2004年版 子供市場総合マーケティング年鑑

発刊日
2004/05/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 266頁
資料コード
C46103800
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
209,000
190,000
19,000
313,500
285,000
28,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

【序文】

子供市場における今後の成長型企業、第4世代への手掛かり
―ルイ・ヴィトンのモノグラムとユニクロのストレッチの結婚ー


第Ⅰ章.ベビー、子供人口の徹底分析(2002年~2007年)


Ⅰ-1.少子化に捉われないマーケティングの構築
(1)0-12才人口は43万4千人(2.8%)の減少
(2)出生人口減少のベビー市場は0.45%の微増
(図)年令別人口推移(予測)
(3)2003年の出生数は112万1千人、前年比3万3千人減
(図)出生数および婚姻件数の推移
(表)0-12才人口の推移(予測)
(表)小学校の学年別児童数の推移
(表)幼稚園の年令別園児数の推移
(図)幼稚園・小学校の入学者数の推移
(表)都道府県別・年令別子供人口


第Ⅱ章.子供のライフスタイルの変遷


Ⅱ-1.子供市場の大きな柱“エデュテインメント”

Ⅱ-2.2003年~2007年の商品開発のキーワードは“低年齢化と多機能(多様)化”
(図)サービス・教育関連分野の成長(分野別シェア予測)

Ⅱ-3.コラボレーションビジネスの活発化
(図)コラボレーション52件の提携分野別構成比
(図)コラボレーションの提携目的・内容構成比

Ⅱ-4.子どもからの要望
(表)コラボレーション一覧表
(図)ナルミヤ・インターナショナルのジュニアワールド戦略
(図)タカラのコラボレーション戦略
(表)ベビー・子供ライフスタイル市場の変遷・2004-2007年予測
(表)商品カテゴリー別成長率(2007/2002)
(表)子供1人当り年間支出額ランキング

Ⅱ-5.トイザラス、アカチャンホンポ、西松屋チェーン3大チェーンのシェア予測
(図)玩具の販売チャネル構成
(表)日本トイザラス、西松屋チェーン、赤ちゃん本舗の都道府県別店舗数

Ⅱ-6.子供市場関連カタログ通販とネット通販
(表)通信販売の商品分類売上高・構成比
(図)オンライン通販の市場規模の推移

Ⅱ-7.リサイクルショップ市場の動向
(図)リサイクルショップ5社の売上高伸び率の推移
(図)リサイクルショップの市場規模の推移(予測)
(表)BOOK・OFF「B・KIDS」店舗一覧

Ⅱ-8.アップリカ葛西とコンビの総合化戦略



第Ⅲ章.分野別市場規模の推移および市場動向

1.教育市場の市場規模の推移および市場動向
(1)“学力低下”背景に多様化する学習塾
(表)小学生の算数20年間で正答率8.0ポイントダウン
(図)学習塾20社(個別指導3社)の売上高伸び率・利益率の推移

(2)日本エデュネット「ハローe先生」本格展開へ
(図)日本エデュネットの業績推移

(3)学習塾費は16.2%の2ケタ増
(図)小学校(公立)の学習塾費の金額分布
(図)学習塾市場規模の推移

(4)幼児教育市場をリードする英会話(英語)教室
(図)分野別・幼児教育市場規模の推移
(図)幼児教育市場規模の推移

(5)低年齢化する教育市場
(表)公文教育研究会の全国事務局一覧
(表)平成14年度「子どもの学習費調査」

2.お習い事市場規模の推移および市場動向
(1)男児は水泳、女児はピアノ
(図)スポーツ、その他の習い事種類別シェア
(図)お稽古・習い事の市場規模の推移

3.児童書・絵本・雑誌の市場規模の推移および市場動向
(1)“朝の読書時間”、全国の小学校72.3%へ普及
(図)児童書(新刊)の市場規模の推移

(2)音のでる絵本の成長
(図)絵本(新刊)の推定発行金額の推移

4.玩具の市場規模の推移および市場動向
(1)母親の信仰に支えられた知育玩具市場
(図)知育玩具市場規模の推移
(図)知育玩具の分野別シェア

(2)相次ぐ新規参入

(3)玩具小売市場の約35%のシェアを占有するトイザラス、アカチャンホンポの快進撃とSPA
(図)大手総合チェーン3社のPBの予測
(図)玩具・娯楽用品の市場規模の推移

