2017年版 化粧品マーケティング総鑑

本調査レポートでは、化粧品関連企業における化粧品の取扱い実態と、各社の市場戦略を調査、分析することにより、化粧品市場の現状把握と今後を展望した。

発刊日: 2017/09/25 体裁: A4 / 722頁
資料コード: C59109800 PDFサイズ: 9.2MB
カテゴリ: ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:化粧品関連企業における化粧品の取扱い実態と、各社の市場戦略を調査、分析することにより、化粧品市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。
調査対象製品
スキンケア化粧品(化粧水、美容液、モイスチャークリーム、乳液、洗顔クリーム・フォーム、クレンジング、パック、マッサージ・コールドクリーム、日やけ止め、その他)
メイクアップ化粧品(ファンデーション、口紅、おしろい、アイブロウ、マスカラ、アイメイクアップ、ネイルカラー、リップクリーム、ほほ紅、その他)
ヘアケア化粧品(シャンプー、ヘアトリートメント、整髪料、ヘアリンス、ヘアスプレー、セットローション、ヘアクリーム、ヘアカラー、その他)
フレグランス化粧品(オーデコロン、香水)
男性用化粧品(ヘアケア化粧品、スキンケア化粧品、ひげそり用化粧品、その他)
調査対象流通
制度品流通(卸を通さず、直接ないしは系列の販売会社などを通じて契約した百貨店、化粧品専門店などに、化粧品を販売すること。美容部員によるカウンセリング販売が基本で、メーカー独自の消費者組織がある。)
一般品流通(問屋経由で、量販店、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどに化粧品を販売すること。特定の流通に販売せず、セルフ販売が基本である。)
訪販品流通(店舗販売によらず、訪問販売員により化粧品を販売すること。)
通販品流通(通信販売により化粧品を販売すること。)
直販品流通(基本的には制度品販売に準ずるシステム。特に海外のブランドメーカーが、輸入化粧品を主として百貨店等で直接化粧品を販売すること。)
業務用流通(卸を通じて、理容店、美容店、エステティックサロン向けにヘアケア化粧品、スキンケア化粧品等を販売すること(業務用トイレタリーは含まない)。)
調査対象先:化粧品ブランドメーカー、受託製造・OEM 企業、輸入商社、化粧品原料メーカー・商社
調査方法:直接面接調査、電話調査を実施
調査期間:2017年6月~2017年9月

資料ポイント
Close

  • 2016度化粧品市場のトレンドを徹底調査、今後のトレンドを予測
  • 有力ブランドメーカーの研究開発戦略・生産戦略を調査、今後のトレンドと構造変化を展望
  • 各流通(制度品・一般品・訪販品・通販品・直販品・業務用)の2012~2021年度の市場規模・予測を掲載
  • 各カテゴリー(スキンケア・メイクアップ・ヘアケア・フレグランス・男性用)の2012~2021年度の市場規模・予測を掲載
  • 2016年各カテゴリー(スキンケア・メイクアップ・ヘアケア・フレグランス・男性用)のメーカーシェアを掲載
  • 2016年度各流通(制度品・一般品・訪販品・通販品・直販品・業務用)のメーカーシェアを掲載
  • 化粧品市場関連基礎データ(工業統計・化学工業統計、家計調査)を分析
  • 有力原料メーカー・商社(約3社)、有力受託メーカー(約3社)を、有力容器メーカー・ディーラー(約3社)を調査、サブライチェーンのトレンドを俯瞰
  • 有力卸売業(約5社)・有力小売業(約10社)を調査、末端トレンドのトレンドを俯瞰
  • 有力ブランドメーカー(約45社)・有力業務用化粧品メーカー(約5社)のマーケティング戦略を研究分析

資料概要
Close

第Ⅰ章 化粧品市場の総論
第Ⅱ章 製品カテゴリー別の市場動向分析
第Ⅲ章 流通ルート別の市場動向分析
第Ⅳ章 有力参入企業のマーケティング戦略
第Ⅴ章 化粧品関連基礎データ分析

