2018 食品ギフト市場白書

近年、生活者の趣味・嗜好は多様化し、ギフトの「定番」がなくなりつつある。贈られた人が喜ぶものであれば、全てギフトになる今、小売業は全て、「ギフト好適品」を取り扱う業種であるともいえ、ギフト市場においては、もはや競合は「同業他社」ではなく、小売市場全体となった。その中でも、特にギフトとして選ばれる事が多いのが食品である。様々なオケージョンにおいて、様々なチャネルで購入され、定番ギフトから趣向を凝らしたパーソナルなギフトまで幅広いオプションがある。また、近年では「自分へのギフト」といったご褒美として食品を購入するということも一つのトレンドとなっている。このようにギフトのカジュアル化、親しい相手のことを想いこだわりギフトを贈る人の増加、ギフトオケージョンの多様化など、ギフト市場を取り巻く環境が大きく変化しており、特に人々のライフスタイルに大きく関係のある食品のギフトにおいては様々な動きがみられる。
本調査レポートは、食品ギフト業界を体系的に調査・編集し、食品ギフト市場を総合的に把握いただけるよう企画し、食品ギフトの市場規模、アイテム別市場を算出した。

発刊日
2018/02/28
体裁
A4 / 288頁
資料コード
C59110300
PDFサイズ
6.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:ギフト卸・メーカー・小売等、ギフトに関係する企業
調査方法:直接面接取材、電話取材及び郵送・FAX 等による補足調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2017年8月~2018年2月

調査結果サマリー
Close

食品ギフト市場に関する調査を実施(2017年)
・2017年の国内食品ギフト市場規模は前年比102.8%の4兆1,000億円とプラス成長
・絆の見直しによるギフト需要の高まり
・ライフスタイルを重視したパーソナルギフトの伸長

資料ポイント
Close

  • 食品ギフト関連企業の戦略分析~商品、サービス、チャネルなど直接取材レポート
  • アイテム別市場規模を掲載
  • 食品ギフト市場のトレンド分析:ライフスタイルが多様化する中でみられる「ライフスタイル重視型ギフト」や「菓子類ギフトの増加」
  • その他、各種統計より当該市場全容を分析、市場の行方を予測
     

資料概要
Close

Ⅰ.ギフト総市場の市場規模推移と予測
Ⅱ.食品ギフト市場の市場規模推移と予測
Ⅲ.チャネル別市場動向
Ⅳ.アイテム別市場動向
Ⅴ.主要企業の事例研究

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

Ⅰ.ギフト総市場の市場規模推移と予測

1.ギフト市場規模推移
2.ギフトの定義
3.分類別市場規模推移
  (1)オケージョン別市場動向
    ⅰ)結婚祝い・結婚式引出物
    ⅱ)バレンタインデー
    ⅲ)母の日・父の日・敬老の日
    ⅳ)手土産
  (2)中元歳暮市場動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など
    ⅳ)チャネル別中元歳暮の取り組み
  (3)チャネル別市場動向
  (4)アイテム別市場動向

Ⅱ.食品ギフト市場の市場規模推移と予測

1.食品ギフト市場規模推移
2.食品ギフトの定義
3.分類別市場動向
  (1)チャネル別市場動向
  (2)アイテム別市場動向
4.消費者調査結果
5.注目トピック、トレンド
  (1)ライフスタイル重視型ギフト
  (2)菓子類ギフトの増加

Ⅲ.チャネル別市場動向

1.百貨店
  (1)百貨店全体動向
  (2)百貨店における食品ギフトの動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
2.GMS
  (1)GMS全体動向
  (2)GMSにおける食品ギフトの動向
  (3)主要各社のギフトに関する取り組みの特徴
3.スーパーマーケット(SM)
  (1)スーパーマーケット全体動向
  (2)スーパーマーケットにおける食品ギフト動向
  (3)主要各社のギフトに関する取り組みの特徴
4.トラフィック
  (1)インバウンド動向
  (2)鉄道
    ⅰ)エキナカ商業施設動向
  (3)空港
    ⅰ)空港商業施設動向
  (4)高速道路
    ⅰ)サービスエリア・パーキングエリアの動向
5.通販・インターネット
  (1)通販・インターネット全体動向
  (2)通販・インターネットチャネル食品ギフトの動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など
6.専門店
  (1)ギフト専門店
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
  (2)食品メーカー直営店
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など
7.コンビニエンスストア
  (1)コンビニ全体動向
  (2)コンビニの食品ギフトの動向
    ⅰ)大手コンビニの中元歳暮の取り組み

Ⅳ.アイテム別市場動向

1.菓子類
  (1)和・洋菓子・デザート市場の現状
  (2)菓子類ギフトの動向
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など
2.加工食品
  (1)加工食品市場の現状
  (2)加工食品ギフトの動向
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など
3.調味料・食用油
  (1)調味料・食料油市場の現状
  (2)調味料・食料油ギフトの動向
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など
4.飲料
  (1)飲料市場の現状
  (2)飲料ギフトの動向
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など
5.酒類
  (1)酒類市場の現状
  (2)酒類ギフトの動向
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
    ⅲ)今後の展望と課題など

Ⅴ.主要企業の事例研究

百貨店
  株式会社京王百貨店
  株式会社阪急阪神百貨店
  株式会社三越伊勢丹
  株式会社大丸松坂屋百貨店
  株式会社高島屋
スーパー
  株式会社ライフコーポレーション
専門店、メーカー
  株式会社赤坂柿山
  伊藤ハムフードソリューション株式会社
  株式会社おおつか
  株式会社柿安本店
  株式会社資生堂パーラー
  株式会社JEAN-PAUL HEVIN JAPON
  株式会社宗家源吉兆庵
  株式会社虎屋
  株式会社ハリカ
  株式会社福砂屋
  プリマハム株式会社
  株式会社文明堂東京
  マルハニチロ株式会社
  株式会社ヤッホーブルーイング
  株式会社ヨックモック
ギフト卸
  株式会社大和
  リンベル株式会社
その他
  国分グループ本社株式会社
  兵庫県手延素麺協同組合
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。