2003年版 フラワー&グリーンビジネス白書

発刊日
2003/05/22
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 498頁
資料コード
C44402000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 フラワー&グリーンビジネスの最前線

1.生産 ~国内農業が長期低迷の中、相対的に花卉は有望分野へ~
2.流通 ~「市場外流通」という概念は不要~
3.小売 ~抜群の高鮮度花を適正価格でセルフ販売~
4.生産・流通・小売 ~「鮮度管理」「トレーサビリティ」は花卉分野にも波及~
5.ガーデニング需要 ~ガーデニング需要も一巡し、今後は顧客育成に期待~
6.農水省の花卉事業 ~産地ブランドの確立がポイント~
7.花卉産業の現状と2008年の中期展望 ~カジュアルギフト、ホームユース開拓が不可欠~


第2章 フラワー&グリーンビジネスの業界動向

1.花卉類の生産規模推移と2008年予測

(1)花卉類の生産額推移(1995~2002年)
(2)都道府県別花卉生産状況(県別花卉類生産額ランキング:2001年)
(3)主要伸長品種
(4)農水省による花卉生産・需要見通し
1.花きの需要見通し(平成9~22年)
2.花きの生産見通し(平成9~22年)
3.花きの作付面積見通し(平成9~22年)
(5)花卉の種類別2008年市場規模予測
1.総市場 
~2008年の総生産額は2002年比118%~
2.切花市場 
~生産地は大規模化とブランド化に向けて~
3.鉢物市場 
~数量ベース増、単価漸減傾向~
4.花壇用苗物市場 
~大規模生産者と中小規模生産者で明暗~
5.花木市場 
~ローメンテナンス樹種に期待~
6.球根市場 
~新品種導入による国内生産活性化に向けて~
7.芝・地被類市場 
~ローメンテナンスな品種に需要は集中~
2.花卉生産・研究の現状と展望
(1)新品種の登録状況 26
(2)花卉類におけるバイオテクノロジー利用状況
(3)農水省のバイオ技術支援策 
(4)有力種苗メーカーの花卉種苗戦略
1.国内戦略 
~リテールを意識した開発・販売戦略に移行~
2.海外戦略 
~中国エリアに各社注目~
□サカタのタネの事業概要図
□タキイ種苗の事業概要図
□カネコ種苗の事業概要図
□サントリーフラワーズの事業概要図
□キリンビールアグリバイオカンパニーの事業概要図
[有力種苗メーカーの個別実態]
□カネコ種苗(株)
~花卉部門で営利生産者向け種苗販売事業を立ち上げ~
□キリンビール(株) 
~花卉国内事業の強化に注力~
□(株)サカタのタネ
~全社横断的組織の国際商品開発チームで海外拡販に注力~
□サントリーフラワーズ(株) 
~花事業部を分社化し、「サントリーフラワーズ」設立~
□第一園芸(株) 
~ホームセンター向け花苗販売は順調に拡大~
□タキイ種苗(株) 
~品質管理センターを設置し、種苗品質管理を徹底~
(5)有力種苗メーカーの注目品種
(6)変貌する花卉生産の2008年展望 
~第4の生鮮品にむけて~
3.輸入切花の現状と展望
(1)国内切花市場における輸入切花のポジショニング
1.統計的位置づけ
2.輸入切花の役割と機能
(2)輸入切花の市場規模推移(1997~2001年)
(3)切花の品種別・国別輸入状況
1.切花―国別(通関ベース)
2.切花―品種別(通関ベース)
3.葉物―国別(通関ベース)
(4)切花輸入団体一覧
(5)切花輸入商社の動向    
[有力切花輸入商社の個別実態]
□(株)アライド 
~市場の変化に対応した輸入切花の開発に注力する~
□(株)ジャルックス 
~市場への依存を一定にとどめ、新規事業を検討~
(6)切花輸入商社の国内シェア
(7)変貌する輸入切花の2008年展望

