2003-2004年版 在宅介護・療養市場の展望と戦略

発刊日
2004/04/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 636頁
資料コード
C45201100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
209,000
190,000
19,000
313,500
285,000
28,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 在宅介護・療養市場の市場概況

1.在宅介護・療養市場の分類
2.介護保険制度関連ビジネスの市場動向

(1) 高齢者人口と要介護人口の増加
(2) 介護保険制度の動向
(3) 介護保険施設の動向
(4) 介護保険施設以外の動向
1.介護保険3施設以外の介護保険ビジネスの動向
2.有料老人ホームの市場動向
3.グループホームの市場動向
3.在宅療養(在宅医療)市場の市場規模推移(1998~2010年度予測)


第2章 在宅医療・療養市場の市場動向分析

1.在宅酸素療法市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業シェア
(4) 液化酸素療法市場の動向
(4) 今後の課題と問題点

2.在宅人工呼吸市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業の動向
(4) 今後の課題と問題点

3.睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業シェア
(4) 今後の課題と問題点

4.在宅腹膜透析(CAPD)療法市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業シェア
(4) 今後の課題と問題点

5.在宅血液透析市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業の動向
(4) 今後の課題と問題点
◆医療法人社団 新生会 新生会第一病院
1.在宅血液透析実施の状況
2.実施体制と地域展開状況
3.在宅血液透析のコンセプト
ⅰ)患者の適性
ⅱ)住環境の確認
ⅲ)教育
ⅳ)装置・材料について
ⅴ)医療廃棄物
◆医療法人 長寿会 長寿クリニック
1.在宅血液透析実施の状況
2.実施体制と地域展開状況
3.在宅血液透析のコンセプト
4.在宅血液透析の実施内容
5.今後の問題点・課題

6.在宅輸液療法市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業の動向
(4) 今後の課題と問題点

7.在宅自己導尿市場

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品の概要
(3) 参入企業シェア
(4) 今後の課題と問題点

8.在宅自己注射市場

(1) ヒト成長ホルモン剤
1.市場動向と市場規模推移
2.参入企業シェア
(2) インスリン製剤
1.市場動向と市場規模推移
2.参入企業シェア

9.在宅医療関連ビジネス

(1) 自己血糖測定器市場
1.市場動向と市場規模推移
2.製品の概要
3.参入企業シェア
4.市場の課題と方向性
(2) 訪問看護サービス・訪問看護ステーションの動向
1.市場の動向
2.参入企業の動向
3.市場の課題と方向性

在宅医療・療養市場参入企業の個別実態(18社)

◆アイ・エム・アイ(株)
◆エア・ウォーター(株)
◆(株)小池メディカル
◆(株)ジェイ・エム・エス
◆(株)ジャパン・エア・ガシズ
◆セコム(株)
◆タイコヘルスケアジャパン(株)
◆(株)ダイヤライフ
◆大陽東洋酸素(株)
◆チェスト(株)
◆帝人ファーマ(株)
◆(株)東機貿
◆バクスター(株)
◆フクダ電子(株)
◆フジ・レスピロニクス(株)
◆星医療酸器(株)
◆藤沢薬品工業(株)


第3章 在宅介護サービス市場の市場動向分析


1.参入企業の介護保険事業戦略

(1) 介護サービス事業者の動向
1. 介護サービス事業者の売上動向
2. 介護サービス事業の市場戦略
a)小型ケア施設
b)拠点展開の再始動
c)その他のキーポイント
(2) 主要企業の動向
■ジャパンケアサービス
■コムスン
■ニチイ学館

2.介護保険事業の将来

(1) 新たな介護サービス像の創出とその背景
(2) 在宅サービス事業者団体の動向

3.訪問介護サービスの市場動向

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 介護サービスの動向
(3) 参入企業シェア
(4) 今後の問題点・課題

4.訪問入浴サービスの市場動向

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 介護サービスの動向
(3) 参入企業シェア
(4) 今後の問題点・課題

在宅介護サービス企業の個別実態(8社)

◆アースサポート(株)
◆アサヒサンクリーン(株)
◆(株)コムスン
◆(株)ジャパンケアサービス
◆セントケア(株)
◆(株)大起エンゼルヘルプ
◆(株)ツクイ
◆(株)やさしい手


第4章 緊急通報サービスの市場動向分析


1.緊急通報サービスの市場動向

(1) 市場動向と市場規模推移
(2) 製品・サービス動向
(3) 参入企業シェア
(4) 今後の問題点と将来

〔緊急通報サービス企業の個別実態〕(3社)
◆安全センター(株)
◆安心ライフ(株)
◆ホームネット(株)

