2016 語学ビジネス徹底調査レポート

本調査レポートは、グローバル化や小学校への英語学習必修化、中学校の英語授業の難化、高校における英語授業のオールイングリッシュ化等で注目を浴びている「語学」に関するあらゆるビジネスを1冊にまとめた。外国語教育を「成人向け」、「子供向け」、「プリスクール」に細分化し分析する等、緻密な記述を行い、主要事業者の最新の状況をまとめた。

発刊日: 2016/06/30 体裁: A4 / 474頁
資料コード: C58101800 PDFサイズ: 4.0MB
カテゴリ: 教育・人材 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書は、語学に関わるあらゆるビジネスを1冊の資料にまとめて解説しているレポートである。個々人が学習するための語学学習ツールや、語学を活用したビジネスなど、広範囲に渡って徹底調査を行った。グローバル化の進行と共に、語学に関わるビジネスも年々広がりを見せている。語学は、日本人であれば誰もがマーケットの対象となり得ることから、今後もますます需要を伸ばし、新たな展開も生まれていくものと思われる。本書が読者のビジネス・研究活動の一助となれば幸いである。
調査対象:外国語教室各社、語学に関わる教材を開発・販売する事業者、語学に関わるビジネスを展開する事業者等、約200社
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、各省庁等による公的データ、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2016年3月~2016年6月

調査結果サマリー
Close

語学ビジネス市場に関する調査を実施(2016年)
 ~翻訳・通訳ビジネスと幼児・子供向けサービスが市場を牽引~
・2015年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は前年度比101.7%の8,272億円
・ビジネスのグローバル化により翻訳ニーズは拡大
・2016年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は前年度比101.6%の8,406億円を予測

資料ポイント
Close

  • 産業分野別市場規模と推移を掲載
    【解説市場分野(例)】
    外国語教室全体市場/成人向け外国語教室市場/幼児・子供英会話教室市場/プリスクール市場/幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場/書籍教材市場/語学独習用機器・独習教材市場/電子辞書市場/幼児向け英会話教材市場/通信教育市場/e-learning市場/語学試験市場/留学斡旋市場/通訳・翻訳ビジネス市場/多国語市場(中国語/韓国語/ドイツ語/フランス語)
  • 産業分野別市場構造と主要プレーヤーの動向を解説
  • 参入事業者の特性、事業方向性の詳細データ満載[企業ケーススタディ約50社掲載〕

資料概要
Close

第1章 調査結果のポイント
第2章 分野別市場動向の解説
第3章 ユーザー別マーケット解説
第4章 市場を取り巻く外部環境の解説
第5章 有力事業者の実態(ケーススタディ)

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 調査結果のポイント

1.市場全体の動向
  <図>語学ビジネス市場全体推移
2.各分野の動向要約
3.語学ビジネス市場分野別シェア(周辺ビジネス除く/周辺ビジネス含む)
  <図>語学ビジネス市場分野別シェア(周辺ビジネス除く)/
  語学ビジネス市場分野別シェア(周辺ビジネス含む)
4.英語以外の多言語市場
  <図>英語以外の多言語市場

