2003 家具産業白書

発刊日
2003/03/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 660頁
資料コード
C44201800
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

総論 家庭用家具・オフィス用家具マーケットの展望と戦略

◇家具市場の現状と環境対応商品への取組状況
◇家具メーカー、小売店における商品戦略、流通戦略、販売戦略
◇家具市場の課題・問題点と2005年展望


第1章 家具市場での戦略と注目マーケット


1.有力家具企業の市場戦略

1)オフィス家具メーカーにおける事業戦略の方向性

~事業戦略のトレンドは「事業ドメインの拡大」と「新市場の開拓」~

2)企業別にみる事業戦略の分析
(1)イトーキ~オフィス家具とその他特化市場の二本柱で事業展開~
(2)内田洋行~オフィス家具を中心に事業ドメインの拡大を図る~
(3)岡村製作所~パブリック空間を対象とした事業ドメインの拡大を図る~
(4)共栄興業~新たなチャネル開拓により生き残りを図る
(5)コクヨ~フルパッケージ商品も上市して事業ドメイン拡大を図る~
(6)日本ファイリング~図書館市場への特化によりポジションを構築~
(7)プラス~多様なビジネスモデル展開により市場開拓を図る~
(8)ホウトク~商品の高品質さで競争市場での生き残りを図る~
(9)ライオン事務器~環境対応商品による独自ポジションの構築を狙う~

3)家庭用家具メーカーの戦略
(1)家具メーカーの市場戦略
~低価格品から転換、付加価値の高い商品開発へ~
(2)メーカー別事業戦略

2.再生家具マーケットと環境対応商品
1)再生(リユース)家具市場
2)オフィス家具
3)家庭用家具

3.家具小売業の変化都市応戦略
1)家具小売市場の概要
2)注目企業の動向
①㈱バルス
②㈱アクタス
③㈱カッシーナ・イクスシー
3)大型家具チェーンの動向
(1)出店状況と今後の出店方針
(2)店舗戦略と販売戦略
(3)今後の市場見通しと市場の方向性


第2章 家具市場の現状と動向


Ⅰ.生産マーケット

1.用途別家具の市場規模
1)家庭用家具市場
(1)市場概況~2002年は金額、数量とも2桁減となる~
(2)市場規模推移
~金額ベースは8年連続、数量ベースも2年連続の減少へ~
(3)品目別市場規模
~数量、金額とも軒並みダウン、消費者の購買意欲が低下~
①たんす類
②ドレッサー
③棚類
④応接セット
⑤食堂セット
⑥ベッド
⑦その他の家具、システム収納家具
2)オフィス家具市場
(1)市場概況と市場規模
(2)品目別市場規模
①机類・椅子類<事務用・学校用>
②収納・備品
③耐火金庫
④パーティション

2.家具市場参入メーカーの動向
1)オフィス家具メーカー
(1)オフィス家具市場の概要
~「オフィス家具の販売」から「オフィス空間の販売」へ~
(2)有力オフィス家具メーカーの売上高構成
①総売上高の推移
②有力オフィス家具メーカーの売上高推移
③メーカー別売上高シェア
(3)生産・調達及び海外企業提携の状況
①生産・調達及び海外企業提携の変化
②各企業における生産・調達及び海外企業との提携状況
(4)オフィス家具メーカーの商品開発動向
①オフィス家具市場における商品開発のトレンド分析
②企業別にみる商品開発動向
(5)価格競争への対応策
①価格競争からの脱却施策
②企業別にみる価格競争への対応策
(6)チャネル戦略の方向性
①チャネル戦略の変化
②企業別にみるチャネル戦略
(7)販売促進活動とブランド向上施策
①販促活動とブランド力向上施策の現状
②各企業における販促活動とブランド向上への取組
(8)オフィス家具メーカーのSOHO市場、再生家具市場への参入動向
①SOHO市場への参入動向
②再生家具への参入動向
③各企業のSOHO市場、再生家具市場への参入動向
(9)オフィス家具メーカーのIT・環境への対応
①ITへの取組
②環境への取組
(10)オフィス家具市場における課題・問題点
~低価格化及び効率化だけしか課題・問題点がなければ、その企業は勝ち残れない~
①オフィス家具市場における課題・問題点
②各企業別にみる課題・問題点
(11)オフィス家具市場の今後の見通し
~市場全体ではなく成長分野に集中することで勝ち残りを図りたい~
①オフィス家具市場の今後の見通し
②企業別にみる今後の見通しの変化
2)家庭用家具
(1)有力メーカーの流通戦略
(2)有力メーカーの販売促進への取組
(3)新商品企画と商品開発の方向性
(4)IT(情報技術)化への対応と方針
(5)輸入家具への取組状況
(6)有力家具企業のOA家具・学習家具への対応
(7)家具市場の変化に対する今後の方針
(8)家具市場の今後の見通し

