2005年版 特殊紙市場の展望と戦略

発刊日
2005/08/04
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 464頁
資料コード
C47103900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 特殊紙市場の展望と需要予測

<1>特殊紙市場の展望

1.特殊紙市場も国際的変動 マーケットイン戦略で勝ち組が変わる
【グラフ】特殊紙生産量構成比

2.特殊紙は8,000億円市場、ファンシーペーパー高額品減少、ラフグロス伸びる。
デジタル家電、液晶分野成長拡大、後半回復も

3.特殊紙メーカー リンテック躍進、特殊変調の意味するもの 巴川製紙業態転換軌道へ

4.王子特殊紙(王子製紙)、日本製紙、二大グループのチカラ

5.インパクト大きい新生紙パルプ商事の誕生(大倉三幸、岡本合併)への決断

6.どの品種が伸びて、どの品種がダメになっていくか情報用紙、電子化、デジタル化で変化急速
【表】主要品種の需要予測一覧表


<Ⅱ> ≪特集≫ 紙パも中国進出ラッシュ、事業展開の行く方
1.紙パも中国進出ラッシュ変わらず、事業展開に格差も、
中国市場、消費消費5,500万t、当局業界予想大きく上回る伸び
【グラフ】中国の紙生産高の推移

2.中国市場高まる総消費量、日本の既に1.8倍7~8%成長から一気に13~14%へ
【表】中国紙及び紙板主要産品生産量与消費量統計

3.中国進出、一般紙、段ボール、10~11件(レンゴー入れると20件)
特殊紙、情報用紙20件前後に拡大、ラベルまで進出、リンテック増強
【表】中国メーカーの紙・板紙生産量ランキング(2003年)
【表】生産量・消費量 20
【表】紙パ業界 中国(一部アジア)進出状況(予定)一覧表

4.情報用紙の需要と日本vs外資シェアの動向

5.代金回収等販売流通体制が最大のポイントに
丸紅一早く中国加工販売設立、JPも設立、ダイエイペーパーズインターナショナル伸びる
【表】品種別生産推移一覧表
【表】品種別メーカー別生産推移一覧表


第2章 特殊紙メーカーの展望と戦略


1.躍進するリンテック、変わる特種製紙、巴川は業態転換軌道に
リンテック経営のスピード目立つ

2.阿波製紙上昇気流にのる、東洋濾紙、オリベスト髙収益、ニッポン高度紙先行投資続く、
天間特殊製紙魅力ある企業、東洋ファイバー健闘
【表】特殊紙メーカー業績一覧表

3.各企業の戦略
(1)変わる特種製紙:マーケットイン戦略強める
新マシン稼動、価格対応力へ新グレード戦略も

(2)巴川製紙所:業態転換軌道にのる
電子材料、化成品(トナー)成長事業へ集中投資、 製紙・塗工紙、収益最大化へ
生産・製品改革進む

(3)躍進するリンテック:好調売上8%増(1,710億円)、経常利益21.7%増益、新経営計画成長分野
への積極投資強め

(4)紀州製紙:メイン色上質紙の競争激化、環境ニーズの新製品拡大強める

(5)三島製紙:大竹紙業との融合に「第二の創業」目指す

(6)日清紡:製紙品事業、売上げ230億円、家庭紙健闘、ファンシーペーパー「ヴァンヌーボ」伸びる

(7)阿波製紙:上昇気流にのる、タイ工場新マシン稼動へ(能力2倍増)

(8)ニッポン高度紙工業:下期減速ひびくも電解コンデンサ紙世界シェアの強さ

(9)興人:化粧板原紙柱に化学紙の収益改善を進める

(10)天間特殊製紙:売上84億円、今期は収益力上昇へ、社員意識高いクレーム対応など
ユーザーニーズへの対応力

(11)富士共和製紙:アイボリー、ケント、カード主力、設備合理化力に小口ニーズへの対応

(12)東洋濾紙:収益力回復、カートリッジフィルター、半導体、液晶分野へ拡大

(13)安積濾紙

(14)主要特殊紙メーカーの品種別月間状況

(15)主要特殊紙メーカー別代理店状況

<特殊紙メーカー個表>※企業により、掲載内容が多少異なります

企業概要/業績推移/主要生産品種名/部門別(部品別)売上構成比/月産能力等

(16)ニッポン高度紙工業

(17)ユポ・コーポレーション

(18)ハビックス

(19)三木特種製紙

(20)恵和

(21)オリベスト

(22)大日製紙

(23)タック化成

(24)東洋ファイバー

(25)興陽製紙

(26)三和製紙

(27)福井特殊紙


第3章 大手メーカー、特殊紙・加工紙部門の状況と戦略


1.大手メーカー王子、日本の業績好調強まる。
王子、日本の二大グループのチカラ、王子特殊紙、積極投資へ

2.王子製紙vs日本製紙

(1)王子特殊紙:年商1,000億円新体制で積極投資へスピーディな対応、
江別工場特殊紙主導で変わるが、電材化成品攻めの営業新マシン等投資拡大、
高級紙はスーパーエコプラスは伸び、加工紙、セパレート分野は実績高い、
情報用紙(王子)は通期800億円、王子タック粘着ラベル微増、複合フィルムにも力

