欧州自動車市場におけるバイワイヤー実用化状況に関する調査

発刊日
2003/10/29
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 160頁
資料コード
C45108100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

1.調査実施期間
 2003年7月1日~2003年10月27日
2.調査方法
各種文献調査をベース、欧州主要自動車メーカーおよび部品メーカーに対するヒアリング調査を実施
3.調査目的
先行する欧州市場におけるバイワイヤーシステムの現状の開発状況の全体像を明らかにし、今後の普及の展望を行うことを目的とした。

リサーチ内容

第1章 欧州自動車市場におけるバイワイヤー技術に関する進展状況

1.バイワイヤーを取り巻く欧州市場での全体的な取り組み状況・
(1) 実用化へ向けての背景
(2) 安全システム
(3) 開発中のプロトコル
(4) バイワイヤーと42V体制
(5) Microsystems-Technology
(6) 自動車メーカー各社の対応姿勢・対応状況
(7) 自動車部品メーカー各社の対応姿勢・対応状況
(8) Safe-by-wireコンソーチウム
(9) バイワイヤー実用化を支えるEU・各国政府政策・バックアップ体制
2.現状の実用化事例と最新の動向
(1) バイワイヤーしすてむの全体動向
(2) 実用化の具体例
3.各種バイワイヤーシステムの現状
(1) TBW
(2) BBW
(3) SBW

第2章 自動車メーカー別現状の対応状況と今後の展開

1.バイワイヤー実用化動向
(1) BMW
(2) DAIMLERCHRISLER
(3) RENAULT
(4) Audi
(5) GM
(6) その他メーカー
① VW
② FORD
③ PSA PEUGEOT CITROEN
④ OPEL
⑤ VOLVO
2.採用車種具体例
(1) TBW
(2) BBW
(3) SBW
(4) Shift-by-wire
3.バイワイヤーを取り巻く研究開発動向
(1) 競合するタイムトリガコミュニケーションプロトコル
(2) 数多くあるプロトコルの東郷・整理について
(3) ネットワーク・プロトコルの林立による非効率性
(4) X-by-wireプロトコルの比較

第3章 有力自動車部品メーカー別のバイワイヤーに関する現状の対応状況と今後の展開


1.現状のバイワイヤー関連部品の実用化動向
(1) Robert Bosch
(2) Delphi
(3) Brembo
(4) Dana
(5) TRW Automotive
(6) SKF
(7) ZF Lenksysteme
(8) Honeywell
(9) Motorola Semiconductors
(10)Continental AG
(11)NEC Electronics
(12)Philips Semiconductors
(13)Visteon
(14)Mitsubishi Electric Corporation
(15)デルフト工科大学
2.バイワイヤー部品を取り巻く研究開発動向
(1) 既存バイワイヤーに関する研究開発動向
(2) 新規システム開発に関する研究開発動向
(3) バイワイヤー普及拡大に際しての基本的考え方、普及に際しての課題と見通し、想定される今後の対応
(4) 自動車関連部材メーカーの対応

第4章 バイワイヤー別研究開発動向

1.安全性-アクティブセーフティとパッシブセーフティ
2.高信頼性化
3.多機能化・システム化
4.オンボード車両点検
5.MSTによる新しい機能の導入
6.バイワイヤー・テクノロジーに求められるシステム要件
7.低コスト化


第5章 欧州自動車市場におけるバイワイヤー普及拡大予測

1.欧州自動車産業におけるX-by-wireシステム普及の当面の課題
(1)バイワイヤー普及拡大に際しての課題・チャレンジ
(2)2003年-2008年
2. 技術的側面から見た課題と展望
(1)TBW
(2)BBW
(3)SBW
3.コスト的側面から見た課題と展望
4.自動車メーカー各社が当面直面する市場環境から見た課題と展望
(1)X-by-wireの技術的発展要因
(2)X-by-wireの技術的阻害要因
(3)X-by-wireのコスト的発展要因
(4)X-by-wireのコスト面の阻害要因
5.その他の課題と展望
(1) 米国・日本との協力関係
(2)米国と欧州の安全性に関する考え方の違い
6.欧州市場におけるバイワイヤー普及拡大予測
(1) 今後のバイワイヤーシステム技術の進化と採用拡大パターン
(2) バイワイヤーの普及拡大で想定される業界構造の変化
7.バイワイヤーシステムの2010年予測
(1)X-by-wireテクノロジーの欧州市場2010年予測
(2)電子制御システム
(3) 自動車用センサの市場
(4)一台の自動車にエレクトロニクスが占めるコストの割合

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。