2001~2002年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(診断機器編)

発刊日
2002/02/22
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 487頁
資料コード
C43401400
PDFサイズ
59.8MB
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

PartⅠ 医療機器の市場動向と有力企業分析

医療機器(診断機器)の市場動向

  • 診断機器の市場環境
    • 既存製品には厳しい市場環境環境の中、システム化と新製品で生き残り
  • 調査品目における国内市場規模推移
    • 42製品(62分類)のトータル金額0.6ポイントダウンの3,415億円、2001年度は微増の3,533億円
  • 画像診断機器の推移
    • 2000年 主要画像診断装置国内販売、前年比
    • 0.9ポイントアッップの2,859億円
      (1)X線CT:国内出荷プラス実績
      (2)MRI:価格競争激化で国内出荷金額マイナス実績に
      (3)X線装置:国内出荷マイナス実績続く
      (4)超音波画像診断装置
  • 薬事工業生産動態統計にみる診断機器・関連製品推移99年~2000年

有力企業の動向
  • 大手画像診断機器メーカー2000年度の国内販売高 前年比5.1ポイント増の3,910億円
  • 生体計測/情報モニターメーカー国内販売は3.3ポイントアップの872億64百万円
  • 東芝メディカル
    • 2001/3期1,381億円、2003年 東芝メディカルグループで2,000億円目標
  • GE横河メディカルシステム
    • 2001/3総売上高 1,249億89百万円、国内販売は10.3ポイント
    • アップの881億円、2003年度1,500億円体制
  • 日立メディコ
    • 2001/3期売上高減収の921億円、国内は微増の680億円
  • シーメンス旭メディテック
    • 2000/9期339億円、F.P.Dタイプの3機種投入、CT、血管造影用等新製品投入
  • アロカ
    • 2001/3単独売上高410億円 国内販売は6.7ポイントアップの276億円
  • 島津製作所
    • 2000年度医用機器事業部308億77百万円、国内は240億85百万円
  • フィリップスメディカルシステムズ
    • 2000/12売上高181億円 2001/8アジレントテクノロジーを統合等により2001年は305億円突破
  • オリンパス光学工業 オリンパスプロマーケティング
    • 2002年4月から心臓外科用品等でテルモと共同開発
  • フクダ電子
    • 2001/3期国内440億51百万円(5.2ポイントアップ)、在宅関連順調な伸び
  • 日本光電工業
    • 2001/3期生体情報モニター回復、不整脈3Dマッピング装置(Endocardial Solutions社)を2002年販売開始予定
  • 日本GE マルケット メディカル システム
    • 高機能タイプに集約する一方でOEM製品も展開
  • 日本コーリン
    • 2001/11期(単独)総売上140億円弱、血圧脈波検査装置47.8億円と大幅増
  • ウェルチ・アレン・ジャパン
    • 「Propaq」シリーズ2002年1月から東機貿で販売予定
  • スタープロダクト
    • ノニン社の「フィンガーファントム」を発売中
  • エー アンド デイ
    • バリアフリースケールの新製品を各種投入
参考資料:合併及び社名変更企業一覧


PartⅡ 38項目(46製品、75分類)診断機器市場規模推移とメーカーシェア


§1 心電計
§2 生体情報モニタ
§3 ポリグラフシステム
§4 EEG(脳波計システム)・EMG(筋電、脳誘発電位検査装置システム)
§5 医用サーモグラフィ装置
§6 内視鏡
§7 ハンディタイプ内視鏡
§8 極細内視鏡・細径内視鏡システム
§9 超音波画像診断装置
§10 超音波イメージングシステム
§11 医用X線CT装置
§12 磁気共鳴(画像)診断装置
§13 血管造影装置システム/診断用X線装置
§14 外科用X線テレビ装置(モービル型:回診用)
§15 診断用核医学装置
§16 脳磁計
§17 骨塩定量測定装置
§18 レーザーイメージャー(レーザープリンター)
§19 自動現像機
§20 サーマルビデオプリンター・サーマルイメージングシステム
§21 ディライトシステム
§22 フイルムチェンジャー
§23 チェストチェンジャー
§24 CR・DR
§25 (観血式)超音波ドップラー 血流速測定装置
§26 連続心拍出量装置
§27 パルスオキシメータ
§28 脳内酸素飽和度モニター
§29 経皮血液ガス分圧測定装置
§30 (観血的)血管内血液ガス連続・間欠 モニタリングシステム
§31 各種血流計
§32 麻酔ガスモニタ
§33 非観血式自動血圧計
§34 (医科向)電子体温計
§35 深部温体温測定装置
§36 ウロダイナミクス・ウロフロメーター
§37 聴診器


PartⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。