発刊予定   2017年版 量子技術市場の現状と展望

量子の世界は、極微の世界を支配する法則に基づいた世界であり、われわれが住む日常世界とは大きく様相が異なる。これまでは、理論物理学中心の世界だったが、半導体微細化が極限近くまで進む中、新たな技術の模索は量子の世界に向かっている。つまり、科学技術の進歩によって、量子の世界が、われわれの日常社会に身近なものになりつつある。なかでも、実用化が視野に入ってきたものを中心に以下6領域を調査対象とする。
量子通信に欠かせない量子暗号技術を中心とした「次世代暗号技術」(通信、放送、検索、コンテンツ配信、その他の5アプリケーション)。IBM、Intel、Google、MicrosoftなどITの巨人たちが膨大な経営資源を投入して必死の開発競争を繰り広げている「量子コンピューター」。実用化を目指した研究開発が加速している「量子センシング」(磁気、光学、その他の3用途)、「量子イメージング」(量子ビーム、光子の2カテゴリー)。量子技術を駆使した川下製品を支える基盤技術として「量子スピントロニクス」(不揮発メモリー、トランジスター、光メモリー、その他の4用途)と「量子情報デバイス」(エレクトロニクス、情報・通信ライフサイエンス、エネルギー、その他の5分野)を取り上げる。
また、日本は、つぎ込まれる資金と人材において、世界の先進国に比べて大きく遅れをとっていることが懸念されている。

発刊日: 2017/11/下旬 体裁: A4 / 約110頁
資料コード: C59120800 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2017年11月10日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

<調査対象企業>
沖電気工業、九州大学、慶応大学、産総研、NICT、玉川学園、電気通信大学、東工大、東芝、NEC、NTT、富士通、北大、三菱電機、大阪大学、京都大学、システム研究機構国立情報学研究所(NII)、筑波大学、東大、NIMS、理化学研究所、早稲田大学、茨城大学、分子科学研究所、東北大学、名古屋大学、日本原子力研究開発機構、日立製作所、広島大学、住友電工、理化学研究所/東大、量子科学技術研究開発機構、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)、コニカミノルタ、シグマアルドリッチジャパン、日本大学、パイオニア、浜松ホトニクス、冨士色素、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構、和歌山大学、北陸先端科学技術大学院大学

※定期刊行物「Yano E plus」での関連特集(2016年12月号~2017年5月号)をベースに編集、市場数値なども抜粋

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59114400 2017-2018年版 AMOLEDパネル・主要部材市場の現状と将来展望
C59118500 2017年版 偏光板及び部材フィルム市場 2nd Half Report ~LIMITED PUBLICATION FOR THE SPECIFIC CUSTOMERS~
C59105300 VOL.1分析編 2017年度版 乗用車向けコネクテッドカーの事業モデル別2025年予測
C59113600 2017年版 臨床検査市場の展望