2003-2004 DBMS・BI ツール・アプリケーションサーバ・統合運用管理ツール市場の実態と展望

発刊日
2003/12/19
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 89頁
資料コード
C45111700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

Ⅰ.市場規模推移(データ)

1.DBMS・BIツール・アプリケーションサーバ・統合運用管理ツール
2.IA/UNIXサーバ
3.ERPパッケージ
4.SCMパッケージ
5.CRMパッケージ
6.PLMソリューション
7.機械系CAD/CAM/CAE
8.EDA
9.土木・建築系CAD


Ⅱ.製品別の市場動向


1.DBMS市場
1.1 対象製品の定義
1.2 2002年の不調を脱し、2003年は金額ベースでも増加傾向に
表/図 DBMSの市場規模推移とOS別比率(2001~2003年、ライセンス売上高)
表/図 DBMSの市場規模予測(2003~2005年、ライセンス売上高)
1.3  売上高のベースはDBMSで、+αの部分はBIツールで確保
1.4 限られたパイの中でOracle代替を狙う
表/図 DBMSのベンダシェア(UNIX版、ライセンス売上高-ベンダ出荷金額ベース)
表/図 DBMSのベンダシェア(Windows版、ライセンス売上高-ベンダ出荷金額ベース)
2.BIツール市場
2.1 対象製品の定義
2.2 BIツールの市場概況
表/図 OLAP・クエリ・レポーティングツールと マイニングツールの市場規模推移(ライセンス売上高)
2.3 BIツールは「何の為に」使うのか
2.4 ベンダ各社が提唱する概念
表 ベンダが提唱する概念-1.専業系ベンダ
表 ベンダが提唱する概念-2.総合ベンダ/統合エンタープライズアプリケーションベンダ
2.5 ユーザの裾野拡大に加えて要求の幅も広がる
表/図 BIツールの市場規模推移・予測とOS別比率(2001~2005年、ライセンス売上高)
2.6 製品統合化を巡る攻防
表 BIツールベンダの買収案件
2.7 BIツールのベンダシェア
図 BIツールのベンダシェア(ライセンス売上高-ベンダ出荷金額ベース)
3.アプリケーションサーバ市場
3.1 対象製品の定義
図 アプリケーションサーバ・システムの構成モデル
3.2 市場は拡大の一途を辿る
表/図 アプリケーションサーバの市場規模推移・予測とOS別比率(2001~2005年、ライセンス売上高)
3.3  統合化を進めた環境提供が焦点、第2ステージ以降は苦しい展開を余儀なくされるベンダも
表/図 アプリケーションサーバのベンダシェア(ライセンス売上高-ベンダ出荷金額ベース)
4.アプリケーション・システム間連携ツール市場
4.1 ETL(Extract Transform Load)
4.1.1 対象製品の定義
図ETLツールの位置付け
4.1.2 市場規模は3,000~4,000百万円程度に
4.1.3  市場拡大に向けての課題①-フルカスタマイズシステムの代替
4.1.4 市場拡大に向けての課題②-SIerに対する提案力の向上
4.2 EAI(Enterprise Application Integration)
4.2.1 対象製品の定義
図 EAIツールの機能
4.2.2 BPMツールに発展、低価格化が今後の課題
4.3 EIP(Enterprise Information Portal)
図 EIPツールの機能
5.統合運用管理ツール市場
5.1 対象製品の定義
5.2 厳しい環境下でも成長を確保
表/図 統合運用管理ツールの市場規模推移・予測(2001~2005年、ライセンス売上高)
5.3  日立製作所と富士通の二強体制が続く
表/図 統合運用管理ツールのベンダシェア(ライセンス売上高-ベンダ出荷金額ベース)


Ⅲ.参入企業各社のビジネス概況


アクチュエイトジャパン
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要◇製品販売動向
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制

日本BEAシステムズ
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向~三強体制の一角を占めるも、統合化の流れの中ではやや苦しい展開か
◇差別化のポイント~Built on BEAプログラムで拡販を狙う
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略

