ポスト価格競争に突入した眼鏡小売業の付加価値戦略と市場展望

発刊日
2003/03/07
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 190頁
資料コード
C44112500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

96,800
88,000
8,800
193,600
176,000
17,600
290,400
264,000
26,400
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

I ポスト価格競争に突入した眼鏡小売業の付加価値戦略と市場展望

1.高付加価値戦略における差別的優位性強化への提言

2.2、3プライス業態が市場に与えたインパクト分析

(1)眼鏡小売市場に対する2、3プライス業態の影響
(2)市場の二極化

3.2、3プライス店のサバイバル戦略分析
(1)ミスマッチを起こしたビジネスモデル
(2)コスト・収益構造
(3)技術
(4)勝ち残る条件
1)店舗展開
2)ターゲットの拡張
3)コストおよび投資負担の軽減

4.2、3プライス業態への評価分析
(1)2、3プライス業態の現状
(2)市場への影響
(3)満足度
(4)2、3プライスの今後
◇一般眼鏡卸・小売企業による評価
◇既存眼鏡店による評価
◇メーカーによる評価
◇消費者による評価

5.有力眼鏡小売企業の付加価値戦略分析
(1)有力眼鏡小売企業における小売市場分析
(2)自社眼鏡小売事業の現状と課題
(3)自社付加価値戦略(注力顧客、商品など)


II 2、3プライス メガネ市場の実態と展望

1.2、3プライス店市場の現状と展望
(1)2、3プライス市場の最新動向
1)新機軸
2)業態変更、撤退の動き
(2)2、3プライス市場の現状と課題
1)2、3プライス市場の現状
2)2、3プライス市場の課題
1.低価格に続く価値の創造
2.信頼の獲得
(3)2、3プライス市場の2002年市場規模と2005年予測
1)シナリオA
2)シナリオB
(4)2、3プライス店の競争力評価
(5)消費の展望
1)対象人口の構図
2)今後の消費展望

2.エリア・マーケティングの現状と展望
(1)2、3プライス店の地域別店舗展開状況
(2)主要2、3プライスメガネ店の店舗一覧

3.市場戦略
(1)2、3プライス店出店企業の市場戦略
(2)2、3プライス店出店企業の流通システム
1)商品開発動向
2)生産・仕入システム
3)店舗開発
4)販売動向
5)顧客管理システム

4.2、3プライス店企業の実態
alook (アルク)
E-Zone (イーゾーン)
fxg (エフバイジー)
Opt LABEL (オプト・レーベル)
Owndays (オンデーズ)
Zoff (ゾフ)

5.福井・鯖江産地の2、3プライスメガネ市場への評価
(1)福井・鯖江産地への影響
(2)福井・鯖江産地の評価
(3)2、3プライス業態への対応

6.2、3プライスメガネ市場評価アンケート調査
(1)調査要項
(2)調査内容
(3)回答企業・店の属性
1)都道府県別回答企業・店数
2)出店規模別構成比
3)平均従業員数
4)調査結果分析
【販売高への影響】
【顧客層への影響】
【購入者数の変化】
【自店商圏内における2、3プライス店の出店状況】
【販売商品(ライン)・価格への影響】
【自社・店を取り巻く競合環境への影響】
【商圏環境への影響】
【対抗策・戦術】
【2、3プライス店の市場性評価】
【経営が成功している2、3プライス店、成功していない2、3プライス店】
【2、3プライス店が将来脅威になる可能性】
【商圏内競合店の出退転状況】
【期待できる商品、出来ない商品】
【2002年度の販売高伸び率】
【注目している眼鏡小売店】
【ホームページ上での商品販売】
【商品別売上高構成比】
【関心の高いトピック】
【2003年の眼鏡小売市場の見通し】
集計結果

7.2、3プライスメガネ店に関する消費者調査
(1)調査要項
(2)略称
(3)回答者の属性
(4)調査結果分析
【2、3プライス メガネ店の認知度】
【店舗認知の手段・方法・媒体】
【既存眼鏡小売店との比較】
【訪店状況】
【訪店(非訪店)要因と訪店頻度】
【購入数量】
【支出金額】
【購入動機・要因】
【顧客満足度(価格、品質、ファッション、サービス)】
【2、3プライス メガネ店眼鏡の使用オケージョン】
【商品の価格妥当性】
【買替期間、リピート可能性】
【顧客から見た既存店との差別性】
【次回購入意欲】
【2、3プライス メガネ店の課題、問題点】
【2、3プライス メガネ店の将来展望】
【眼鏡購入に際しての一般的購入動機・要因】
【眼鏡店選択の基準、優先事項、店舗選択要因】
【今後期待する業態、店舗フォーマット】
集計結果

掲載図表一覧


図表1- 眼鏡小売店における情報マトリクス(現在)
図表2- 高付加価値戦略における差別化要素の変化(概念図)
図表3- 卸・小売企業による2、3プライス店・業態への評価
図表4- スリー・プライス・ショップの評価
図表5- スリー・プライス・ショップの今後
図表6- 2、3プライス店出店企業の経営に成功していると思われる企業・店、失敗していると思われる企業・店
図表7- メーカーによる2、3プライス店・業態への評価
図表8- 自社眼鏡小売事業の現状と課題
図表9- 有力眼鏡小売企業における小売市場分析
図表10- 2、3プライス市場の2002年市場規模と2005年市場規模予測
図表11- 年齢階層別推計人口(2005年)
図表12- 都道府県別2、3プライス店展開状況【北海道、東北地方】
図表13- 都道府県別2、3プライス店展開状況【関東地方】
図表14- 都道府県別2、3プライス店展開状況【甲信越・東海・北陸地方】
図表15- 都道府県別2、3プライス店展開状況【近畿・山陽・四国地方】
図表16- 都道府県別2、3プライス店展開状況【九州地方】
図表17- 2、3プライス店出店企業の商品開発動向
図表18- 2、3プライス店出店企業の生産・仕入システム
図表19- 2、3プライス店出店企業の店舗開発
図表20- 2、3プライス店出店企業の販売動向
図表21- 2、3プライス店出店企業の顧客管理システム
図表22- 眼鏡フレームの中国からの輸入推移

-ご注意-本マーケティング資料におきましては、次のような眼鏡小売店を2、3プライス店と定義しております。すなわち、

1.専ら眼鏡一式の販売を行う眼鏡小売店であって、
2.眼鏡一式および眼鏡一式を構成するフレーム等の製品の標準的仕様をあらかじめ設定していて、
3.その標準仕様ごとに低廉且つ均一の価格設定がなされていると共に、明示されていて、
4.販売価格の価格ラインを、例えば5,000円、7,000円、9,000円のように、2乃至4種類程度に留めていて、
5.販売価格が相対的に低廉であって、
6.あらかじめ設定されている販売価格に基づいて提供される眼鏡一式が、当該店舗において取引される商品の全部または主要な部分を構成している店、

という条件が概ね全てあてはまる価格訴求型の眼鏡小売店を2、3プライス店と位置づけております。したがいまして、2、3プライス店の店舗数および2、3 プライス市場の測定および算出には、従前からディスカウンターと称されている店や既存一般小売店の一角で小規模に展示されている眼鏡の数量などは含まれて おりません。あらかじめご了承下さい。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

96,800
88,000
8,800
193,600
176,000
17,600
290,400
264,000
26,400

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています