2005年版 食品宅配市場の展望と戦略

発刊日
2005/02/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 252頁
資料コード
C46204400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第Ⅰ章 食品宅配市場の注目動向

1.“非製造業”の就業者増加で消費者のニーズも変化
2.年々増加する宅配物の取扱個数
3.2003年の通信販売売上高は、前年比6.1%増の2兆7,900億円
4.高齢者の増加と少子化でシルバー市場に注目集まる
5.2003年の外食市場規模は前年比98.9%の30兆2,846億円
6.中食市場の拡大続く
7.2003年度のチェーンストア総販売額は14兆4,665億円



第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

<食品宅配総市場>
1.市場概況と市場規模推移(2000~2004年度)
2.分野別市場構成比(2004年度)
3.市場の拡大要因と阻害要因
4.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<1.在宅配食サービス市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<2.総菜宅配サービス市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<3.宅配ピザ市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<4.宅配寿司市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<5.外食チェーン・ファーストフード店市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<6.牛乳宅配店市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)

<7.コンビニエンスストア・スーパー・生協市場>
1.市場動向
2.市場規模推移(2000~2004年度)
3.参入企業シェア(2004年度)
4.現状の問題点と課題
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2005~2009年度)


第Ⅲ章 消費者のホテル食事宅配サービスに関する意識調査

□調査の実施概要と回答者属性
1.ホテルの食事宅配サービスの利用経験
2.ホテルの食事宅配サービスの利用頻度
3.ホテルの食事宅配サービスの利用金額
4.ホテルの食事宅配サービスの利用目的
5.ホテルの食事宅配サービスの利用理由
6.ホテルの食事宅配サービスへの不満点
7.ホテルの食事宅配サービスを利用しない理由
8.ホテルの食事宅配サービス利用時の選択ポイント
9.ホテルの食事宅配サービスの今後の利用意向
10.ホテルの食事宅配サービスについての印象
11.ホテルの食事宅配サービスに対する要望
12.あれば利用したいホテルの食事宅配サービス

□アンケート原票



第Ⅳ章 有力参入企業の市場戦略分析

1.参入パターン、事業展開パターン
2.調理加工方法
3.メニュー開発と食材調達状況
4.鮮度維持・安全管理策
5.営業状況
6.宅配体制
7.今後の市場戦略



第Ⅴ章 注目企業の個別実態(26社)

<在宅配食サービス・総菜宅配サービス(14社)>
□株式会社 アクトデリカ
~2003年1月、(株)トーホーが(株)キャプテンクックの営業権譲り受けブランド名変更~

□株式会社 愛和~関東における在宅配食サービスの大手企業~

□株式会社 エックスヴィン~宅配クック123を320店展開~

□株式会社 かね冶~価格訴求から価値訴求にシフトし収益向上を図る~

□株式会社 ストーク~2005年1月、大丸と提携して関西でサービス開始~

□タイヘイ 株式会社~健康食、介護食、治療食など調理済みメニューに注力~

□株式会社 ディナーサービスコーポレーション~老人向け在宅配食サービス事業を育成強化~

□株式会社 ニチイ学館~高齢者向け配食サービス事業を転換、フローズンミール主体で展開~

□日米クック 株式会社~中堅・中規模給食事業者の強みを生かし事業展開~

□株式会社 日総~北海道地区の在宅配食サービス大手企業~

□ひまわりメニューサービス 株式会社~治療食・介護食宅配業務に介護サービスを併営~

□株式会社 武蔵野フーズ~健康管理食宅配事業が前年比3割増で推移~

□ヨシケイ開発 株式会社~ライフスタイルに合わせた手作りメニューの充実を図る~

□株式会社 ライフクリスタル~クリスタルグループ入りし社名をライフエレガンスより変更~

<宅配ピザ・宅配寿司・外食チェーン・ファーストフード店(8社)>

□株式会社 壱番屋~カレー専門店の最大手で宅配サービスへの取り組みを積極推進~

□株式会社 小僧寿し本部~宅配専門店「札幌海鮮丸」の積極出店を計画~

□株式会社 すかいらーく~710店舗で宅配サービス「ルームサービス」を展開~

□株式会社 ハークスレイ~「ほっかほっか亭」の宅配サービスではインターネットによる注文が増加~

□株式会社 フーズネット
~オリックスグループ子会社として再発足、テイクアウト&デリバリーの「都人」を展開~

□株式会社 フォーシーズ~地方での出店拡張により、宅配ピザ店「ピザーラ」で800店体制を目指す~

□ポケットフーズ 株式会社
~宅配ピザ店「ピザポケット」では今後3年間で首都圏に15店の出店を計画~

<牛乳宅配店(1社)>
□森永乳業 株式会社~宅配大型商品「ラクトフェリンプラス」を2004年4月から全国発売~

<コンビニエンスストア・スーパー・生協(3社)>

□生活協同組合 コープこうべ~個配事業に注力、共同購入事業や店舗事業の落ち込みをカバー

□国分グローサーズチェーン 株式会社~こだわりメニューの開発で宅配事業の見直し図る~

□株式会社 阪急キッチンエール~阪急百貨店グループの個配事業で2002年10月に事業開始~


第Ⅵ章 全国主要参入企業名鑑(165社)


□企業簡易個表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。