2003年版 環境リサイクル装置市場の将来展望(廃木材編)

発刊日
2003/01/21
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 182頁
資料コード
C44111500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

こちらのマーケットレポートは、会員制ライブラリー(YDB/ヤノ・データ・バンク)でご覧いただくことはできません。

第1章 廃木材リサイクルを取り巻く市場環境


1.木質バイオマス資源賦存量の推移
 

【表】木材需要(供給)量の推移
【図】木材の需要構造(2000年)
【図】木質バイオマス資源フロー図
(1)製材工場端材
【表】製材用木材供給量の推移と製材工場端材排出量推移(1996年~2000年)
(2)建設発生木材
【表】建設廃棄物の排出量推移(1990年度~2000年度)
(3)林地残材
【表】主伐による林地残材発生量推移(1996年~2000年)
【表】間伐による林地残材発生量推移(1996年~2000年)
【表】林地残材発生量推移(1996年~2000年)

2.木質バイオマス資源有効利用量の推移
 

(1)製材工場端材
【表】製材工場端材有効利用率推移(1996年~2000年)
(2)建設発生木材
【表】建設発生木材の再資源化等率推移(1990年度~2000年度)
(3)林地残材
【表】林地残材有効利用量,有効利用率推移(1996年~2000年)

3.バイオマス・ニッポン総合戦略による進展の可能性
 

(1)マテリアル利用
(2)エネルギー利用


第2章 廃木材リサイクル装置の市場分析


1.廃木材リサイクル装置別参入企業
 

(1)チッパー
【表】国産チッパーベンダ一覧
【表】輸入チッパーベンダ一覧
(2)シュレッダー
【表】木材処理専用シュレッダーベンダ一覧
【表】木材処理対応シュレッダーベンダ一覧
(3)ウッドグラインダー
【表】国産ウッドグラインダーベンダ一覧
【表】輸入ウッドグラインダーベンダ一覧

2.廃木材リサイクル装置別概要
 

(1)廃木材リサイクル装置のタイプ別概要
1)チッパー
2)シュレッダー
3)ウッドグラインダー
(2)廃木材リサイクル装置のタイプ別市場規模推移(2000年度~2002年度)
【表】タイプ別廃木材リサイクル装置市場規模推移(台数ベース)
【表】タイプ別廃木材リサイクル装置市場規模推移(金額ベース)
【図】タイプ別廃木材リサイクル装置構成比推移(台数ベース)
【図】タイプ別廃木材リサイクル装置構成比推移(金額ベース)

3.廃木材リサイクル装置のメーカーシェア
 

(1)廃木材リサイクル装置のタイプ別主要メーカーシェア(2001年度,2002年度)
1)廃木材リサイクル装置の主要メーカーシェア(2001,2002年度)
【表】,【図】2001年度廃木材リサイクル装置の主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2001年度廃木材リサイクル装置の主要メーカーシェア(金額ベース)
【表】,【図】2002年度廃木材リサイクル装置の主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2002年度廃木材リサイクル装置の主要メーカーシェア(金額ベース)
2)チッパーの主要メーカーシェア(2001,2002年度)
【表】,【図】2001年度チッパーの主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2001年度チッパーの主要メーカーシェア(金額ベース)
【表】,【図】2002年度チッパーの主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2002年度チッパーの主要メーカーシェア(金額ベース)
3)シュレッダーの主要メーカーシェア(2001,2002年度)
【表】,【図】2001年度シュレッダーの主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2001年度シュレッダーの主要メーカーシェア(金額ベース)
【表】,【図】2002年度シュレッダーの主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2002年度シュレッダーの主要メーカーシェア(金額ベース)
4)ウッドグラインダーの主要メーカーシェア(2001,2002年度)
【表】,【図】2001年度ウッドグラインダーの主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2001年度ウッドグラインダーの主要メーカーシェア(金額ベース)
【表】,【図】2002年度ウッドグラインダーの主要メーカーシェア(台数ベース)
【表】,【図】2002年度ウッドグラインダーの主要メーカーシェア(金額ベース)
(2)廃木材リサイクル装置の全体メーカーシェア(2001,2002年度)
1)廃木材リサイクル装置の全体メーカーシェア(2001年度,2002年度)
【表】廃木材リサイクル装置の全体メーカーシェア(金額ベース)
2)チッパーの全体メーカーシェア(2001年度,2002年度)
【表】チッパーの全体メーカーシェア(金額ベース)
3)シュレッダーの全体メーカーシェア(2001年度,2002年度)
【表】シュレッダーの全体メーカーシェア(金額ベース)
4)ウッドグラインダーの全体メーカーシェア(2001年度,2002年度)
【表】ウッドグラインダーの全体メーカーシェア(金額ベース)

4.廃木材リサイクル装置販売台数推移と予測(2000~2005年度)
 

【表】,【図】タイプ別廃木材リサイクル装置市場規模推移と予測(台数ベース)
(1)チッパー
(2)シュレッダー
(3)ウッドグラインダー

5.廃木材リサイクル装置販売金額推移と予測(2000~2005年度)
 