日本ビジネスオブジェクツ
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
図 ビジネスオブジェクツが提供するBIソリューション
◇製品販売動向~2003年の重点施策はトレーニング拡充
◇差別化のポイント~EPMによって全体最適の経営を提供
図 EPMの概念◇流通ルート/販売体制
◇チャネル戦略~パートナサポートプログラム「BOふれんど」を提供

コンピュータ・アソシエイツ
◇取り扱い製品概要◇製品販売動向~2003年に営業部門を再編
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制

コグノス
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向
~CPM実現に向けた製品ラインナップ充実とパートナとの協業関係深耕がポイント
◇差別化のポイント~CPM戦略をカバーする総合的BIソリューションを提供
◇流通ルート/販売体制/チャネル戦略

富士通
◇国内売上高(出荷金額ベース)
◇取り扱い製品概要~Interstage、Systemwalker、Symfowareの3ブランドで展開
◇製品販売動向~ブランドの認知度を向上させ、BIツールへの対応で更なる拡販を狙う
◇差別化のポイント
~TRIOLEの中核としてミドルウエアビジネスを推進、中堅マーケットに重点注力
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略

グループ ワン ソフトウェア1
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向~グループ ワン ソフトウェアへの移行でビジネス拡大
◇差別化のポイント1
~強みを持つETLツールと価格優位性を持つフロントエンド製品が相乗効果を発揮
◇差別化のポイント2~既存顧客の満足度向上を重視
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略


日立製作所 54
◇国内売上高(出荷金額ベース)
◇取り扱い製品概要~JP1、HiRDB、CosminexusとGroupmaxがミドルウェアビジネスの柱
図 日立データウェアハウスソリューションに関連するミドルウェア製品
◇製品販売動向~JP1のネームバリューを活かして拡販を図る
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略

ハイペリオン 57
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
図 Hyperion Essbase XTDのコンポーネント
◇製品販売動向図BPMの概念図
◇差別化のポイント
~BPMソリューション提供を推進、ブリオ・ソフトウェアの買収で製品ラインナップが充実
◇流通ルート/販売体制

日本IBM 61
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向~5ブランドの相乗効果によって統合ソリューション展開を強化
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制/チャネル戦略

マイクロソフト
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向~BI案件が増加傾向
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制/チャネル戦略

NCR
◇取り扱い製品概要◇製品販売動向◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制

NEC
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向/差別化のポイント◇チャネル戦略

日本オラクル
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向
1.市況低迷によりDBMSのライセンス売上は苦戦か
2.アプリケーションサーバは順調な伸び、「Switch & Save Program」で弾みをつける
3.10gのリリースでWindows版での巻き返しを図る/Linux市場への取り組みも強化
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制

SAPジャパン
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要図SAP NetWeaver
◇製品販売動向~2004年は“面”の展開へ図SAPの製品全体像
◇差別化のポイント
~統合エンタープライズアプリケーションベンダとしての強みを活かした展開
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略

SAS Institute Japan
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要◇製品販売動向
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制

エス・ピー・エス・エス
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要図Predictive Analyticsの概念
◇製品販売動向~Clementineの全世界売上高のうち約30%は日本市場向け
◇差別化のポイント~データマイニング・テキストマイニングの両分野を手懸ける
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略~SPSS販売パートナープログラムを開始
◇今後の方向性~新製品投入やData Auditで市場の裾野拡大を狙う

サイベース
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要◇製品販売動向
◇差別化のポイント◇流通ルート/販売体制

日本ティブコソフトウェア
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要
◇製品販売動向~日本法人が環太平洋地域を牽引、今後は中堅・中小マーケットにも注力
◇差別化のポイント~BPMベンダを志向
図 TIBCOのトータルビジネスインテグレーションソリューション
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略

ウエブメソッド
◇国内売上高(出荷金額ベース)◇取り扱い製品概要◇製品販売動向
◇差別化のポイント~Webサービスの導入・展開における総合的なサポート機能
◇流通ルート/販売体制◇チャネル戦略~日本ソリューションセンターを開設

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。