激変する厨房・給湯・暖房市場の将来と関連事業体の戦略ビジョン

発刊日
2002/02/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 290頁
資料コード
C43113730
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
440,000
400,000
40,000
660,000
600,000
60,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1編 厨房・給湯・暖房市場の環境条件分析

第1章 家庭用エネルギーの消費状況
1.行政の施策の動向
2.エネルギー消費の状況
(1)最終エネルギーの消費状況
(2)家庭エネルギーの消費状況
第2章 住宅産業の最近の動向
1.新設住宅着工戸数の状況
2.持ち家/貸家の着工数とマンションの販売戸数の動向
3.リフォーム市場の動向
(1)市場動向、市場規模
(2)リフォーム市場の構造
<東急アメニックス>
<三井デザインテック>
<藤和コミュニティ>
<住友林業ホームテック>
<積水化学工業・住宅事業本部>
(3)住設機器業界のリフォーム事業展開
<東京ガスハウジング>
<東陶機器>
第3章 住宅産業の新しい流れ
1.法改正とその影響
2.高断熱・高気密住宅の普及
3.バリアフリーからユニバーサルデザインへ
4.環境共生住宅
5.住宅の長寿命問題
6.リフォーム,中古住宅主導の時代へ
7.住宅床面積の増大と脱LDK化
第4章 省エネルギーに対する法整備と業界の取り組み
1.家電・OA機器の省エネ推進のための諸制度
(1)経緯
(2)トップランナー方式の導入
(3)省エネラベリング制度施行
(4)行政における今後の省エネルギー対策のあり方 2.省エネに関する実務レベルに関する問題
(1)待機時消費電力の状況と削減問題
(2)サマータイム制度(デイライト・セービング・タイム制度)について

