欧州自動車業界における環境負荷低減化に関する最新動向

発刊日
2004/07/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 182頁
資料コード
C46100900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

 はじめに


第一章:欧州自動車市場を取り巻く各種規制

1-1 各種規制
1-1-1 各種規制の意義
1-1-2 CO2排出量規制
1-1-3 粒状物質濃度24時間制限値
1-1-4 EU 5(軽トラック )とEU 6 (大型車両)
1-1-5 無硫黄ガソリン
1-1-6 欧州自動車市場を取り巻く各種規制

1-2 自動車そのものに関連する規制とその概要
1-2-1 ELV指令
1-2-2 EU取り組み状況

1-3 自動車製造プロセスに関連する規制とその対応
1-3-1 車両がそのライフサイクルに環境に与えるインパクト
1-3-2 生産工程 43
1-3-3 生産現場での環境へ与えるインパクト削減努力
1-3-4 EU-ELV指令と表面処理(ELVD2000/53/EC [1] )
1-3-5 ECOSYSTEMS project

1-4 粒状物質問題
1-4-1 ディーゼル車によるNOx排出
1-4-2 ディーゼルエンジン排ガスによる死亡率増加
1-4-3 フュエルボーン触媒 (FBCs)戦略
1-4-4 ロンドンタクシーとFEC/DPF システム

1-5 「硫黄フリー」に関する決議
1-5-1 硫黄フリー燃料の研究開発
1-5-2 欧州では2009年までに「硫黄フリー」ガソリン及びディーゼル
1-5-3 スイスにおける新燃料税

第二章:欧州自動車産業界の対応


2-1 自動車メーカーの対応
2-1-1 ACEAと EU間の自主協約
2-1-2 2012年(120g/CO2 /km)目標
2-1-3 EU委員会による第四次のアニュアルレポート
2-1-4 EUの1995戦略
2-1-5 次なるステップ;

2-2 削減へ貢献した技術開発
2-2-1 ディーゼル車のセールス伸張
2-2-2 ガソリンエンジン用の制御触媒(Controlled catalyst)

2-3 EU排気ガス目標へ向けた技術開発の具体例
2-3-1 オイルフイルターとエンジンオイル
2-3-2 BMW社DPFs

2-4 自動車部品メーカーの対応
2-4-1 Getrag ? manual transmissions,
2-4-2 TI Automotive社燃料およびブレーキ液システム

2-5 材料メーカーの対応
2-5-1 材料メーカーとELVとリサイクリング問題
2-5-2 ハイブリッド材のアプリケーションとチャレンジ
2-5-3 自動車用コンポジットアプリケーション
2-5-4 コンポジットパーツ
2-5-5 複合材使用の長短
2-5-6 アルカン社よりの情報
2-5-7 プラスティックアプリケーション
2-5-8 BASF社の製品開発

2-6 欧州全体としての対応
2-6-1 安全関連装備と重量
2-6-2 次なる法規制のポイント
2-6-3 ドライバーの意識改善
2-6-4 二酸化炭素(CO2)排出権取引市場
2-6-5 研究者よりの意見
2-6-6 Leiden大学(オランダ)
2-6-7 規制プレッシャーと企業の対応
2-6-8 環境負荷削減に関する法規が追い風となる新たな動き

2-7 EU V&EUIV対策
2-7-1 新しいEU排ガスポリシーへの動き
2-8 2003年欧州ディーゼル車シェア;44パーセント
2-9 ゼロエミッション燃料電池バス試験(ロンドン)始まる


第三章:事例研究


3-1 主要自動車メーカー
3-1-1 ダイムラー
3-1-2 BMW
3-1-3 VW
3-1-4 PSA
3-1-5 Renaultルノー
3-1-6 Fiat Auto
3-1-7I nternational Dismantling Information System(IDIS)
3-1-8 ELVにおけるプラスティックの識別法
3-1-9 IPP-Integrated Product Policy

3-2 主要自動車部品メーカー
3-2-1 Robert Bosch
3-2-2 その他ニューテクノロジー開発動向

3-3 主要材料メーカー
3-3-1 アルカン社
3-3-2 使用済みプラスティック回収
3-3-3 環境に優しい材料
3-3-4 EU-ELV Directive対応の新材料開発の動き


第四章:自動車産業界の抱える各種課題と今後の展望

4-1 自動車関連技術
4-1-1 技術的課題と今後の課題
4-1-2 排ガス規制対応ニューテクノロジー

4-2 コスト的課題と今後の展望
4-2-1 環境関連法規制とコスト
4-2-2 自動車産業環境コストの内訳
4-2-3 コスト集中的
4-2-4 材料数の削減によるコスト削減

4-3 各種市場環境的課題と今後の展望
4-3-1 材料数並びにコンポーネント数
4-3-2 プラスティック材料数限定傾向
4-3-3 リサイクルへの障害
4-3-4 コンポーネントの数
4-3-5 重量削減(軽量化)
4-3-6 材料とウエートの軽量化

4-4 技術開発とそれに伴う市場の変化
4-4-1 ディーゼルフィルター
4-4-2 トランスミッションとCO2削減
4-4-3 DPF論争
4-4-4 ディーゼル粒子フィルター装着キャンペーン


第五章:REACHの概要と今後自動車産業界に及ぼす影響

5-1 REACHの概要

5-2 ACEAの態度表明

5-3 自動車産業界に及ぼす影響
5-3-1 水銀
5-3-2 カドミウム
5-3-3 鉛
5-3-4 六価クロム
5-3-5 臭素化難燃剤
5-3-6 ポリビニールクロリド(PVC)

5-4 REACHにみられる環境概念に対する欧米の相違
5-4-1 欧州環境主義の根源
5-4-2 古いヨーロッパの新しいアイディア
5-4-3 REACHのまとめ

おわりに

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。