2005~06年版 CCD/CMOSカメラ市場の実態と将来予測

2005年におけるイメージセンサ総市場でのCCD/CMOS比率はCCD40.4%、CMOS59.6%見込み/主要関連企業60社への取材をもとにCCD/CMOSカメラ市場の実態を明らかにする。

発刊日
2005/05/18
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 156頁
資料コード
C47100200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

 第Ⅰ章.CCD/CMOSカメラ市場分析・予測

1.CCD/CMOSカメラ市場の構造と実態
1-1.需要分野 -拡大するマルチメディア分野-
表「CCD/CMOS応用製品の需要分野・用途分類」
1-2.業務用CCDカメラ市場構造と参入状況
(1)FAカメラでは米国が最大市場に
(2)モノクロ監視世界市場ではアジアメーカが中心に
(3)医療、FA用カメラの市場動向
1-3.業務用CCDカメラの国内流通構造と市場動向分析
(1)監視用カメラ市場の流通構造と現状
(2)本当に動き出したCCTVメーカのネット化
(3)監視システムの利益はDVRで取る
(4)半導体で決まる国内FA、現地メーカとの競合激化の米国FA
1-4.国内 産業用CCDカメラの市場実態データ
(1)国内メーカ出荷台数推移(メーカ別/2003~2005年)
表「産業用CCDカメラ(監視、FA、医療の合計値)-03~05年国内輸出合計台数」
(2)国内メーカ用途(監視/FA/医療)別出荷台数 - 2004年、国内・輸出合計
表「産業用CCDカメラ(監視/FA/医療別) - 2004年 国内輸出合計台数」
(3)国内メーカ用途(監視/FA/医療)別出荷台数 - 2004年、国内市場
表「産業用CCDカメラ(監視/FA/医療別) - 2004年 国内台数・メーカシェア」
(4)国内メーカ用途(監視/FA/医療)別輸出台数 - 2004年
表「産業用CCDカメラ(監視/FA/医療別) - 2004年 輸出台数・メーカシェア」
(5)国内メーカ地域(米国/欧州/アジア他)別輸出台数 - 2004年
表「産業用CCDカメラ仕向地別輸出(米国/欧州/アジア他 別) - 2004年 輸出台数」
1-5.世界 産業用CCDカメラの市場実態データ
(1)世界/地域(国内/米国/欧州/アジア他)別監視用カメラ台数メーカシェア(2004年)
(2)世界/地域(国内/米国/欧州/アジア他)別FA用カメラ台数メーカシェア(2004年)
(3)世界/監視用CCDカメラ出荷台数推移予測2001~08年
(国産・海外メーカ別比率、世界市場)
2.カメラの需要分野別台数推移予測 (世界市場)
2-1.CCD/CMOSカメラ場推移予測 (世界市場、CCD/CMOS別、2003~07年、台数)

2-2.CCD/CMOSカメラ需要分野別市場推移予測 (世界市場、2003~07年)

2-3.CCDカメラの需要分野別市場規模内訳(03~07年、国内/海外、台数ベース)
1) 監視用カメラ
2) FA用カメラ、医療用カメラ
3) パソコン用、テレビ会議、資料提示装置、等
4) ネットワークカメラ
5) 車載用カメラ
6) カムコーダ
7) デジカメ
8) カメラケータイ
2-4.CMOSカメラの需要分野別市場規模内訳(2004年、国内、台数)
1) パソコン用、PDA用
2) デジカメ
3) TOYカメラ、ゲーム機
4) カメラケータイ
5) ドアホン系
2-5.CCD/CMOSカメラ市場推移比較
グラフ・表(世界市場、2003~07年、CCD/CMOS別、台数)
2-6.CCD素子メーカシェア(世界市場、2004年)

