2004 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望

発刊日
2004/04/01
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 148頁
資料コード
C45110100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 MFP市場の実態と展望

1.MFPの市場規模推移

表 MFPの市場規模推移(2002年度実績~2006年度予測)
2.タイプ別の出荷状況
表 MFPのタイプ別出荷台数・構成比(2002~2004年度)
表/図 PPCタイプMFPとデジタルPPCの出荷台数・構成比(2002~2004年度)
表 PPCタイプMFPとデジタルPPCの成長率
3.MFPの数量シェアと上位企業の概況
(1)総合首位のリコーとカラー首位の富士ゼロックス、両社の攻防は11~20ppmが焦点
(2)巻き返しを期するキヤノンは「カラー比率50%」「シェア30%」を目標に掲げる
表/図 MFPのメーカシェア①(2002年度、全タイプ)
表/図 MFPのメーカシェア②(2002年度、PPCタイプのみ)
表/図 MFPのメーカシェア③(2003年度、全タイプ)
表/図 MFPのメーカシェア④(2003年度、PPCタイプのみ)
表/図 MFPのメーカシェア⑤(2004年度、全タイプ)
表/図 MFPのメーカシェア⑥(2004年度、PPCタイプのみ)
4.カラーMFPの速度別出荷台数
図 カラーMFPの速度別出荷台数構成比
表 カラーMFPの速度別出荷台数とメーカシェア(2003年度)
図 カラーMFPの速度別出荷台数とメーカシェア(2003年度)
5.モノクロ/カラーMFPにおけるオプション機能搭載状況
(1)プリンタ/スキャナ/FAX/文書管理機能の搭載状況
表 モノクロMFP/カラーMFPにおけるオプション機能搭載率(2002~2004年度)
(2)モノクロのプリンタ機能搭載率は徐々に高まるが、依然としてカラーには及ばない
(3)提案の焦点となる文書管理機能の搭載率は極めて低い
表 ドキュメントソリューションの代表例
(4)スキャナ機能はモノクロ機<カラー機
図 モノクロMFP/カラーMFPにおけるオプション機能搭載率(2002年度)
(5)FAX機能はモノクロ機>カラー機
図 モノクロMFP/カラーMFPにおけるオプション機能搭載率(2003年度)
図 モノクロMFP/カラーMFPにおけるオプション機能搭載率(2004年度)
(6)各メーカのオプション機能搭載状況
表 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率①(モノクロ、2002年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率①-A(モノクロ、2002年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率①-B(モノクロ、2002年度)
表 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率②(カラー、2002年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率②-A(カラー、2002年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率②-B(カラー、2002年度)
表 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率③(モノクロ、2003年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率③-A(モノクロ、2003年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率③-B(モノクロ、2003年度)
表 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率④(カラー、2003年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率④-A(カラー、2003年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率④-B(カラー、2003年度)
表 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率⑤(モノクロ、2004年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率⑤-A(モノクロ、2004年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率⑤-B(モノクロ、2004年度)
表 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率⑥(カラー、2004年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率⑥-A(カラー、2004年度)
図 各メーカのMFPにおけるオプション機能搭載率⑥-B(カラー、2004年度)
6.MFPとレーザプリンタのチャネル別販売状況
(1)直販/系列販社/SI/その他の比率
表 MFPとレーザプリンタのチャネル別出荷台数・構成比(2002~2003年度)
図 MFPのチャネル別出荷構成比(2002~2003年度)
図 レーザプリンタのチャネル別出荷構成比(2002~2003年度)
(2)各メーカのチャネル別販売状況
表/図 各メーカのチャネル別出荷構成比①(MFP、2002年度)
表/図 各メーカのチャネル別出荷構成比②(MFP、2003年度)
表/図 各メーカのチャネル別出荷構成比③(レーザプリンタ、2002年度)
表/図 各メーカのチャネル別出荷構成比④(レーザプリンタ、2003年度)

第2章 MFPに関する製品戦略、及びドキュメントソリューション戦略

1.デジタル出力機器の製品戦略
(1)MFP・複写機・レーザプリンタ等の位置付け/売り分け
(2)カラー機の製品戦略
2.製品開発の方向性/付加する機能等
(1)Web/Internet対応
(2)対応する用紙サイズ(Large Format対応など)
(3)環境配慮製品の開発動向(グリーンマーク・エコマーク取得)
(4)高速/高画質製品開発の為の課題と今後の方向性
3.直販営業におけるソリューション提案の内容
4.直販営業における営業アプローチの手法
5.間接販売ルートの開拓、強化する間接ルートとその獲得手法
6.箱売りからソリューション提案型セールスへの移行-課題と取り組み
(1)営業担当者に対する教育プログラム(直販/間接販売)
(2)SI/SPなど、異業種との販売アライアンス
(3)ユーザのシステム部門に対するアプローチ
7.ドキュメントソリューション戦略の構築、及び今後の展開


第3章 MFPメーカ各社のビジネス概況


1.キヤノン
2.京セラミタ
3.コニカミノルタ
4.シャープ
5.セイコーエプソン
6.東芝テック
7.NEC
8.パナソニック コミュニケーションズ
9.富士ゼロックス
10.ブラザー工業
11.村田機械
12.リコー

※企業毎に下記の項目を掲載
(1)デジタル出力機器出荷台数
(2)カラーデジタル機器の速度別出荷台数
(3)MFPにおける各種機能搭載率
(4)デジタル出力機器の販売体制
(5)デジタル出力機器の製品戦略
(6)製品開発の方向性/付加する機能等
(7)直販営業におけるソリューション提案の内容
(8)直販営業における営業アプローチの手法
(9)間接販売ルートの開拓、強化する間接ルートとその獲得手法
(10)箱売りからソリューション提案型セールスへの移行-課題と取り組み
(11)ドキュメントソリューション戦略の構築、及び今後の展開

第4章 関連市場の動向

1.デジタルPPC市場
(1)デジタルPPC市場は微増で推移
表/図 デジタルPPCの市場規模推移(モノクロ/カラー別、2002~2006)
図 デジタルPPCの市場成長率(モノクロ/カラー/合計、2003~2006)
図 デジタルPPC市場におけるモノクロ/カラー比率(2002~2006)
(2)Non-MFPモノクロの落ち込みをMFPタイプのカラー機がカバー
表/図 デジタルPPCのタイプ別市場規模推移(Non-MFP/MFPタイプ)
(3)デジタルPPCのメーカシェア
表/図 デジタルPPCのメーカシェア(全体、2002~2004)
表/図 デジタルPPCのメーカシェア(モノクロ、2002~2004)
表/図 デジタルPPCのメーカシェア(カラー、2002~2004)
2.ページプリンタ市場
(1)市場成長率は前年度を上回るが、カラー構成比は思いの外高まらず
表/図 カラー機・モノクロ機の国内出荷台数推移
(2)主要企業のカラーレーザプリンタビジネス
①低価格・省スペース製品の好調でエプソンが頭一つリード
表/図 カラーレーザプリンタの国内ブランドシェア
②キヤノンは大型商談によって出荷数量を伸ばす
③リコーは40,000台弱で着地の見込み
④エンジンベースでは富士ゼロックスが首位、新規OEM先確保でビジネス拡大
表/図 カラーレーザプリンタの国内メーカシェア(エンジンベース)
図 カラーレーザプリンタのエンジン供給関係

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。