2009年版 ゲーム産業白書

「家庭用」「アーケード」「オンライン」の3ゲーム市場を包括的に市場調査したマーケティングリポート。

発刊日
2009/06/26
体裁
A4 / 346頁
資料コード
C51107600
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ソフト単体で遊技が完結するスタイルから、①ネットワークの使用(対戦、ソフト供給など)
       ②1コンテンツ マルチユースによる各市場における連動など、従来とは市場構造が変貌しつつある現状を
       踏まえ、ゲーム産業の実態を包括的な視点で捉えたレポートを提供することを目的とする。
調査対象:家庭用ゲーム市場に関わる主要企業・団体/アーケードゲーム市場に関わる主要企業・団体
       オンラインゲームに関わる主要企業・団体
調査方法:①当社専門調査員による直接面談取材を基本とし、電話・メール取材を併用
       ②官公庁・業界団体調査資料からの考察
調査期間:2009年4月~2009年6月

リサーチ内容

第1編 ゲーム産業の市場動向と今後の方向性

第1章 ゲーム産業の定義
  1.ゲーム産業白書の調査領域
第2章 ゲーム産業総論
  1.家庭用ゲーム市場
    (1)家庭用ゲームに関するマクロデータ
    (2)家庭用ゲーム市場総論
  2.アーケードゲーム市場
    (1)アーケードゲーム市場に関するマクロデータ
    (2)アーケードゲーム市場総論
  3.オンラインゲーム市場
    (1)オンラインゲーム市場総論


第2編 個別市場現況と主要企業戦略

第1章 家庭用ゲーム市場
  1.市場規模
    (1)家庭用ゲーム市場全体
    (2)家庭用ゲーム ハード市場
    (3)家庭用ゲーム ソフト市場
  2.市場動向
    (1)プラットフォーム別の仕様比較
    (2)プラットフォーム別 戦略
    (3)“E3 2009”から見る各プラットフォームの方向性
    (4)プラットフォームメーカー別ネットワークサービス戦略
    (5)ソフトウェアメーカー動向
    (6)海外市場へのシフト
    (7)生き残りをかけた業界再編の動向
    (8)実用系ソフトブームとその後
    (9)他市場へのコンテンツ展開
    (10)商品流通の実態
  3.今後の市場動向
第2章 アーケードゲーム市場
  Ⅰ.アミューズメント機器市場
  1.市場規模
    (1)全体市場規模
    (2)機器カテゴリー別の市場規模
  2.市場動向
    (1)人気カテゴリーの変遷
    (2)ネットワーク対応ゲーム機の台頭
  3.今後の市場動向
  Ⅱ.アミューズメント施設市場
  1.市場規模
    (1)全体市場規模
    (2)機器カテゴリー別の台当り売上
    (3)機器カテゴリー別の売上高
  2.市場動向
    (1)主要オペレーターの動向
    (2)主要オペレーターの経営店舗数
  3.市場構造
    (1)アミューズメント施設市場の構造
    (2)アミューズメント施設のビジネス構造
  4.店舗施策
    (1)出店動向
    (2)アミューズメント施設の方向性
    (3)集客戦略
    (4)アミューズメント施設の事業特性/方向性
  5.主要オペレーターのマーケティング施策
    (1)店舗コンセプト
    (2)ターゲットユーザー
    (3)立地形態
    (4)出店立地
    (5)店舗形態
    (6)基準面積
    (7)自社店舗の強み
  6.今後の市場動向
  Ⅲ.プライズ(景品)流通市場
  1.市場規模
    (1)プライズ機の動向
    (2)主要企業別市場規模
  2.市場動向
    (1)流行キャラクター
    (2)流行アイテム
    (3)参入企業
    (4)景品単価
    (5)メーカー概況
    (6)商品化までの流れ
    (7)キャラクターグッズ戦略
    (8)ロイヤリティ事情
  3.今後の市場動向
第3章 オンライン(パソコン・モバイル端末)ゲーム市場
  1.オンラインゲーム市場の定義
  2.市場規模
    (1)パソコン
    (2)モバイル
  3.市場動向
    (1)パソコン
    (2)モバイル
  4.今後の市場動向
第4章 主要企業戦略
  1. 任天堂株式会社
  2. 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
  3. マイクロソフト株式会社
  4. 株式会社バンダイナムコゲームス
  5. 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
  6. 株式会社カプコン
  7. 株式会社スクウェア・エニックス
  8. 株式会社セガ
  9. 株式会社コーエー
  10.テクモ株式会社
  11.株式会社ハドソン
  12.株式会社イオンファンタジー
  13.株式会社ラウンドワン
  14.アドアーズ株式会社
  15.ガンホー・オンライン・エンターテインメント株式会社
  16.株式会社ネクソン
  17.株式会社ゲームオン
  18.株式会社ゲームポット


第3編 企業個票

【家庭用ゲーム機 関連ハード企業:3社】
  任天堂株式会社
  株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
  マイクロソフト株式会社
【家庭用ゲーム機 関連ソフト企業:18社】
  株式会社AQインタラクティブ
  アークシステムワークス株式会社
  株式会社アクワイア
  株式会社アトラス
  株式会社インターチャネル
  株式会社カプコン
  株式会社ケイブ
  株式会社コーエー
  株式会社コナミデジタルエンタテインメント
  株式会社スクウェア・エニックス
  株式会社セガ
  株式会社タイトー
  株式会社ディースリー
  株式会社ハドソン
  株式会社バンダイナムコゲームス
  フリュー株式会社
  株式会社フロム・ソフトウェア
  株式会社レベルファイブ
【アーケードゲーム 関連企業:13社】
  アドアーズ株式会社
  株式会社アムリード
  株式会社イオンファンタジー
  株式会社ザ・サードプラネット
  株式会社スガイ・エンタテインメント
  株式会社ソユー
  テクモウェーブ株式会社
  ドリームインフィニティ株式会社
  株式会社ナムコ
  株式会社マタハリー
  株式会社山崎屋
  株式会社ラウンドワン
  株式会社ワイドレジャー
【オンラインゲーム 関連企業:7社】
  NHN Japan株式会社
  株式会社ガマニアデジタルエンターテインメント
  ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
  グリー株式会社
  サイバーステップ株式会社
  株式会社ディー・エヌ・エー
  株式会社ドワンゴ
【流通 関連企業:3社】
  カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
  株式会社ゲオ
  株式会社ワンダーコーポレーション
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。