3.CCD/CMOSカメラメーカ各社の動向、考え方
3-1.カメラ市場における最新動向
(1)デバイスメーカA社/カメラ市場の新潮流
(2)東芝テリーの誕生
(3)カメラメーカB社/車載カメラの新潮流
3-2.監視カメラ市場における“各社の動向と考え方”
(1)自治体に導入進む監視・CCTVシステムとその背景
(2)英国におけるCCTVシステム導入状況
(3)米国におけるCCTVシステム導入状況
(4)監視カメラメーカA社/監視システムの需要分野別キーポイント
(5)商店街における監視カメラ導入の実態・効果事例1.新宿
(6)商店街における監視カメラ導入の実態・効果事例2.杉並
(7)商店街における監視カメラ導入の実態・効果事例3.札幌市ススキノ
(8)監視カメラメーカB社/街頭・道路用監視システムの特徴
(9)三菱電機/三菱電機のCCTV事業チャネル強化戦略
(10)タムロン/パチンコホール用カメラ
(11)セコム/セコムの監視カメラ戦略
(12)松下電工/電力線を使った監視系アプリ
(13)中外貿易/CCDカメラ
(14)個人情報保護を目的とした監視システム
(15)東芝/今後の狙い
(16)韓国カメラメーカの低価格戦略
(17)CBC/世界の主要監視カメラメーカ
3-3.FAカメラ市場における“各社の動向と考え方”
(1)FAカメラメーカA社/FAカメラ市場実態
(2)浜松ホトニクス/FA用CMOSカメラ戦略
(3)シャープセミコンダクタ/マシンビジョンメーカが求めるカメラ
(4)センサーテクノロジー/FAカメラ
(5)JAI/FAカメラの今後の展開
(6)日本TI/次の一手
(7)ネオプト/スマートカメラ
(8)蝶理イメージング/FAカメラ
3-4.ケータイ用カメラ市場における“各社の動向と考え方”
(1)2003年国内カメラ搭載携帯電話市場
(2)2004年国内カメラ搭載携帯電話市場~メーカ×画素数別 出荷台数~
表「2004年度カメラ搭載携帯電話出荷台数見込」
(3)2004年世界カメラ搭載携帯電話市場
(4)携帯電話用カメラの2005年~将来予測(2002~06年 画素数別/世界市場推移)
グラフ「世界の携帯電話用カメラ市場推移/画素別トレンド(2002~06年)」
(5)ケータイ用カメラメーカA社/携帯電話用カメラ
(6)三洋電機/ケータイ用CCDカメラ市場を開拓した勝負師。市場拡大、競争激化
(7)シャープ/携帯電話用カメラ
(8)ルネサス/カメラケータイ用CMOSカメラ
(9)松下電器産業/ケータイ用カメラ機能の今後
(10)未来学者/カメラ搭載携帯電話に関するコメント

第Ⅱ章 監視カメラのネットワーク化戦略分析


1.ネットワークカメラ市場の現状と将来
(1)2005年ネットワークカメラ市場実態
(2)ネットワークカメラ出荷台数推移(世界市場、2001~06年、台数)
(3)ネットワークカメラ国内メーカシェア(2004年、台数)
2.カメラサーバ市場の現状と将来
(1)カメラサーバ市場の現状と将来
(2)カメラサーバ出荷台数推移(世界市場、2001~06年、台数)
3.監視カメラメーカのネットワーク化戦略
(1)三菱電機/ネットカメラより、アナログカメラ+エンコーダ
(2)松下電器産業/「オールIP化」か「低コスト化」か
(3)キヤノン/アナログカメラ&DVRでネット化