第2章 分野別市場動向の解説

1.外国語教室全体市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    ●主要7社の動向
    <表>主要7社の業況比較
    (株)ECC/(株)イーオン/ベルリッツ・ジャパン(株)/(株)GABA/
    (株)NOVA/(株)シェーンコーポレーション/(株)ニチイ学館(COCO塾)
  <<市場構成>>
    <図>外国語教室全体市場参入事業者シェア/<図>外国語教室全体市場規模推移
2.成人向け外国語教室市場38
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
  <<市場構成>>
    <図>成人向け英会話教室市場参入事業者シェア/
    <図>成人向け英会話教室市場規模推移
    <図>ニーズ別市場規模推移/<図>レッスン形態別市場規模推移
3.幼児・子供向け外国語教室市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    <表>主要13事業者の動向
  <<市場構成>>
    <図>幼児・子供向け外国語教室市場参入事業者シェア/
    <図>幼児・子供向け外国語教室市場規模推移
4.プリスクール市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    (株)キンダーキッズ/(株)拓人こども未来/
    (有)キャンプリンカーン(ラーニングネットワークプレイグループ)/
    (有)キッズインターナショナル/ピジョンハーツ(株)/
    セイハネットワーク(株)/(株)小学館集英社プロダクション(ShoPro)/
    (株)ポピンズ
  <<市場構成>>
    <図>プリスクール市場規模推移
5.幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    <図>全国の幼稚園数/<図>全国の保育所数
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    (株)ECC/セイハネットワーク(株)/(株)こども英会話のミネルヴァ/
    (株)シェーンコーポレーション/(株)小学館集英社プロダクション/
    (株)NOVA/イッティージャパン(株)/ブリタニカ・ジャパン(株)
  <<市場構成>>
    <図>幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場規模推移
6.書籍教材市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    ●教科書
    ●学生向け学習参考書
    ●辞書
    ●資格対策教材
    ●ビジネス系書籍教材
    ●テレビ・ラジオ講座用教材
    <表>日本放送出版協会・主要言語のテキスト各年4月における公称部数
    ●全体の動向
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    ●教科書
    ●学生向け学習参考書
    ●辞書
    ●資格対策教材
    ●ビジネス系教材
  <<市場構成>>
    <図>書籍教材市場カテゴリ別シェア/<図>書籍教材市場規模推移
7.語学独習用機器・独習用教材市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    <表>主な語学独習用機器(ハード)及び語学教材セット(ソフト)一覧表
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
  <<市場構成>>
    <図>語学独習用機器・ソフト市場規模推移
8.電子辞書市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    カシオ計算機(株)/シャープ(株)
  <<市場構成>>
    <図>電子辞書市場参入事業者シェア/<図>電子辞書市場規模推移
9.幼児向け英会話教材市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    ワールド・ファミリー(株)/(株)ベネッセコーポレーション/(株)旺文社/
    (株)アルク
    <表>主要商品比較
  <<市場構成>>
    <図>幼児向け英会話教材市場参入事業者シェア/
    <図>幼児向け英会話教材市場規模推移
10.通信教育市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    ●社会人向け通信教育
    ●学生向け通信教育
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    ●社会人向け通信教育
    (株)アルク/(株)ユーキャン/(財)日本英語検定協会通信教育部/
    (株)ディーエイチシー/(株)Z会
    ●学生向け通信教育
    (株)ベネッセコーポレーション/(株)Z会
    <表>「進研ゼミ」延べ在籍数の推移/「進研ゼミ」4月会員数
  <<市場構成>>
    <図>通信教育(社会人向け+学生向け)市場規模推移
11.e-learning市場
  <<市場の定義>>
    <表>本書におけるeラーニングカテゴリー
  <<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    (株)レアジョブ/(株)DMM.com/ビズメイツ(株)/(株)キュウ急便/
    (株)インフリッシュセントラル/ラングリッチ/(株)ぐんぐん/
    (株)ベストティーチャー/(株)アルク/リアリーイングリッシュ(株)/
    (株)Lang-8
  <<市場構成>>
    <図>e-learning市場規模推移
12.ソフトウェア市場
  <<市場の定義>>
    <表>本書におけるeラーニングカテゴリー
  <<業況・トレンド>>
    ●パソコン向けソフト
    ●ゲーム機向けソフト
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    ロゼッタストーン・ジャパン(株)/ソースネクスト(株)/
    (株)メディア・ファイブ/(株)ベネッセコーポレーション/その他
  <<市場構成>>
    <図>ソフトウェア市場規模推移
13.語学試験市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    <図>英検、TOEICテストの受験者数推移/<表>TEAP志願者数
    ●英語以外の試験について
    <図>各種語学資格試験の受験者数推移/
    <表>各検定試験・受験者数(または志願者数)及び合格者数推移
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
    一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会/
    公益財団法人日本英語検定協会
    <表>語学試験・実施団体一覧表
  <<市場構成>>
    <図>語学試験市場参入事業者シェア/<図>語学試験市場規模推移
14.留学斡旋市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    教育ビジネス系/旅行代理店系/人材派遣系/独立系
    <表>一般社団法人 海外留学協議会(JAOS) 正会員リスト/
    <表>留学・語学研修等協議会(CIEL) 会員リスト/
    <表>NPO法人 留学協会 法人正会員リスト/
    <表>一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者リスト
  <<市場構成>>
    <図>留学斡旋市場規模推移
15.翻訳・通訳ビジネス市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>/<<主要参入事業者とその動向解説>>
    <翻訳事業者>
    (株)翻訳センター/(株)サン・フレア/
    (株)コングレ・グローバルコミュニケーションズ/(株)エニドア/
    (株)知財コーポレーション/(株)ロゼッタ/(株)エイブス/
    (株)ジェスコーポレーション/(株)アスカコーポレーション/(株)十印
    <通訳事業者>
    (株)サイマル・インターナショナル/
    (株)コングレ・グローバルコミュニケーションズ/
    日本コンベンションサービス(株)/(株)インターグループ/その他
  <<市場構成>>
    <図>翻訳・通訳ビジネス市場規模推移
16.英語以外の他国語市場
  <<市場の定義>>/<<業況・トレンド>>
    ●2016年4月のNHK語学講座テキスト発行部数(中・韓・仏・独の合計)は前年同期比で3.8%減、
    フランス語・ドイツは横ばいも、中国語・韓国語が引き続き減少推移
    <図>NHKラジオ・テレビ語学講座 テキスト発行部数
    ●語学検定試験:中国語、韓国語、フランス語で減少推移が続く
    <表>各言語における検定試験受験者数推移
  <<主要参入事業者とその動向解説>>
  <<中国語>>
    <図>中国語市場規模推移
  <<韓国語(ハングル)>>
    <図>韓国語(ハングル)市場規模推移
  <<フランス語>>
    <図>フランス語市場規模推移
  <<ドイツ語>>
    <図>ドイツ語市場規模推移

第3章 ユーザー別マーケット解説

1.「幼児」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <加熱する早期英語教育熱>
  【トレンド】
    <英語教材>/<英会話スクール>
2.「学齢」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <小学中学年から英語活動実施の方向へ>
    <高等学校の新学習指導要領への対応>
  【トレンド】
    <英語教室>/<書籍教材>
3.「社会人」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <グローバル人材育成のため英語を活用したビジネススキル系は堅調>
  【トレンド】
    <英会話スクール>/<各種教材>
4.「シニア」層のマーケット環境
  【対象人口】
  【トピック】
    <取り込め切れない巨大市場シニア層>
  【トレンド】
    <「学び」、「教養」等のキーワードに弱いものの、価格に敏感なシニア層>
5.企業のマーケットトレンド
  <グローバル人材の需要が増す>/<TOEICの受験者数は2015年度も過去最高を更新>/
  <グローバル人材育成の観点で語学とビジネススキルを合わせたセミナーは堅調>
6.学校のマーケットトレンド
  <オンライン英会話の導入が着実に伸長>/<大学入試が4技能化に>/
  <小学校高学年の英語必修化の状況>/<中学校・高等学校でのトレンド>

