2018 靴・履物産業年鑑

日本国内の靴・履物の市場を捉えたマーケティング資料。靴・履物業界の市場規模、企業動向を捉え、市場が現在どのようになり、今後どうなっていくのかをレポーティング。靴・履物市場の全体規模、ブランド別(インポート/ライセンス/ドメスティック)、アイテム別(紳士靴/婦人靴/スポーツシューズ/ベビー・子供靴)の状況、また、靴メーカー・卸売業の動向、靴を取り扱っている小売業の動向、関連チャネルの動向のほか、家計調査や貿易統計、商業統計などの靴・履物に関連した統計データにも触れ、色々な角度で靴・履物の市場が捉えられる資料としている。

発刊日
2017/11/30
体裁
A4 / 335頁
資料コード
C59116800
PDFサイズ
4.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

135,000
125,000
10,000
135,000
125,000
10,000
167,400
155,000
12,400
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:靴・履物業界の現状を各企業からの実施調査を行うことにより把握し、今後の靴・履物業界の発展並びに、関連企業の経営戦略立案の一助となるべく作成した。
調査対象:靴・履物、及び、靴資材など靴業界に携わるメーカー、卸、小売業、ならびに周辺関連業者、輸出入業者をその対象とした。
調査方法:面接取材、アンケート留置及び電話取材、加えて補足的に側面調査を行った。
調査期間:2017年9~2017年11月

資料ポイント
Close

  • 日本の靴・履物市場に特化した、業界関係者必読のマーケティングレポート
  • 2016年度の靴・履物小売市場規模は?
  • 2017年度、2018年度の市場規模予測についてもレポート
  • 好調だったスポーツシューズはスニーカーブームの下火によって勢いが鈍化。今後の市場動向は?
  • 低迷が続く革靴は、婦人靴で底入れの兆候も紳士靴は引き続き厳しい市場環境を余儀なくされる
  • 子供靴は、少子化でありながら6ポケットによる消費拡大で今後も市場成長が続く

資料概要
Close

第1章 靴・履物業界の動向
第2章 商品別市場動向
第3章 靴・履物メーカー・卸売業の動向
第4章 靴・履物小売業関連チャネルの現状
第5章 各種統計データから見る靴・履物市場
第6章 靴・履物市場参入企業個表

リサーチ内容

■掲載内容

靴・履物産業年鑑 2018~調査結果のポイント~

第1章 靴・履物業界の動向

1.靴・履物業界の概況
  (1)2017年 靴・履物市場の動向
  (2)2016年度の市場規模、2017年度の市場規模予測
  (3)アイテム別概況
  (4)流通チャネル別の状況
  (5)今後の靴・履物業界市場動向
  (6)靴・履物関連事業者を対象とした意識調査

第2章 商品別市場動向

1.ブランドマーケット動向
  (1)インポートブランド市場
    ①小売市場規模推移と市場動向
    ②インポートブランド市場の将来予測
    ③有力企業・有力ブランドの動向
  (2)ライセンスブランド市場
2.アイテム別マーケット動向
  (1)紳士靴市場
  (2)婦人靴市場
  (3)スポーツシューズ市場
  (4)子供靴市場

第3章 靴・履物メーカー・卸売業の動向

(1)靴・履物メーカー・卸売業の状況
(2)靴・履物メーカー・卸売業の今後
(3)主要メーカー・卸売業の業績推移
  ①(株)リーガルコーポレーション
  ②(株)ムーンスター
  ③アキレス(株)
  ④(株)アマガサ
  ⑤ヒラキ(株)
  ⑥(株)卑弥呼

第4章 靴・履物小売業関連チャネルの現状

(1)靴・履物流通チャネルの動向
  ①百貨店
  ②量販店
  ③大型ショッピングセンター
  ④アウトレットモール
(2)通販・インターネットビジネスの動向
  ①通信販売ビジネスの概況
  ②インターネットビジネスの概況
(3)有力専門店の動向

第5章 各種統計データから見る靴・履物市場

1.靴・履物輸入市場の概況(輸入関連指標及び推移)
  (1)関税割当制度について
  (2)靴・履物の輸入市場
  (3)知的財産権侵害物品の輸入差止状況
2.国内靴・履物製造業・卸売業の概況
  (1)靴・履物製造業
    ①靴・履物製造業の状況
    ②事業所数・事業規模推移
  (2)靴・履物卸売業の概況
  (3)革靴製品に関する国内生産状況
  (4)布・ゴム・プラスチック製靴に関する国内生産状況
3.靴・履物小売業関連指標
  (1)小売業全体の販売概況
  (2)靴・履物小売業の概況
4.経済環境の状況
  (1)景気動向指数・サービス支出DIの推移
  (2)消費支出の推移(家計調査より)
    ①全国・全世帯(2人以上の世帯)及び総世帯の消費支出
    ②費目別支出の推移
    ③財・サービス区分でみた消費支出の特徴
  (3)靴・履物への消費支出(家計調査にみる靴・履物消費傾向)
    ①靴・履物支出の推移
    ②品目別支出と購入単価の推移
    ③年間収入階級別による支出格差
    ④地域・都市別支出推移

第6章 靴・履物市場参入企業個表

有力メーカー・卸・外資系企業 ケーススタディ
  アキレス(株)、(株)アマガサ、(株)エースコーポレーション、大塚製靴(株)、
  (株)オギツ、(株)金万、(株)コロンビア、スポーツウェアジャパン、
  (株)ストックマン、世界長ユニオン株式會社、東邦レマック(株)、
  トッズ・ジャパン(株)、トモエ商事(株)、(株)バリー・ジャパン、
  (株)卑弥呼、(株)ベネクシー、マドラス(株)、(株)馬里奈、(株)丸大、
  (株)丸紅フットウェア、(株)ムーンスター、(株)リーガルコーポレーション
全国靴・履物メーカー・卸・企業概要
有力専門店 ケーススタディ
  (株)エービーシー・マート、(株)かねまつ、(株)銀座ヨシノヤ、
  神戸レザークロス(株)、(株)ジーフット、ダイアナ(株)、(株)タケヤ、
  (株)チヨダ、(株)ミハマ商会
全国主要専門店企業概要

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

135,000
125,000
10,000
135,000
125,000
10,000
167,400
155,000
12,400
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています