2004年版 ヤノ患者調査資料

発刊日
2004/10/22
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 491頁
資料コード
C46107000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 わが国における疾病構造と患者数推移

わが国の総患者数4,516万人に達する総患者数は96年をピークに、年率1.4%減で推移
  • 02年は19疾患中6疾患が増加
    • 全疾患の都道府県別推計患者数推移(表)
    • 総人口、推計患者数、推定受療率、65歳以上人口比の上位10(表)
    • 全疾患の推定受療率(人口10万対)および受療比(表)
    • 全疾患の推定受療率(人口10万対)および受療比(図)
  • 複雑化する社会を背景に精神及び行動の障害が増加傾向
  • 81年以来、死因別死亡数のトップは悪性新生物
    • 主な死因別にみた死亡率の年次推移(図)
  • 医療費抑制策による患者数への影響
  • 疾病構造と環境の変化の中で戦略的なマーケティングを
    • 全疾患の総人口、推計患者数、推定受療率(人口10万対)および受療比(表)
    • 疾患別推計患者-大分類別(順位)-2002年(表)

第2章 疾患別推計患者数

主要疾患の推計患者数(2002年)

総患者数

感染症及び寄生虫症
  • 腸管感染症
  • 結 核
  • 皮膚及び粘膜の病変を伴うウイルス疾患
  • ウイルス肝炎
  • 真菌症
新生物
  • 胃の悪性新生物
  • 気管、気管支及び肺の悪性新生物
  • 乳房の悪性新生物
  • 子宮の悪性新生物
  • 白血病
血液及び造血器の疾患並びに免疫機構の障害

内分泌、栄養及び代謝疾患
  • 甲状腺障害
  • 糖尿病
精神及び行動の障害
  • 精神分裂病、分列型障害及び妄想性障害
  • 気分[感情]障害(躁うつ病を含む)
  • 神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害
神経系の疾患
  • てんかん
  • 自律神経系の障害
眼及び附属器の疾患
  • 結膜炎
  • 白内障
耳及び乳様突起の疾患
  • 中耳炎
循環器系の疾患
  • 高血圧性疾患
  • 虚血圧性心疾患
  • 脳内出血
  • 脳梗塞
呼吸器系の疾患
  • 肺 炎
  • 急性気管支炎及び急性細気管支炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 慢性副鼻腔炎
  • 喘 息
消化器系の疾患
  • う 蝕
  • 歯肉炎及び歯周疾患
  • 胃潰瘍及び十二指腸潰瘍
  • 胃炎及び十二指腸炎
  • 慢性肝炎(アルコール性のものを除く)
  • 肝硬変(アルコール性のものを除く)
  • 胆石症及び胆のう炎
皮膚及び皮下組織の疾患

筋骨格系及び結合組織の疾患
  • 炎症性多発性関節障害
  • 腰痛症及び坐骨神経痛
  • 骨の密度及び構造の障害
尿路性器系の疾患
  • 糸球体疾患及び腎尿細管間質性疾患
  • 腎不全
  • 尿路系の結石
  • 前立腺肥大(症)
  • 乳房及びその他の女性性器の疾患
妊娠、分娩及び産じょく

周産期に発生した病態

先天奇形、変形及び染色体異常

症状、徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの

損傷、中毒及びその他の外因の影響
  • 骨 折
  • 熱傷及び腐食

第3章 都道府県別推計患者数

全国計
  • 北海道
  • 青 森
  • 岩 手
  • 宮 城
  • 秋 田
  • 山 形
  • 福 島
  • 茨 城
  • 栃 木
  • 群 馬
  • 埼 玉
  • 千 葉
  • 東 京
  • 神奈川
  • 新 潟
  • 富 山
  • 石 川
  • 福 井
  • 山 梨
  • 長 野
  • 岐 阜
  • 静 岡
  • 愛 知
  • 三 重
  • 滋 賀
  • 京 都
  • 大 阪
  • 兵 庫
  • 奈 良
  • 和歌山
  • 鳥 取
  • 島 根
  • 岡 山
  • 広 島
  • 山 口
  • 徳 島
  • 香 川
  • 愛 媛
  • 高 知
  • 福 岡
  • 佐 賀
  • 長 崎
  • 熊 本
  • 大 分
  • 宮 崎
  • 鹿児島
  • 沖 縄

第4章 関連統計
  • 人口動態総覧
  • 人口動態総覧の年次推移
  • 人口動態総覧(率)の年次推移
  • 人口動態総覧、都道府県(14大都市再掲)別
  • 人口動態総覧(率)、都道府県(14大都市再掲)別
  • 性別にみた死因順位(第10位まで)別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合
  • 死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対)
  • 日本における外国人の人口動態
  • 諸率の算出に用いた人口
  • 死亡数・率(人口10万対)、主要死因・年次別
  • 死亡数・率(人口10万対)、主要死因・都道府県(13大都市再掲)別
  • 死因順位・率(人口10万対)、年次別
  • 死因順位 第5位までの死亡数・率(人口10万対)、性・年齢階級別/総数
  • 死因順位 第5位までの死亡数・率(人口10万対)、性・年齢階級別/男
  • 死因順位 第5位までの死亡数・率(人口10万対)、性・年齢階級別/女
  • 人口・出生・死亡・乳児死亡の国際比較
  • 死亡の国際比較、死因(第10回修正死因分類)別
  • 年間患者数、病院の種類-病床の種類別にみた1日平均患者数の年次推移
  • 人口10万対1日平均患者数・病床の種類別にみた病床利用率・平均在院日数の年次推移
  • 都道府県-14大都市・中核市(再掲)別にみた1日平均患者数
  • 都道府県-14大都市・中核市(再掲)別にみた病床利用率及び平均在院日数

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。