【表】,【図】タイプ別廃木材リサイクル装置市場規模推移と予測(金額ベース)
【図】タイプ別廃木材リサイクル装置平均単価推移と予測
(1)チッパー
(2)シュレッダー
(3)ウッドグラインダー

6.廃木材リサイクル装置別の販売戦略と将来性
 

(1)チッパー
(2)シュレッダー
(3)ウッドグラインダー


第3章 廃木材リサイクル装置の需要動向


1.廃木材リサイクル装置の需要分野別出荷台数推移と予測
 

(1)製材工場端材
(2)建設発生木材
(3)林地残材・間伐材
(4)廃木材リサイクル装置の需要分野別出荷台数推移と予測(2000~2005年度)
【表】需要分野別廃木材リサイクル装置出荷台数推移と予測(2000~2005年度)
【図】需要分野別廃木材リサイクル装置出荷台数推移と予測(2000~2005年度)

2.廃木材リサイクル装置の需要分野別出荷金額推移と予測
 

(1)製材工場端材
(2)建設発生木材
(3)林地残材・間伐材
(4)廃木材リサイクル装置の需要分野別出荷金額推移と予測(2000~2005年度)
【表】需要分野別廃木材リサイクル装置出荷金額推移と予測(2000~2005年度)
【図】需要分野別廃木材リサイクル装置出荷金額推移と予測(2000~2005年度)
【図】需要分野別廃木材リサイクル装置平均単価推移と予測(2000~2005年度)

3.需要分野別リサイクルの方向性
 

(1)製材工場端材
(2)建設発生木材
(3)林地残材・間伐材


第4章 廃木材リサイクル装置市場の将来展望

1.タイプ別廃木材リサイクル装置2006~2010年度販売見通し
 

(1)チッパー
【表】,【図】チッパーの販売見通し(2006年度~2010年度)
(2)シュレッダー
【表】,【図】シュレッダーの販売見通し(2006年度~2010年度)
(3)ウッドグラインダー
【表】,【図】ウッドグラインダーの販売見通し(2006年度~2010年度)
(4)廃木材リサイクル装置全体
【表】,【図】廃木材リサイクル装置全体の販売見通し(2006年度~2010年度)

2.国産機と輸入機の役割・位置付け
 

(1)国産機,輸入機別シェア(2000年度~2002年度)
【表】,【図】国産機,輸入機別廃木材リサイクル装置シェア推移(台数ベース)
【表】,【図】国産機,輸入機別廃木材リサイクル装置シェア推移(金額ベース)
(2)国産機,輸入機別廃木材装置市場規模推移と予測(2000年度~2005年度)
1.チッパー
【表】,【図】国産機,輸入機別チッパー市場規模推移と予測
2.シュレッダー
【表】,【図】国産機,輸入機別シュレッダー市場規模推移と予測
3.ウッドグラインダー
【表】,【図】国産機,輸入機別ウッドグラインダー市場規模推移と予測
4.廃木材リサイクル装置全体
【表】,【図】国産機,輸入機別廃木材リサイクル装置全体市場規模推移と予測
(3)国産機,輸入機の方向性

3.需要増が期待される分野
 

(1)マテリアル利用
(2)エネルギー利用

4.廃木材リサイクル装置参入企業の方向性
 

(1)チッパー
(2)シュレッダー
(3)ウッドグラインダー
(4)その他装置


第5章 有力参入企業の実態と戦略分析


1.オカダアイヨン株式会社
 

(1)オカダアイヨンにおけるモバーク事業の位置付け
○オカダアイヨンの業績推移
(2)モバーク事業室の設立経緯
○オカダアイヨン取扱い廃木材処理装置一覧
(3)タブグラインダー,ウッドホグの納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)タブグラインダー,ウッドホグを柱とする今後の市場展望

2.カヤバ工業株式会社
 

(1)移動式剪定枝粉砕機タウンビーバー事業の位置付け
(2)移動式剪定枝粉砕機タウンビーバーの概要
○移動式剪定枝粉砕機タウンビーバーの特長
(3)移動式剪定枝粉砕機タウンビーバーの開発経緯
(4)移動式剪定枝粉砕機タウンビーバーの納入実績と今後の傾向
(5)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(6)タウンビーバーを柱とする今後の市場展望

3.株式会社小松製作所
 

(1)コマツにおける環境・リサイクル事業の位置付け
(2)ガラパゴス・リフォレの概要
○ガラパゴス・リフォレの特長
(3)ガラパゴス・リフォレ開発経緯とウィリーバルド導入経緯
(4)ガラパゴス・リフォレ,ウィリーバルド納入実績と今後の傾向
(5)ガラパゴス・リフォレ開発経緯とウィリーバルド導入経緯
(6)ガラパゴス・リフォレを柱とする今後の市場展望

