2003~04年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望

発刊日
2003/07/15
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C45100400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■第Ⅰ編  カーエレクトロニクス産業の現状■

第1章.自動車市場とカーエレクトロニクス


1-1.自動車とカーエレクトロニクス/米国の好み・規制配慮しつつ、コストダウンも実現
表・「日本メーカーの世界での乗用車生産台数推移(99~03年)」
表・「四輪車登録台数(乗用車/トラック/バス別推移 88~03年)」
表・「四輪車輸出台数(普通車/小型車/トラック/バス別推移 88~03年)」
表・「2002年の各社の輸出動向(主要8社 乗用車/トラック/バス別台数)」
表・「2002年の地域別輸出動向(アジア/欧米/中近東/中南米/アフリカ他)」
表・「日本メーカー海外生産台数推移と予測(主要5社/その他 87~03年)」

1-2.新しいカーエレクトロニクスの登場/2003年カーエレ市場登場のニューカマー達

1-3.パッシブセイフティーからアクティブセイフティーへ/日本カーエレ市場を左右する大勝負

1-4.高機能SUVの開発競争/先進のカーエレクトロニクス搭載が可能に

1-5.統合、標準化、系列外取引及び欧州外資がキーワード/トヨタとホンダの部品調達構造変化

第2章.カーエレクトロニクス産業の構図


2-1.主要カーエレ流通状況/選別される国内メーカ、伸びる海外メーカ
表・「主要カーエレクトロニクス流通構造
(主要6社別 電子制御/エアバッグ/キーレスエントリー/ABSの系列・非系列別調達先)」

2-2.カーエレメーカ製品一覧/パワトレ系、車両制御系、ボディ系、ASV系品目別参入状況
表・「カーエレメーカの33社の製品別/参入状況一覧1」
表・「カーエレメーカの33社の製品別/参入状況一覧2」

第3章.自動車メーカーのカーエレクトロニクス戦略

3-1.トヨタ自動車/プリクラッシュ・ACC・ナイトビューなど予防安全強化戦略
3-1-1.ハリアーに見るカーエレクトロニクス
3-1-2.ハリアー、シグナスに見るオプション比率
3-1-3.パッシブセイフティーからアクティブセイフティーへ
3-1-4.海外部品メーカからの調達
3-1-5.トヨタ電子工場

3-2.日産自動車/進む“国際調達”“小型車への搭載”。急ぐ日立は「CKに遅れるな」
3-2-1.日産/Renaultの部品調達戦略
3-2-2.マーチに見る小型車戦略
3-3-3.e-4WD
3-2-4.オプション化比率
3-2-5.パッシブセイフティーからアクティブセイフティーへ

3-3.本田技研工業/変わるサプライヤ戦略。NEC・沖・自動車機器から吸収。系列外も
3-3-1.アコードのHiDS
3-3-2.インスパイアのプリクラッシュ
3-3-3.パッシブセイフティーからアクティブセイフティーへ
3-3-4.ホンダのサプライヤー戦略

■第Ⅱ編 カーエレクトロニクス装置の市場実態と流通構造■

第1章.カーエレクトロニクス市場/CANと高速LANによる統合制御進む

第2章.パワートレイン制御

品目別/調査内容
(1)メーカ別生産量(2002年実績/2003年見込み、台数、シェア)
(2)市場動向 
(3)自動車メーカ別/部品調達マップ
(4)製品動向 
(5)主要カーエレメーカの開発・生産・販売戦略

2-1.電子制御燃料噴射装置/アクティブセイフティー対応でエンジン電子制御化急進
表・「2002・2003年メーカー別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」
表・「各社の部品調達状況(主要6社の構成部品14品目の調達先)」

2-2.コモンレールディーゼル/欧州で必須。今は4社寡占も、やがて普及機メーカ登場
表・「ディーゼルの各社の部品調達状況」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

2-3.電子制御AT/日産はジャトコ1本化、加速するCVT採用
表・「各社のAT部品調達(主要5社の電子制御AT/ECU/
コントロールバルブ/車載センサ担当企業)」
表・「各社のCVT調達」

第3章.走行電子制御

品目別/調査内容
(1)メーカ別生産量(2002年実績/2003年見込み、台数、シェア)
(2)市場動向 
(3)自動車メーカ別/部品調達マップ 
(4)製品動向 
(5)主要カーエレメーカの開発・生産・販売戦略

3-1.電子制御サスペンション/電子制御化取り入れる欧米系メーカ
表・「電子制御サスペンションの部品調達状況(トヨタ/日産/三菱の
電子制御サスペンション/ECU担当企業)」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