第4章 市場を取り巻く外部環境の解説

Ⅰ.語学ビジネスに関する社会的背景
    ●国勢調査開始以来、初の人口減少
  1.人口構成の推移
    <図>総人口に占める子どもと高齢者の割合/<図>15歳未満人口の推移/
    <図>65歳以上人口の推移
  2.人口構成の将来推移
    <表>年齢3区分別将来推計人口の推移/<図>年齢3区分別将来人口の推移
  3.経済環境の動向と教育支出
    (1)実質GDPの推移
    (2)完全失業率と有効求人倍率
    <図>有効求人倍率と完全失業率
    (3)生活意識の変遷と教育支出の推移
    <図>世帯の生活意識の変遷
    ●消費関連支出は3%台後半に
    <表>教育関連支出の推移/<図>教育関連支出の推移
Ⅱ.海外渡航者の動向
  1.日本人の出国状況
    (1)日本人出国者数の推移
    <図>出国者数の推移/<図>出国者の男女比率
    (2)日本人の年齢別出国者数
    <図>出国者の年代別構成比/<図>年齢別男女別出国者数(2015年)
  2.海外在留邦人の状況
    (1)海外在留邦人数の推移
    ①海外長期滞在者数の推移
    <図>海外長期滞在者数の推移
    ②海外永住者数の推移
    <図>海外永住者数の推移
    (2)地域別海外在留邦人数の推移
Ⅲ.語学教育の動向
  1.語学月謝支出の推移
    <表>語学月謝支出の推移/<図>語学月謝支出の推移
  2.公立小学校における英語教育の現状
    <図>JETによる外国語指導助手数の推移
  3.高等学校・中学校における英語以外の外国語の開設状況
    <図>開設学校数(実数)の推移
Ⅳ.ビジネスパーソンの語学習得に関する状況
  1.教育訓練給付金(翻訳技能・実用英語検定等)の受給状況
    (1)教育訓練給付金の受給者数・金額(総額・1人当たり平均受給額)の推移
    <図>教育訓練給付の受給者数と総受給金額

第5章 有力事業者の実態(ケーススタディ)

Ⅰ.語学スクール編

■(株)イーオン
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●創業以来4技能を重視した「英会話イーオン」を全国展開/
    ●子ども向け英会話部門「イーオン・キッズ」の展開/
    ●法人向け語学研修サービスの提供/●学校向け語学研修サービスの提供/
    ●英語学習サポートサイト「AEON NET CAMPUS」等、様々な自宅学習サービスを提供/
    ●「iPad」を活用したレッスンシステム「デジタルレッスン」の提供
  2.業況
  3.事業体制
    ●出店動向について/●講師について
  4.事業戦略
    ●2016年もイメージキャラクターには石原さとみ氏を起用
  5.今後の展開、課題
    ●関西圏でもボランティア通訳養成講座を開講/
    「gacco」初となる語学コンテンツの提供を行う/
    「学習ポートフォリオ」サービスの運用をスタート

■(株)ECC
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「ECC外語学院」の運営/●「ECCジュニア」の展開/
    ●法人向けサービスの提供/その他
  2.業況
  3.事業体制
    ●総合教育・生涯教育機関として、さまざまな教育サービスを展開
  4.事業戦略
    ●ECCのブランドアンバサダーとして浅田真央氏を起用
  5.今後の展開、課題
    ●21世紀型スキルを習得した人材育成を目指し、ICTを駆使した学びのスタイルを提供/
    ●「ECCオンライン英会話」、2020年までに売上15億を目指す/
    学童保育事業、拠点数の拡大を目指す

■イッティージャパン(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●日本人講師と外国人講師による習得・実践型レッスン/●ウェブレッスンの展開/
    ●英語コミュニケーション技能検定試験(TECS)の実施/
    ●英会話スクール「Wishアカデミー」の運営/●幼稚園・保育園向け外国人講師派遣
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略
    ●日本人講師と外国人講師によるきめ細やかな指導を実施/
    ●教室長発信のブログを展開/
    ●「グースキースタジオ」を「ペッピーキッズクラブ」に集約
  4.今後の展開、課題
    ●立命館アジア太平洋大学と提携/●学校現場に合わせICT化に対応する

■(株)EnglishCentral
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●動画サイト「EnglishCentral」とオンライン英会話の提供/●学校向けにも展開
  2.業況
  3.事業体制
    ●ラングリッチを子会社化/●5%以下の採用率を通過した優秀な講師陣
  4.事業戦略
    ●全額返金保証「ラングリッチプログラム」をスタート/●プロモーションについて
  5.今後の展開、課題

■(株)GABA
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●マンツーマンに特化した英会話スクール「Gabaマンツーマン英会話」の展開/
    ●法人向け英語研修の提供/●「Gabaこどもマンツーマン英会話(Gabakids)」の展開/
    ●学生、シニアにも展開
  2.業況
  3.事業体制
    ●ラーニングスタジオ(LS)の出店動向/
    ●世界50カ国以上、さまざまな業界での経験を持つインストラクターを有する
  4.事業戦略
    ●「and Gaba.」をオープン/
    ●インターネット集客に引き続き注力、セミナーも拡充
  5.今後の展開、課題
    ●高まる法人ニーズへの対応が課題/
    ●マーケティングの再構築を行い、更なる事業拡大を目指す

■(有)キッズインターナショナル
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●2001年に子ども英会話教室・プリスクールの自主運営を開始/
    ●関東エリアで9ヶ所のスクールを運営、2年に1ヶ所の出店ペースで施設を拡大/
    ●ボリュームゾーンはPreschoolとAfter School/
    ●「一歩入ればアメリカ」のオールイングリッシュ環境が差別化ポイント/
    ●主要顧客である日本人富裕層に合わせ、料金体系は高めに設定/
    ●ベビーステーションとのシナジー~外国人講師を派遣し英語と触れ合う機会を創出
  2.業況
    ●売上高は引き続き2桁成長も、経常利益は新規センター立ち上げ経費先行で赤字着地
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●スクールでは自社開発の教材を利用、今春は新たにデジタル教材を一部クラスで導入/
    ●教育研修を充実化し、質の高い講師の育成に力を注ぐ/
    ●会員紹介による入会が増加、スマホやSNSへの対応も強化/
    ●期中は9施設目となる品川センターを新たに出店、今秋には10施設目を開設予定/
    ●将来的には1年に1施設に出店ペースを加速し事業規模の拡大目指す
  4.中長期的ビジョン・展開・課題
    ●質の高い教育ノウハウを差別化ポイントに“顧客に選ばれる”教室に/
     ●勉強要素を取り入れた小学生向けカリキュラムづくりに力を注ぐ