第2編 厨房・給湯・暖房市場における注目7商品の概要

第1章 注目7商品の構造と特徴
1.注目7商品のポジショニング
2.IHクッキングヒーター~松下電器産業
(1)経緯
(2)構造と特長
(3)種類
(4)今後について
3.内炎式ガスこんろ~東京ガス・リンナイ
(1)開発の目的と経過
(2)内炎式バーナを搭載したガスこんろの特長
(3)技術開発の内容
(4)環境改善性・安全性
4.高効率こんろバーナ搭載ガスこんろ~東京ガス・大阪ガス・東邦ガス・パロマ工業
(1)開発の背景
(2)開発のポイント
(3)開発品の効果
(4)今後
5.自然冷媒(CO2)ヒートポンプ式電気給湯器~三菱電機(「三菱エコキュート」)
(1)開発の背景
(2)需要動向
(3)製品特長
(4)今後の展望
6.家庭用高効率ガス給湯暖房熱原機~大阪ガス・高木産業
(1)開発の背景
(2)特長
(3)技術開発の内容
7.潜熱回収高効率型ガス給湯器~東京ガス・リンナイ
(1)開発の背景
(2)技術内容
(3)特長
(4)今後
8.蓄熱式電気暖房器~白山製作所
(1)開発の経緯
(2)特長
(3)仕様と機能
第2章 厨房熱源機器(IHクッキングヒーター・ガスこんろ)市場
1.市場の現況
(1)厨房市場における新商品の全体状況
(2)消費者を取り巻く環境
(3)市場背景
2.IHクッキングヒーター市場規模推移
3.IHクッキングヒータータイプ別構成比
4.IHクッキングヒーターメーカーシェア
5.ガス・石油こんろ市場の動向
(1)市場規模と販売ルート
(2)ガス・石油こんろのメーカーシェア
6.ガスこんろ対IHクッキングヒーター
(1)IHクッキングヒーターとの競合状況
(2)IHクッキングヒーターの対抗商品
(3)ガスこんろ対IHクッキングヒーター今後の見通し
7.システムキッチンの長期予測
8.厨房用こんろの市場動向予測
第3章 厨房熱源機器関連メーカーの事業展開と市場見解
1.IHクッキングヒーター主要メーカーの動向
<松下電器産業>
(1)基本方針
(2)製品展開
(3)市場展開
<日立製作所>
(1)全般状況
(2)製品動向
(3)販売動向
(4)マーケットシェア
<三菱電機ホーム機器>
(1)製品展開
(2)機能的特長
(3)営業,販売ルート
(4)販売実績および今後の見通し
<東芝・家電機器社>
(1)経緯
(2)商品の特長
(3)販売ルート
(4)販売実績および今後の見通し
<その他のメーカー>(三洋電機、コロナ,松下精工)
~三洋電機~
~コロナ~
~松下精工~
2.ガスこんろ主要メーカーの動向
<リンナイ>
(1)内炎式バーナの利点
(2)ガラストップこんろ
(3)販売チャネル
(4)IHクッキングヒーターについて
<ハーマン>
(1)生産状況
(2)製品特長・販売ルート
(3)IHクッキングヒーターについて
(4)今後の見通し
<パロマ>
(1)生産状況
(2)製品特長
(3)今後の見通し
<松下電器産業(ガスシステム事業部)>
(1)市場動向
(2)製品特長
(3)対IHクッキングヒーター戦略
3.システムキッチンメーカーの厨房熱源機器への取り組み
(1)厨房熱源機器への取り組み
(2)主要メーカーの動向
<タカラスタンダード>
1)IHクッキングヒーターについて
2)ガスこんろについて
3)今後の見通し
<クリナップ>
1)IHクッキングヒーターについて
2)今後の見通し
<サンウエーブ工業>
1)IHクッキングヒーターについて
2)ガスこんろについて
第4章 激動期を迎えた給湯器市場
1.給湯器市場の概況
2.給湯器市場の構造
(1)ガス給湯器の内訳
(2)新築向けと既築向け
(3)メーカーシェア
3.エコキュートの商品特性
(1)ヒートポンプ式給湯器
(2)エコキュートの開発・事業体の参入状況
<「東京電力・電力中央研究所・デンソー」グループ>
<「関西電力・三洋電機・三洋電機空調」グループ>
<「関西電力・中部電力・ダイキン工業」グループ>
4.エコキュートの今後の見通し
(1)イニシャルコストの問題
(2)エコキュートの認知度
(3)エコキュートと電気温水器の相関
1)背景
2)エコキュートの市場予測
5.エコキュート関連企業の動向
(1)各社の展開概要
<デンソー>
<三菱電機>
<積水化学工業>
<コロナ>
<日立空調システム>
<三洋電機空調>
<ダイキン工業>
<松下設備システム>
(2)ガス業界のエコキュートに対する見解の総論
6.潜熱回収型高効率ガス給湯器の動向
(1)潜熱回収型給湯器の概要
(2)エコキュート対抗商品
(3)潜熱回収型給湯器の市場予測
7.潜熱回収型給湯器主要企業の動向
<リンナイ>
<高木産業>
<ガスター>
<その他の企業>
~ノーリツ~
~ハーマン~
~パロマ~
~松下電器産業~
第5章 温水床暖房市場
1.温水床暖房器の概要
2.温水床暖房器の種類
3.需要動向
4.業界構造の解明と参入メーカー
(1)業界構造
(2)参入メーカーの状況
(3)熱源機メーカーの取組状況、シェア
(4)代表的な都市ガス企業の取組状況
5.業界の全般的状況と業界の特徴、特性
(1)業界の全般的状況
(2)集合住宅と戸建住宅の状況
6.温水床暖房器参入各社の状況
<東京ガス>
<大阪ガス>
<ノーリツ>
<リンナイ>
<松下電器産業・ガスシステム事業部>
<松下電工>
<その他>(三洋電機空調、古河電気工業、三菱電機・中津川製作所、パロマ)
~三洋電機空調~
~古河電気工業~
~三菱電機・中津川製作所~
~パロマ~
第6章 蓄熱式電気暖房器市場
1.市場概要
2.メーカー・納入業者の出荷台数およびシェア
3.北海道電力・東北電力のオール電化率と蓄熱式電気暖房器の流通構造
4.競合の状況と今後
(1)競合の状況
(2)将来予測
(3)国産メーカーと輸入業者の競合
(4)価格,品質に差はみられない
5.主要企業の動向
<日本スティーベル>
<白山製作所>
<北海道電機>
<インターセントラル>

