環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

環境・エネルギー、機械・エンジニアリング

2017年05月15日 更新

自動車

2017年04月04日 更新

半導体、エレクトロニクス・オプティクス

2017年04月04日 更新

2017年度以降はAMEDによる大規模実証調査結果も明らかになり、介護用途における有効な使い方や課題・問題点が示されることで、製品改良や新製品投入も期待でき、介護施設向けの需要は拡大する見通しである。また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、交通機関や各種施設における観光案内等で会話・動作複合型コミュニケーションロボット導入の機運が高まることで新たな需要も見込まれ、2020年度の国内コミュニケーションロボット市場規模は87億4,000万円になると予測する。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2015年から搭載されているレベル2(部分的自動運転)の自動運転システムは、高速道路の渋滞時自動追従と自動駐車機能を中心に搭載が進み、2020年の市場規模は509万5000台に増加すると予測する。2020年以降はセンサのコストダウンが進むことから、ミドルクラスの車種においてレベル2の自動運転システムの普及拡大が進み、2025年の世界市場規模は2,381万2,000台に達すると予測する。

詳細を見る

プレスリリース