合の被扶養者の取組み
図表1-9 健康保険組合の解散推移
図表1-10 特定健診のポイントと現状
図表1-11 メタボリックシンドローム診断基準 WHOとアメリカと国際糖尿病連合
図表1-12 腹囲におけるメタボ診断基準の違い
図表1-13 アルコール販売会社による酒類ゼロ・オフ・カット 状況
図表1-14 主なカロリーゼロ 炭酸飲料
図表1-15 メタボリックシンローム関連要因とがん疾患との関連
図表1-16 日本行われているメタボリックシンドロームに関連したコホート研究
図表1-17 フィットネス系ヒット商品
図表1-18 生活習慣改善におけるのポイント
図表1-19 ダイエット関連市場とメタボリックシンドローム関連市場
図表1-20 メタボリックシンドローム対策後変化による分類
図表1-21 メタボリックシンドローム関連市場のセグメントと製品・サービス
図表1-22 メタボリックシンドローム関連市場規模
図表1-23 ターゲットから見た注目すべきメタボ分野
図表1-24 メタボリックシンドローム関連市場の将来像
図表2-1 一般・簡易別フィットネスクラブ新設数と割合(2006~2008年)
図表2-2 フィットネスクラブ 施設数(2004~2008年)
図表2-3 フィットネスクラブ利用者数と対前年増加率推移(2000~2008年)
図表2-4 フィットネスクラブ利用区分別対前年増加率(2005~2008年)
図表2-5 フィットネスクラブにおける会員数推移(2004~2008年)
図表2-6 ルネサンスによる会員年代別状況推移(2005~2008年)
図表2-7 フィットネスクラブ市場規模推移(2005~2008年)
図表2-8 業務用・家庭用フィットネス機器の比較
図表2-9 インターネット調査による家庭用フィットネス機器 所有率
図表2-10 主なフィットネスメーカと国内代理店
図表2-11 主なウェスト専用フィットネス機器
図表2-12 フィットネス機器市場規模推移(2005~2010年)
図表2-13 乗馬フィットネス機器の出荷台数と市場規模推移(2005~2010年)
図表2-14 ジョーバ販売伸張率比較(2004~2007年度)
図表2-15 特定保健用食品の適応・効能効果別品目数
図表2-16 特定保健用食品の関与成分別品目数
図表2-17 メタボ対応のトクホ許可品目数推移(1997~2007年(隔年))
図表2-18 特定保健用食品市場規模(メーカー希望小売価格)推移(1997~2007年(隔年))
図表2-19 コレステロール抑制製品市場規模と許可品目数(1997~2007年(隔年))
図表2-20 コレステロール抑制する主な製品
図表2-21 コレステロール抑制製品の主な参入企業別ポジショニング
図表2-22 血圧対策製品市場規模と許可品目数(1997~2007年(隔年))
図表2-23 血圧対策の主な製品
図表2-24 血圧対策製品の主な参入企業別ポジショニング
図表2-25 血糖値対策製品市場規模と許可品目数(1997~2007年(隔年))
図表2-26 血糖値対策の主な製品
図表2-27 血糖値対策製品の主な参入企業別ポジショニング
図表2-28 中性脂肪・体脂肪対策製品市場規模と許可品目数(1997~2007年(隔年))
図表2-29 中性脂肪・体脂肪対策製品の主な製品
図表2-30 中性脂肪・体脂肪対策製品の主な参入企業別ポジショニング
図表2-31 Wii販売台数(国内)
図表2-32 主な日常食品GI値
図表3-1 健診を定める法律と受診強制
図表3-2 特定健診検査項目と各健診検査項目比較
図表3-3 特定健診市場規模推移と実施率推移(2008~2012年)
図表3-4 在宅検診市場規模推移(2005~2010年)
図表3-5 血圧計の分類
図表3-6 インターネット調査による家庭用血圧計所有率
図表3-7 家庭用血圧計出荷台数と市場規模推移(2005~2010年)
図表3-8 家庭用血圧計主なメーカー別アイテム数
図表3-9 インターネット調査による体重・体重体組成計所有率
図表3-10 体重体組成計出荷台数と市場規模推移(2005~2010年)
図表3-11 体重体組成計主なメーカー別アイテム数
図表3-12 インターネット調査による歩数計 所有率
図表3-13 歩数計出荷台数と市場規模推移(2005~2010年)
図表3-14 歩数計主なメーカー別アイテム数
図表3-15 歩数計のトレンド(独自継続支援機能)
図表3-16 尿糖計主なメーカー別アイテム数
図表3-17 主なメタボリックシンドロームに関連した遺伝子
図表4-1 特定保健指導の実施有無
図表4-2 協力事業者の有無
図表4-3 実施サービス別機関数
図表4-4 主な保健指導サービス提供会社
図表4-5 アンケート調査による特定健診受診者数
図表4-6 アンケート調査による特定保健指導実施者数
図表4-7 アンケート調査による特定保健指導未実施者数
図表4-8 特定保健指導対象者推計(2008~2012年)
図表4-9 特定保健指導市場規模推移(2008~2012年)
図表4-10 BMI分布比較(15歳以上)(2004年と2006年)
図表4-11 大分大学病院における肥満の対する外科療法施行症例数
図表4-12 漢方製剤生産金額推移(2003~2007年)
図表4-13 メタボリックシンドロームに関連した漢方薬
図表4-14 メタボリックシンドロームに関連した漢方薬の生産金額推移(2003~2007年)
図表4-15 痩身・ボディ市場の市場規模推移(2005~2010年)
図表4-16 エステティック痩身・ボディ市場の参入企業シェア(2007年度見込み)
図表5-1 メタボ提携ビジネスの分類
図表5-2 ウェルネスプラットホームのイメージ
図表5-3 WiiFitを活用した保健指導サービス概略
図表5-4 その他メタボ提携ビジネス
図表5-5 健康運動指導士の職場
図表5-6 健康運動実践指導者の職場
図表5-7 メタボ関連資格市場規模推計2008年度
図表5-8 主なメタボ関連のヘルスツーリズム
図表5-9 メタボ読本の概要
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。