■(有)キャンプリンカーン(ラーニングネットワークプレイグループ)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●国際標準の“クリエイティブ・カリキュラム®”を基としたプリスクールの展開/
    ●都市型のプレイグループ、郊外型のファーストラーニング/
    ●「ファーストラーニング」に注力/●アカマイEラーニングの提供
  2.業況
  3.事業体制
    ●メンバーシップ(加盟校)形態による展開/
    ●ネイティブとバイリンガルのダブルサポート体制/
    ●講師やオーナーに対する研修・育成も体系化
  4.事業戦略
    ●プログラム提供の主軸は人格形成/●効果的な宣伝活動で生徒を獲得/
    ●習い事としてのプリスクールで差別化を図る/
    ●統一カリキュラムと質の高さで生徒数増を狙う
  5.今後の展開、課題
    ●幼稚園プロジェクト(園内ファーストラーニング)の展開/
    ●新業態「アフタースクールラーニング」の開発

■(株)キュウ急便(QQEnglish)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●オンライン英会話「QQEnglish」の展開/●留学事業
  2.業況
  3.事業体制
  4.事業戦略
  5.今後の展開、課題

■(株)キンダーキッズ
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●日本に暮らす子どもたちのためのインターナショナルスクール
    「キンダーキッズインターナショナルスクール」の運営/
    ●小学校~高校卒業までを対象とした「グラッドクラブ」の運営
  2.業況
  3.事業体制
  4.事業戦略
  5.今後の展開、課題

■(株)ぐんぐん
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●コンシューマ向けオンライン英会話サービス「ぐんぐん英会話」/
    ●教育機関向けオンライン英会話サービス「POEC(ポエック)」
  2.業況
  3.事業体制
  4.事業戦略
  5.今後の展開、課題

■(株)こども英会話のミネルヴァ
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「こども英会話のミネルヴァ」の運営/ALT派遣、英会話講師派遣プログラム、
    こども英会話講師養成スクールなど
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●ベネッセグループとしてシナジーを図り、グローバル人材の育成強化を目指す/
    ●プル型営業推進体制に転換、サテライト構想によりプラザ出店を進める
  4.今後の展開、課題
    ●BtoBビジネスの強化等により収益基盤を拡充する考え

■(株)シェーンコーポレーション
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●39年の実績、安心の月謝制「シェーン英会話スクール」を展開/
    ●幼児・子ども向けレッスン「シェーン子ども英語」の展開/
    ●講師派遣サービス、法人向けサービスの展開
  2.業況
  3.事業体制
    ●ZEホールディングスグループの傘下に/●出店動向について
  4.事業戦略
  5.今後の展開、課題

■(株)小学館集英社プロダクション
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●英語学習メソッド「イーコラボ」を2015年4月より全国展開/
    ●大人向けの英会話も展開/●BtoBビジネスの強化を図る/
    ●教室事業でのノウハウを横展開
  2.業況
  3.事業体制
    ●ターゲットに合わせた効果的な教室運営を展開
  4.事業戦略
    ●キャラクターを有効活用したプロモーション戦略を展開
  5.今後の展開、課題
    ●コンテンツやノウハウの活用といった「ソフト」に比重を置いたビジネスに注力

■セイハネットワーク(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●0歳児から対象とする英会話スクールを全国で展開/
    ●全国650園に保育園・幼稚園へ英会話講師を派遣/
    ●バイリンガル保育を行う「ラビインターナショナルスクール」/
    ●英会話レッスン付き保育園「ラビキッズワールド」/
    ●子ども向けストリートダンス教室「ドリームファクトダンスアカデミー」/
    ●パパイヤ鈴木プロデュース「パパイヤ式キッズダンスアカデミー」の全国展開を開始/
    ●「そろばん教室88(ぱちぱち)くん」の運営
  2.業況
    ●増収が続く
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●小学校英語必修化に合わせ関東エリアでの出店攻勢に注力/
    ●「ティームティーチングシステム」を活用して英語検定対策にも取り組む
  4.今後の展開、課題
    ●サービス面でのクオリティ向上による事業強化

■(株)拓人こども未来
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「自分力」を育む総合教育事業を展開、企業規模は多教室展開で拡大/
    ●英会話スクールと学習塾の良さを兼ね備えた英語・英会話スクール~ウィンビー/
    ●“無学年の集団”をベースとした英語で預かる学童保育~キッズデュオ/
    ●“やる気スイッチブランド”の教育ノウハウを集大成したバイリンガル幼稚園
    「Kids Duo International」
  2.業況
    ●2016年2月期は8.6%増収、生徒数、教室数も順調に拡大
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●期中は次世代型複合スクールのフラッグシップ「やる気スイッチスクエア」を開校/
    ●ネイティブ講師と触れ合うオープンスクールを開催して生徒を集客
  4.今後の展開、課題
    ●グループシナジー創出に向けた集客プロモーション、FC中心の多教室展開に注力

■(株)DMM.com
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●オンライン英会話スクール「DMM英会話」の展開/法人向けサービスの展開
  2.業況
  3.事業体制
    ●フィリピンに現地法人「BIBO GLOBAL OPPORTUNITY,INC」を構える/
    ●iKnow!事業を譲受~iKnow×DMM英会話で4技能を習得
  4.事業戦略
    ●グローバル展開を加速/●プロモーションについて
  5.今後の展開、課題