第Ⅲ章.最新カメラモジュール/素子/レンズの次世代戦略


1.CMOSイメージセンサの市場実態と可能性
(1)CMOSイメージセンサの歴史
(2)CCDの画質に追いつくCMOS
(3)CMOSイメージセンサの強み
表「主要CCD/CMOSカメラモジュール&センサ供給ベンタ一覧表」
(4)携帯電話用・DSC用のCCD&CMOSイメージセンサ最新動向
①DSC用イメージセンサ最新動向
②携帯電話用イメージセンサ最新動向
(5)東芝/CMOSカメラモジュール産業の現状と将来性
(6)カメラモジュールメーカA社/カメラモジュール主要メーカの動向
(7)カメラモジュールメーカB社/CMOSカメラ素子対CCDカメラ素子の今後
2.世界主要メーカ16社のカメラモジュール戦略
(1)松下電器産業のカメラモジュール戦略 ~2つの新カメラモジュールで次世代対応~
(2)ソニーのカメラモジュール戦略~CCDの王者、CMOSカメラに乗り出す~
(3)シャープのカメラモジュール戦略~CCD・CMOSに加えVMIS生産も開始~
(4)東芝のカメラモジュール戦略~センサ、カスタム、汎用の3ライン~
(5)富士通のカメラ用パッケージ戦略~OptBCC、OPTCSPの開発~
(6)ルネサステクノロジのカメラモジュール戦略
~131万画素CMOSセンサカメラモジュール製品化~
(7)ロームのカメラモジュール戦略~04年からSXGACMOSセンサを量産~
(8)三洋電機のカメラモジュール戦略~メガピクセルCCDセンサデバイス~
(9)富士フィルムマイクロデバイスのカメラモジュール戦略
~スーパーCCDハニカム搭載カメラモジュール好調~
(10)JAIのカメラモジュール戦略~ロックウェル社との提携「CMOSセンサ」~
(11)アサヒ電子研究所のカメラモジュール戦略~Pixelplus Co.Ltdの代理店~
(12)マイクロンのカメラモジュール戦略~次の狙いは車載、使い捨て医療~
(13)STマイクロのカメラモジュール戦略~ノキアのケータイ向けにメガピクCMOS開発~
(14)コダックのカメラモジュール戦略~IBMとCMOSイメージセンサで提携~
(15)Foveonのカメラモジュール戦略~大手でなく中堅メーカとの提携で普及~
(16)三星電子のカメラモジュール戦略~500万画素はCMOSセンサでいく~
3.CCD/CMOSカメラ用レンズ市場動向
(1)松下電器産業/監視カメラ用レンズ市場
(2)タムロン/カメラ用レンズメーカ4強
(3)レンズメーカA社/産業用カメラ用レンズのメーカシェア
(4)レンズメーカB社/産業用カメラ用レンズの価格
(5)レンズメーカC社/プラスチックレンズカメラの応用分野
(6)フジノン/携帯電話市場向けにモジュール販売開始

第Ⅳ章.注目! 次世代高機能カメラ市場

1.ラインセンサカメラ市場
1-1.ラインセンサカメラの特長と需要分野
(1)基本は、高速平面検査用である
(2)伸びてきたFA製造ライン&大型表示装置用途
(3)ラインセンサカメラの3タイプ別/需要分野
(4)ME分野での可能性
1-2.ラインセンサカメラの市場規模・メーカシェア
表「国内ラインセンサカメラ市場(2004年、台数)」
1-3.エリアマシンビジョン vs.ラインセンサマシンビジョン

1-4.ラインセンサカメラメーカ各社の動向、考え方
(1)長瀬産業/ラインセンサカメラ事業戦略
(2)センサーテクノロジー/増える参入メーカ
(3)三菱レイヨン/シート用から広がる需要分野
(4)NED(日本エレクトロセンサリデバイス)/基盤検査での用途広がる
(5)伊藤忠テクノサイエンス(DALSA)/NEDと分ける2強
(6)浜松ホトニクス/独自商品
(7)栃木ニコン/ラインセンサカメラ用レンズ
2.UVカメラ市場
2-1.UVカメラ市場規模・シェア
表「2003/2004年の国内UVカメラ市場規模・メーカ別出荷数量」
2-2.UVカメラメーカ各社の動向、考え方
(1)日本TI/UVカメラの波長別需要分野
(2)蝶理イメージング/商社が語るUVカメラメーカ別特性
(3)ソニー/UVカメラの波長別需要分野
(4)浜松ホトニクス/独自UVカメラ
(5)池上通信機/UVカメラ市場参入
(6)京セラオプテック/UVカメラ用レンズ市場の動向
(7)富士写真光機/UVカメラ用レンズ参入
3.赤外線カメラの市場動向
3-1.赤外線カメラの市場規模・メーカシェア(2004年)