リサーチ内容

2017年8月25日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 化粧品市場の総論

1.2016年度日本の化粧品総市場
  (1)化粧品の市場規模推移(2012~2016年度)
  (2)化粧品の地域別市場構成比(2016年度)
  (3)化粧品市場のメーカーシェア(2016年度)
  (4)化粧品総市場のメーカーシェア一覧(2016年度)
2.化粧品市場の今後の方向性と見通し
  (1)化粧品市場の市場見通し
  (2)化粧品の市場規模予測(2017~2021年度)
3.化粧品市場の注目動向
  (1)市場環境:化粧品輸出金額が増加、化粧品輸入金額を初めて上回る
  (2)市場環境:越境ECなどアウトバウンド需要の確保を急ぐ化粧品メーカー
  (3)市場環境:訪日外国人観光客によるインバウンド消費が引き続き市場を牽引
  (4)製品面:M&Aによる新規参入等により競争が激化する自然派・オーガニック化粧品
  (5)製品面:「乾燥小ジワ」「シワ改善」を訴求する化粧品に注目集まる
  (6)流通面:自然派・オーガニック化粧品の販売に注力する小売店が増加
  (7)流通面:注目集める大手小売業のPB品やメーカーとの共同企画商品
  (8)流通面:注目集めるドラッグストアの展開する化粧品特化型店
4.化粧品メーカーの研究開発戦略
5.化粧品メーカーの生産戦略
6.化粧品受託製造市場の動向
7.化粧品原料市場の動向
8.化粧品容器市場の動向
9.化粧品卸の動向
10.ドラッグストアの化粧品戦略

第Ⅱ章 製品カテゴリー別の市場動向分析

1.化粧品の製品カテゴリー別市場
  (1)製品カテゴリー別市場構成比(2016年度)
  (2)製品カテゴリー別市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)製品カテゴリー別市場規模予測(2017~2021年度)
2.スキンケア市場
  (1)スキンケアの市場概況
  (2)スキンケアの市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)スキンケアのメーカーシェア(2016年度)
  (4)スキンケアのメーカーシェア一覧(2016年度)
  (5)スキンケアの製品別市場規模(2016年度)
  (6)スキンケアの市場見通し
  (7)スキンケアの市場規模予測(2017~2021年度)
3.メイクアップ市場
  (1)メイクアップの市場概況
  (2)メイクアップの市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)メイクアップのメーカーシェア(2016年度)
  (4)メイクアップのメーカーシェア一覧(2016年度)
  (5)メイクアップの製品別市場規模(2016年度)
  (6)メイクアップの市場見通し
  (7)メイクアップの市場規模予測(2017~2021年度)
4.ヘアケア市場
  (1)ヘアケアの市場概況
  (2)ヘアケアの市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)ヘアケアのメーカーシェア(2016年度)
  (4)ヘアケアのメーカーシェア一覧(2016年度)
  (5)ヘアケアの製品別市場規模(2016年度)
  (6)ヘアケアの市場見通し
  (7)ヘアケアの市場規模予測(2017~2021年度)
5.フレグランス市場
  (1)フレグランスの市場概況
  (2)フレグランスの市場規模(2012~2016年度)
  (3)フレグランスのメーカーシェア(2016年度)
  (4)フレグランスのメーカーシェア一覧(2016年度)
  (5)フレグランスの市場見通し
  (6)フレグランスの市場規模予測(2017~2021年度)
6.男性用化粧品市場
  (1)男性用化粧品の市場概況
  (2)男性用化粧品の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)男性化粧品のメーカーシェア(2016年度)
  (4)男性用化粧品のメーカーシェア一覧(2016年度)
  (5)男性用化粧品の製品別市場規模(2016年度)
  (6)男性用化粧品の市場見通し
  (7)男性用化粧品の市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅲ章 流通ルート別の市場動向分析

1.化粧品の流通ルート別市場
  (1)流通ルート別市場構成比(2016年度)
  (2)流通ルート別市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)流通ルート別市場規模予測(2017~2021年度)
2.制度品流通
  (1)制度品流通の市場概況
  (2)制度品流通の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)制度品流通のメーカーシェア(2016年度)
  (4)制度品流通のメーカーシェアランキング一覧(2016年度)
  (5)制度品流通の市場見通し
  (6)制度品流通の市場規模予測(2017~2021年度)
3.一般品流通
  (1)一般品流通の市場概況
  (2)一般品流通の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)一般品流通におけるチャネル別動向
    ①一般品流通におけるチャネル別市場構成比(2016年度)
    ②一般品流通におけるチャネル別の市場規模推移(2012~2016年度)
    ⅰ)ドラッグストアルートの市場規模推移(2012~2016年度)
    ⅱ)量販店の市場規模推移(2012~2016年度)
    ⅲ)CVSの市場規模推移(2012~2016年度)
  (4)一般品流通のメーカーシェア(2016年度)
  (5)一般品流通のメーカーシェアランキング一覧(2016年度)
  (6)一般品流通の市場見通し
  (7)一般品流通の市場規模予測(2017~2021年度)
4.訪販品流通
  (1)訪販品流通の市場概況
  (2)訪販品流通の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)訪販品流通のメーカーシェア(2016年度)
  (4)訪販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2016年度)
  (5)訪販品流通の市場見通し
  (6)訪販品流通の市場規模予測(2017~2021年度)
5.通販品流通
  (1)通販品流通の市場概況
  (2)通販品流通の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)通販品流通のメーカーシェア(2016年度)
  (4)通販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2016年度)
  (5)通販品流通の市場見通し
  (6)通販品流通の市場規模予測(2017~2021年度)
6.直販品流通
  (1)直販品流通の市場概況
  (2)直販品流通の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)直販品流通のメーカーシェア(2016年度)
  (4)直販品流通のメーカーシェアランキング一覧(2016年度)
  (5)直販品流通製品の市場見通し
  (6)直販品流通の市場規模予測(2017~2021年度)
7.理美容(業務用)流通
  (1)理美容(業務用)流通の市場概況
  (2)理美容(業務用)流通の市場規模推移(2012~2016年度)
  (3)理美容(業務用)流通のメーカーシェア(2016年度)
  (4)理美容(業務用)流通のメーカーシェアランキング一覧(2016年度)
  (5)理美容(業務用)流通の市場見通し
  (6)理美容(業務用)流通の市場規模予測(2017~2021年度)
8.注目チャネル(百貨店)の市場動向と市場規模推移(2012~2016年度)