3・有力家具産地の動向
~家具産地にみる出荷金額・出荷品目の推移~

~昭和63年から平成12年までの変化と動向~
1)地域別にみた家具出荷金額の推移
2)都道府県別にみた木製家具品目別出荷状況
①広島県
②福岡県
③徳島県
④岐阜県
⑤愛知県
⑥静岡県
⑦大阪府
⑧埼玉県
⑨北海道
3)出荷品目別にみる地域別シェア(全国9産地)
4)有力家具産地の動向
①大川産地(大川家具工業会)

~リサイクル特区申請へ、産地としての生き残りの模索は続く~
②広島産地(広島家具工業協同組合)
~健康家具産地としての模索、そして中・四国家具合同展開催へ~
③府中産地(府中家具工業協同組合)
~脱婚礼家具への模索~
5)工業統計表(昭和63年~平成12年)

4.コントラクトマーケットの動向(公共施設等への対応)
1)市場概況
2)病院・福祉施設(病室)用家具市場
3)学校用家具市場
(1)市場概要
(2)今後の見通し
4)在宅用介護ベッド
(1)市場動向と市場規模推移
(2)今後の方向性と課題・問題点

5.輸入家具市場の動向
1)輸入家具の市場規模と市場動向
~2002年の家具輸入額は3,775億円、3年連続の増加も微増にとまる~
~2001年は輸入先の70.9%をアジアが、完成品家具の65.9%を木製家具が占める~
2)輸入家具の品目別動向
(1)木製家具
①市場規模

~2001年の輸入額は1,904億円、2002年は1,900億円と微減で推移~
②輸入先地域別・国別動向
(2)籐製家具
①市場規模

~2001年の輸入額は63億円、7年ぶりの増加となるも2002年は再び減少へ~
②輸入先地域別・国別動向
(3)金属製家具
①市場規模

~2001年の輸入額は835億円、木製家具に次ぐ増加率、2002年は5.7%の減少へ~

②輸入先地域別・国別動向
(4)その他の材料製家具
①市場規模

~2002年の輸入額は86億円、前年並みで推移~
~プラスチック製が全体の35.1%を占める~

②輸入先地域別・国別動向
(5)家具部分品
①市場規模

~2002年は3年連続の増加、輸入全体に占める比率が24.9%に上昇~

②輸入先地域別・国別動向

Ⅱ.流通・小売マーケット


1.家具の流通動向
1)有力ボランタリーチェーン
(1)株式会社ファインネット
(2)ジェフサセントラル株式会社
(3)協同組合ニッポンインテリアチェーン(NIC)
(4)協同組合リビンズ
2)家具の流通
(1)家庭用家具

~流通の短縮化が進む、大型小売店主導によりメーカーからのOEM生産も増加~

(2)オフィス、コントラクト家具

2.家具小売市場の動向
1)家具小売市場規模
2)商店数の推移
3)家具専門店
4)百貨店の販売動向
(1)2001年の百貨店家具販売動向
(2)1996年~2001年までの百貨店家具販売動向と変化~

