2016~2017年版 ドクターズコスメマーケティング総鑑

日本のドクターズコスメ市場の概要・動向、主要プレーヤーを総覧したレポート。
現在、同市場は自然派オーガニック化粧品の成長に少なからず影響を受けながらも、肌悩みを抱える消費者の支持を確実に受けており、市場は堅調に推移している。ドクターズコスメを求める消費者は、商品に即効性や直接的な効果を求めており、それを実感する消費者に再評価されている。自分は敏感肌であると認識している人が増えており、ドクターズコスメやメディカルコスメへの関心は今後も高まっていくと考えられる。
近年では製薬メーカーなど専門性の高い企業だけでなく、制度品や一般化粧品を中心とする大手メーカーの参入もあってプレイヤーに広がりがでている。さらに、小売においても、バラエティストア、百貨店、コスメのセレクトショップなど取扱われる売り場は決して特殊ではなく、伸びしろをもつ市場である。

発刊日
2016/11/30
体裁
A4 / 334頁
資料コード
C58115900
PDFサイズ
110.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、ドクターズコスメの製品動向と、参入メーカーの市場戦略を調査・分析することで、ドクターズコスメ市場の現状把握と将来性を展望することを目的とする。
調査対象市場:ドクターズコスメ(「医師が開発・研究に参加している化粧品(医薬部外品含む)」、もしくは「皮膚科・整形外科・美容外科などの医療施設で販売または紹介している化粧品(医薬部外品含む)」)
調査対象エリア:日本
調査方法:直接面接及び電話取材、その他周辺間接調査を実施。あわせて、郵送によるアンケート留置法を実施
調査期間:2016年10月~2016年11月

調査結果サマリー
Close

ドクターズコスメ市場に関する調査を実施(2016年)
~2015年度の市場は機能の再評価とインバウンド需要によって拡大~
・2015年度国内ドクターズコスメ市場規模は前年度比104.9%の899億円
・エイジングケアや美白といった機能強化製品が今後の成長要因に

資料ポイント
Close

  • ドクターズコスメ市場のトレンドを徹底調査、今後のトレンドを予測
  • 流通別(一般品、通販品、医家向け、その他)、各カテゴリ(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、その他)の2011~2015年度の市場規模、2015年度メーカーシェアを調査、2016~2020年度の市場規模を予測
  • 皮膚科を対象とした郵送アンケートを実施、ドクターズコスメ、メディカルコスメの取扱状況を調査(※今回実績111件)
  • 有力ブランドメーカー(14件)のマーケティング戦略を研究分析
  • 既存のブランドメーカーのレポートに加え、新規ブランドメーカー2件追加
  • ドクターズコスメ市場に対して、化粧品総市場のどう推移しているのか、近年のトレンドはどうなのかをおさえるべく、総市場の概況や市場規模も掲載
  • 新コンテンツとして、ドクターズコスメ、メディカルコスメの主要ブランド一覧を制作。ブランド名、ブランド概要、品目別価格帯、メーカー名などのまとめ(111ブランドを掲載)

資料概要
Close

第Ⅰ章 化粧品総市場とドクターズコスメ総市場総論
第Ⅱ章 製品カテゴリー別市場動向
第Ⅲ章 流通ルート別市場動向
第Ⅳ章 医療機関での化粧品取扱動向
第Ⅴ章 有力参入企業のマーケティング戦略
第Ⅵ章 主要ブランド一覧(全111ブランド)

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 化粧品総市場とドクターズコスメ総市場総論

1.化粧品総市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)化粧品の地域別市場構成比(2015年度)
  4)メーカーシェア(2015年度)
  5)メーカーシェア一覧(2015年度)
  6)市場見通し
  7)市場規模予測(2016~2020年度)
2.ドクターズコスメ総市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)ドクターズコスメ市場と化粧品総市場の伸長率比較
  6)市場規模予測(2016~2020年度)
  7)主要ブランド年表
  8)主要ブランドの製品ラインアップ分析
  9)主要ブランド機能訴求ポイント分析
  10)主要ブランドの価格分析
  11)主要ブランドのチャネル展開分析

第Ⅱ章 製品カテゴリー別市場動向

1.ドクターズコスメの製品カテゴリー別市場
  1)製品カテゴリー別市場規模(2015年度)
  2)製品カテゴリー別市場規模推移(2011~2015年度)
  3)製品カテゴリー別市場規模予測(2016~2020年度)
2.スキンケア市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)
3.メイクアップ市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)
4.ヘアケア・その他市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)

第Ⅲ章 流通ルート別市場動向

1.ドクターズコスメの流通ルート別市場
  1)流通ルート別市場規模(2015年度)
  2)流通ルート別市場規模推移(2010~2015年度)
  3)流通ルート別市場規模予測(2016~2020年度)
2.一般品流通市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)
3.通販品流通市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)
4.医家向け流通市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)
5.その他流通市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2011~2015年度)
  3)メーカーシェア(2015年度)
  4)売上高ランキング一覧(2015年度)
  5)市場規模予測(2016~2020年度)

第Ⅳ章 医療機関での化粧品取扱動向

●調査概要
調査結果一覧
1.患者の肌の悩み(美容関連)
2.肌の悩みに対する処置法
3.肌の悩みで来院する患者数
4.患者の年齢層構成比
5.販売・推奨している化粧品メーカー
6.オリジナル化粧品の開発状況
7.化粧品以外に販売・推奨している美容関連製品
8.今後有望なドクターズコスメ:スキンケア
9.今後有望なドクターズコスメ:メイクアップ
10.今後有望なドクターズコスメ:ヘアケア
11.今後有望なドクターズコスメ:その他
12.ドクターズコスメの今後の展開:製品カテゴリー
13.ドクターズコスメの今後の展開:機能性
14.ドクターズコスメの今後の展開:その他
15.化粧品メーカーから必要な情報提供
16.5~10年後のドクターズコスメ全体のマーケット
17.5~10年後のドクターズコスメ全体のマーケット展望理由

●アンケート回答医療施設個表(111施設)

第Ⅴ章 有力参入企業のマーケティング戦略

アンファー、エムディ化粧品販売、カレンコスメティックス、コンフィアンス、
サンソリット、シーズ・ホールディングス、ジェイメック、常盤薬品工業、
ドクターフィルコスメティクス、日本ロレアル、ピエール ファーブル ジャポン、
プロティア・ジャパン、持田ヘルスケア、ロート製薬

第Ⅵ章 主要ブランド一覧(全111ブランド)

アイティーオープロビタミン、アクセーヌ、アクネスラボ、アデルマ、
アトレージュ エーディープラス、アビコスメ、アべンヌ、アマランス、
アリシアクリニック、アンプルール、エイチアイエヌ ドクターアイ化粧品、
エクスビアンス、エクセルーラ、エストフェ アンミュー、エピオンス、エフシー、
エムディー、エム ディア、エムティー メタトロン、エルボ、エンビロン、
大西メディカルラボ、オバジ、キュー・オー・エス ウルル、共立ドクターズラボ、
キリブ、グラファ、グレース・アイコ、ケーツーキュア、コスメチャウム、ザセム、
サブトラクト、ジープラス化粧品、ジーンラボドクタータカシマ、ジェネリオ、
ジャンマリーニ、十仁コスメティックス、ジュディシュプリ、ジュランツ、
スキン・シューティカルズ、スキンピールバー、セラメディック、セルキュレイト、
セルディア、セルニュー、セルファーマ、セルピュア、ダーマサイエンス、ダーマメディコ、
タカミ、ディーアールエックス(DRX)、ディセンシア、デルファーマ、
テルメ ディ サルソマッジョーレ、ドゥーエ、東京皮膚科・形成外科(DERMADOC)、
ドクターアーメド、ドクターイシイスペシャル、ドクターカハダ、ドクタークイーンコスメ、
ドクタークミコ、ドクターケイ、ドクターシーラボ、ドクタージャルト、ドクターズライフ、
ドクタープロジェ、ドクターベルツ、ドクター・ベン、ドクターY、ドクターライン、
ナビジョン、ネオメディック(DrZ)、ネフェラ、ノブ、ハーヴェストレイン、バーツビーズ、
ハイテウル、はしかた化粧品、ビーグレン、ビービーラボラトリーズ、ビオデルマ、
ビハダクラブコスメティクス、ビューティーモール、ファンケル、フィルナチュラント、
フィンギー、フォルミュール、プラスキレイ、プラスリストア、フラセラ、プリティシモ、
ホームプラス、マリアンナ、マリーメモリー、ミドリノモリ、南青山スキンケアラボ、
ミューノアージュ、メディアージュクリニック青山、メディオン、メディプラス、
ユリアージュ、ラ ロッシュ ポゼ、リーガリス、リーダース コスメティック、
リジェコンセントレイトデュウ、リ・ダーマラボ、リッチラメラ、ルナゾーム、
ルビパール、レセプトツー、レッセル

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。