2005~2006年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(診断機器編)

発刊日
2006/02/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 586頁
資料コード
C47205500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

PartI 医療機器の市場動向と有力企業分析

医療機器(診断機器)の市場動向
診断機器の市場環境
診療報酬改定の影響を受ける画像診断装置、生体情報/生体計測の
In Hospital市場は厳しい環境続く
調査品目における国内市場規模推移
43製品(63分類)の2004年度販売金額3.4ポイントダウンの3,132億円、
2005年度3,300億円強
画像診断機器の推移
2004年度主要画像診断装置国内販売、前年比0.7ポイントアップの3,208億円
(1)X線CT:国内出荷25ポイントアップ(JIRA統計)
(2)MRI:国内66.9ポイントアップ(JIRA統計)
(3)X線装置:国内出荷15ポイントアップ(JIRA統計)
(4)超音波画像診断装置(薬事生産動態統計)
薬事工業生産動態統計にみる診断 機器・関連製品推移99年~2004年

有力企業の動向
大手画像診断機器メーカー国内売上0.8ポイントダウンの4,192億円96百万円
生体計測/情報モニタメーカーは価格競争で厳しい市場環境
東芝メディカルシステムズ、GE横河メディカルシステム、シーメンス旭メディテック、
日立メディコ、フィリップスエレクトニクスジャパン、アロカ、島津製作所、
オリンパス/オリンパスメディカルシステムズ、フクダ電子、日本光電工業、
フジノン東芝ESシステム

