2006年版 環境リサイクル産業総覧(再生品市場編)

発刊日
2006/03/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 110頁
資料コード
C47113200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査概要:本調査は、環境リサイクル産業総覧として発刊をおこなっているシリーズの2冊目で「再生品市場編」と称し、
       マテリアルリサイクル事業の実態と再生品の将来展望について調査をおこなったものである。
調査対象:リサイクル処理;製造過程で生じた廃棄物、あるいは一度使用され不要となった物に加工を施し、原料化
       または製品化する処理。熱、ガス、電気等のエネルギー回収や、油化なども対象となる。
       再生品;再生品原料(ペレット、フレーク、シート等)、再生建築資材(再生砕石、舗装材、セメント原料、
       レンガ等)燃料(チップ、RPF、RDF、炭化材等)、高炉還元剤、パレット、衣類、家庭用雑貨、肥料、飼料、
       再生油、非鉄原料など価格がつけられて取引されるもの。
取り扱い廃棄物の分類
       ・廃プラ:廃プラスチック、プラスチック、ペットボトル
       ・木質系:木くず、剪定くず
       ・建築副産物(木質系除く):建設汚泥、アスファルト、廃塩ビ管、合成ゴムくず、ダンボール、壁紙、廃ウエス、
        ロープ類、畳、がらすくず、瓦、タイルくず、コンクリート塊、アスファルト塊、各種ボード
       ・食品:食品残渣、紙、動・植物性残渣
       ・有機系(食品・木質以外):2、3、4に該当しない廃棄物
       ・無機系(廃プラ、建設副産物除く):スチール缶、アルミ缶、金属くず、廃タイヤ、シュレッダーダスト、自動車、
        家電製品、電子事務機、液晶、プリント基板、パチンコ遊戯機、一次・二次電池、など1、3に該当しない廃棄物
       ・その他:上記以外の廃棄物
調査方法:弊社専門調査員による面談取材、電話取材及びアンケート調査を実施した。
調査期間:2006年1月 ~ 2006年3月

 

リサーチ内容

こちらのマーケットレポートは、会員制ライブラリー(YDB/ヤノ・データ・バンク)でご覧いただくことはできません。

Ⅰ.廃棄物再生品市場の現状

1.リサイクル法制の現状
  (1)廃棄物処理・リサイクル政策の法体系
  (2)リサイクル法制の現状
2.廃棄物排出・処理量の動向
  (1)一般廃棄物の排出・処理量の動向
  (2)産業廃棄物の排出・処理量の動向
  (3)品目別の排出・処理量の動向
  1 廃プラスチック
  2 木質系廃棄物
  3 建築副産物
  4 食品廃棄物
  5 その他の有機系廃棄物
3.「収集・運搬」「中間処理・リサイクル」の処理コスト
4.リサイクル再生品の販売状況
5.廃プラスチックの中間処理・リサイクル市場
  (1)廃プラスチックリサイクルの流れ
  (2)廃プラスチックリサイクルの処理方法別コスト
  (3)廃プラスチックリサイクルの処理方法別市場
  1 処理量ベースの市場(2003年、2004年(実績)、2005年(見込
  2 金額ベースの市場(2004年度(実績)、2005年度(見込))
  (4)廃プラスチックリサイクル品の販売価格
6.リサイクルの課題
7.今後注目が予想されるリサイクル再生品


Ⅱ.リサイクル処理事業者、リサイクル品製造・販売メーカ動向(個表;76社)

1.  アイセロ化学(株)
2.  旭化成ジオテック(株)
3.  旭川合材(株)
4.  (株)アルト
5.  (株)イイダ
6.  井尾ガラス(株)
7.  石坂産業(株)
8.  (株)イージーエス
9.  稲畑産業(株)
10. (株)井本砕石興業所
11. (株)イーユーピー
12. (株)イワタ
13. (株)江崎商店
14. (株)エフピコ
15. オリエント測器コンピュータ(株)
16. (株)柏エコプラザ
17. (株)金正陶器
18. (株)環境保全センター
19. (株)貴志安商店
20. (株)北日本環境保全
21. (株)九州北部サービス
22. (株)近畿環境開発
23. クリーンライフ(株)
24. 恵和興業(株)
25. 光陽産業(株)
26. 国興産業(株)
27. 札幌プラスチックリサイクル(株)
28. サニーメタル(株)
29. 山陽工営(株)
30. 三和製紙(株)
31. ジャニス工業(株)
32. ジャパン・リサイクル(株)
33. (株)昭南クリーン
34. 新和環境(株)
35. (株)鈴木商会
36. 鈴与商事(株)
37. (株)すばる産業
38. 成功開発(株)
39. 積水化学工業(株)
40. 積水化成品工業(株)
41. 曽根建(株)
42. 太平洋プレコン工業(株)
43. ダントー(株)
44. 千葉オイレッシュ(株)
45. 中国有機(株)
46. 東電環境エンジニアリング(株)
47. 都市産業(株)
48. 豊島硝子(株)
49. (株)富山環境整備
50. 豊田ケミカルエンジニアリング(株)
51. 中田屋(株)
52. 日鉱三日市リサイクル(株)
53. 日新石販(株)
54. 野村興産(株)
55. (株)ハーモニックス
56. (株)パイロットコーポレーション
57. 長谷虎紡績(株)
58. 早川ゴム(株)
59. 曳栄建設(株)
60. (株)姫路環境開発
61. フェニックスメタル(株)
62. 福井環境事業(株)
63. 福岡スプリットン工業(株)
64. (株)布施興業
65. (株)マルシン
66. (株)丸八
67. ミヤマ(株)
68. 三輪運輸工業(株)
69. 安建工業(株)
70. 安田金属(株)
71. 山口興産(株)
72. ユナイテッド計画(株)
73. (株)横山サポートテック
74. リス興業(株)
75. (株)リネス
76. ワタナベ工業(株)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。