2006年版 医療環境変化緊急予測

発刊日
2006/03/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 182頁
資料コード
C47118900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章医療制度改革の衝撃

予測を行うための仮説が大きく変わる
急激な人口減少高齢化はわが国すべての社会構造に劇的変化をもたらす
これからのわが国の医療の変化をどのように見れば良いのか
激震の診療報酬改定、本格化する医療制度改革に揺れる医療機関の将来
  • 急性期も慢性期も生存するための経営見直しを迫られた
  • 変わる医療提供体制
  • 急性期病院は梯子を外されたのか
  • 「医療の質」を重視した改定
  • 小児・産科医療には重点配分
  • IT化は病院に対してどのような影響を及ぼすのか
  • 公的病院のs数は大幅に縮小する
  • 存在を評価されない病院は淘汰の渦に飲み込まれる
  • 医療提供体制の変革は再びいわゆる“総合病院”を生み出すのではないか
  • 増加傾向は続くものの、経営を持続するのは容易ではない診療所
  • 小手先の経営見直しでは安定収益確保が困難に
  • 病診連携をいかにして自院の強みとして発揮できうるか
  • 増加する病院から診療所へのダウンサイジング
  • 診療所も病院と同様、独自色を求められる
  • 治験実施施設業務は診療所の新規事業となり得るのか
  • 漫然と存在する診療所に将来はない
  • 高度先端医療提供を行う診療所に企業の影
  • 有床診療所は復活するのか
  • マーケティング重視の診療所経営
医療法に規定される薬局のゆくえ
医療法改正
06年4月の調剤報酬改定と第五次医療法改正は今後の薬局経営にどのような影響を及ぼすのか
零細薬局は今後も存在しえるのか
薬局の質を高めるには何が必要なのか
薬剤師6年制は今後の薬局経営にどのような影響を及ぼすのか
今後、存続しうる薬局にとって必要なことは何か

第2章 医療制度改革が医薬品・製薬業界に及ぼす影響

医療制度改革が進展する状況下における医薬品需要のゆくえ
  • 10年後、医療用医薬品生産高は「8兆円台を確保」、それとも「実質成長率ゼロ」
  • SSRIや高脂血症治療薬のような巨大市場が誕生するのか
  • 医療費を抑制するのであれば、医薬品を有効活用する方法もある
  • わが国の市場において後発品の急成長はありうるのか
  • 最悪のシナリオは10年後も成長率ゼロ
大競争時代に突入した製薬企業
  • 06年4月の薬価改定で製薬業界の利益4,000億円が吹き飛ぶ
  • 存続の条件が鮮明に-単なる合併では生き残れない
  • 製薬企業への高まる批判
  • MRは量より質への転換が行われるのか
  • 後発品販売は儲からない
  • 制度改革は後発品成長のためのインフラ整備ではなく、市場再編を促進する
  • 新薬メーカーは後発品メーカーへ移行する企業が増加するのか
  • 開発・販売代行企業へ移行する大手製薬企業
医薬品流通市場は変革の最終カーブを回っているのか
  • 業界再編は最終局面に達したのか
  • 付加価値経営への転換が可能なのか
  • 今後も医薬品卸はこれまでのような経営状況で存在しえるのか
  • 医薬分業と返品問題

第3章 製薬企業の新薬研究開発の活性化を図るための仕組みづくり

はじめに

薬理ゲノムなどの研究開発への投資はどのような成果を生んだか
  • 巨大製薬企業の研究開発は成功しているのか
  • 新薬シーズに枯渇対するグローバル企業の対応
  • 激変する疾病動向や医療供給体制に新薬を提供するための方策
  • 画期的新薬の開発という「幻想」は経営を悪化させるだけでは?
  • 医療の質を向上させる新薬開発の仕組みづくりの必要性
  • 製薬企業のコアスキル/技術はなにか?
おわりに



第4章 セミナー「医療制度改革が医療業界に及ぼす影響度予測」講演禄

工藤 高氏(メディカル・マネジメント・オフィス代表)
「2006年改定のポイントと影響」
朝比奈 完氏(医療法人社団鴻鵠会 中野サンブライトクリニック院長)
「診療報酬改訂と医業経営-無床診療所の立場から」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。