(4)玩具菓子の3世代マーケティングと多様化
(図)玩具菓子の市場規模の推移
(表)日本国内の玩具市場規模

5.子供向けパソコンの市場規模の推移および市場動向
(1)幼児パソコン市場をリードしてきた「ピコ」の大幅な売上ダウン
(図)子供向けパソコン市場規模の推移

(2)子どもの母親とのパソコン認識にギャップ
(表)主な幼児・児童向けパソコン

(3)子供向けパソコン教室
(表)NEC「パソコンキッズスクェア」45校
(表)富士通ラーニングメディア「子どもパソコンくらぶ」

6.ゲーム機器(家庭用・携帯型)の市場規模の推移および市場動向
(1)2002年、ゲーム機・ソフトの国内出荷額が初めて2ケタの減少
(2)任天堂、「ファミリーコンピュータ」の生産を9月に中止
(3)オンラインゲームの伸び悩み、ネックは価格設定
(図)テレビゲーム機(携帯型含む)の国内出荷台数の推移
(図)テレビゲーム4機種のシェア
(図)家庭用ゲーム機の市場規模の推移
(図)家庭用ゲームソフトの市場規模の推移

7.キャラクター商品の市場規模の推移および市場動向
(1)新興人気キャラクターは企業のTVCMイメージキャラクター
(図)キャラクター商品の市場規模の推移

(2)活発化するコラボレーションによるキャラクター開発

(3)キャラクターの最大の支持層(フアン)は2-6才(トドラー)
(図)主要キャラクターの世代区分別人気シェア
(図)主要キャラクターの世代区分別男女別人気推移

8.ベビー、子供アパレル市場規模の推移および市場動向
(1)総合アパレルは15.4%の2ケタ成長
(図)主要販売チャネル別成長比較

(2)収益力は順調に回復

(3)ジュニア商品は服飾雑貨、日用雑貨を含めて“ニッチマーケット”
(図)ベビー、子供、ジュニア服・洋品の1人当り年間購入額
(図)ジュニア・アパレル市場規模の推移
(図)子供服・洋品の市場規模の推移
(図)ベビー服・洋品の市場規模の推移

(4)タキヒョーのディズニー、2006年度600億円

(5)ヤングファッション研究所、「ONE‘WAY」

(6)和田博、タフな価格競争力+オリジナリティ

(7)マ・メール、輸入ベビー衣料品専門商社、百貨店高級コーナーブランドに成長

(8)シャーリーテンプル、婦人服からベビーへ、ベビーからジュニアへ

(9)リトルアンデルセン、2003年3月期、大幅増収・増益

(10)ナルミヤ・インターナショナル、2004年1月期350億円、前期比20%増
(表)販売チャネル別・ベビー、子供服メーカーの業績推移
(表)大手百貨店9社の子供服の売上高推移
(表)大手スーパー・量販専門店9社の子供服の売上高推移
(表)ベビー、子供服専業アパレルの売上高ランキング
(表)主要メーカーのベビー服・洋品の価格
(表)主要アパレルのジュニアブランド一覧

9.ベビーフードの市場規模の推移および市場動向
(1)ベビーフード市場は現在の2倍600億円に拡大する可能性

(2)2003年のベビーフード市場は2.6%の増加見通し
(図)ベビーフードの市場規模の推移

(3)母親に高い支持を得た和光堂の「手作り応援」ブランド

(4)ピジョンの業界初「レンジで蒸パン」のヒット、親子のコミュニケーション
(図)ベビーフードのメーカー別シェア
(図)ベビーフードの普及予測

10.チャイルドシート、ベビーカーの市場規模の推移および市場動向
(1)チャイルドシート非着用者の死亡率81.8%の実態

(2)対象年齢のセグメントで幼児用、学童用が2ケタ成長
(図)チャイルドシートの市場規模の推移
(図)メーカー別シェア

(3)ベビーカーはAB兼用型が主流に、購入場所は大手総合チェーン

(4)コンビのベビーカー「ドゥキッズ4EG」ヒットの背景
(図)ベビーカーの市場規模の推移
(図)メーカー別シェア

11.保育所・託児所の市場動向
(1)業界トップのピジョン、育児支援事業を新会社に集約

(2)政府の直面する課題は景気と“少子化対策”

(3)進化する保育所+αで競争力アップ
(図)ベビーシッターの市場規模の推移

(4)介護企業の相次ぐ保育所への参入

12.トイレタリー、コスメチック市場規模の推移および市場動向
(1)化粧品市場の低年齢化と子供向け化粧品の市場動向

(2)ナルミヤ・インターナショナル、バンダイと化粧品でライセンス契約
(図)トイレタリー・コスメチックの市場規模の推移
(図)小中学生向け主要化粧品

13.キャラクター文具の市場規模の推移および市場動向
(1)キャラクター雑貨の一分野としてのキャラクター文具の成長
(図)キャラクター文具の市場規模の推移
(図)学習帳の市場規模の推移
(図)メーカーシェア

