2010 デジタルサイネージソリューション市場

ディスプレイなどの表示機器の低価格化、通信インフラの整備・低価格化に伴い、デジタルサイネージと称される、家庭外(電車内や駅構内、ショッピングセンター内などが最たる例)でディスプレイなどを活用したポスターや案内板などが急速に普及しております。本調査レポートでは、デジタルサイネージについての市場規模の算出及び、各社で展開されているデジタルサイネージビジネスの紹介、戦略、将来展望等についてデジタルサイネージビジネスを様々な側面から捉えました。また、様々な業態の参入企業へヒアリングしたデジタルサイネージビジネスを網羅いたしました。

発刊日
2010/05/28
体裁
A4 / 254頁
資料コード
C52105100
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:デジタルサイネージソリューションベンダや運営企業、コンテンツ制作企業、広告代理店など
調査方法:直接面接取材、一部email・電話による取材、文献調査
調査期間:2010年2月~5月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ディスプレイメーカから通信事業者、SIer、印刷企業、広告代理店、広告媒体運営者まで横断的に25社の取り組み実態を調査。
  • デジタルサイネージ活用ポイントを分析。
  • 「狭義のデジタルサイネージ」と「広義のデジタルサイネージ」の市場規模を算出。
  • 「システム構築ビジネス」と「広告・コンテンツ制作ビジネス」の市場規模を算出。
  • 市場の動向を調査分析し、デジタルサイネージビジネスの課題や今後の可能性を明らかにいたしました。  

■掲載内容

第1章 市場概況

デジタルサイネージとは?
1 本レポートにおける「デジタルサイネージ」の定義
    図 デジタルサイネージの定義
2 デジタルサイネージの特長
    表 デジタルサイネージの主な特長
    表 広告媒体の種類と行動シーンの対応関係
3 デジタルサイネージの用途分野