PartII 37項目(47製品、75分類)診断機器市場規模推移とメーカーシェア

§1 心電計
・2004~2005年度130億円とマイナス市場推移
・企業別動向:上位2社伸び悩みも80%弱のシェア
・製品タイプ別市場:解析付心電計86億円強、ホルター心電計システム37億円強市場
携帯型(電話電伝送式)心電計市場
・医科向け携帯型(電話伝送型含む)心電計市場、クリニカルサプライ参入
・家庭用携帯型心電計は2005年度19,000台弱
参考資料:ECG電極
・2004~2005年度の販売元市場規模62~63億円
特集:スパイロメーター市場 
§2 生体情報モニタ
・2004~2005年度220~230億円市場形成、販売単価下落で低成長
・病棟/General ICUベットサイドモニタは安定推移
・企業別動向:フクダ電子病棟/General ICUで大幅増
Sudden Infant Death Syndrome乳幼児突然死症候群 SIDSモニタ
・2004年度~2005年度 4,600台強の市場推移
脳波計モニタ、脳深部モニタ、鎮静レベルモニタ
・「BIS XP」新製品上市
§3 ポリグラフシステム
心カテ市場
・臨床用2005年度で190台強の市場形成
EP電気生理・EPS「Ablation」市場
・年間55台システム前後の中、「CardioLAB 」大幅増
§4 EEG(脳波計システム)・EMG(筋電、脳誘発電位検査装置システム)
・脳波計:2005年度490台強、NK圧倒的シェアの中、三栄バイタルズ参入
・筋電・誘発電位検査装置:年間340台前後
・新生児聴覚障害検査(スクリーニング)装置:年間370~400台
・スリープアプニア市場(Sleep Apnea Syndrome~SAS):2004年度は簡易型792台、
診断用ポリグラフィー140台
§5 医用サーモグラフィ装置
・2005年度医科向け1社撤退し参入2社で年間90台前後の市場形成
§6 内視鏡
・2005年度新製品上市等で434億円強の市場に
・企業別動向:オリンパスの国内医療部門の売上高は約625億円、欧州で
カプセル内視鏡を販売開始、
町田製作所は耳鼻科用電子スコープを発売予定
・製品別市場規模:電子内視鏡システム3,095システム、電子スコープ単体で6,750本
・超音波内視鏡検査(Endoscopic Ultrasono-graphy/EUS)
・カプセル内視鏡「PillCam SB」、「Sayaka」の動向、「Endo Capusule」は欧州で
販売開始
・内視鏡洗浄機は2005年度 3,500台弱
§7 ハンディタイプ内視鏡
・ハンディタイプ内視鏡:2005年度800本弱、町田製作所はファインダー付き
挿管用喉頭鏡を発売
§8 極細内視鏡
・細径内視鏡システム
・極細経内視鏡:ファイバーテックがクリニカルサプライ製品の薬事を承継
§9 超音波画像診断装置
・2005年度10,000台突破、High end市場は年間1,800台強
・企業別動向:東芝安定推移、PHILIPSはMiddle end強化、
GEは「VOLUSON 730」シリーズアップ
§10 超音波イメージングシステム
・装置は年間50台前後もDrug-eluting Stent症例増でカテーテルは
2005年度9.9万本、グッドマンVolcano
Therapeutics社製品展開とOCT診断装置米国にて臨床試験開始
§11 医用X線CT装置
・二極化の中で2004~2005年度1,300~1,400台の市場
・企業別動向:各社High end機種新製品相次ぐ
§12 磁気共鳴(画像)診断装置
・2004年度450台弱とマイナス実績も、2005年度510台強の市場形成
・企業別動向:オープン型高磁場を含め、1.5T以上の新製品上市相次ぐ
§13 血管造影装置システム/循環器X線撮影装置
・2004年度258台、2005年度290台弱、フィリップスシェアアップの中、
FPD搭載タイプは65%強の割合に
§14 外科用X線テレビ装置(モービル型:回診用)
・2005年度回診用X線装置415台、外科用X線装置:320台前後の推移
§15 診断用核医学装置
・SPECT(ガンマカメラ)は年間80台市場に
§16 脳磁計
・脳磁計:年間1~2システム、心臓磁気計測システムは年間3~5システムの市場予測
§17骨塩定量測定装置
・2004年度1,540台弱、2005年度1,560台強、QSUは年間1,000台強の市場形成
・企業別動向:GE-YMS 直接デジタルデータに変換可能な「PRODIGY」上市
§18 イメージャー/プリンター(サーマルタイプネットワーク対応含む)
・2005年度6,500台強の市場形成、一般診療所向けCRとのシステム化で
 卓上型/小型タイプのアップ続くも、2008年度以降はフィルムレスが加速化の可能性
・企業別動向:一般診療所向け小型/デスクトップ強化の上位2社シェアアップの中、
三菱サーマルで参入
・CR接続は一般診療所向け台数増加で2005年度4,400台弱に、一般撮影を除く
CTなどは2006/4以降フィルム加算の影響
§19 自動現像機
・2005年度トータル3,000台弱まで縮小、一般診療向けの卓上型も
CR/レーザーシステム市場拡大で2,500台弱に
・企業動向:上位2社も2005年度大幅減
§20 サーマルビデオプリンター・サーマルイメージングシステム
・各社新製品上市の中、年間台数は21,000台前後
・2004~2005年度は超音波診断装置で台数増加
§21 ディライトシステム
・2005年度マンモグラフィー対応などで60システムの実績に
§22 フィルムチェンジャー(血管造影用高速フィルムチェンジャー)
・デジタル化で実績なくなる
§23 チェストチェンジャー
・デジタル化で撤退相次ぐ中、2005年度110台市場、富士グループのみで市場形成
§24 CR・DR
・施設規模や製品タイプによる市場拡大の違い
・CR市場:2005年度5,700台強の市場形成、上位2社一般診療所、
健診センター/検診車への強化
FPD市場:循環器X線システムはFPD搭載タイプが市場拡大、一般撮影では
CRとの価格競争に
§25 (観血式)超音波ドップラー血流速測定装置
・装置は年間6台、センサーは4,100本まで縮小
§26 連続心拍出量装置
・2005年度トータル台数460台強、非侵襲タイプは65台の市場形成か
§27 パルスオキシメーター
・2004年度5.8ポイントアップの5.77万台、2005年度7.4万台
・企業別動向:カシオ計算機は撤退、マシモジャパン販売再開
・メモリ機能付きの製品について
・ディスポセンサー市場:年間59億円市場
§28 脳内酸素飽和度モニター
・2004~2005年度110台以上の市場形成、浜松ホトニクスIMIへの供給で
年間60台以上の推移
§29 経皮血液ガス分圧測定装置~経皮血中ガス分圧装置~
・2005年度300台弱予測、コーケンメディカル圧倒的シェアの中、東機貿が新規参入
§30 (観血的)血管内血液ガス連続・間欠モニタリングシステム
・バイエルメディカルも撤退
§31 各種血流計
・2004年度2,150台強、2005年度2,380台弱の市場形成
・レーザー・ドップラー式血流画像化装置市場:2004年度32台、2005年度24台
§32 麻酔ガスモニター
・麻酔ガスモニタ単体ベースでは年間100台から60台とマイナス推移の中、
「VAMOS」はアップ実績
§33 非観血式自動血圧計
・非観血式的血圧計トータル台数26,700台強、ウェルチ・アレン・ジャパン新規参入
・脳波検査装置(動脈硬化検査装置):年間台数1,700台まで激減
水銀血圧計
・2004~2005年度は7.2万台前後
§34 (医科向)電子体温計
・医科向け電子体温計39.3万本、非接触式の体温計「サーモフォーカス」発売
§35 深部温体温測定装置
・深部体温計、膀胱・直腸・食道温モニタは年間市場190台前後
・医科向け鼓膜温(耳式)体温計 ニプロ(森下仁丹製品)のみで年間3,000~4,000台
§36 ウロダイナミクス・ウロフロメーター
・ウロダイは14台増の125台、ウロフロは17台減の247台
§37 聴診器
・数量ベース22~26万本弱の推移

PartIII 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。