第Ⅳ章 有力参入企業のマーケティング戦略

【化粧品ブランドメーカー】
  株式会社アイビー化粧品
  株式会社アイム
  株式会社アルビオン
  株式会社イオンフォレスト
  株式会社伊勢半
  株式会社ウテナ
  株式会社オージオ
  オッペン化粧品株式会社
  オルビス株式会社
  花王株式会社
  株式会社カネボウ化粧品
  川辺株式会社
  クラシエホームプロダクツ株式会社
  株式会社コーセー
  株式会社再春館製薬所
  株式会社シーズ・ホールディングス
  株式会社シーボン
  株式会社資生堂
  株式会社ジャパンゲートウェイ
  株式会社シャルレ
  株式会社ジョンマスターオーガニックグループ
  新日本製薬株式会社
  株式会社スタイリングライフ・ホールディングス(BCLカンパニー・(株)CPコスメティクス)
  株式会社ちふれ化粧品
  株式会社ディーエイチシー
  常盤薬品工業株式会社
  株式会社ナリス化粧品
  日本アムウェイ合同会社
  日本ロレアル株式会社
  ニュースキンジャパン株式会社
  株式会社ノエビア
  株式会社ハーバー研究所
  株式会社ハウスオブローゼ
  P&Gプレステージ合同会社
  株式会社ファンケル
  フォーデイズ株式会社
  ブルーベル・ジャパン株式会社
  プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
  株式会社ポーラ
  株式会社マンダム
  株式会社ヤマサキ
  ユニリーバ・ジャパン株式会社
  ライオン株式会社
  株式会社ラッシュジャパン
  ロート製薬株式会社
  ロクシタンジャポン株式会社
【理美容(業務用)化粧品メーカー】
  コタ株式会社
  日華化学株式会社
  株式会社ミルボン
【化粧品原材料メーカー・商社】
  岩瀬コスファ株式会社
  日光ケミカルズ株式会社
  株式会社マツモト交商
【化粧品受託メーカー】
  東洋ビューティ株式会社
  株式会社トキワ
  日本コルマー株式会社
【化粧品容器メーカー・ディーラー】
  浅井硝子株式会社
  株式会社グラセル
  興亜硝子株式会社
【化粧品卸企業】
  株式会社あらた
  株式会社大木
  CBグループマネジメント株式会社
  株式会社Paltac
【化粧品小売企業】
  株式会社アインホールディングス
  ウエルシアホールディングス株式会社
  株式会社キリン堂ホールディングス
  株式会社クリエイトSDホールディングス
  ゲンキー株式会社
  株式会社ココカラファイン
  サツドラホールディングス株式会社
  株式会社サンドラッグ
  株式会社スタイリングライフ・ホールディングス(プラザスタイルカンパニー)
  株式会社ツルハホールディングス
  株式会社トモズ
  株式会社マツモトキヨシホールディングス

第Ⅴ章 化粧品関連基礎データ分析

1.工業統計分析
  (1)出荷金額、事業所数推移
  (2)都道府県別出荷ランキング
2.化学工業統計調査
  (1)2012年
  (2)2013年
  (3)2014年
  (4)2015年
  (5)2016年
3.家計調査にみる化粧品消費支出動向

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59112500 2017 アウトドアビジネス
C59107500 2017年版 自然派・オーガニック化粧品マーケティング総鑑
C59104900 2017年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、その他~
C59108600 16~17年版 医療・衛生用品の市場実態と製品別需要動向