(2)日本製紙:情報・産業用紙 売上1,160億円微増
感熱紙国内9.2%増、ノーカボン紙富士フィルム共同生産プラス、
インクジェット用紙キャスト拡大、PPC用紙やや巻き返す、
加工用紙売上微増安定、日本製紙ケミカル液晶分野機能材料拡大

(3)三菱製紙:独自経営で奮起にかかる、この分野の技術力は高い。
情報用紙450億円横這い、確実に利益を出す方向、
機能材料今期90億円計画通りOPCからフィルター事業拡大へ
写真感材減少、印刷感材デジプレート等伸び

(4)北越製紙:経常利益率大手でトップを行く
長岡工場予算は達成、順調に拡大。 ファンシーやや減少、
ラフグロスは伸びる、新別注品拡大へ、ファイバー横這い、昨年は伸び
パスコ減少、不燃は伸び

(5)大王製紙:情報用紙もシェアアップ強めるか、
ノーカーボン紙、平判断裁品上市、ポイント制でも拡大へ、
粘着ラベル紙ベース2ケタ増、新製品開発力入る、
色上質紙キャンペーン等シェアアップ戦略続く

(6)東海パルプ:特殊紙事業部売上120億円
開発部つくり、製販一体化を強める、ファンシーペーパーやや減、
間伐材印刷用紙拡大、ペーパータオル好調

(7)中越パルプ工業:カラークラフト紙伸び、壁紙、カップ原紙主力
壁紙増加トップシェアも 150

(8)日本大昭和板紙:和紙80億円やや減少、製品開発に力

(9)各社別アンケート調査個表(1社/1頁) ※企業により、掲載内容が多少異なります

売上高推移と見通し/主力品種別月産状況と伸率(年間)/主力品種別代理店順位とユーザー名/
今後力を入れていく品種/新しく参入開発した品種/情報用紙の故紙活用への取り組み

王子特殊紙・王子製紙
日本製紙
三菱製紙
東海パルプ
中越パルプ工業


第4章 代理店の情報用紙、特殊紙部門の状況

1.代理店の情報用紙、特殊紙部門の状況
【表】主力4品種ベスト10

2.卸商の情報用紙、特殊紙部門の状況
【表】代理店・卸商特殊関連売上状況

3.代理店・卸商アンケート調査個表(1社/1頁) ※企業により、掲載内容が多少異なります

売上高推移と見通し/主力品種別月間販売高(量)と伸率(年)/主力品種別仕入れメーカー順位
(特殊紙・情報用紙)/主力品種別卸商名とユーザー名/今後力を入れていく品種/
利巾が比較的とれる品種(特殊紙)/この1~2年前後新しく扱ってきた品種名/2003年の需要見通し

日本紙パルプ商事
国際紙パルプ商事
大倉三幸
サンミック商事
三菱製紙販売
岡本
服部紙商事
マンツネ
オザックス
王子通商
旭洋紙パルプ
コミネ日昭
シロキ
吉川紙商事
平和紙業
竹尾
柏井紙業
東京産業洋紙
中庄
昭和紙商事
レイメイ藤井
サンオーク
ヤマト
西ノ宮
名古屋紙商事
関西シオザワ
岡山紙業
ムーサ
因州屋
興人商事
ゴークラ


第5章 各種特殊紙の展望と戦略(需要と市場シェア、戦略のポイント)

<情報産業用紙>

1.感熱紙:2003年度国内需要は1.8%増、04年度はFAX需要大幅減でマイナス成長も
【表】感熱紙 販売推移
【表】感熱紙 国内需要用途別推移
【表】感熱紙主要メーカー別用途別国内販売量(2004年度見込み)
【表】感熱紙メーカー別販売量推移
【表】感熱紙メーカー別生産・販売・在庫実績表

2.静電記録紙・放電記録紙:ついに王子製紙も生産中止へ

3.サーマルカーボンリボン市場の展望:サーマル540億円 横這い市場
国内マイナス、国内ワープロ減少まだ続く、インクジェットに押される
【表】サーマルカーボンリボンメーカー売上高

