スマートフォン・タブレットPCアプリ市場のトレンドと中期展望

スマートフォン・タブレットPCが急速に普及しております。新しいデバイスの普及とともに、App Store、Android Marketなど、新しいソフトウェア・サービスの流通プラットフォームが立ち上がり成長し、音楽配信・電子書籍・ゲームなど既存のビジネスの枠を超え、マルチデバイス・クラウド・ソーシャルなど様々な要素を組み合わせた、新しいサービスも日々生み出されています。これらは、国内だけではなくワールドワイドで展開される市場である点も特徴です。個人事業主・ベンチャーから大企業まで世界中のディベロッパーがこぞって参入し、既存市場の構造も大きく変化しております。本調査レポートでは、市場実態・課題・市場のポテンシャルを捉え、成長予測を実施いたしました。

発刊日
2012/01/31
体裁
A4 / 315頁
資料コード
C53113800
PDFサイズ
4.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:アプリディベロッパ調査によって供給側の動向を、スマートフォン利用者への消費者調査によって需要側の動向を捉え、現在のスマートフォン市場の実態を把握するとともに、今後の市場成長の可能性を予測する。関連各社の事業戦略立案の基礎資料に供することを目的とする。
調査方法:直接面接取材を基本とし、電話・ファックス・e-mailによるヒアリング取材を併用
調査期間:2011年10月~2012年1月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • スマートフォン・タブレットPCアプリ市場の実態・課題・市場のポテンシャルを捉え、成長予測を実施
  • 日本・中国におけるスマートフォンアプリに関する消費者調査
  • ゲーム・電子書籍・クラウド系・セキュリティ・学習系・位置情報系など、特に注目ジャンルのディベロッパ・サプライヤを中心に個別データを掲載

■本資料の概要

1. 総論
2. ディベロッパにおけるアプリ開発の動向
3. スマートフォンアプリ利用に関する日本・中国のユーザ傾向比較
4. 国内アプリディベロッパ個別企業実態(51社)

■掲載内容

1. 総論

1.1 デバイス・インフラの動向
  1.1.1 スマートフォンの定義
  1.1.2 国内携帯電話市場動向
  1.1.3 国内スマートフォン市場動向
  1.1.4 国内タブレットPC市場動向
  1.1.5 国内モバイルデータ通信動向
1.2 国内アプリマーケットの動向
1.3 中期展望

2. ディベロッパにおけるアプリ開発の動向

2.1 アプリ開発関連のサービス提供範囲
2.2 アプリ受託開発案件の傾向(ジャンル・OS別)
2.3 開発体制(自社・外注比率)・オフショア対応状況
2.4 アプリ受託開発案件の今後の傾向に関する見解(OS別)
2.5 アプリ市場の現状の課題・問題点に関する見解
2.6 アプリ市場の今後の見通し、成長性等に関する見解

3. スマートフォンアプリ利用に関する日本・中国のユーザ傾向比較

3.1 分析編
  3.1.1 スマートフォンの所有現況(OSベース)
  3.1.2 複数デバイス所有状況(スマートフォン×フィーチャーフォン)
  3.1.3 複数デバイス所有状況(スマートフォン×スマートフォン)
  3.1.4 今後利用したいスマートフォン(OSベース)
  3.1.5 非正規デバイス(山寨機)の普及状況
  3.1.6 iPhoneの非正規利用(Jailbreak)の普及状況
  3.1.7 スマートフォンの利用用途の傾向
  3.1.8 アプリマーケットの利用状況
  3.1.9 1ヵ月におけるアプリのダウンロード状況(無料・有料)
  3.1.10 利用アプリの傾向(ローカル型、ネットワーク型)
  3.1.11 利用頻度の高いアプリジャンル
  3.1.12 1ヵ月における有料アプリの利用金額
  3.1.13 アプリをダウンロードする際の参考情報
  3.1.14 クラウド型サービスの意向
  3.1.15 アプリ“入手”における不満点・不安点
  3.1.16 アプリ“利用”における不満点・不安点
3.2 消費者調査データ編(各種クロス集計)
  3.2.1 宅内ネット環境
  3.2.2 宅内Wi-Fi化、モバイルルータ利用状況
  3.2.3 情報端末・情報家電所有状況(現状・今後の意向)
  3.2.4 所有スマートフォン(OSベース)(現状・今後の意向)
  3.2.5 所有スマートフォンの正規品・非正規品状況
  3.2.6 iPhoneのJailbreak利用状況
  3.2.7 スマートフォンの利用用途
  3.2.8 フィーチャーフォン・スマートフォン・PCの利用傾向
  3.2.9 アプリマーケットの利用状況
  3.2.10 アプリのDL数(無料・有料)
  3.2.11 要通信アプリの利用頻度
  3.2.12 利用頻度の高いアプリ
  3.2.13 アプリへの支払い金額(有料)
  3.2.14 アプリをダウンロードする際の参考情報
  3.2.15 アプリの機能で重視する点
  3.2.16 アプリ“入手”における不満点・不安点
  3.2.17 アプリ“利用”における不満点・不安点
  3.2.18 今後スマートフォンやアプリの機能で望むこと

4. 国内アプリディベロッパ個別企業実態(51社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。