■(株)ニチイ学館(COCO塾)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●語学スクール「COCO塾」を運営、「総合英会話コース」が主力/
    ●子ども向け英語・英会話スクールの「COCO塾ジュニア」を展開/
    ●法人向けサービスの展開、最近はホテルや小売店などからの引き合いが増加/
    ●2016年4月より、オンライン英会話の提供を開始
  2.業況
    ●2016年3月期の売上高は前期比20%弱の増加、「COCO塾ジュニア」のHI教室が伸長
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●事業部内シナジーに加え、自社の他事業や他社との連携・シナジーを強化/
    ●TVCM・ビジネス雑誌への広告出稿をはじめ、様々な媒体でプロモーション活動
  4.今後の展開、課題
    ●「COCO塾ジュニア」のHI教室展開および「オンライン英会話サービス」を強化

■公益財団法人日本YMCA同盟
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●世界の人々と共に生きることを視点にした歴史と伝統のある語学教育/
    ●語学教育を通した子どもの豊かな成長をめざして/
    ●インターナショナルスクール等の展開について
  2.業況
    ●スクール数は減少するも子ども英語が増加傾向
  3.事業体制
    ●地域に合わせた独自のプログラムを展開
  4.事業戦略
    ●エリアの特性を生かしたマーケティング活動を実施
  5.今後の展開、課題
    ●他部門との協働により多様な語学教育を実施/●小中学生を対象とした英語教育/
    ●グローバルな視点を持って行動できる人間を育成

■(株)NOVA
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「駅前留学」、「お茶の間留学」、「NOVAジュニア」の展開/
    ●出版事業、リスニングコンテンツの提供/
    ●通学コース「ポッキリシリーズ」のラインナップを拡充
  2.業況
  3.事業体制
    ●積極的なM&Aにより事業規模を拡大
  4.事業戦略
    ●出店動向について/●TVCM「NOVAうさぎ」のオンエア/
    ●NOVAスコアシステムをスタート
  5.今後の展開、課題
    ●2020年までに500教室を目指す

■(株)ハオ中国語アカデミー
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「通学レッスン」「外部への講師派遣」「オンライン」が3本柱/
    ●通学レッスンのHAO校を全国13ヶ所に展開/
    ●外部への講師派遣では、様々な企業ニーズに対応/
    ●オンラインレッスンでは、法人向けサービスも展開/
    ●通信販売向け教材の販売開始により、商品ラインアップが拡充
  2.業況
    ●生徒数の減少は下げ止まり感の様相、業績も安定局面へ/
    ●主力の通学レッスンではマンツーマンに注力、2015年はオンラインが増収に/
    ●1契約あたり6ヶ月~12ヶ月、トータルでは1年半くらいの受講者が中心層
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●イーオングループのネットワークを活用、当面は新規出店を行わない予定
  4.今後の展開、課題
    ●インバウンドでは中国語学習ニーズは高まらず、日本企業の中国進出に期待/
    ●「講師の質を高めること」と「受講者の資格取得を増やすこと」を目指す/
    ●スクールを中心としたボリュームゾーン以外のユーザー取り込みも図る

■(株)ビジネス・ブレークスルー
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●eラーニングプログラムをベースとした事業展開/
    ●オンラインビジネス英会話を提供
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●グローバルリーダーの育成に注力/
    ●生涯教育のプラットフォーム事業を形成/
    ●アオバジャパン・インターナショナルスクールが現代幼児基礎教育開発を子会社化/
    ●若年層を中心としたグローバルリーダーの育成に注力
  4.今後の展開、課題

■ピジョンハーツ(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●“創造力と国際性”を育む幼児教育事業を展開/
    ●期中は独自カリキュラムにサイエンスカテゴリを投入~ピジョンキッズワールド/
    ●英語教育中心のカリキュラムにより未来の国際人を育成~ブリリアンキッズ/
    ●同社オリジナル「マス・プログラム」によりサービスの高付加価値化を進める
  2.業況
    ●語学事業売上高は横ばい程度で推移
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●直営校に加えフランチャイズ形式による施設を展開/
    ●人材採用・研修を本部一括で実施してサービスレベルの向上・均質化を図る/
    ●生徒の大半はネットと口コミ経由で集客、自社HPを通じたPRを強化
  4.今後の展開・課題
    ●低年齢層の需要取り込み、マス・プログラムの充実化に力を注ぐ

■ビズメイツ(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●ビジネス英語に特化したオンライン英会話サービス/
    ●英語力×ビジネススキル=25段階評価でレベル判定~オンライン英会話「Bizmates」/
    ●Bizmatesのコアプログラム「Bizmates Program」を動画で学べる「Video Lesson」/
    ●ビジネスシーンに合わせた特定スキルを習得~「Other Programs」/
    ●法人向けサービスの展開
  2.業況
  3.事業体制
    ●ビジネス経験を最重要視し厳選採用した講師陣/
    ●事業規模拡大のため本社移転、中途採用を開始
  4.事業戦略
    ●高いクオリティで他社との差別化図る/●プロモーションについて
  5.今後の展開、課題
    ●ピーク時間に対応可能な講師の確保が課題/
    ●クオリティとスケールの両輪において拡大を目指す

■(株)ベストティーチャー
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●英語4技能対策スクール「ベストティーチャー」の運営/●法人向け・学校向けサービスの展開
  2.業況
  3.事業体制
  4.事業戦略
  5.今後の展開、課題

■(株)ベネッセコーポレーション
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●Benesseこども英語教室/●こどもちゃれんじ English/●Worldwide Kids/
    ●「Challenge English(チャレンジイングリッシュ)」/●GTEC、GTEC for STUDENTS/
    ●中高生向け海外留学サポートサービスの提供
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●ターゲット層に合わせ、様々な内容・形態のサービスを提供/
    ●マスメディアを使った広告や、体験イベント等多様なPR活動を実施

