2018年版 養殖ビジネスの市場実態と将来展望

発展途上国を中心とした人口増加との経済状況により、世界の食料事情は不安定さを増している。FAOの調査によれば、世界の1人当たりの年間の魚介類消費量は、1960年代の9.9kgから1990年代には14.4kgに、2013年には19.7kgに増加してきており、2015年の推定値は20kg、さらに2023年には20.9kgに増えると予想される。今後、さらに国際的な水産物流通システムが整備されることで、魚介類の需要はますます拡大すると見られる。
しかし、魚介類の消費が増えても、天然魚は減っていく可能性が高く、世界的な資源管理の高まりにより、これまで以上の漁船漁業による漁獲量の増加は見込めない。今後、さらに養殖業へのニーズが高まり、水産業の中心が養殖業に移っていくのは、世界的な流れとして確実である。また、魚用配合飼料の主原料である魚粉は、大半を輸入に依存しているが、世界的な需要増を背景に、魚粉の輸入価格は高値で推移している。
このよう中、IoTを活用した効率的な水産「スマート水産」、陸上で養殖する「陸上養殖」、魚粉量を少なくした「低魚粉飼料」などが注目を浴びている。
本調査レポートでは、スマート水産、陸上養殖、低魚粉飼料の主要プレーヤーを調査・分析することにより、市場の実態と課題を明らかにするとともに、今後の方向性を模索した。

発刊日
2018/01/31
体裁
A4 / 211頁
資料コード
C59108000
PDFサイズ
14.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

205,200
190,000
15,200
205,200
190,000
15,200
237,600
220,000
17,600
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:スマート水産、陸上養殖、低魚粉飼料の現状の取組と、今後の方向性を調査・分析することにより、養殖市場を展望することを目的と調査を実施した。
調査対象製品:次世代養殖技術(スマート水産、陸上養殖システム、低魚粉飼料)
調査対象先:養殖事業参入企業6社、次世代養殖技術参入企業11社、その他大学、関連官公庁・協会団体、研究機関
調査方法:直接面接取材と電話取材を実施
調査期間:2017年6月~2018年1月

調査結果サマリー
Close

次世代型養殖ビジネスに関する調査を実施(2017年)
~次世代型養殖技術(スマート水産・陸上養殖システム・低魚粉飼料)の普及拡大に期待~
・2016年度の次世代型養殖技術(スマート水産・陸上養殖システム・低魚粉飼料)の国内市場規模は132億7,500万円
・2021年度の次世代型養殖技術(スマート水産・陸上養殖システム・低魚粉飼料)の国内市場規模は203億2,000万円を予測

資料ポイント
Close

スマート水産、陸上養殖、低魚粉飼料の現状の取組と、今後の方向性を調査・分析することにより、今後の養殖市場を展望することを目的に調査を実施

資料概要
Close

第Ⅰ章 日本における漁業・養殖業の動向
第Ⅱ章 養殖ビジネスの動向
第Ⅲ章 次世代型養殖技術の動向
第Ⅳ章 民間企業による養殖ビジネスの動向
第Ⅴ章 参入企業の個別実態調査

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 日本における漁業・養殖業の動向

1.日本の漁業・養殖業の概況
  (1)漁業・養殖業の国内生産量の推移(2000~2016年)
  (2)漁業・養殖業の国内生産金額の推移(2000~2015年)
  (3)漁業生産力の国際比較
2.日本における海面養殖業の概況
  (1)海面養殖 魚種別収穫量推移(2006~2016年)
  (2)海面養殖魚種別生産額推移(2006~2015年)
  (3)都道府県別 海面養殖魚収穫量(2016年)
  (4)都道府県別 海面養殖魚種別収穫量(2016年)
  (5)都道府県別 種苗養殖販売量(2016年)
  (6)海面養殖経営体の概況(海面養殖経営体数、1経営体当りの生産量・生産金額)
3.世界の水産・養殖の動向
  (1)世界の漁獲量・養殖生産量(2010~2015年)
  (2)主要漁業国における海面漁業漁獲量(2014~2015年)
  (3)世界における養殖生産量の推移(1973~2015年)
  (4)主要国における養殖生産量(2015年)
  (5)世界の地域別漁業者・養殖業従事者(2000~2014年)
  (6)世界の水産物の輸出入の動向(2004年と2014年の比較)
  (7)世界の魚介類の消費量の推移
4.国内における水産物の輸出拡大に向けた取組
  (1)水産物の輸出動向
  (2)食緑における輸出に向けた取組
  (3)グローバル・オーシャン・ワークスにおける輸出に向けた取組
5.養殖業でも認証制度取得が普及拡大

