2004年版 睡眠に関する一般ユーザー調査

発刊日
2004/11/29
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 335頁
資料コード
C46202700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 睡眠関連市場の概要

1.睡眠関連製品・サービスの現状

1)医薬品(睡眠薬)
2)食品(サプリメント、健康食品)
3)診断・治療機器
4)快眠グッズ
5)照明器具・快眠機器
6)アロマテラピー
7)その他の睡眠サービス

2.睡眠関連製品・サービス市場を取り巻く社会状況
1)睡眠ビジネスの社会的背景
2)その他の社会的背景
(1)精神的疾患者数の拡大
(2)過労自殺の認定増加

3.睡眠障害の現状
(1)睡眠障害の概要
(2)睡眠呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群:SAS)
(3)日本の睡眠障害対策の課題

4.睡眠科学研究の現状

5.睡眠障害の患者想定(2000~2010年度想定)

6.睡眠に関する一般アンケート調査まとめ


第2章 睡眠に関する一般アンケート調査分析

◆調査の実施要綱

睡眠に関する調査(アンケート票)

Ⅰ.回答者のプロフィール・仕事・健康状態
Ⅰ-1.年代
Ⅰ-2.性別
Ⅰ-3.既婚・未婚
Ⅰ-4.家族のタイプ
Ⅰ-5.住居のタイプ
Ⅰ-6.収入
Ⅰ-7.職業
Ⅰ-8.居住地域
Ⅰ-9.現在の就業状況
Ⅰ-10.雇用の形態
Ⅰ-11.職務内容
Ⅰ-12-1.アンケートを回答した日の直近の日の勤務時間
Ⅰ-12-2.アンケートを回答した日の直近の日の前日の勤務時間
Ⅰ-13.勤務形態の規則性
Ⅰ-14.主な睡眠時間の時間帯
Ⅰ-15.現在の仕事に対してのストレス感
Ⅰ-16.現在の仕事でのストレスの度合い
Ⅰ-17.現在の回答者の健康状態
Ⅰ-18.自分の健康についての管理や注意
Ⅰ-19.健康を管理することの動機
Ⅰ-20.睡眠についての情報入手方法
Ⅰ-21.睡眠の問題による生活習慣の変化
Ⅰ-22.睡眠の問題解消のための運動
Ⅰ-23.現在の運動の内容