第2章デジタルサイネージ市場の実態と展望

1 デジタルサイネージ市場規模推移
    表/図 デジタルサイネージ市場規模推移(2008年度~2015年度)
  1-1 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移
  1-1-1 狭義のデジタルサイネージ市場分類
    表 狭義のデジタルサイネージ市場の内訳
  1-1-2 2008年度~2010年度の市場規模推移
    表 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移(2008年度~2010年度)
    図 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移(2008年度~2010年度)
    図 狭義のデジタルサイネージ市場構成比推移(2008年度~2010年度)
  1-1-3 狭義のデジタルサイネージ市場規模予測
    表 狭義のデジタルサイネージ市場規模予測(2010年度~2015年度)
    図 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移内訳(2008年度~2015年度)
    図 狭義のデジタルサイネージ市場構成比推移(2008年度~2015年度)
  1-2 広義のデジタルサイネージ市場規模推移
    図 広義のデジタルサイネージ市場規模推移(2008年度~2015年度)
    表 大型ビジョンの分類
    表 製品別の主な設置場所
  1-3 デジタルサイネージ市場シェア
    表/図 分野別市場シェア
    表/図 ハードウェア市場シェア
    表/図 配信運営市場シェア
    表/図 広告・コンテンツ市場シェア
2 市場動向や課題
  2-1 デジタルサイネージの業界構造
    図 デジタルサイネージ市場の業界構造
  2-2 2009年度はユーザ企業が二極化
    図 中抜け構造となる各業界
  2-3 2010年度はセカンドブレイクの予感
    図 2010年度のシナリオ
  2-3-1 再び動き出した流通業、第二幕が始まる
    図 イオンの狙い
    図 国内大手流通業における2009年度の動き
    表 三大コンビニエンスストアの概況
    図 クロスオーシャンメディアのスキーム
    図 ファミリーマートのスキーム
  2-3-2 有望視されるシステム連携
  2-4 車両内ビジョンの標準搭載は近い
    表 主な車両内ビジョン一覧
    表 主な駅構内ビジョン一覧
  2-5 広告代理店から見たサイネージ
  2-6 アドネットワーク構想
  2-7 アドネットワークに関する取り組み
  2-7-1 配信管理統合化技術
    図 配信管理統合化技術
  2-7-2 Ad Composer
  2-7-3 デジタルサイネージナビ
  2-8 デジタルサイネージの抱える課題
    図 広告媒体としての主な課題
  2-8-1 滞留ポイントや強制視認が需要
  2-8-2 予算の確保が難しい
    図 費用対効果が求められる背景
  2-8-3 部署が縦割りで、予算や情報管理の制約を受ける
  2-8-4 総合プロデューサの欠如
  2-8-5 ワンソースマルチユースのクロスマーケティングには標準化が重要
    表 標準化が必要であると考えられている項目
3 今後の展望と提言
  3-1 見せ方、使い方の提案
    図 “見せ方”や“使い方”のマッピング
  3-1-1 「既存媒体の代替」から脱却するためにもクリエイティブが大切
  3-1-2 業種特化型のデジタルサイネージは有望
  3-1-3 インタラクティブサービスには更なるクリエイティブが必要
  3-1-4 非個人所有のデジタルフォトフレームは普及が見込まれる
  3-1-5 iPadの可能性
  3-2 提案の工夫
  3-2-1 ビジネスモデル提案が最重要
  3-2-2 デジタルサイネージも“安い 早い うまい”
  3-2-3 販促用途で導入し、面数が確保できたところで広告ビジネスも
    図 ソリューションベンダが学ぶべき点
  3-2-4 デジタルとアナログの両輪で展開
  3-2-5 パートナー販売のコツ
  3-2-6 印刷企業の営業スタイルも変化が必要
    図 ソリューション提案で顧客を開拓
  3-2-7 “見える化”ではなく“見せる化”
  3-2-8 事務機ベンダや事務機の販売代理店にもビジネスチャンス
    図 デジタルサイネージベンダと事務機ベンダの補完関係
  3-2-9 フォトフレームがブレイクするためのヒント
  3-3 その他
    図 +αの可能性
  3-3-1 総務や人事もターゲットになる
  3-3-2 企業の採用活動に関するソリューションを提供
    図 大学設置モデル
  3-3-3 更なる駅構内の可能性
  3-3-4 公共施設も自主的な運営を
  3-3-5 実用化が始まった電子ペーパー
  3-3-6 生活者のライフスタイルに合わせた訴求
  3-3-7 エコの観点からも導入が進む

第3章 参入企業ビジネス形態

第4章 個別企業動向

掲載項目
  デジタルサイネージビジネスの参入経緯、ソリューションの特長、システム構成と販売体制、
  ビジネス上の自社の強み/課題、配信運営/コンテンツ制作、保守・サポート、広告効果測定、
  販売先/主な設置場所、2008年度~2010年度売上高推移、2010年度以降の市場見通し
  ※一部企業においては、非掲載の項目がございます。

掲載企業
  1 シャープ株式会社 2 日本電気株式会社 3 日本電信電話株式会社
  4 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 5 株式会社日立製作所
  6 富士通株式会社/株式会社富士通ゼネラル 7 丸紅株式会社 8 三菱電機エンジニアリング株式会社
  9 サイバーステーション株式会社 10 東和メックス株式会社 11 大日本印刷株式会社 12 株式会社バンテン
  13 SCALA株式会社 14 株式会社パフォーマ 15 株式会社シアーズ 16 株式会社ソフィアモバイル
  17 COMEL株式会社 18 株式会社ジェイアール東日本企画 19 株式会社東急エージェンシー
  20 彩ネットアド株式会社 21 イオンアイビス株式会社 22 株式会社寒山 23 株式会社Standz
  24 日本カーライフアシスト株式会社  25 株式会社メディアコンテンツファクトリー

参考資料(デジタルサイネージ参入企業一覧)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。