3-2.電子制御パワーステアリング/キープレーン対応に電動式ステアリング増加
表・「電動パワステ部品調達動向(主要8社のEPS/ECU/ステアリングセンサ/車速センサ担当企業)」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

3-3.ABS/VDCに高機能化進む中、メーカ再編も
図・「ABSの関連会社相関図(ECUメーカ/海外メーカ/国内ABSメーカ/国内納入先)」
表・「ABSのメーカ別出荷構成と搭載車種(主要5社の出荷先及び車種名)」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

3-4.車両安定化装置/アドヴィックス、Boschの2強対決
表・「車両安定化装置の流通構造(主要7社のシステムサプライヤー/ECU/ヨーレートセンサ調達)」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

第4章.ボディー制御

品目別/調査内容
(1)メーカ別生産量(2002年実績/2003年見込み、台数、シェア)
(2)市場動向 
(3)自動車メーカ別/部品調達マップ
(4)製品動向 
(5)主要カーエレメーカの開発・生産・販売戦略

4-1.オートエアコン/電子制御による付加価値競争の時代へ突入
表・「カーエアコンのメーカ別純正指定状況(主要6社の搭載車メーカと車種)」
表・「2002・2003年メーカー別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

4-2.キーレスエントリー/アルプス電気、グローバル展開で成功
表・「キーレスエントリーの各社の部品調達状況(主要8社の調達先)」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

4-3.エアバッグシステム/外資4強支配の中で、国内メーカのサバイバル
表・「エアバッグ製品メーカ相関図(主要8社の調達先)」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

第5章.新しいカーエレクトロニクス

品目別/調査内容
(1)メーカ別生産量(2002年実績/2003年見込み、台数、シェア)
(2)市場動向 
(3)自動車メーカ別/部品調達マップ
(4)製品動向 
(5)主要カーエレメーカの開発・生産・販売戦略

5-1.アダプティブクルーズコントロール&プリクラッシュシステム(ACC)
/国内カーエレメーカ“世界戦略の大本命”!
表・「レーザーレーダー方式(デンソー/オムロンのシステムアップ企業と採用車種)」
表・「ACCレーダーの採用状況・ミリ波レーダー方式」
表・「ACCレーダーの採用状況・カメラ画像処理方式」
表・「2002・2003年メーカ別生産量(台数)」
グラフ・「2002・2003年メーカーシェア(数量)」

5-2.タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)
/直接式は低コスト化、間接式はタイヤ交換が普及時の問題
図・「タイヤ空気圧モニタリングシステムの流通構造」

5-3.バックガイドモニター/世界をリードするアイシン&トヨタ系の画像処理技術
図・「バックガイドモニターの流通構造(自動車メーカ⇔サプライヤ)」

5-4.車線維持システム/ホンダ「アコード」HiDSで火がつき、普及に加速
図・「トヨタの車線維持システム」
図・「日産の車線維持システム」

5-5.アダプティブヘッドライト/市光・スタンレー・小糸ぶつかる世界的開発競走

5-6.ナイトビジョン/近赤外線とHUD表示で、欧米SUV車と差別化
表・「遠赤外線方式と近赤外線方式との差」

■第Ⅲ編 カーエレクトロニクス市場の中期予測■


品目別/調査内容
(1)生産台数及び予測(94~2008年予測、台数、前年比)
(2)予測コメント
(3)ECU平均単価(2002年) 
(4)CPU
(5)システム構成
(6)参入メーカ(ECU)
(7)関連企業
(8)完成車メーカ別採用状況
(9)完成車メーカ別搭載
(10)輸出
(11)海外生産
(12)開発状況(方向性)
(13)成長要因・メーカ動向


調査対象製品 

パワートレイン
3-1.電子制御燃料噴射装置
3-2.ディーゼルエンジン電子制御
3-3.電子制御AT

シャーシ
3-4.電子制御サスペンション
3-5.電子制御パワーステアリング
3-6.クルーズコントロール
3-7.ABS
3-8.トラクションコントロール
3-9.坂道走行制御システム
3-10.車両安定化装置(ESP)

Comfortable&Convenient
3-11.オートエアコン
3-12.セパレート制御エアコン
3-13.デジタルメーター
3-14.マイコンパワーシート
3-15.キーレスエントリーシステム
3-16.スマートエントリーシステム
3-17.ステアリングスイッチ
3-18.衝撃感知ドアッロク解除システム
3-19.イモビライザー
3-20.バックガイドモニター
3-21.バックソナー
3-22.ヘッドアップディスプレー
3-23.雨滴感知ワイパー
3-24.オートライト
3-25.防眩ミラー

