2005年版 手術・検査・病棟施設基準にみる全国病院実態調査/分析編

発刊日
2005/11/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 223頁
資料コード
C47105100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

本資料は、全国746病院の施設基準届出状況をまとめ、解説と分析を加えたものです

  • 一般病床の収入獲得策
  • 患者からの食費・居住費の徴収を目前に優位な立場に立つ療養病床
  • 分類別(大学附属病院・国立病院機構・自治体病院・日赤病院・済生会病院・厚生連病院・社会保険病院・民間急性期病院・大手民間病院グループ・中小病院・クリニック)の収入獲得の実態
  • 都道府県別の医療環境分析と、急性期及び手術の施設基準・加算要件をより多く満たしている病院、複数の財団法人病院が中核機能を担うといった顕著にみられる傾向などを解説し
  • 項目別全国算定病院一覧(急性期病院として評価を受ける病院等)
  • 施設基準届出条件(診療報酬算定要件)
などの紹介をしています。


第1章 診療報酬の施設基準届出が意味するもの

1.施設基準届出は保険収入拡大策
医療法要件は最低ライン。採算確保には診療報酬点数の基準を満たす必要あり
収入増の鍵を握る「加算」と特定入院料
条件を満たさなければ収入減。専門医と症例数を集めれば収入増となる手術
基準届出状況の一覧化により病院の特徴・得意分野・収入確保策が明らかに

2.一般病床の保険収入獲得事例
平均在院日数と看護師数は入院料を左右
急性期病院勝ち組の重要要件「急性期特定入院加算」
専門分野への特化で手術の加算を集める
脳神経外科・整形外科の収益獲得パターン
/急性期を過ぎたら回復期リハビリテーション病棟へ

3.療養病床の収入獲得事例
利益率は一般病床を上回るが、介護保険制度の影響必至で慢性期病院も明暗分かれる
収入・利益の潤沢な療養病床は、建て替え・介護施設開設の需要を喚起
注目すべきは面積基準を満たした完全型の療養病床
回復期リハビリテーション病棟等への移行も収益拡大の一策

4.施設基準届出状況にみる現在の診療報酬制度の問題と今後の病院収入
連携医療機関、人口ともに少ない地域では、急性期・手術の加算いずれも取得困難
「税負担なし補助あり」の病院と民間病院
医療保健業を行う非営利法人に関する税制一覧表(表)

5.2004年度診療報酬改定で注目を集めた項目の現状
急性期病院のための点数であった感が否めない「亜急性期入院医療管理料」
51施設にとどまる「ハイケアユニット入院医療管理料」算定病院

6.今後の病院収入の行方
2006年度診療報酬改定を占う
第5次医療法改正における医療計画制度の見直し
拡大が見込まれる自由診療・混合診療(特定療養費)


第2章 病院の分類別収入獲得の実態

1.大学附属病院と分院
高度医療の担い手として手術の加算を集める
医療機関が不足する地域では多様なニーズに対応
急性期入院加算も算定する首都圏の大学病院

2.国立病院機構(旧国立病院)
急性期や手術の加算を取得し収入確保、人件費率を40%代前半に
抑えられるか否かが鍵

3.自治体病院
地域中核病院として幅広い診療科の手術症例数を集める県立中央病院
市立病院が大学附属病院や県立病院等を圧倒する例も
都市部を中心にみられる機能特化型県立病院
離島・山間部において多様な役割を担う公立病院
自治体の財政難や市町村合併によって迎えた再編の時代

4.公的病院
好立地で多くの施設基準・加算要件を満たす日赤病院と
地域需要に応じた役割を果たす済生会
医療過疎地において急性期医療を担う厚生連病院と人口密集地の厚生連病院
改革が進められる全社連社会保険病院

5.民間急性期病院
目標は「急性期特定入院加算」「地域医療支援病院入院診療加算2」取得

6.大手民間病院グループ
豊富な資金力を背景に「先進医療」にも名乗りをあげる
地域で最大の医療法人が大規模病院グループに加わる
一等地にある市内最大規模の病院の目標は急性期入院加算算定
医療・福祉による地域への貢献が認められ全国規模の拡大を図り
国立病院の移譲を受ける