4.インクジェット用紙:環境変化受け国内市場は伸び率鈍化、04年度上期は8.3%増にとどまる
年7~8%増
【表】インクジェット用紙主要メーカーの出荷量推移(月間)

5.ノーカーボン紙:2004年度3~4%減、構造的要因。根深い中で価格修正へ動く
【表】ノーカーボン紙販売数量
【表】ノーカーボン紙メーカー別国内販売数量とシェア
【グラフ】ノーカーボン紙の国内メーカーシェア
【表】ノーカーボン5社 生産・販売・残高
【表】ノーカーボン紙主要代理店卸商販売状況

6.フォーム用紙:6~7%減、フォーム印刷市場拡大転期
【グラフ】フォーム印刷業界の市場規模(2003年度)
【グラフ】フォーム印刷総市場規模の推移と100社調べの実績
【表】ビジネスフォームの需要見通し(予測)
【表】ビジネスフォーム売上高ランキング(上位30社)
【表】フォーム印刷業者の情報処理メール・サービス事業の実績と計画(予想)
【表】フォーム用紙生産・出荷・在庫高推移
【表】フォーム用紙市場
【表】フォーム用紙メーカー生産動向
【グラフ】フォーム用紙国内メーカーシェア
【表】ビジネスフォーム印刷企業業績一覧表
【表】フォーム印刷メーカー用紙消費状況
【表】フォーム印刷会社・フォーム用紙使用量及び仕入メーカー一覧(月間)
【表】フォーム用紙メーカー別生産・販売・在庫実績表

7.OCR用紙:高額品需要減少、トップ特種製紙も数量減続く
【表】OCR用紙メーカーシェア

8.圧着ハガキ、親展ハガキ:需要転換期も再び伸び出すか
【表】圧着ハガキ用紙月間シェア

9.偽造防止用紙、ホログラム:セキュリティ社会へニーズ拡大

10.PPC用紙:輸入紙の攻勢続くなか、市場の伸び率鈍化、輸入紙、FSC森林認証で影響も
【表】PPC用紙国内メーカー生産・出荷・在庫推移
【表】PPC用紙国内メーカーシェア
【表】PPC用紙メーカー別生産・販売・在庫実績

11.ジアゾ感光紙:減少更に強まる(18%~20%減)
【表】ジアゾ感光紙の年度別出荷生産実績

12.リライタブルペーパー:工程管理や物流分野のRFIDタグ向けに拡大の兆し
【表】リライタブルペーパーメーカー別販売量推移
【表】リライタブルペーパー(白濁タイプ、ロイコタイプ)メーカー別販売量推移

13.複写用紙(裏カーボン原紙):IP伝票の普及で、市場縮小スピードが加速
【表】裏カーボン原紙生産・払出・在庫推移
【表】裏カーボン原紙 原紙メーカー別出荷量推移

14.再生OA用紙:古紙採用を促す時代の要請が転機にさしかかる
【表】再生OA用紙需要見通し

15.トレーシングペーパー:トップ三菱製紙シェアアップも一般トレペ、高級トレペも減少

16.磁気記録紙、蒸着記録紙:

17.情報用紙薬品:総じて伸び悩みの状況、ロイコ染料、感熱紙用増感剤他
徐々に海外製品の進出圧力、中国生産も
【表】主要情報用紙薬品の市場推移
【表】カプセルオイル・メーカー別販売推移
【表】ノーカーボン紙用顕色剤・メーカー別販売推移
【表】ロイコ染料・メーカー別出荷推移
【表】感熱紙用増感剤・メーカー別販売推移
【表】感熱紙用顕色剤・メーカー別販売推移
【表】ポバール・メーカー別販売推移

<色もの特殊紙>

18.色上質紙:需要減少続くか、競争激化の行く方
内需やや歯止めも
【グラフ】メーカー別販売数量シェアと需要分野比率
【表】色上質の出荷量
【表】メーカー別販売数量及びシェア推移

19.ファンシーペーパー:4~5%減 高級印刷グロス調伸びる
特種新ブランド戦略打ち出す
【グラフ】ファンシーペーパー出荷推移
【表】ファンシーペーパーメーカー別出荷数量(月間)
【表】ファンシーペーパーメーカー別構成概要(月間)
【表】ファンシーペーパーのメーカー別主要銘柄概況(2004年)

20.色クラフト紙(ラッピング紙)、ケント紙:色クラフト紙2004年1.7%の増、トップ リンテック1%増、
シェア60.2%、2番手中越パルプ
大王製紙 実績拡大
【表】色クラフト紙メーカーシェア動向