4.花卉流通の現状と展望
(1)花卉卸売市場取扱高推移(1995~2002年)
(2)花卉卸売市場(業者)取扱高ランキング 103
(3)2002年の大田花き市場、大阪鶴見花き市場の取扱状況
(4)注目卸売業の市場戦略
1.大手有力卸売企業の市場戦略
2.インターネット花卉流通
3.切花のバケット流通
□ELFバケット流通システムの事業概要
□ELFシステムバケットの月別入荷状況
□ELFシステムバケットの月別返却状況
4.切花の鮮度保証
5.鉢物トレーの回収・リサイクル
[有力花卉卸売企業の個別実態]
□(株)オークネット 
~遠隔買参入にメリット提供で2桁成長を持続~
□(株)大田花き 
~国内最大卸企業として全花き流通のソリューションビジネスを指向~
□花きネット(株) 
~既存花き流通を低コストでオープンネットワーク化~
□川崎花卉園芸(株) 
~環境保全型卸として新しい花卉流通を目指す~
□(株)鶴見花き 
~ネット上で合同マーケットを展開し、取扱いは順調に拡大~
□(株)東京砧花き園芸市場
~セリ場共有し低コスト実現、ネット物業界を牽引~
□(株)フラワーオークションジャパン
~バケット流通は総入荷量の約25%まで普及拡大~
(5)変貌する花卉流通の2008年展望
1.手数料自由化の花卉流通への影響
2.花卉流通の将来像
5.花卉小売業の現状と展望
(1)花卉末端市場推移(1997~2001年)
(2)花卉の末端市場構成比と変化
(3)注目花卉末端販売チャネル動向
1.ホームセンター
(4)商業統計分析
1.花・植木小売業
2.苗・種子小売業
(5)花卉小売店売上高ランキング
(6)花卉末端チャネルの現状
1.花卉小売店
2.量販店
3.ホームセンター
4.生協
5.百貨店
6.グリーンリース・レンタル業
7.造園・緑化業
(7)有力花卉小売店舗の簡易個別動向
  • 京王百貨店
  • 京王フローラルガーデン新宿地下街店
  • 小田急フローリスト本店
  • 小田急フローリスト
  • 小田急百貨店周辺店
  • 青山フラワーマーケット
  • 東横店花プレンティ表参道店
  • 花良品有楽町店
  • プランツ・プランツ
  • 大丸ピーコック田町店
  • イトーヨーカ堂津田沼店、同船橋店
  • カインズホームスーパーセンター前橋吉岡店
  • ジョイフル本田千葉ニュータウン店
  • ジャスコ久御山店
  • ニックホビーショップ八幡
  • コーナン八幡一ノ坪店
  • ハルディー
  • 生活協同組合コープこうべ立花店
[有力花卉小売関連企業の個別実態]
□(株)小田急ランドフローラ
~小田急フローリストを展開する小田急系フラワーシヨップ~
□(株)銀座花 
~東武系以外の拠点開発も目指す~
□京王グリーンサービス(株) 
~京王電鉄系で沿線中心に25店舗展開~
□(株)ゴトウ花店 
~今後も一流の商品を一流のサービスで顧客に提供~
□(株)ちきりやガーデン 
~オリジナリティのある店舗展開を目指す~
□(株)日比谷花壇 
~トップの花販売企業として、葬祭事業や新規事業に注力~
□(株)フラワーゲート 
~キリンビールの花卉小売部門として展開する~
□(株)カインズ 
~大型店やスーパーホームセンターの積極展開~
□(株)ジョイフル本田 
~超大型売場を支えるチャレンジ精神あふれるMD戦略~
□住友林業緑化(株) 
~愛・グリーン事業でお客様満足の向上をはかる~
□(株)ユニバーサル園芸社 
~グリーンリース・レンタル事業で関東営業注力~
(8)変貌する花卉末端市場の2008年展望
6.異業種参入企業の現状と展望
(1)花卉園芸ビジネス異業種参入企業の現状と課題
(2)花卉園芸ビジネス異業種参入企業の市場戦略と2008年展望

[有力異業種参入企業の個別実態]
□伊藤忠林業(株)
~培養土、花壇用苗物、輸入切り花等、HC向け販売に本格参入~
□(株)グリーンテック東京
~花卉関連事業の再構築を実施、直営店などの強化~
□グンゼ(株) 
~緑化事業が厳しい中、事業の深耕をはかり売上の維持を目指す~
□サッポロビール(株) 
~コチョウランの苗販売は順調に売上拡大~
□松下興産(株) 
~グランドカバープランツのトップサプライヤー~

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。