■ベルリッツ・ジャパン(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●130年以上の歴史を誇る「ベルリッツ・メソッド®」/
    ●「ベルリッツ・キッズ」「ベルリッツ・ティーンズ」/
    ●オンライン・レッスン「ベルリッツ・バーチャル・クラスルーム(BVC)」/
    ●「Berlitz Business Communications School(BBCS)」
  2.業況
  3.事業体制
    ●ランゲージセンターについて/●プロモーションについて
  4.事業戦略
    ●グループのシナジーを最大限活用し、学校向けサービスを強化/
    ●特化型レッスンの提供を強化/●「初心者向け接客英語トレーニング」の提供開始

■ヤマハ(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●全国約1,500会場で子供向け英語教室「ヤマハ英語教室」を展開/
    ●0歳~小学6年生までを対象に英語のリズムを大切にしたレッスンを展開/
    ●独自認定試験や成果発表の実施により、生徒のモチベーション向上を図る/
    ●「50歳からの大人のための英会話」の展開/
    ●質の高いコミュニケーション英語の普及を目指す「ヤマハイングリッシュアカデミー」
  2.業況
    ●英語教室事業は幼年齢の減少で減少推移に
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●2013年よりヤマハミュージックジャパンが国内教室事業を統括/
    ●海外研修会の実施により、さらなる指導力向上のモチベーションに繋がる/
    ●「体験レッスン」の拡大展開により、更なる認知拡大と新規会員の獲得を目指す
  4.今後の展開、課題
    ●「コミュニケーション英語」として日常生活で使える英語力の育成を目指す/
    ●人材確保と育成が最重要課題

■(株)レアジョブ
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●マンツーマンオンライン英会話「レアジョブ英会話」を提供/
    ●法人向けサービスの展開
  2.業況
    ●売上高・経常利益ともに過去最高を達成
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●2014年度は東証マザーズに上場、2015年度は執行役員制度の導入、新部署を設立/
    ●採用率4%の講師陣/●「量」に加え、「質」に重点を置く方針/
    ●Webでの集客をメインに、法人に対してはアウトバウンド営業も強化してゆく/
    ●「Chatty(チャッティー)」を大幅にリニューアル
  4.今後の展開、課題、2020年までの中期展望
    ●グローバル展開を本格化/
    ●東京オリンピックまでに日本人1,000万人を英語が話せるようにする

Ⅱ.学習教材編

■(株)アスク出版
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●語学関連書籍・デジタルコンテンツ・eラーニング用アプリを手がける/
    ●TOEICや英検の対策本を数多く発刊、「新TOEICテスト」シリーズなどが売れ筋/
    ●新刊では引き続き「TOEICテスト」シリーズなどをリリース、HSK対策本の強化も/
    ●アスクランゲージアカデミーでは中国語教室を運営
  2.業況
    ●販路の拡充やECチャネルの売上伸長などにより、増収基調の推移とみられる
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●距離感の近さが同社の強み、コンスタントに売れる商材づくりを志向
  4.今後の展開・課題
    ●グループワークによる教材制作、販売ルートの新規開拓などに取り組む

■(株)アルク
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    「英会話」「アルクオンライン日本語スクール」/●法人向け事業/
    ●eラーニング事業、コンテンツ提供●通信教育用教材/●書籍出版事業/
    ●子ども英語教室「KiddyCAT英語教室」/●「アルクオンライン
  2.業況
    ●2016年1月期の売上高は好調に推移
  3.事業体制・事業戦略
    ●書籍の編集体制を一部変更/●アナログからデジタルへ
  4.今後の展開、課題
    ●コミュニケーションを重要視したサービスの展開

■エス(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●流して聞くだけの英語学習教材「エブリデイイングリッシュ」/
    ●海外在住の日本人ユーザーほか企業や教育機関などにも幅広く導入/
    ●多言語の教材開発にも注力、商品ラインナップを充実化/
    ●リスニング力とスピーキング力を高める教材の併用により、英会話力の向上をサポート
  2.業況
    ●英会話教材売上1位を維持し売上続伸の模様
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●需要期に合わせて積極的に宣伝広告を投下、法人からの引き合いも増加傾向/
    ●大学受験対策の映像授業を無料提供/●地元地域から世界まで、社会貢献活動に尽力
  4.今後の展開、課題
    ●進化を続ける「エブリデイイングリッシュ」シリーズ、理想的な教材作りに今後も邁進/
    ●自社アイデンティティを明確にして顧客満足度の向上目指す

■(株)エスプリライン
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●自身のペースで学習できる“聞き流すだけ”の英会話教材「スピードラーニング」/
    ●アプリの機能拡充によって利便性を高め、顧客満足とモチベーションの向上を図る/
    ●リスニングとスピーキングの練習用アプリ「リッスン&リピート」を投入/
    ●娯楽・語学の両面で楽しめるラジオ番組「スピードラーニング・ポッドキャスト」
  2.業況
    ●幅広い年代に利用され、会員数は増加推移
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●英語学習の低年齢化に対応した小・中学生向け教材のラインナップ拡充を図る/
    自動車部品メーカー向けの専用教材の制作を皮切りに、BtoB需要の取り込みにも注力/
    ●グローバル職員の育成を目指す千代田区向けに、同社初の自治体専用英会話教材を開発/
    ●マスメディアを多用した広告戦略で、あらゆる需要層へのアプローチを図る/
    ●受注窓口から受講者のアフターケアまでコールセンターの機能拡充を図る/
    ●受講者サポート機能の強化を図り、継続率向上を目指す
  4.今後の展開、課題
    ●英会話によるインバウンド対応強化を図り、川越の地域活性化に貢献/
    ●英語に馴染ませる環境作りが英会話習得の課題