<薄葉紙特殊紙>

21.ライスペーパー、たばこ関係紙:たばこ離れと輸入紙拡大でライスペーパーは大幅減
【表】ライスペーパー生産・出荷量推移
【表】国内紙巻きたばこ販売数量推移
【表】ライスペーパーメーカー別生産量推移
【表】JTたばこ関係用紙購入状況(一部推定)

22.インディアペーパー:需要構造が変化し、市場は縮小傾向続く
【表】薄葉印刷紙メーカー別生産量推移
【表】インディアペーパー生産・出荷量推移
【表】インディアペーパー出版社別使用量、メーカー別出荷量
【表】軽量多色印刷用紙メーカー別出荷量

23.電気絶縁紙・超々高圧用絶縁材料:電気絶縁紙、回復基調、プレスボードは伸び悩み、
半合成紙は海外案件ふえる
【表】電気絶縁紙出荷量
【表】電気絶縁紙メーカー別生産量

24.コンデンサペーパー・フィルム:ハイブリッドカー向けでOPPの採用が本格化へ
【表】コンデンサフィルム種類別の国内生産量・輸入量推移
【表】コンデンサ用OPPフィルムメーカー別出荷量(原反)
【表】コンデンサ用OPPフィルムメーカー別蒸着加工量(国内)
【表】コンデンサ用PETフィルムメーカー別出荷量(原反)
【表】コンデンサ用PETフィルムメーカー別蒸着加工量(国内)
【グラフ】固定コンデンサ生産量推移
【表】固定コンデンサ種類別生産量推移(98、01、04年比較)

25.偏光板市場の動向:中国・台湾で携帯電話のカラー化がSTNで始まる
【表】LCDタイプ別偏光板世界生産量推移
【表】中国におけるLCD偏光板の市場規模とメーカーシェア
【表】偏光板のメーカー別液晶モード別構成比 383
【表】韓国・台湾有力LCDパネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(金額)
反射防止フィルム(ARI・LR)・防眩(AG)フィルム
【表】反射防止フィルムメーカー別販売シェア推移(AG単体は除く)
【表】2004年度(見込み)反射防止フィルム用途別需要動向
【表】世界主要偏光板メーカーの生産能力および能力シェア

<産業・工業用紙>

26.剥離紙・粘着ラベル・テープ:オリンピックや消費税総額表示などが需要創出
04年剥離紙市場は粘着ラベル用、工業用、好調に推移
【表】剥離紙メーカー出荷数量推移(外販分)
【表】粘着ラベル素材別構成比/需要分野別構成比
【表】粘着ラベル主要メーカーの基材別国月間販売量、シェア

27.積層板原紙:世界市場2~3%増も日本勢はシェア約35%に低下
【表】積層板原紙メーカー出荷量推移
【表】プリント配線板生産数量・金額推移

28.化粧板原紙、化粧紙:低採算の下、原紙メーカーは戦略見直しに動く
【表】化粧板原紙生産・出荷量推移、メーカー別出荷量推移

29.ファイバーボード原紙:ファイバーボード原紙順調、輸出の伸び
北越製紙、東洋ファイバーは好調

30.防錆紙:回復基調、鉄鋼、自動車用伸びる

31.樹脂加工紙、ウエブロン紙(合成皮革紙)

<ハイテク特殊紙>

32.合成紙:情報産業、粘着ラベルで伸びるも、国内需要は頭打ち
【表】メーカー別生産量推移
【表】合成紙国内需要分野別構成(2004年度)

33.クリーンペーパー(無塵紙):2004年伸びる。全体需要月500t
先発トップ リンテック 狙いの数字達成、王子特殊紙も伸びる

34.ガラスペーパー:建材分野で安定需要、電子・産業用も堅調
【表】ガラスペーパー国内生産量

<その他注目市場>

35.家庭紙(ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ペーパータオル):
2003年は数量ダウンも金額アップ 大手も増産へ、乱売合戦再燃か
【表】家庭紙の製品別出荷推移
【表】主要メーカーの製品別売上高概況
【表】ティッシュペーパーのメーカーシェア
【表】トイレットペーパーのメーカーシェア
【表】タオルペーパーのメーカーシェア

36.紙おむつ、乳幼児用紙おむつ:パンツタイプへシフトで下支え
【表】乳幼児用紙おむつの生産量・市場規模推移
【表】乳幼児用紙おむつのメーカー別売上高推移、シェア
【表】大人用紙おむつの生産量・市場規模推移
【表】大人用紙おむつのメーカー別売上高推移、シェア
【表】紙おむつ・ライナー生産数量

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。