14.学習机の市場規模の推移および市場動向
(1)学習机から子供家具へ
(図)学習机の市場規模の推移

15.ランドセルの市場規模の推移および市場動向
(1)ブランドとPBランドセルが主流に
(図)ランドセルの市場規模の推移

(2)セイバン、ランドセル、学生鞄に特化、軽さはギネスブッククラス

16.子供向けシューズの市場規模の推移および市場動向
(1)新しい子供たちのための“健康シューズ”

(2)ブランド支配からコンセプトの時代へ
(図)子供向けスポーツシューズの市場規模の推移

17.子供用眼鏡の市場規模の推移および市場動向
(1)0-8才のメガネ「アンファン」を展開するオグラ、増収を持続
(図)子供用メガネの市場規模の推移
(表)児童・生徒の裸眼視力の推移

18.子供用自転車の市場動向
(1)需要台数は着実に増加

(2)小学生から成人まで調整できるピープルの「共伸バイク」
(図)子供自転車の市場規模の推移

19.携帯電話関連市場の動向
(1)予測される小学生の携帯電話普及率の加速化
(図)携帯電話の世代区分別普及率

(2)携帯電話の月間経費は2~4千円
(図)携帯・PHS通話料金の推移

20.テーマパーク市場規模の推移および市場動向
(1)USJ、2003年度1千万人台回復へ、立体映像型新アトラクション「スパイダーマン」オープン

(2)TDR、2003年度2500万人強の記録更新見通し
(図)遊園地・テーマパークの市場規模の推移
(表)TDL・TDS来場者の属性

21.子供写真館の市場規模の推移および市場動向
(1)ペット写真館の派生ビジネス
(2)ベビー、子どもへの特化が新しい需要を生み出す
(3)一般写真館の約1/2はベビー、子ども関連の撮影
(図)子供写真館の市場規模の推移

22.ベビー、子供市場における注目商品・注目分野
(1)音のでる学習機器の市場規模の推移
(図)音のでる教育機器の市場規模の推移

(2)子ども用防犯ブザー・アラームの市場動向
(図)子ども向け警報ブザー・アラームの市場規模の推移


第Ⅳ章.トドラー(2-6才・年齢別・男女別)のお母さんに対するアンケート調査

Q1.育児についての知識・情報源
Q2.子育てで特に注意している点
Q3.託児所・保育所の利用
Q4.施設の運営は「公立」または「私立」
Q5.1週間の利用日数
Q6.1日平均利用時間
Q7.1ヶ月の平均費用
Q8.幼稚園に通っていますか
Q9.施設の運営は「公立」または「私立」
Q10.1ヶ月の平均費用
Q11.決まったスポーツ、お習い事
Q12.スポーツ、お習い事の種類
Q13.学習塾に通っていますか
Q14.1週間に何日通っていますか
Q15.月謝は幾らですか
Q16.英会話(英語)教室に通っていますか
Q17.1週間に何日通っていますか
Q18.月謝は平均幾らですか
Q19.なんという英会話(英語)教室ですか
Q20.お子様が持っている商品
Q21.リサイクルショップの利用
Q22.購入商品
Q23.玩具は主にどなたが購入されていますか
Q25.主にどこで購入されていますか
Q26.1年間の購入金額
Q27.知育玩具に対するイメージ
Q28.衣料品は主にどこで購入されていますか
Q29.購入商品の特徴
Q30.1ヶ月の購入金額
Q31.自分の好きなブランドを子どもにも着せたいと思いますか
Q33.自家用車の有無
Q34.チャイルドシートの使用状況
Q35.チャイルドシートの購入場所
Q36.チャイルドシートの購入金額
Q37.絵本・児童書を1ヶ月に何冊購入していますか
□最近購入された絵本・児童書の名前
Q39.ゲーム機を持っていますか
Q40.どの機種ですか
Q41.1日に何時間ゲーム機で遊んでいますか
Q42.ゲームソフトは何本持っていますか
Q43.お子様はキャラクター商品が好きですか
Q44.好きなキャラクター名
Q45.クリスマスプレゼントの有無
Q46.クリスマスプレゼントの予算は幾らですか
Q47.なにおプレゼントしましたか
Q49.こんな商品、こんなサービスがあったらいい
□2003年クリスマスプレゼント・購入者シェアランキング


第Ⅴ章.ベビー、子供市場関連データ
(表)ベビー、子供関連企業の分野別業績推移153社
(図)業種別売上高伸び率・利益率の推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
209,000
190,000
19,000
313,500
285,000
28,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。