2013年版 食品産業向け衛生用品市場の現状と展望

食品産業向け衛生用品の市場動向は、その製品や用途によって状況が異なるものの、作業現場の衛生対策、異物混入対策、作業者の安全対策などを目的に普及が進み、需要が拡大してきました。食品産業の動向によってその需要は左右されますが、今後も比較的安定した市場推移が予測されます。一方で、原材料の高止まりによるコストアップ、海外安値品の流入による価格競争の激化、さらには参入企業の多様化なども見られることから、それらのリスクを回避するとともに、より特徴的な製品による差別化と付加価値化が求められています。本調査レポートでは、この厳しい市場環境下においても、その注目度に何ら変わることのない食品産業向け衛生用品市場の動向を明らかにし、今後の市場を製品サイドから展望することを企画の目的としました。

発刊日
2013/05/31
体裁
A4 / 205頁
資料コード
C55101400
PDFサイズ
1.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:厳しい市場環境下においても、その注目度に何ら変わることのない食品産業向け衛生用品市場の動向を明らかにし、今後の市場を製品サイドから展望することを企画の目的としている。
調査対象:衛生着用品(マスク、手袋、キャップ、エプロン、靴、アームカバー)、カウンタークロス(不織布製)、粘着除塵マット、環境・衛生機器(クリーンルーム、エアシャワー、シューズクリーナー、毛髪塵埃・除去機)
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

●食品産業向け衛生用品市場を衛生着用品、カウンタークロス(不織布製)、粘着除塵マット、環境・衛生機器別に調査
●2012年度見込みの品目別市場規模を算出
●食品産業向け衛生用品参入企業の個別動向を調査

■本資料の概要

第1章 食品産業向け衛生用品市場の概要
第2章 食品産業向け衛生用品の品目別市場動向
第3章 参入企業の個別動向

■掲載内容

第1章 食品産業向け衛生用品市場の概要

1.食品産業向け衛生用品市場の概要
  1)市場概要
  2)流通構造
  3)主要企業
2.食品産業向け衛生用品市場を取り巻く環境
  1)食料品製造業
  2)外食産業
  3)ユニフォーム市場

第2章 食品産業向け衛生用品の品目別市場動向

1.衛生着用品(食品産業向け)
  1)市場概要
    (1)製品概要
      ①マスク ②手袋 ③キャップ ④エプロン ⑤靴 ⑥アームカバー
    (2)市場動向
      ①マスク ②手袋 ③キャップ ④エプロン ⑤靴 ⑥アームカバー
    (3)主要参入メーカー
      ①マスク ②手袋 ③キャップ ④エプロン ⑤靴 ⑥アームカバー
    (4)流通構造
  2)需要分野別市場構成と動向
  3)主要参入メーカーの展開状況
2.カウンタークロス(不織布製)
  1)市場概要
    (1)製品概要
    (2)市場動向
    (3)主要参入メーカー
    (4)流通構造
  2)市場規模推移・予測
  3)メーカーシェア動向
  4)需要分野別市場構成と動向
  5)主要参入メーカーの展開状況
3.粘着除塵マット
  1)市場概要
    (1)製品概要
    (2)市場動向
      ①国内市場 ②海外市場
    (3)主要参入メーカー
    (4)流通構造
  2)市場規模推移・予測
  3)メーカーシェア動向
  4)需要分野別市場構成と動向
  5)主要参入メーカーの展開状況
4.環境・衛生機器
  1)市場概要
    (1)製品概要
      ①クリーンルーム ②エアシャワー ③シューズクリーナー ④毛髪・塵埃除去機
    (2)市場動向
    (3)主要参入メーカー
    (4)流通構造
  2)需要分野別市場構成と動向
  3)主要参入メーカーの展開状況

第3章 参入企業の個別動向

株式会社旭創業、株式会社アメフレック、有光工業株式会社、宇都宮製作株式会社、オカモト株式会社、
株式会社忍足研究所、株式会社共和、クラレクラフレックス株式会社、株式会社サンエー化研、
株式会社ジーエス環境システム、住友スリーエム株式会社、株式会社スミロン、大協技研工業株式会社、
帝人フロンティア株式会社、東京メディカル株式会社、日本エアーテック株式会社、原田産業株式会社、
株式会社丸善化工、ミドリ安全株式会社、株式会社ワコウ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。