2003 コンデンサマーケットの徹底研究

発刊日
2003/07/29
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 140頁
資料コード
C45300400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 コンデンサ市場の現状

1.1 コンデンサ総市場の推移(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.2 タイプ別コンデンサ市場の推移と動向
1.2.1アルミ電解コンデンサ市場の推移と動向(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.2.2タンタルコンデンサ市場の推移と動向(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.2.3セラミックコンデンサ市場の推移と動向(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.2.4フィルムコンデンサ市場の推移と動向(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.2.5ニオブコンデンサ市場の推移と動向(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.2.6マイカコンデンサ市場の推移と動向(金額ベース&数量ベース:2000-2002)
1.3 用途別コンデンサ市場の推移と動向(数量ベース:2000-2002)
1.3.1通信機器向けコンデンサ市場(タイプ別構成比)
1.3.2情報機器向けコンデンサ市場(タイプ別構成比)
1.3.3AV機器向けコンデンサ市場(タイプ別構成比)
1.3.4自動車向けコンデンサ市場(タイプ別構成比)
1.3.5その他の用途向け市場(タイプ別構成比)
1.4 タイプ別価格動向(2000-2002)
1.4.1アルミ電解コンデンサ 韓国台湾勢による低価格攻勢で価格は低下傾向
1.4.2タンタルコンデンサ 価格の低下に歯止めはかからず
1.4.3セラミックコンデンサ MLCCの汎用品は韓国台湾勢の低価格攻勢で価格の低下は激しい
1.4.4フィルムコンデンサ 有機フィルムコンデンサは、アジア勢の厳しい低価格攻勢にさらされる
1.4.5ニオブコンデンサ 未だサンプル出荷価格が続く
1.4.6マイカコンデンサ チップタイプの増加に伴い価格は下落傾向
1.5 導電性高分子コンデンサ市場の推移と動向(金額&数量 2000-2002) 2002年は金額ベースで719億円、市場の拡大は続く

第2章 メーカー別の動向

2.1 NECトーキン
-海外メーカーを尻目に、携帯電話向けのJ,Pサイズと機能性高分子タイプを中心に2002年は回復の兆し-
2.2 TDK
-セラミックコンデンサは数量的には回復基調、金額的には低価格傾向が続き微増-
2.3 エルナー
-2002年度アルミ電解コンデンサは数量ベースで28億個、金額ベースで117億円-
2.4 ニッセイ電機
-2002年度フィルムコンデンサは、数量ベースで48億個、金額ベースでは153億円-
2.5 京セラ/AVX
-携帯電話向け、カーエレクトロニクス、PC向けのMLCCは好調、酸化ニオブコンデンサで新たな販路に期待-
2.6 昭栄
-樹脂モールドチップ型アルミ電解コンデンサはノートPC向けで依然好調な伸びを続ける-
2.7 双信電機
-マイカコンデンサは数量的には回復も、金額的には微減、今後の新たなアプリケーション開発がカギ-
2.8 村田製作所
-2002年度セラミックコンデンサは数量ベースで順調に回復も、金額ベースでは部品単価の低下で減少-
2.9 太陽誘電
-2002年度は、0603、1005の小型大容量タイプを中心に数量は増加、金額ベースでは、小型品の増加により減少-
2.10 日通工エレクトロニクス
-国内機器向けのフィルムコンデンサに特化、多品種少量対応で国内の機器需要を狙う-
2.11 日本ケミコン
-自動車向けとデジタル機器向け、インバータ向けに期待、これらの分野向けに新製品攻勢は続く-
2.12 日立エーアイシー
-2002年度タンタルコンデンサは、数量的には回復の兆しを見せるも、金額ベースでは、部品単価の低下で厳しい状態が続くー

第3章 コンデンサの技術動向


3.1 チップ化及び小型化と体積あたりの容量の最大化
-タンタルコンデンサは1608サイズ10μFまで、MLCCは今年度中に1608、10μFをラインナップ、0402も今年度中に登場ー
3.2 低ESR化
-機能性高分子VS有機半導体が機能性高分子VS水系電解液に-
3.3 耐熱性の向上
-エンジンルーム内対応で150℃保証型続々登場-
3.4 高周波化
-半導体の動作周波数の高速化では、低ESRよりも低ESL対応がカギ- 

第4章 用途別の注目需要分野


4.1 通信機器向けコンデンサ市場
-ついに10μF帯まで、タンタルVSMLCCのシェア争いの主戦場に-
4.2 情報機器向けコンデンサ市場
-動作周波数の高周波対応ではMLCCとプロードライザに絞られるのか-
4.3 AV機器向けコンデンサ市場
-機器の高性能化に伴い、低ESR化と低ESL化が焦点に-
4.4 自動車向けコンデンサ市場
-ECUの増加に伴い、高耐熱対応のコンデンサ需要は増加、また車用電力の高電圧化で高耐電圧コンデンサが注目を集める-

第5章 コンデンサ市場の将来展望

6.1 コンデンサ市場規模予測及び展望(-2010)金額&数量
6.2 タイプ別市場規模予測及び展望(‐2010)金額&数量
6.2.1 アルミ電解コンデンサ
6.2.2 タンタルコンデンサ
6.2.3 セラミックコンデンサ
6.2.4 フィルムコンデンサ
6.2.5 ニオブコンデンサ
6.2.6 マイカコンデンサ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。