第3編 エネルギー供給業者の取り組み状況と市場見解

第1章 エネルギー供給事業者の動向
1.エネルギー業界の地殻変動が始まった
2.エネルギー供給状況の分析
3.電力会社が特別料金で攻勢をかけ始めた
<北海道電力>~安い時間帯別電気料金をアピール~
<東北電力>~ライフスタイルに合わせて3種類~
<北陸電力>~深夜電力時間を10時間に拡大~
<東京電力>~オール電化のメリットを強調~
<中部電力>~電気温水器の特別料金メニューを用意~
<関西電力>~オール電化向け「はぴeプラン」を提供~
<中国電力>~電気温水器に特別料金設定~
<四国電力>~安さを強力にアピール~
<九州電力>~負荷平準化を目標に~
4.PR・販促活動の課題
5.電力各社のリースまたはレンタル制度で「オール電化」を推進
6.電力会社の動向
<東京電力>
(1)IHクッキングヒーターの現状展開と今後
(2)給湯器・エコキュートの現状展開と今後
(3)今後の見通しについて
(4)営業戦略について
<中部電力>
(1)オール電化住宅の現状展開と今後
(2)IHクッキングヒーターの現状展開と今後
(3)エコキュートの現状展開と今後
(4)ガス陣営の戦略について
<関西電力>
(1)IHヒーターの現状展開と今後
(2)エコキュートの現状展開と今後
<中国電力>
(1)オール電化住宅の現状展開と今後
(2)IHクッキングヒーターの現状展開と今後
(3)エコキュートの現状展開と今後
(4)その他の取り組みについて
<四国電力>
(1)オール電化住宅の現状展開と今後
(2)IHクッキングヒーター・給湯器の現状展開と今後
<九州電力>
(1)オール電化住宅の現状展開と今後
(2)IHクッキングヒーター・給湯器の現状展開と今後
7.都市ガス会社の動向
<東京ガス>
(1)ガスこんろの現状展開と今後
(2)潜熱回収型給湯器の現状展開と今後
(3)温水床暖房器の現状展開と今後
(4)その他の取り組み
<大阪ガス>
(1)ガスこんろの取り扱い状況
(2)ガラストップこんろの現状展開と今後
(3)IHクッキングヒーターの現状展開と今後
(4)給湯器の現状展開と今後
<西部ガス>
(1)ガスこんろの現状展開と今後
(2)潜熱回収型給湯器とエコキュートの現状展開と今後
(3)床暖房と他の給湯器の現状展開と今後
<大多喜ガス>
(1)地域特性について
(2)オール電化の状況
(3)ガス器具への取り組みについて
(4)ガラストップの現状展開と今後
(5)床暖房の現状展開と今後
(6)今後について
第2章 LPガス業界の状況
1.家庭用LPガスの市場概況
2.LPガス小売と「電気対策」
3.今後の見通し
4.関連事業体の動向と見解
<日本LPガス協会>
<日本エルピーガス連合会>
(1)業界の状況
(2)新商品について
(3)その他の取り組みについて
<福岡県エルピーガス協会>
(1)全般状況
(2)IHクッキングヒーター・エコキュートについて
(3)生き残りのための戦略
<広島県LPガス協会>
(1)LPガスと電気の攻勢について
(2)アプリケーションの販促費について
<岩谷産業>
(1)販売体制
(2)ガスこんろの販売状況
(3)給湯器の販売状況
(4)潜熱回収型給湯器について

第4編 住宅メーカーの取り組み状況と市場分析


第1章 住宅メーカーの取り組み状況とアフターマーケット分析
1.ローカルハウスビルダー40社の取り組み状況
2.大手ハウスメーカー15社の取り組み状況
第2章 住宅メーカー企業個票
●ローカルハウスビルダー/北海道東北地区
<イワクラホーム>
<土屋ホーム>
<テーオー小笠原>
<ウンノハウス>
<伸和ハウス>
<セルコホーム>
<ハシモトホーム>
●ローカルハウスビルダー/関東地区
<木下工務店>
<太平住宅>
<三栄ハウス>
<アメリカンスピリットホームズ>
<東栄住宅>
<トヨタウッドユーホーム>
<細田工務店>
<ポラスグループ中央住宅>
<秀建>
<スウェーデンハウス>
<レスコハウス>
<野村ホーム>
●ローカルハウスビルダー/中部北陸地区
<石友ホーム>
<近鉄ホーム建設>
<ニューハウス工業>
<一光建興>
<ロイヤルハウス>
<サーラ住宅>
<大成住宅>
●ローカルハウスビルダー/関西地区
<カメヤグローバル>
<新星和不動産>
<キーイングホーム>
<クボタハウス>
<フジ住宅>
<昭和住宅>
<福山ホーム>
●大手ハウスメーカー
<積水ハウス>
<大和ハウス>
<ミサワホーム>
<ナショナル住宅産業>
<住友林業>
<三井ホーム>
<アイフルホームテクノロジー>
<東日本ハウス>
<ニッセキハウス工業>
●住宅メーカー/中国、九州地区
<共立ハウジング>
<エルクホームズ>
<両備住宅>
<ウエスト>
<新座住宅>
<辰巳住宅>
<谷川建設>
●マンションメーカー/デベロッパー
<近鉄不動産>
<大成ユーレック>
<ダイア建設>
<東急不動産>
<穴吹工務店>
<野村不動産>

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
440,000
400,000
40,000
660,000
600,000
60,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。