■カシオ計算機(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●電子辞書のみならず、英会話学習ニーズに対応した製品展開を推進
  2.業況
    ●ビジネス向けから学生向けまで、幅広く需要層の取り込みを図る
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●英会話学習ツール「EX-word RISE」を2016年4月15日より新発売/
    ●手軽に英会話の学習環境を提供するデジタル学習ツール「joy stud」の投入/
    ●中国工場とタイ工場を生産拠点に生産効率化を図る
  4.今後の展開・課題
    ●英会話学習ツールの投入により、英会話学習需要の取り込みにも注力

■(株)桐原書店
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●高等学校向け教科書・副教材を提供/●「TOEIC」「TOEFL」対策教材も刊行
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●現場に密着した営業活動を展開
  4.事業戦略
    ●グローバル人材育成事業を推進/●デジタル化に注力
  5.今後の展開、課題
    ●「デジタル」「大学入試改革」「グローバル」分野に注力

■(株)大修館書店
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●英語辞書では知名度の高い「ジーニアス」シリーズを展開/
    ●英語教科書では「Genius」「Compass」「Departure」をシリーズ展開/
    ●語学関連書籍ではクイズ形式のラインアップなどに特徴/
    ●電子辞書や月刊誌、教科書などで、デジタル化に積極的に対応
  2.業況
    ●減収トレンドでの推移も、出版社の中では健闘
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●人的リソースはここ数年、同水準での推移とみられる
  4.今後の展開・課題
    ●語学ジャンルではコンテンツの電子化に積極対応、教科書はCoNETSでの活動

■ネットラーニング(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●クラウド型eラーニングによる教育・研修ソリューションの提供/
    ●JMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning,Japan」の提供
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略動向
  4.事業戦略
    ●「学習サービス提供」というスタンスを貫く/●学習履歴の標準化を推進
  5.今後の展開、課題

■(株)Lang-8
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●語学学習の相互添削サイト「Lang-8」を運営/
    ●2014年10月より「HiNative」サービスを開始
  2.業況
    ●会員数の増加により売上は増加傾向、今後は新たな収益源も模索
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●英語のネイティブ獲得に注力
  4.今後の展開、課題
    ●世界最高の語学サービス提供に向けて、会員数や英語ネイティブ会員数の増加を目指す

■リアリー・イングリッシュ(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「Practical English 6」を中心にeラーニングサービスを提供/
    ●「EZ to Talk」の投入に続き、「Practical English 6」の入門レベルを新たにリリース
  2.業況
    ●2015年12月期売上高は前期比23%増と大幅伸長も、下期からは失速推移/
    ●利用事業者は大学、一般企業とも若干の増加
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●直販を基本とした営業展開、2015年には湘南にシステム開発拠点を開設
  4.今後の展開、課題
    ●スピーキング関連のラインアップを強化、オンライン部分では提携なども検討

■ワールド・ファミリー(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービス(商品)の特徴
    ●「ワールド・ファミリー・メソッド」を基本とした幼児用英語教材/
    ●ディズニーのキャラクターを使用したエデュケーション教材/
    ●「ワールド・ファミリー・クラブ」による有料会員制サービス/
    ●「WorldEnglish.tv」によるサービス
  2.業況
  3.事業体制
    ●営業社員のほとんどは実際のユーザー
  4.事業戦略
    ●オフィシャルWEBサイトをリニューアル、新TVCMに小倉優子氏を起用
  5.今後の展開、課題
    ●顧客満足度向上を第一義に今後も事業展開してゆく

Ⅲ.周辺ビジネス編

■ウィッシュインターナショナル(株)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●留学カウンセリングから留学体験、帰国後まで一貫したサポート体制
  2.業況
    ●若年層などで留学機運が高まるも、大学生は採用活動の変更が影響/
    ●留学先は英語圏が中心で、上位の留学国に変動なし
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●留学相談会の増加に伴い、カウンセラーの増員・強化を図る/
    ●留学フェアでは低年齢層の来訪が増加傾向
  4.今後の展開・課題
    ●高校生以下のジュニア世代を対象とした留学を強化する方針/
    ●2016年度も地方都市での留学相談会に注力、開催場所や回数などは検証

■(株)エニドア
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●スピーディー、ハイクオリティ、ローコストを強みに翻訳サービス「Conyac」を展開/
    ●「Light」と「Standard」の2つのプランで「Conyac」を展開/
    ●「ConyacMarket」の展開により、業務委託需要の取り込みを図る
  2.業況
    ●「Conyac Market」の開始に伴い、法人ユーザーからの需要獲得で業績は大幅な伸長
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●2013年8月の増資を機に、エンジニアの増員によって開発力と営業力を強化/
    ●Webを活用した宣伝広告からのインバウンド営業により、効率化と最大効果を目指す
  4.今後の展開・課題
    ●翻訳サービスのリソースをベースに、言語に関わる様々な業務委託への進化を図る/
    ●バイリンガルの効果的な活用によるサービス提供により、同社の価値向上に努める

■一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●TOEICテスト/●TOEIC S&W/●TOEIC Bridge
  2.業況
    ●TOEICテスト/●TOEIC S&W/●TOEIC Bridge
  3.事業体制
  4.事業戦略
  5.今後の展開、課題

■(株)コングレ・グローバルコミュニケーションズ
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●コングレグループのランゲージサービスプロバイダーとして翻訳・通訳事業を集約/
    ●高度な専門性を持つ翻訳事業と通訳事業の2軸展開で差別化を図る/
    ●海外展開を図る製造業向けの製品規格文書を中心に、幅広い分野・文書の翻訳に対応/
    ●非ローカライズ分野での翻訳支援ツールの活用により差別化を図る/
    ●幅広い業種・分野に対応する専門性の高い通訳サービスを提供/
    ●通訳・翻訳に特化した求人情報サイト「ことばキャリア」を展開
  2.業況
    ●ランゲージサービスプロバイダーとして事業展開を推進し、更なる事業拡大を目指す。
  3.事業戦略、今後の展開・課題
    ●「翻訳」「通訳」「語学人材派遣」の3事業を柱に、更なる事業拡大を目指す/
    ●翻訳・通訳リソースの確保・育成が課題

