2005 ネット通販市場の現状分析と将来予測

発刊日
2004/11/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 258頁
資料コード
C46110300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

 第1章 Eコマース市場動向

1.Eコマース総市場規模
(1)総小売市場規模135兆円の行方
(2)通販市場の規模
(3)Eコマース市場規模(BtoC)
・当資料におけるネット通販の定義
(4)セグメント別のBtoC市場規模と電子商取引化率

2.進化するネットワークインフラとともに広がるEコマース

(1)ネットワークインフラの現状把握
・インターネット普及率は60%超、世帯別では9割近くが利用
・世帯ベースのパソコン保有率8割弱、ネット対応型携帯電話は6割弱
・広がりゆくブロードバンド、04年3月では7割以上
(2)政府のIT化政策「eJapan構想」

3.通販企業の現状 ~企業売上高ランキング(総合)~
・2003年度通販売上高・取扱高総合ランキング

4.Eコマース時代の各社セキュリティへの取組み
(1)相次ぐ個人情報流出、「個人情報保護法」2005年4月に完全施行へ
(2)企業の取組みの一つであるプライバシーマークの取得状況
(3)企業の個人情報保護とセキュリティ対策
(4)個人情報についての利用者側意識

5.Eコマースにおける広告手法の多様化

(1)成長するインターネット広告
(2)ネット広告動向
・ECサイトを巡るネット広告の仕組み

6.日本のウェブサイト動向~Web of the Year(Yahoo!JAPAN)投票より~
・日本の人気サイトを把握する
・2004年にエントリーされた新人賞部門で最近の傾向がわかる

第2章 インターネット通販の形態


1.仮想ショッピングモール
(1)楽天市場
・モール・旅行・ポータル・個人向け金融・カード導入と、総合メディア企業へ
(2)ヤフーショッピング
・ヤフー、ショッピング部門でも急伸
・So-net(ソネット)、モール事業を強化

2.CtoCビジネス

・ヤフーは、ぴあとの提携で、興行チケットの出品ルール見直しへ
・ビッダーズ、モバイルオークションにも参入

3.ポータルサイト・価格比較サイト
(1)検索型ポータルサイト
(2)価格比較サイト

第3章 業種別・品目別のEコマース状況

1.PC及び関連製品
(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
(3)EC企業動向
・メーカー直販、大手量販店の市場規模ダウン、台頭するのは中小ショップ
・低価格競争で、中小ショップの伸びめざましく市場牽引、カカクコムの成果顕著に

2.旅行関連
(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
(3)EC企業動向
・EC化高まる旅行業界、直売系のなかでは航空業がトップ
・旅行サイト急増、Eコマースに格好のビジネス、サービス内容豊富な楽天トラベル

3.エンタテインメント
(1)EC市場規模
(2)エンタテインメントEC企業の売上高
(3)興行チケット予約EC市場動向
(4)興行チケットEC企業動向
(5)ゲーム・DVD関連EC市場動向
(6)ゲーム・DVD関連EC企業動向
(7)携帯コンテンツ市場動向
(8)携帯コンテンツ企業動向
・イベントチケットのEC化一層高まり好調、携帯コンテンツでは「着うた」サービス深まる
・旅行サイト急増、Eコマースに格好のビジネス、サービス内容豊富な楽天トラベル

4.書籍・音楽
(1)EC市場規模
(2)書籍のEC市場動向
(3)オンライン書店動向
(4)電子書籍の市場動向と展望
(5)音楽配信ビジネスの市場動向と展望
・03年度の電子書籍市場は14億円、04年度は20億円の見通し
・iTunes Music Store(iTMS)とiPodの成功、HDDプレーヤーの普及、配信ビジネス本格化へ
・アマゾン、音楽配信市場に参入を表明、音楽配信ビジネス

5.衣料・アクセサリー
(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
 (3)EC企業動向
・女性雑誌との連携で売上伸ばすショッピングサイト

6.食品・飲料
(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
(3)EC企業動向
・場所を超えた産直品、こだわりフード好調
・中堅・小規模ショップの割合が最も高い食品・飲料ネット通販市場

7.趣味・雑貨・家具
(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
(3)EC企業動向
・アマゾンジャパン、04年10月玩具市場にも参入
・ゴルフダイジェストオンライン、ゴルフ市場再生

8.自動車

(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
(3)EC企業動向
・ポータルサイト豊富…買取、中古車、オークション

9.不動産
(1)EC市場規模
(2)EC市場動向
(3)EC企業動向
・不動産情報の入手方法、一番最初に注意するのは、1位は新聞折込チラシ、2位はネット検索
・大京、新築ラインオンズマンション成約、04年度上半期、前年より42.5%増加へ

10.その他物品(家電、医薬品・化粧品・健康食品)
(1)EC市場規模
(2)家電、医薬品・化粧品・健康食品EC企業売上高
(3)家電のEC市場動向
(4)家電のEC企業動向
(5)化粧品・健康食品のEC市場動向
(6)化粧品・健康食品のEC企業動向
・ヨドバシカメラ、ネットでポイント貯めて、使用するのは店舗のみでリアルへ誘導
・ケンコーコム好調、モバイルコマースにも参入へ

11.金融

(1)EC市場規模
(2)インターネットバンキング市場動向
(3)インターネット専業銀行企業動向
(4)オンライントレーディング市場動向
(5)オンライン証券企業動向
・ネットバンキング口座数増加
・ネット証券企業数は合併などにより減少、口座数は増加、個人投資家のネット取引8割超

12.各種サービス
(1)EC市場規模
(2)公営ギャンブルのEC市場動向
(3)ゴルフ場予約のEC市場動向と企業動向
(4)レストラン予約のEC市場動向と企業動向

第4章 既存流通小売企業のネット通販


1.通販専業企業

・通販大手、ネット通販部門は好調推移、既存のカタログ・テレビは苦戦

2.大手百貨店

3.コンビニ、スーパー、ディスカウントストア

4.テレビ・ラジオ・雑誌関連ショッピング企業



第5章 Eコマース支援ビジネス


1.配送サービス・決済サービス
(1)配送サービスは通販市場の興隆とともに取扱高を増加させ、新たな市場を形成
(2)独自の配送網でネット通販を展開する企業
(3)利用金額や購入商品別に多様化していく決済サービス
(4)ネット通販決済で利用拡大が予想される電子マネー

2.Eコマース支援ビジネス企業ファイル
(1)セキュリティサービス企業
日本ベリサイン
アズジェント
インターネットセキュリティシステムズ
フォーバルクリエーティブ
ラック
デジタルアーツ
シーフォーテクノロジー

(2)WEB構築、システム関連、コンテンツデリバリーサービス
ガーラ
アイ・エム・ジェイ
Eストアー
テレウェイヴ
Jストリーム

 (3)ネット広告企業
サイバーエージェント
バリュークリックジャパン
サイバー・コミュニケーションズ
まぐクリック
ダブルクリック
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
セプテーニ
エルゴ・ブレインズ
オプト

第6章Eコマース関連データ

・ネット普及状況
・ブロードバンド普及状況
・個人のデジタルデバイドの状況
・個人のインターネット利用における不安・不満、被害状況
・タイプ別ファイル量の推移
・地域別都市階級別インターネット利用状況
・世界各国のインターネットの状況

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。