Ⅱ.回答者の睡眠に関するアンケート集計データ
Ⅱ-1.通常、寝ている場所
Ⅱ-1-1.具体的な寝ている部屋
Ⅱ-2.平日の床につく時刻について
Ⅱ-3.平日の床につく時刻
Ⅱ-4.平日の寝付くまでの時間
Ⅱ-5.平日の目が覚める時刻について
Ⅱ-6.平日の目が覚める時刻
Ⅱ-7.平日の目が覚めてから起床までの時間
Ⅱ-8.休日の床につく時刻について
Ⅱ-9.休日の床につく時刻
Ⅱ-10.休日の寝付くまでの時間
Ⅱ-11.休日の目が覚める時刻について
Ⅱ-12.休日の目が覚める時刻
Ⅱ-13.休日の目が覚めてから起床までの時間
Ⅱ-14-1.平日の平均的な睡眠時間
Ⅱ-14-2.休日の平均的な睡眠時間
Ⅱ-15.昨夜の就寝時刻(実際に眠りに入った時間)について
Ⅱ-16.昨夜の就寝時刻(実際に眠りに入った時間)
Ⅱ-17.今朝の目が覚めた時刻について
Ⅱ-18.今朝の目が覚めた時刻
Ⅱ-19.昨日の睡眠時間
Ⅱ-20.一昨日の就寝時刻(実際に眠りに入った時間)について
Ⅱ-21.一昨日の就寝時刻(実際に眠りに入った時間)
Ⅱ-22.昨日の目が覚めた時刻について
Ⅱ-23.昨日の目が覚めた時刻
Ⅱ-24.一昨日の睡眠時間
Ⅱ-25.眠りの深さについて
Ⅱ-26.現在の眠りの満足度
Ⅱ-27.現在の眠りの不満足の理由
Ⅱ-28.現在の眠りの不満足の原因
Ⅱ-29.睡眠の状態について
Ⅱ-30.夜中に目が覚める回数
Ⅱ-31.寝るために採っている方法
Ⅱ-31-1.寝るための方法:風呂に入る
Ⅱ-31-2.寝るための方法:アロマ製品を使用する
Ⅱ-31-3.寝るための方法:快眠グッズを使用している
Ⅱ-31-4.寝るための方法:本を読む(一般書、漫画、その他)
Ⅱ-31-5.寝るための方法:アルコール飲料を飲む
Ⅱ-31-6.寝るための方法:水、ジュースなどの飲料を飲む
Ⅱ-31-7.寝るための方法:就寝する前にリラックスする
Ⅱ-31-8.寝るための方法:何か食物を食べる
Ⅱ-31-9.寝るための方法:薬を服用している
Ⅱ-31-10.寝るための方法:音楽を聞く
Ⅱ-31-11.寝るための方法:テレビを見る
Ⅱ-31-12.寝るための方法:運動をする
Ⅱ-32.睡眠改善のための薬の服用の有無
Ⅱ-33.その薬の入手先
Ⅱ-34.睡眠について相談する人や場所の有無
Ⅱ-35.睡眠を相談する場所(人)
Ⅱ-36.睡眠についての総括的な評価
Ⅱ-37.睡眠改善薬(一般薬)の服用経験
Ⅱ-38.睡眠改善薬(一般薬)の購入先
Ⅱ-39.睡眠改善薬(一般薬)の使用の満足度
Ⅱ-39-1.その睡眠改善薬に満足している理由(ウェイト加点累積値)
Ⅱ-39-2.その睡眠改善薬に満足していない理由(ウェイト加点累積値)
Ⅱ-40.睡眠改善薬(一般薬)の月あたりのおおよその購入金額
Ⅱ-41.睡眠改善薬(一般薬)の今後の使用意思
Ⅱ-42.不眠など睡眠に関した病院・診療所(医院)への通院経験
Ⅱ-43.不眠などの治療を行なっている(いた)医療機関
Ⅱ-44.睡眠関連の治療のために通院している診療科目
Ⅱ-45.睡眠薬(医療用医薬品)の服用頻度
Ⅱ-46.睡眠薬(医療用医薬品)の定期的な服用での頻度
Ⅱ-47.睡眠薬を服用した後の満足度
Ⅱ-48.睡眠を治療する際の不満な点
Ⅱ-49.睡眠時無呼吸症候群についての認知度
Ⅱ-50.睡眠時無呼吸症候群の疑いについて
Ⅱ-51.睡眠時無呼吸症候群の治療経験
Ⅱ-52.睡眠時無呼吸症候群の具体的な治療内容
Ⅱ-53.睡眠時無呼吸症候群の治療希望について
Ⅱ-54.睡眠を改善するための医療機関への月あたり支払金額
Ⅱ-55.睡眠を改善するため快眠(安眠)グッズなどの認知度
Ⅱ-56.睡眠改善するための快眠グッズなどの購入経験
Ⅱ-57.購入した快眠グッズの種類
Ⅱ-57-1.快眠グッズ購入先(購入場所):枕
Ⅱ-57-2.快眠グッズ購入先:布団(寝具)
Ⅱ-57-3.快眠グッズ購入先:ベッド(マットレス含む)
Ⅱ-57-4.快眠グッズ購入先:マットレス・クッション
Ⅱ-57-5.快眠グッズ購入先:下着・肌着
Ⅱ-57-6.快眠グッズ購入先:パジャマ、寝間着など
Ⅱ-57-7.快眠グッズ購入先:空気清浄器
Ⅱ-57-8.快眠グッズ購入先:除湿器
Ⅱ-57-9.快眠グッズ購入先:加湿器
Ⅱ-57-10.快眠グッズ購入先:ハーブ
Ⅱ-57-11.快眠グッズ購入先:アロマ製品
Ⅱ-58.快眠グッズをプレゼントされた経験
Ⅱ-59.プレゼントされた快眠グッズの種類
Ⅱ-60.快眠グッズの中で最も重要な部類に入ると思うもの
Ⅱ-61.快眠グッズの購入頻度
Ⅱ-62-1.過去の累計回数:単位(回)
Ⅱ-62-2.一回あたりの購入金額の目安:単位(円)
Ⅱ-62-3.過去の累計額:単位(円)
Ⅱ-63.一回の限度金額:単位(円)
Ⅱ-64.今後の睡眠の状態について
Ⅱ-65.睡眠に関して専門家の意見を聞く意思
Ⅱ-66.睡眠を維持するための1ヶ月あたりの許容金額


第3章 睡眠関連ビジネス市場のデータ分析

1.睡眠障害に関わる医療機関の動向
(1)睡眠障害医療機関の動向
(2) 米国における睡眠障害診断・治療の現状

2.睡眠薬市場の動向
1)市場動向と市場規模推移
(1)睡眠薬の概要
(2)市場動向と市場規模推移
(3)参入企業の動向とシェア
2) 睡眠薬の使用上の注意と課題点
3.睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連市場の動向
1)市場動向
2)CPAP装置の利用患者数の規模
3)CPAP装置の市場規模推移
4)CPAP装置の製品概要
5)参入企業シェア
6)CPAP装置の参入企業の動向
7)今後の課題と問題点


第4章 睡眠関連ビジネスの可能性分析


1.睡眠関連ビジネスの可能性分析
1)医薬品(睡眠薬)分野における睡眠ビジネス
2)食品(サプリメント、健康食品、ハーブ)分野における睡眠ビジネス
3)睡眠時無呼吸症候群(SAS)分野における睡眠ビジネス
4)快眠グッズ分野における睡眠ビジネス

2.睡眠ビジネスの潜在需要の想定

3.一般ユーザーが不眠、睡眠障害に対して支払う金額の想定

4.睡眠関連サービスの問題点と課題

5.睡眠関連製品・サービスの市場規模予測


睡眠関連ビジネスの参入企業動向(4社)

◆エスエス製薬
◆松下電工
◆ロフテー
◆ダイキン工業


第5章 睡眠障害の全国診療施設一覧



第6章 参考資料


1.健康づくりのための睡眠指針
2.「日常生活における快適な睡眠の確保に関する総合研究」実施計画
3.睡眠障害国際分類の一覧表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。