Ⅲ.家具市場の課題・問題点


1.家庭用家具
2.オフィス家具


第3章 家具・インテリアの消費者ニーズ調査


1.調査概要

2.調査結果
1)家具・インテリア商品の購入動機について
2)家具・インテリア商品購入検討時での購入先情報の入手方法
3)家具・インテリア商品の購入対象となる小売店
4)家具・インテリア商品の購入先と購入してみたい小売店
5)家具・インテリア商品についての情報入手方法
6)家具・インテリア商品の購入決定要因
7)家具・インテリア小売店の認知度
8)空間(部屋)別で必要とされる家具・インテリア商品


第4章 家具市場を取り巻く環境


1.家計支出にみる家具需要
1)家計支出動向
2)家具の消費特性
(1)全体(94から2001年)
(2)たんす
(3)食卓・いす(食堂セット)
(4)応接セット
(5)食器戸棚
(6)その他の家具
(7)ベッド
3)品目別家具支出推移

2.住設関連での動向
1)新設住宅着工戸数の推移
2)住宅リフォーム市場の動向
(1)市場動向と市場規模
(2)リフォーム市場規模予測

3.ブライダル市場の動向

4.コントラクト関連市場の動向
1)テーマパーク・遊園地
2)温浴施設
3)水族館・動物園
5.ガーデニング市場


第5章 家具市場の企業動向

1.家具市場参入企業の家具売上高推移
2.販売チャネル別構成
3.地域別販売構成
4.仕入先・販売先一覧

第6章 家具市場参入企業の実態

1.オフィス家具企業
◇株式会社イトーキ
◇株式会社内田洋行
◇株式会社岡村製作所
◇共栄工業株式会社
◇コクヨ株式会社
◇日本ファイリング株式会社
◇プラス株式会社
◇株式会社ホウトク
◇株式会社ライオン事務器

2.木製家具企業
◇朝日工業株式会社
◇エッチビードリームベッド株式会社
◇柏木工株式会社
◇協和木工株式会社
◇株式会社白井産業
◇大洋株式会社
◇株式会社光製作所
◇飛騨産業株式会社
◇フランスベッド株式会社
◇株式会社松田家具
◇株式会社マルニ
◇モリタインテリア工業株式会社
◇株式会社筑波産商
◇ジェフサセントラル株式会社
◇協同組合ニッポンインテリアチェーン
◇協同組合リビンズ

3.家具小売業
◇株式会社アクタス
◇株式会社インターオフィス
◇株式会社大塚家具
◇小田億株式会社
◇株式会社カッシーナ・イクスシー
◇株式会社家具の大正堂
◇株式会社島忠
◇株式会社太陽家具百貨店
◇株式会社ナフコ
◇株式会社バルス
◇株式会社湯川家具


第7章 ランキング・データ


□家具小売業
・売上高ランキング (1~100位)
・税引後利益高ランキング (1~50位)
・税引後利益率ランキング (1~50位)
・従業員1人当り売上高ランキング (1~50位)
・従業員1人当り税引後利益高ランキング (1~50位)

□家具インテリア関連メーカー
・売上高ランキング (1~100位)
・税引後利益高ランキング (1~50位)
・税引後利益率ランキング (1~50位)
・従業員1人当り売上高ランキング (1~50位)
・従業員1人当り税引後利益高ランキング (1~50位)

□家具インテリア関連卸
・売上高ランキング (1~100位)
・税引後利益高ランキング (1~50位)
・税引後利益率ランキング (1~50位)
・従業員1人当り売上高ランキング (1~50位)
・従業員1人当り税引後利益高ランキング (1~50位)


第8章 全国有力企業リスト


□木製家具製造業 (年商20億円以上)
□金属製家具製造業 (年商20億円以上)
□その他家具製造業 (年商20億円以上)
□家具卸売業 (年商20億円以上)
□家具製造小売業 (年商5億円以上)
□家具小売業 (年商5億円以上)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。