7.中小病院・クリニック
戦略的な一般病床199床
専門分野に特化することで患者と収益を確保する
県内で唯一の「同種腎移植術等」実施医療機関はクリニック


第3章 都道府県別医療環境と急性期・手術の届出状況例


1.全国(表)
2.ポイント換算の方法等
3.北海道
4.青森県
5.岩手県
6.宮城県
7.秋田県
8.山形県
9.福島県
10.茨城県
11.栃木県
12.群馬県
13.埼玉県
14.千葉県
15.東京都
16.神奈川県
17.新潟県
18.富山県
19.石川県
20.福井県
21.山梨県
22.長野県
23.岐阜県
24.静岡県
25.愛知県
26.三重県
27.滋賀県
28.京都府
29.大阪府
30.兵庫県
31.奈良県
32.和歌山県
33.鳥取県
34.島根県
35.岡山県
36.広島県
37.山口県
38.徳島県
39.香川県
40.愛媛県
41.高知県
42.福岡県
43.佐賀県
44.長崎県
45.熊本県
46.大分県
47.宮崎県
48.鹿児島県
49.沖縄県



第4章 関連資料

1.全国算定医療機関一覧(2005年6月1日現在)
◆他院との連携をベースにした急性期病院
急性期入院加算算定病院一覧
急性期特定入院加算算定病院一覧
地域医療支援病院入院診療加算2算定病院一覧

◆2004年度診療報酬改定で注目を集めた項目
亜急性期入院医療管理料算定病院一覧
ハイケアユニット入院医療管理料算定病院一覧

◆多様な手法でがんと向き合う病院
ポジトロン断層撮影(PET)算定病院・診療所一覧
高エネルギー放射線治療算定病院一覧
直線加速器による定位放射線治療算定病院一覧
緩和ケア病棟入院料(ホスピス)算定病院一覧

◆実施要件厳しい心疾患リハビリを行う病院
◆完全型の療養病床
療養病棟療養環境加算1算定病院一覧

2.施設基準届出条件(診療報酬算定要件)
◆病棟の急性期度
一般病棟Ⅰ群入院基本料1
急性期入院加算
急性期特定入院加算
地域医療支援病院入院診療加算2

◆救命救急医療
救命救急入院料(救命救急センターあり)
特定集中室治療管理料(ICUあり)
ハイケアユニット入院医療管理料(HCUあり)

◆病棟の特性を表す項目
回復期リハビリテーション病棟入院料(リハビリに特化した病棟)
亜急性期入院医療管理料(在宅復帰率60%以上の亜急性期一般病床)
療養環境加算(患者1人あたり病室面積が8㎡以上の一般・精神病床等)
緩和ケア病棟入院料(ホスピス)
入院時医学管理加算(常勤医数充実、他院との連携により入院医療に重点)
療養病棟療養環境加算1(完全型の療養病床)
短期滞在手術基本料1(日帰り手術)
短期滞在手術基本料2(1泊2日手術)
遠隔病理診断実施(テレパソロジーによる病理組織迅速顕微鏡検査)
遠隔画像診断
人工膵臓糖~尿病患者に対する高度医療~ 
ポジトロン断層撮影(保険によるPET検査実施)

◆脳神経外科
長期継続頭蓋内脳波検査
脳刺激装置植込術、頭蓋内電極植込術又は脳刺激装置交換術
頭蓋内腫瘤摘出術等
水頭症手術等

◆心臓血管外科・循環器科
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
両室ペースメーカー移植術(循環器科及び心臓血管外科)
埋込型除細動器移植術又は埋込型除細動器交換術
経皮的中隔心筋焼灼術
補助人工心臓
植込み型補助人工心臓
経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの)
ペースメーカー移植術、ペースメーカー交換術(電池交換を含む)
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
ペースメーカー移植術及び交換術
冠動脈、大動脈バイパス移植術及び体外循環を要する手術
経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動血栓切除術及び経皮的冠動脈ステント留置術
経皮的カテーテル心筋焼灼術
心疾患リハビリテーション

◆整形外科
脊髄刺激装置植込術又は脊髄刺激装置交換術
人工関節置換術
靭帯断裂形成手術等
母指化手術等
内反足手術等

◆呼吸器科
肺悪性腫瘍手術等

◆消化器科
食道切除再建術等

◆泌尿器科
尿道形成術等
同種腎移植術等

◆婦人科
子宮附属器悪性腫瘍手術等

◆甲状腺・副甲状腺
エタノール局所注入(甲状腺)
エタノール局所注入(副甲状腺)
バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉)

◆眼科
角膜移植術等
黄斑下手術等

◆耳鼻咽喉科
人工内耳埋込術
鼓室形成手術等
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等
上顎骨形成術等
上顎悪性腫瘍手術等

◆生体部分肝移植

◆放射線治療
高エネルギー放射線治療
直線加速器による定位放射線治療

内容見本
手術・検査・病棟施設基準にみる全国病院実態調査

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。