4.コマツゼノア株式会社
 

(1)コマツゼノアにおける環境ビジネスの位置付け
(2)廃木材リサイクル装置「エコダイルEシリーズ」の概要
○廃木材リサイクル装置「エコダイルEシリーズ」の特長
(3)「エコダイルEシリーズ」の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
○「雑草抑制シート」によるリサイクルフロー
(5)「エコダイルEシリーズ」を柱とする今後の市場展
○エコシステム事業部の2005年度売上高目標

5.新キャタピラー三菱株式会社
 

(1)環境リサイクル機械「SOCIO」事業の位置付け
(2)廃木材対応環境リサイクル機械SOCIOシリーズの概要
○新キャタピラー三菱の廃木材リサイクル装置一覧
(3)廃木材対応環境リサイクル機械SOCIOシリーズの導入経緯
(4)環境リサイクル機械SOCIOシリーズの納入実績と今後の傾向
(5)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(6)環境リサイクル機械SOCIOシリーズを柱とする今後の市場展望

6.株式会社新宮商行
 

(1)新宮商行におけるシングウグリーンマシーン事業の位置付け
(2)シングウグリーンマシーンシリーズの概要
○シングウグリーンマシーンシリーズの特長
(3)シングウグリーンマシーンの納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)シングウグリーンマシーンシリーズを柱とする今後の市場展望

7.株式会社タダノ
 

(1)タダノにおける環境ビジネスの位置付け
(2)木材チップ化装置「ツインカッター」の開発経緯
○木材チップ化装置「ツインカッター」の特長
(3)木材チップ化装置「ツインカッター」の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)木材チップ化装置「ツインカッター」を柱とする今後の市場展望

8.東興産業株式会社
 

(1)東興産業における環境・リサイクル装置事業の位置付け
(2)草系・木質系リサイクル機械の概要
○草系・木質系リサイクル機械の特長
(3)草系・木質系リサイクル機械の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)草系・木質系リサイクル機械を柱とする今後の市場展望

9.日立建機株式会社
 

(1)日立建機における環境・リサイクル事業の位置付け
○日立建機の建設副産物リサイクルシステム一覧
(2)「木材リサイクラーHCシリーズ」の開発経緯
○「木材リサイクラーHCシリーズ」の特長
○「木材リサイクラーHCシリーズ」一覧
(3)「木材リサイクラーHCシリーズ」の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)「木材リサイクラーHCシリーズ」を柱とする今後の市場展望

10.富士鋼業株式会社
 

(1)富士鋼業における廃木材処理装置事業の位置付け
(2)富士鋼業の廃木材処理装置の概要
○富士鋼業の木質系廃棄物処理装置の特長
(3)富士鋼業の廃木材処理装置の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)各種廃木材処理装置を柱とする今後の市場展望

11.古河機械金属株式会社
 

(1)古河機械金属における「パワーチッパーシリーズ」事業の位置付け
(2)「パワーチッパーシリーズ」の概要
○「パワーチッパーシリーズ」の特長
(3)「パワーチッパーシリーズ」の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)「パワーチッパーシリーズ」を柱とする今後の市場展望

12.株式会社諸岡
 

(1)諸岡における環境リサイクル装置事業の位置付け
(2)「自走式粉砕機MCシリ?ズ」の開発経緯
○「自走式粉砕機MCシリ?ズ」の特長
(3)「自走式粉砕機MCシリーズ」の納入実績と今後の傾向
(4)今後予想される廃木材リサイクルニーズへの対応
(5)「自走式粉砕機MCシリーズ」を柱とする今後の市場展望


第6章 個別企業動向


1.オカダアイヨン株式会社
2.カヤバ工業株式会社
3.株式会社小松製作所
4.コマツゼノア株式会社
5.新キャタピラー三菱株式会社
6.株式会社新宮商行
7.株式会社タダノ
8.東興産業株式会社
9.日立建機株式会社
10.富士鋼業株式会社
11.古河機械金属株式会社
12.株式会社諸岡

≪簡易個別企業動向≫

13.ウエノテックス株式会社
14.株式会社氏家製作所
15.株式会社エイシン
16.NC工業株式会社
17.遠藤工業株式会社
18.株式会社大橋
19.株式会社小熊鉄工所
20.株式会社尾上機械
21.オノデラ製作所株式会社
22.株式会社カルイ
23.川崎重工業株式会社
24.株式会社北町機械
25.有限会社共栄資源管理センター
26.極東開発工業株式会社
27.近畿工業株式会社
28.三陽機器株式会社
29.神鋼造機株式会社
30.ダイオーエンジニアリング株式会社
31.株式会社タガミ・イーエクス
32.株式会社タジリ
33.デンヨー株式会社
34.長野工業株式会社
35.新居浜鐵工所株式会社
36.日本スピンドル製造株式会社
37.株式会社不二精機製造所
38.株式会社プラコー
39.株式会社ホーライ
40.株式会社本宏製作所
41.松本産業株式会社
42.マルマテクニカ株式会社
43.株式会社御池鐵工所
44.三井鉱山株式会社
45.三筒産業株式会社
46.株式会社宮本製作所
47.名和機械株式会社
48.株式会社山本製作所
49.ラサ工業株式会社
50.株式会社リョーキ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。