2004年版 ガーデニングの市場展望と販売チャネルの徹底研究

発刊日
2004/12/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 420頁
資料コード
C46201500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第Ⅰ章 2004年のガーデニング市場

1.ガーデニング市場の変化と注目市場動向
(1)活発化するガーデニング関連企業の中国戦略 ~生産拠点から販売拠点へ~
(2)多様化するガーデニング市場 ~ガーデニング市場は成熟化・多様化へ~
(3)屋上緑化は小規模需要へ移行 ~注目集まる小型簡易緑化システム~
(4)変化する大手ビール各社の国内花卉関連ビジネス展開 ~リテール販売への接近~
(5)新たな提案型ビジネス展開が活発化 ~高まる新感覚のデザイナーズ庭園需要~
(6)行政も注目する園芸療法の現状と展望 ~クオリティを明確化し地位向上へ~

2.ガーデニング関連の最新データ
(1)花卉生産統計(1995~2002年)
(2)新品種の登録状況
(3)花卉関連の遺伝子組換え植物(GMO)一覧
(4)種苗輸出入実績推移(2000~2003年)
1.種苗輸入実績
2.種苗輸出実績
(5)花卉市場流通調査
(6)商業統計
(7)家計調査年報
(8)余暇に関する調査(レジャー白書)


第Ⅱ章 ガーデニング市場の販売チャネル徹底研究


1.ガーデニングの市場規模
(1)ガーデニング市場規模推移(1999~2003年)
(2)ガーデニングの商品別市場構成比(2003年:生産者メーカー出荷ベース/末端市場)
(3)末端ルート別のガーデニング市場構成比(2003年)

2.ガーデニング市場の販売チャネル徹底分析
(1)ホームセンター ~ホームセンター業界は7代グループへ再編~
1.ガーデニング関連動向の概況
2.出店動向
3.商品動向
4.流通・販売動向
5.課題点と市場見通し
6.有力ホームセンターケーススタディ

(2)ガーデンセンター・園芸店
1.ガーデニング関連動向の概況
2.出店動向
3.商品動向
4.流通・販売動向
5.課題点と市場見通し
6.有力ガーデンセンターケーススタディ

(3)フラワーショップ
1.ガーデニング関連動向の概況
2.市場動向
3.商品動向
4.流通・販売動向
5.課題点と市場見通し
6.有力フラワーショップケーススタディ

(4)通信販売・インターネット販売 
1.市場の概況
2.ガーデニング関連動向の概況と、出店動向
3.商品動向
4.流通・販売動向
5.課題点と市場見通し

(5)造園・緑化・住宅関連業
1.ガーデニング関連動向の概況
2.ガーデニング関連事業の方向性
3.商品動向
4.流通・販売動向
5.課題点と市場見通し

3.インターネット調査から見たガーデニング販売チャネルの在り方
(1)現状におけるガーデニング販売戦略
(2)消費者購買意識に見る販売チャネル戦略の現状での課題点
(3)課題解決に向けたガーデニング販売チャネルの取組み
(4)ガーデニング販売チャネルの今後の方向性


第Ⅲ章 ガーデニング市場の中期展望

1.2010年のガーデニングマーケット像
(1)商品分野別市場の市場規模予測(2004~2010年)
(2)末端ルート別のガーデニング市場規模予測(2004~2010年)

2.2010年のガーデニング中期需要見通し

3.ガーデニング市場拡大の為の課題とポイント

4.インターネットによるガーデニング関連用品購入調査

□ 回答者属性
(1)ガーデニングの現状
1.ガーデニングの開始時期
2.ガーデニングを始めた動機・目的
3.ガーデニングの情報源
4.ガーデニングをしているスペース
5.現在行っているガーデニングのタイプ
6.ガーデニング関連用品の購入店舗
7.ガーデニング関連用品購入店の利用頻度
8.ガーデニング関連用品購入時の店舗選択理由
9.ガーデニング用品店での商品購入数
10.よく購入するガーデニング用品
11.ガーデニング用品にかける予算

(2)ガーデニング需要の見通し
1.ガーデニング関連用品への要望
2.ガーデニング用品への不満
3.ガーデニング用品の購入時選択基準
4.ガーデニング関連用品の購入意向
5.ガーデニング用品への今後の予算
6.今後ガーデニング関連用品を購入したい店舗形態
7.ガーデニング関連用品取扱店への要望
8.今後してみたいガーデニングタイプ

(3)ガーデニングに関してのインターネット利用
1.ガーデニングに関してのインターネット利用目的
2.インターネットで購入したガーデニング用品
3.インターネット利用における不満点
4.インターネット利用における要望


