2004-2005年版 ポイントカードシステム・FSPの現状と展望

発刊日
2004/12/24
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 511頁
資料コード
C46201700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

1.調査目的
ポイントカードシステムベンダー他に対するヒアリングを実施することにより、ポイントカードシステム市場の動向や実態を明らかにするとともに、ポイント サービス提供企業、カードホルダーへのアンケートを通じロイヤリティマーケティングの現状を総括・分析することを目的とする。

2.調査対象先
目次参照

3.調査方法
専門調査員による直接面接取材及び電話等によるヒアリング取材併用。Webによるアンケート調査。

4.調査,編集期間
2004年8月~2004年12月

5.企画,調査,編集責任者
株式会社 矢野経済研究所 大阪支社 コムテック事業部

リサーチ内容

第1章 ポイントカードシステムの現状と展望

1.ポイントカードシステム等に関する動向

(1)ポイントカードの歴史
(2)カード媒体の種類と概要
(3)ポイントカードの発行目的とFSP
(4)ポイントプログラムの現状
(5)販促手法の変化
(6)会計処理の動向
(7)顧客データの流出と個人情報保護

2.ポイント制廃止企業の動向

3.ICポイントカードの動向

4.ネットポイントの動向

5.携帯電話ポイントの現状

6.共通ポイント /ポイント交換事業の動向
(1)共通ポイント/ポイント交換事業の分類と概要
(2)クレジット/マイレージ
(3)クラブネッツ
(4)グリーンスタンプ
(5)ブルーチップ
(6)オーラライン
(7)ジー・プラン
(8)ネットマイル

7.今後の展望



第2章 カード・リーダライタ市場動向

1.カード市場動向
(1)市場概況
(2)市場規模推移と予測
(3)カード素材別構成比
(4)クレジットカード動向
(5)ICカード市場動向

2.ポイントカードターミナル市場動向
(1)ターミナルビジネスの流通構造
(2)市場概況
(3)市場規模推移と予測
(4)主要参入企業とメーカーシェア

3.カード決済ターミナル市場動向
(1)同ターミナルとポイントサービスの関連性
(2)市場概況
(3)市場規模推移と予測
(4)主要参入企業とメーカーシェア

4.キオスク端末市場動向
(1)同ターミナルとポイントサービスの関連性
(2)市場概況
(3)市場規模推移と予測
(4)主要参入企業とメーカーシェア

5.POS端末市場動向
(1)同ターミナルとポイントサービスの関連性
(2)市場概況
(3)市場規模推移と予測
(4)主要参入企業とメーカーシェア


第3章 顧客管理・分析・FSPソリューション動向


1.市場概況
2.主要参入企業と上市製品概要
3.主要システムユーザー
4.現状の課題・問題点
5.今後の市場見通し



第4章 システムユーザーの運用実態と戦略


1.調査企業一覧
2.提供ポイントサービスにおける最大の特徴
3.ポイントサービスにおける他社との提携の有無
4.ポイントサービス提供による効果
5.還元期間内における還元率
6.ポイントサービスにおける他社との差別化戦略
7.イベントと連動したポイントキャンペーンの実施と効果
8.顧客データとPOSデータの連動状況
9.データマイニングの実施状況
10.顧客データの具体的活用方法
11.FSPの実施動向とその効果
12.顧客情報漏えいへの意識と防止対策方法
13.ポイントサービスにおける課題・問題点
14.ポイントサービスの今後の方向性

個別企業実態
小売業
飲食業
レジャー・アミューズメント
サービス業
交通分野
通信分野
クレジット



第5章 カードホルダーの利用実態と要望


1.調査概要
2.ポイントサービスへの関心度
3.ポイントカード所有枚数と携帯枚数
4.利用頻度が高いポイントカード発行業種
5.ポイント交換サイトの利用動向
6.携帯電話を利用したポイントサービス利用動向
7.ICカード利用による異業種間ポイント集約の利便性
8.共通ポイントサービスの利便性
9.ポイント収集を意識した店舗・商品選択の有無
10.ポイントによる再来店効果
11.ポイント収集のためのクレジット支払い状況
12.ポイントサービスへの不満点
13.魅力を感じる還元サービス
14.ポイントサービス加盟店からのDM送付状況
15.望まれるポイントサービス内容



第6章 個別企業実態

株式会社エヌ・ティ・ティ・カードソリューション
三和ニューテック株式会社
株式会社セゾン情報システムズ
ゼネラルビジネスマシン株式会社
大日本印刷株式会社
東急車輛製造株式会社
東芝テック株式会社
トッパン・フォームズ株式会社
日本NCR株式会社
日本カード株式会社
日本信号株式会社
日本電気株式会社
パナソニックコミュニケーションズ株式会社
富士通コワーコ株式会社
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。