パッシブセイフティー
3-26.エアバッグシステム
3-27.サイドエアバッグシステム
3-28.乗員検知スマートエアバッグ

アクティブセイフティー
3-29.アダプティブクルーズコントロール
3-30.衝突予測システム
3-31.オートマチックパーキングブレーキ
3-32.タイヤ空気圧低下警報システム
3-33.アダプティブヘッドライト
3-34.ナイトビジョン
3-35.車線維持ユニット
3-36.居眠り防止装置

■第Ⅳ編 個別企業実態調査票■


実態調査個票の調査内容
(1)企業概要
(2)業績推移
(3)海外展開(現地法人・合併会社・海外生産拠点)
(4)カーエレ関連部品の仕入れ状況
(5)カーエレ装置生産状況(海外生産/国内生産、ユニット30品目/その他アクチュエータ/センサ/電子部品、台数ベース、2001年実績/2002年実績/2003年計画)
(6)カーエレ装置出荷状況(国内、主要品目別出荷先)
(7)カーエレ装置輸出状況(台数、主要品目別出荷先)
(8)主要電子部品仕入れ先一覧
(9)主要車種別搭載状況
(10)研究開発組織
(11)半導体工場 
(12)販売戦略
(13)開発戦略
(14)系列外展開
(15)提携戦略の成果 
(16)日本への展開
(17)ワイヤーハーネス戦略
(18)ABSビジネス 
(19)欧州進出
(20)ソフトウェア開発体制
(21)海外展開(欧州/米国/中国/アジア) 
(22)エアコンの開発
(23)燃料電池の開発
(24)ハイブリッド用部品開発 
(25)ACCの開発
(26)ミリ波レーダの開発
(27)コモンレール関連の開発 
(28)リストラクチャリング
(29)ECU開発
(30)エアバッグ開発 
(31)駐車アシスト開発
(32)画像処理開発
(33)タイヤ空気圧システム開発 
(34)キープレーン開発
(35)スマートキー開発
(36)モジュール化
(37)42V化 
(38)ドライブバイワイヤー
(39)EPS開発
(40)ナイトビジョン開発 
(41)乗員検知システム開発
(42)LED開発

実態調査個票掲載企業29社

トヨタ系 
●トヨタ自動車 広瀬工場 /半導体開発に注力化
●デンソー /エアコンに続き、ACCとコモンレール制御でもTOP狙う
●富士通テン /世界最小ミリ波レーダ開発、次世代駐車アシスト開発
●アイシン精機 /カメラ&画像処理技術で、アクティブセイフティをリード
●アドヴィックス /ABS~車両安定化装置市場で、Boschと頂上対決
●愛三工業 /デンソーと棲分け協業。エンジン制御専業メーカとしてTOP狙う
●豊田自動織機 /系列超えパーキングアシスト供給。HV用部品への展開も
●太平洋工業 /トレッド法施行に向け、TPMS用バルブ生産準備は万全
●東海理化 /スマートキー、TPMS、クラスタモジュールで世界展開

日 産 系 
●カルソニックカンセイ /世界的なコクピット&フロントエンドモジュラーに成長
●日立製作所(日立オートモーティブ) /日立の“自動車産業における大いなる野望”総本山
●日立ユニシアオートモーティブ /足回りはまかせろ。仏での本格展開目指す

ホンダ系 
●ケーヒン /本田の右腕。“沖を吸収、モトローラとの協業拡大”で高まる開発力
●ホンダエレシス /HiDSで開花、やがては本田系デンソーに成長する予感
●ショーワ /アクティブセイフティー共同開発で、新機軸を創出

三 菱 系 
●三菱電機 /日欧米の次世代市場を担うべくIPU、ACCの開発

独 立 系 
●矢崎総業 /実がなりつつある提携(Siemens・東芝・Jhonson・Witte)とMOST着手
●アルプス電気 /スマートキー、TPMSでも確実に成長する“大いなるTier2”
●オムロン /三菱⇔D/C提携の影響懸念も、ACC/TPMSではデンソーに挑戦
●住友電気工業 /ワイヤーハーネス事業特化戦略
●パナソニックオートモーティブシステムズ /ユニットに加え、松下電子部品のセンサも販売
●小糸製作所 /LEDでAFSのさらなる高機能化はかる
●スタンレー電気 /Hellaと提携、ハンガリー工場核に欧州攻略
●ユーシン /マツダ色抜け、キー関連&イモビ&盗難防止の強い独立系へ

外 資 系 
●ボッシュオートモーティブシステム/ボッシュ系を統合。ディーゼル、エアコン、ブレーキが柱に
●日本デルファイオートモーティブシステムズ /富士重、スズキ、いすゞの海外工場向け主体
●ビステオンアジアパシフィック /ナルデック買収、日本クライメント設立
●オートリブジャパン /サイド、ニー、そして乗員検知

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。