■(株)サイマル・インターナショナル
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●日本での同時通訳サービスの先駆けとして、国際コミュニケーションシーンをサポート
  2.業況
    ●グローバル化の進行で、通訳・翻訳ニーズの拡大により業績は順調に推移
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●4つのグループ会社の連携強化を図り、国際コミュニケーション事業を推進/
    ●登録者数は約2,000名と増加傾向/
    ●「サイマル・アカデミー東京校」の新設に伴い、プロの翻訳者・通訳者の養成を強化/
    ●インターネット講座に「日英医薬翻訳 上級」を開講
  4.今後の展開・課題
    ●信頼とブランド力で、ビジネス領域の拡大を目指す/
    ●国際コミュニケーション事業を推進し、グローバル人材の育成に貢献

■(株)サン・フレア
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●翻訳に特化した事業展開、対応可能言語は70以上でローカリゼーションに強み/
    ●産業翻訳者の登竜門「サン・フレアアカデミー」
  2.業況
    ●2015年度の売上高は引き続き2桁伸長で推移/
    ●翻訳需要の多言語化により、スペシャリストの確保が課題に
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●「翻訳会社」から「ドキュメント総研」への進化により成長軌道を確保/
    ●ドキュメントに特化したCRO事業を展開し、ライフサイエンス分野の事業拡大/
    ●旺盛なインバウンド需要により、観光関連分野の需要拡大
  4.今後の展開、課題
    ●“翻訳+α”の提案営業を全方位に展開し、2桁成長の持続を目指す/
    ●需要変動やニッチな言語案件への対応が課題に

■公益財団法人日本英語検定協会
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●「実用英語技能検定」「英検IBA」「英検Jr.」~2015年4月より英検ブランドを統一/
    ●「英検Jr.」について/●「英検IBA」について/
    ●「英検」志願者数の推移/●2016年度第1回からリニューアル/
    ●英検以外の試験動向
  2.業況
  3.事業体制・事業戦略
    ●「CSE2.0」が完成/●CBT化を推進/●「英検団体サポートシステム」の導入
  4.今後の展開、課題
    ●グローバル人材育成を支援してゆく

■一般財団法人日本中国語検定協会
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●中国語検定試験の実施が主事業、受験会場は国内外で約60ヶ所/
    ●教育事業や「実力診断テスト」「代行試験」等のサービスも展開/
    ●1級と準1級では面接試験を実施、全階級への面接導入は至難
  2.業況
    ●2015年度も引き続き志願者数が減少、階級別では準4級・準1級・1級が増加/
    ●合格率は上位の階級ほど低いが、二次試験は高い合格水準を保つ
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●20名の評議員・10名の理事を選出、日常業務は7名の常勤職員が担当
  4.今後の展開・課題
    ●HSKとの共存で、中国語の振興を目指す

■(株)翻訳センター
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●総合翻訳企業として、幅広い分野での翻訳業務を担う
  2.業況
    ●翻訳事業は医薬分野と特許分野に牽引され引き続き堅調に推移
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●第三次中期経営計画の推進により、翻訳事業の持続的成長と各事業基盤の強化を図る/
    ●翻訳サービスの更なる質の向上と、情報セキュリティ・マネジメントの強化を推進/
    ●グループ企業の再編を進め、業務効率化と採算性向上を目指す
  4.今後の展開・課題
    ●言語に関する事業領域の拡大による新たな価値創造を推進

■(株)ラストリゾート
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●ワーキングホリデー、語学留学に加えて、多様な商品プログラムをラインアップ/
    ●出発前、渡航中、帰国後においてサービス提供、マイナビとの提携も/
    ●新サービスとして2015年に「英語学習コーチングサービス」などを投入
  2.業況
    ●累計渡航者数は98,000人を突破、オーストラリアやフィリピンの人気が高い
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●2015年8月にNOVAホールディングス(株)のグループ会社化/
    ●国内オフィスは43拠点、海外事務所は11拠点に拡充/
    ●ウェブマーケティングを中心に、SNSや留学フェアなども展開
  4.今後の展開・課題
    ●NOVAグループのリソースを最大限に活用した展開

■(株)留学ジャーナル
  【1.企業概要】/【2.業績】/【3.語学関連事業業況】/【4.展開サービス状況】
  1.サービスの特徴
    ●留学の第一歩「留学ジャーナル」と質の高いカウンセリングを提供/
    ●帰国後のサポートでは就職につながるキャリアサポートにフォーカス/
    ●留学を志す人のバイブル「留学ジャーナル」の発行
  2.業況
    ●2015年度も引き続き堅調推移、とくに若年層の伸びが顕著/
    ●留学先としてはカナダのほか、治安の良いオセアニア諸国などが人気に
  3.事業体制・事業戦略動向
    ●イーオングループのシナジーを図り、今後はスクールからの留学を強化/
    ●集客・PRのメインは「留学ジャーナル」および「留学フェア」/
    ●岡山カウンセリングセンターは、2016年8月より広島に機能を移転
  4.今後の展開・課題
    ●法人向け営業に注力、個人向けでは若年層の取り込みを強化

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58109800 2016年版 教育産業白書
C58123100 2017 eラーニング/映像教育ビジネスレポート
C57108100 2015 語学ビジネス徹底調査レポート
C58101600 2016年版 子供市場総合マーケティング年鑑
C56108000 2014 語学ビジネス徹底調査レポート