第Ⅱ章 養殖ビジネスの動向

1.海面養殖経営体の概況
  (1)ブリ類養殖業の経営状況とコスト構造
  (2)マダイ養殖業の経営状況とコスト構造
  (3)国内養殖経営体と海外(ノルウェー)の養殖経営体の比較
2.先進的な海外養殖経営の取組
  (1)ノルウェー
  (2)チリ
3.国内における養殖ビジネスの取組
  (1)大手水産会社における養殖ビジネス
  (2)大手商社における養殖ビジネス
  (3)近畿大学における養殖事業の取組
  (4)注目企業における養殖ビジネスの動向
    ①日建リース工業における世界初の「活魚輸送用コンテナ」
    ②サバ料理専門店「鯖や」、未利用魚を餌に、ドローン船を活用した養殖業に参入
4.日本における養殖経営の今後の方向性

第Ⅲ章 次世代型養殖技術の動向

1.スマート水産
  (1)スマート水産とは
  (2)スマート水産が求められている背景
  (3)スマート水産を展開している主な企業の取組み
    ①はこだて未来大学・NTTドコモの取組み
    ②注目ベンチャー企業 ウミトロン(株)の取組み
    ③その他、スマート水産を展開している主な企業
  (4)スマート水産の現状の課題・問題点
  (5)今後のスマート水産の方向性
  (6)スマート水産の市場規模推移(2016~2021年度予測)
2.陸上養殖
  (1)陸上養殖の方式
  (2)陸上養殖の歴史
  (3)海外での陸上養殖の動向
    ①海外の陸上養殖概要
    ②海外の陸上養殖の主な取組
    ③海外の陸上養殖の研究動向
  (4)陸上養殖のメリット・デメリット
  (5)陸上養殖における有望魚種
    ①アワビ
    ②トラフグ
  (6)陸上養殖における法規制
  (7)参入企業の動向
    ①陸上養殖システムメーカー
    ②陸上養殖事業を展開している企業
  (8)陸上養殖の注目技術 ~地下海水を利用した陸上養殖~
  (9)陸上養殖の今後の方向性
  (10)陸上養殖プラント 市場規模推移(2016~2021年度予測)
3.低魚粉飼料
  (1)養殖魚の餌の種類
  (2)魚粉とは
  (3)南米(ペルー・チリ)産魚粉の動向
  (4)魚粉需給の動向
  (5)国産魚粉生産の取組み
  (6)ノルウェーにおける低魚粉化の取組
  (7)主要メーカーにおける低魚粉飼料の取組
  (8)魚粉代替飼料原料の動向
  (9)低魚粉飼料の市場規模推移(2016~2021年度予測)

第Ⅳ章 民間企業による養殖ビジネスの動向

双日(株)
  ~双日ツナファーム鷹島のIoT・AI化による日本の水産養殖業の高度化への貢献~

(株)ダイニチ
  ~鮮度一番の出荷体制と物流で日本全国・海外へと安全・安心・鮮度良しの養殖魚を提供~

日建リース工業(株)
  ~地下海水利用の陸上養殖開発に始まり、“活魚サプライチェーン”構築を目指す~

日本水産(株)
  ~マグロ、ブリ、サケを軸に養殖事業の強化、高度化、先鋭化を推進する~

マルハニチロ(株)
  ~クロマグロの完全養殖事業を始めとして「つくり、育てる漁業」の技術革新に取り組む~

(株)夢創造
  ~完全循環閉鎖型養殖システムにより“海なし県”からのトラフグの出荷を実現~

第Ⅴ章 参入企業の個別実態調査

<スマート水産>
(株)NTTドコモ
  ~海洋環境の見える化システム「ICTブイ」の実用化の見込み~

(株)オプティム
  ~農業ICTに続いて、2017年から養殖ICTの実証実験を開始~

公立はこだて未来大学
  ~研究者と漁業者が一体となりノウハウを供給する「マリンIT」を展開~

八面六臂(株)
  ~インターネットを駆使し、飲食店向けに水産物などの販売を展開~

<陸上養殖>
IMTエンジニアリング(株)
  ~閉鎖循環式屋内型エビ生産システム(ISPS)を新潟県妙高市で展開~

(株)FRDジャパン
  ~換水率1%以下の技術で閉鎖循環式陸上養殖の実用化をリード~

(株)キッツ
  ~2016年から陸上養殖事業に参入、「キッツスマート養殖」を展開~

(株)フジキン
  ~チョウザメの飼育のみならず、設備面や活用も含めた提案を進める~

<低魚粉飼料>
中部飼料(株)
  ~安心安全な養殖魚作りのための高品質飼料の開発と普及促進~

日清丸紅飼料(株)
  ~ブリ類とマダイ向けに強く、今後はマグロ向け配合飼料の普及拡大に注力~

フィード・ワン(株)
  ~国内最大規模の水産養魚用飼料工場が稼働、水産向け飼料でもトップを目指す~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

205,200
190,000
15,200
205,200
190,000
15,200
237,600
220,000
17,600
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。