2.自治体における緊急通報サービスの実施状況

1) 調査方法・調査対象・調査項目・調査期間
2) 緊急通報サービス・緊急通報装置の供給等の実施概況
[1]緊急通報サービス等の実施状況
[2]自治体での、緊急通報サービス・システムの紹介・提供の状況
[3]緊急通報サービス・システムの供給における提供人数(年間)
[4]各自治体の緊急通報サービス・装置の受給条件
[5]各自治体の緊急通報サービス・装置の実施団体・企業、装置提供者
[6]自治体の緊急通報サービス・システムの提供についての問題点
[7]今後の緊急通報サービス・システム事業の展開

〔緊急通報サービス実施自治体の個別実態〕(85件)

1.小樽市
2.室蘭市役所
3.苫小牧市役所
4.旭川市消防本部
5.帯広市
6.釧路市
7.蕨市
8.岩槻市
9.草加市
10.狭山市役所
11.東松山市
12.熊谷市
13.上尾市
14.鴻巣市
15.埼玉県本荘市役所
16.我孫子市役所
17.松戸市
18.市川市役所
19.八千代市役所
20.野田市役所
21.浦安市役所
22.成田市役所
23.銚子市役所
24.袖ヶ浦市
25.君津市役所
26.東京都北区役所
27.中野区
28.練馬区
29.武蔵野市
30.三鷹市
31.調布市役所
32.小金井市
33.東京都小平市
34.東村山市役所
35.瑞穂町役場
36.東京都町田市
37.羽村市
38.稲城市
39.東京都多摩市
40.東大和市
41.武蔵村山市
42.横須賀市
43.逗子市
44.小田原市
45.茅ヶ崎市
46.平塚市
47.秦野市
48.伊勢原市
49.長野市役所
50.沼津市役所
51.静岡市役所
52.豊橋市役所
53.瀬戸市役所
54.桑名市役所
55.鈴鹿市役所
56.津市
57.伊勢市役所
58.長浜市
59.宇治市
60.池田市役所
61.吹田市役所
62.摂津市
63.交野市役所
64.東大阪市
65.八尾市役所


参考資料:在宅呼吸器系療法ディーラー企業の分析

〔Ⅰ〕調査方法・調査対象・調査項目・調査期間
〔Ⅱ〕酸素濃縮器・液化酸素装置レンタル事業の概況について

1.在宅酸素療法に関わる酸素濃縮器・液化酸素装置のレンタル業について
2.在宅酸素療法を実施する患者の数
3-1.在宅酸素療法を実施する患者の内、酸素濃縮器の利用患者人数
3-2.在宅酸素療法を実施する患者の内、液化酸素装置を利用する患者人数
4.在宅酸素療法の管理患者の管理母体の割合
5.在宅酸素療法を実施する患者の内、2003年12月末時点での流量別の割合
6.在宅酸素療法患者の地域別の分布状況(2003年12月末日現在の患者人数ベース)
7-1.採用されている酸素濃縮器について よく採用されている機種名、それぞれの機種が占める割合
7-2.採用されている液化酸素装置について よく採用されている機種名、それぞれの機種が占める割合
8.在宅人工呼吸器のレンタル業の実施について
9.在宅人工呼吸レンタルを実施する患者の数
10-1.在宅人工呼吸を実施する患者の内 気管切開型を利用している内訳の患者人数
10-2.在宅人工呼吸を実施する患者の内 鼻・顔マスク型を利用している内訳の患者人数
11.気管切開型・鼻マスク型人工呼吸器について よく採用されている機種名、機種が占める割合
12.CPAP(在宅持続陽圧呼吸療法機器)のレンタル業について
13.CPAPレンタルしている患者の数
14.CPAPの2003年12月末(予測)時点での販売先別の割合
15.CPAPについて、よく採用されている機種名、機種が占める割合
16.前述の在宅酸素供給装置、在宅人工呼吸、 CPAPレンタル以外の在宅医療に関わる事業について
17.在宅医療事業のトータル売上高の実績
18.2002年度の在宅酸素療法事業(酸素濃縮器・液化酸素装置レンタル)の占める割合
19.2002年度の在宅医療事業の事業採算
20.今後の在宅医療事業の展開
21.今後の在宅医療事業の売上高の変化

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
209,000
190,000
19,000
313,500
285,000
28,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。