3-2.赤外線カメラ各社の動向、考え方
(1)日立ハイテクノロジー/需要増のキーは個人情報保護法案、画像処理、車載
(2)セキテクノトロン/同社の赤外線カメラ需要先
(3)NEC三栄/同社の赤外線カメラ需要先
(4)赤外線カメラメーカA社/拉致事件問題で需要増に

第Ⅴ章.監視システム用DVR(デジタルビデオレコーダ)市場

1.監視システム用DVR市場の実態
(1)市場規模とその背景
(2)参入メーカの実態とシェア
2.国内/監視用DVR出荷台数推移予測2003~2007年
グラフ「国内/監視用DVR出荷台数推移予測2003~2007年」
3.国内監視用DVR台数シェア(2003/2004年)
グラフ「国内監視用DVR台数シェア(2003/2004年)」
4.監視システム用DVRメーカの戦略
4-1.国内DVR市場参入メーカ 97

4-2.各社の考える“監視用DVR市場の実態と将来”
(1)三菱電機/三菱の製品&価格戦略
(2)日立製作所/2004年のDVR市場実態
(3)日立製作所/DVRとカメラサーバの比較
(4)ドッドウェルBMS/DVR事業の実態と需要動向
(5)ソニー/(ネットワークカメラ専用)DVR
(6)三洋電機/イーサネット機能付DVR
(7)CBC/ノンPC型とPC型
(8)カメラサーバメーカA社/国内DVR市場の現状
(9)三星/DVRの可能性と、三星の戦略
(10)東芝/リムーバブル環境持つDVR
(11)ジーネット/LG電子との提携
(12)ティービーアイ/三星と提携、アナログカメラとDVR
(13)ニチゾウ電子制御/自社製DVRを他社製カメラとシステム化
(14)ユニ電子工業/車載DVR事業
(15)DVRメーカB社/DVR市場の推移
(16)DVRメーカC社/DVRメーカの監視ソリューションベンダ化
(17)ユニモテクノロジー/DVR事業
(18)日本ビクター/DVRが変える“監視システム市場構造”

第Ⅵ章.国内主要カメラメーカ17社の販売実態個票

個票内容

●企業概要
1.2003~2005年地域別(国内・米国・欧州・アジア別)CCDカメラ(監視、FA、医療)出荷台数/構成比
2.2004年度CCDカメラ出荷実績
-サイズ別(1/2″・1/3″・1/4″)
-価格帯別(30万円以上、10~30万円未満、5~10万円未満、5万円未満)出荷台数
3.2004年度販売分野(国内/輸出)・用途別(監視用・FA/工業用・医療用・マルチメディア・携帯電話用カメラモジュール・車載用カメラモジュール・ネットワークカメラ、監視用は<レンズ一体型/レンズ分離型/レンズ一体型内ハイスピードドーム>)台数/構成比
4.CCD素子、CMOS素子、CCDボードカメラ、CCDカメラ完成品の各仕入れ先
5.OEM先、販売代理店、供給製品
6.2003~2005年国内(ノンPC型/PC型)/輸出別DVR(監視用デジタルビデオレコーダ) 出荷台数/構成比
7.需要分野、市場の現状と今後の展望
 池上通信機(株)
(株)エルモ社
三洋電機(株)
(株)ジェイエイアイコーポレーション
センサーテクノロジー(株)
ソニー(株)
TOA(株)
(株)東芝
東芝テリー(株)
日興電気通信(株)
日本ビクター(株)
(株)日立国際電気
(株)富士通ゼネラル
松下電器産業(株)
三菱電機(株)
リズム時計工業(株)
ワテック(株)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。