環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

環境・エネルギー、機械・エンジニアリング

2016年12月05日 更新

自動車

2016年12月05日 更新

半導体、エレクトロニクス・オプティクス

2016年12月05日 更新

今後のAGV(無人搬送車)需要拡大のカギを握るのは、これまでAGV未導入の新規ユーザ開拓となる。主流を占めるFA向けから物流・倉庫向け、小売業向けの用途に新たな期待が集まるが、新規ユーザではこれまでAGVの使用経験が無いだけに、どのようにAGVを応用させるかの判断はできにくく、この点で技術者もいてAGVの応用を自社で検討できる製造業のユーザとは大きく異なる。安全対策は規格化されているが、新規需要開拓には用途に応じた、細やかな安全対策が求められている。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2015年の世界の自動車向けCFRP需要量を9,231tと推計した。自動車でのCFRPの本格採用は2017年頃から開始され、2020年頃まではモノコックでのCFRP採用はBMWのi3/i8や高級車での採用が中心と考えられる。そのほか、高級車の構造材の一部でのCFRP採用や、取替え可能な部品レベルでの鉄からの置き換えによる採用が中心と考えられる。これらの採用により2020年の自動車向けCFRP需要量は28,000tに増加すると予測する。

詳細を見る

プレスリリース

各国の環境規制が厳しくなる中で、自動車メーカー各社はxEV新車の市場投入を相次いで計画している。また、xEV市場拡大を牽引している各国政府のxEV向け補助金や優遇政策が2020年まで継続することや、米国のカリフォルニア州のようにxEVの販売義務比率を徐々に高めている地域があることなどから、xEV市場は2016年以降も安定成長し、2020年における車載用LiB世界市場(搭載されたxEV生産ベース)は、155,430MWh に拡大すると予測する。

詳細を見る

注目ソリューション