第Ⅳ章 拡大するガーデニング資材市場


~生物市場~
1.花壇用苗物 ~牽引力弱まるも市場は依然拡大方向~
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

2.花木 ~数量、金額ともに前年割れ~
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

3.球根
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

4.芝・グランドカバープランツ
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

5.鉢・プランター 179
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

6.家庭園芸用農薬
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

7.家庭園芸用肥料
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

8.家庭園芸用培養土 
(1)商品動向と参入企業動向
(2)市場規模推移(1999~2003年)
(3)市場展望と市場規模予測(2004~2010年)

9.ガーデニング関連商品動向
(1)エクステリア・ウッド関連商品
1.概況
2.商品動向
3.販売チャネル動向
4.今後の商品動向

(2)エコロジー関連商品(人工屋上緑化システム)
1.概況
2.商品動向
3.販売チャネル動向
4.今後の商品動向

10.ガーデニング資材における注目新商品一覧



第Ⅴ章 有力ガーデニング関連企業の市場戦略

<ホームセンター・フラワーショップ>
(株)カインズ~スーパーセンター、スーパーホームセンターの積極展開続く~
(株)ケーヨー~西日本での店舗拡大に注力する~
コーナン商事(株)~売上は拡大するも、大幅減益予想を発表~
(株)コメリ~1,000店舗へ向けてH&Gを中心とする店舗拡大続く~
(株)ジョイフル本田~同業他社とは一線を画した店舗、MD戦略~
ダイキ(株)~四国から山陽、近畿に店舗拡大をはかる~
ロイヤルホームセンター(株)
~植物を最強化カテゴリーと位置付け売上増強化を図る~                 
(株)クリエイティブ阪急~植物の多種多様な品揃えでHC、量販店との差別化を図る~
(株)東光グリーン・フーズ~東急ストアでの店舗展開で売上を伸ばす~

<造園・住宅・住宅設備関連企業>
伊藤忠林業(株)~ガーデニング資材と切花の輸入商材が順調~
エスビック(株)~プライベートガーデンの提案で需要の拡大を図る~
(株)メモリアルアートの大野屋~墓園を中心にガーデニング墓所の販売が増えている~
京阪園芸(株)
~英国ブランド「クリフトン」と品種が充実しているバラで差別化し拡販を進める~
(株)タカショー~リフォーム需要を掘り起こし売上増を図る~
第一ビニール(株)~売れ筋の支柱関連商品で拡販する~
東洋エクステリア(株)~メンテナンスフリーの人口木ウッドデッキが好調~
東洋工業(株)~商品力を強化し販売増を図る~
日本興業(株)~好調な立水栓を軸に品揃えを増やし販売増を進める~
(株)白洋舎~ニーズに対応したガーデンサービスを提案し顧客獲得を進める~
(株)ピカコーポレイション~室内用温室でトップシェアを確保~

<園芸資材メーカー>
カネコ種稲(株)~家庭菜園に注力し野菜苗の取扱を強化する~
グンゼグリーン(株)~高品質低価格商品と人口地盤緑化技術で業績回復を図る~
サッポロビール(株)~シンビジウム苗130万本生産で6億円の売上を見込む~
自然応用科学(株)
~剪定枝・食品・クリンカアッシュ等、多方面でリサイクル商品を積極開発~ 
トヨタルーフガーデン(株)~新商品・省管理型コウライシバ「TM9」で需要の拡大を図る~
東商(株)~培養土商品の全国流通を目指し、協力工場体制を模索~
(株)ニッサチェイン~技術力を駆使した高品質ローコスト商品で差別化を図る~
日清オイリオグループ(株)
~2004年7月、3事業会社を吸収し、新「日清オイリオグループ(株)」へ~         
(株)花倶楽部~有機培養土で拡販を図る~
(株)花ごころ~堆肥熟度測定サービス事業にも参入し、マーケット全体の品質向上を指向~
(株)花良品~積極的な店舗展開で売上を伸ばす~
福花園種苗(株)~主力のペチュニア苗と球根で差別化を進め拡販を図る~
(株)プロトリーフ~専門用土が消費者ニーズに適合し売上が増加~
松下電工(株)~庭園芝刈り機が好調~
(株)ミヨシ~独自の売場演出で販売実績がアップ~
(株)リッチェル~園芸用品の厳しい状況はそろそろ底打ちか~
(株)レイ・ハウス~夏・秋季商品の開発で需要を伸ばし販売増を図る~


第Ⅵ章 ガーデニング関連企業名鑑(約429社)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。