21世紀医薬品流通革新調査報告

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/08/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 180頁
資料コード
C48105700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

 

 

第1章  ユーザー変革の現状と将来
●経営を持続できる病院・経営を持続できない病院

 

 

 

・開設者別で経営を持続できるかどうかを見極めることができなくなった
・これからの病院は規模ではなく、何を提供できるかだ
・地域ニーズを重視する病院、ブランド力で広域化する病院
・急性期病院の経営持続はDPCありきではない
●必要とされる診療所、必要とされない診療所

 

 

 

・診療報酬改定などで苦境に立たされる診療所
・看護師の安定確保が診療所の経営格差を拡大
・在宅から高度医療まで、多様化する診療所形態
・有床診療所はよみがえる
●地域で確固たる地位を築く薬局、衰退する薬局

 

 

 

・乱立から拠点化へ-問われる一人薬剤師薬局の存在
・調剤薬局チェーンの経営のあり方が変わる時代に
・ドラッグチェーンの調剤業務への本格参入で市場激変時代に突入
・日本の薬局は地域ニーズの変化に合わせた日本型薬局像を生み出す

第2章 医薬品流通市場の現状と将来

●価格競争からの脱却が出来るのか

 

 

 

・本当に前回の教訓を生かすことができるのか
・医薬品卸ばかりではなく、製薬企業も我慢できるのか
・価格競争の元凶、アローアンス
●医薬品需要の構造変化は進む

 

 

 

・ユーザーの採用薬剤絞込みで不透明感増す医薬品需要
・医療連携強化と薬剤選択
・増加する後発品需要
●医薬品卸の今後の流れを決める時期
●医薬品卸のグループ化

 

 

 

・競争力分析とカテゴリー分類
・葦の会の可能性
●PFI、SPDは医薬品卸の営業のあり方に、どのような影響を及ぼすのか
●共同購入の動きにいかにして対応するのか


第3章 医薬品卸が無くなる日

●医薬品卸は必要不可欠な存在なのか

 

 

 

・昔とは違う
・製薬企業の支援は今後も期待できるのか
・ユーザー変革の一歩先を
●MSの存在をどのように位置付けるのか

 

 

 

・ローコスト・オペレーションにMSは必要なし
・企業のカラーが確立しない
・情報機器の発達は業務のあり方を大きく変える
●医薬品卸が無くなる日

 

 

 

・毎年改定が及ぼす影響
・「価格競争」から「仕組みの競争」への転換-フィービジネスへの転換
・共同配送の可能性
・製薬企業直販の可能性
●注目市場の動向分析

 

 

 

・流通再編の最終局面の鍵を握るのか東北市場
・山は動くのか首都圏市場
・共創未来グループはシェアトップを奪取出来るのか中国市場
・独立系医薬品卸は現在の状況を堅持できるのか九州市場

第4章 製薬企業の流通政策の今後のあり方

●製薬企業の現場が変わった
●製薬企業は流通経費の効率化を促進
●これからの製薬企業の特約店担当者に必要なこととは

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。