2007年版 パン市場の展望と戦略

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/02/23
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 426頁
資料コード
C48200200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第Ⅰ章 注目業界動向

1.変貌するパン業界、次の売場と商品は

2.参入企業のビジネスパターンと変遷

3.コンビニフレッシュベーカリーは店内焼成が本格化

4.全国11,574店体制、セブンイレブンの焼き立てパンビジネス

5.競合激しい量販店パンコーナー、強いNBとは

6.有力ベーカリーは商品力と業態開発で差別化

7.ベーカリーカフェ、ベーカリーレストラン、カフェチェーンが市場に定着

8.ロングライフパンは販路拡大が商機に

9.冷凍パン生地市場は輸入品、高加工品で活性化

10.中食市場は堅調、駅ナカ店舗は一等地

11.底を打った量販店のインストアベーカリー

12.日本人の健康意識と食事への影響

13.学校給食は給食専門企業への民間委託進む

14.パンメーカーの材料仕入先ランキング

15.パン関連統計データ分析(商業統計表、工業統計表、米麦加工食品の生産動向調査)


第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.パンの総市場規模推移(2001~2005年度)~2005年度は1兆3,336億円

2.商品別市場構成比(2005年度)~菓子パンが4割超えの最大市場

3.末端チャネル別市場構成比(2005年度)~その他チャネルが急拡大

4.地域別市場構成比(2005年度)~関東は39.0%、近畿は19.1%

5.メーカーシェア(2005年度)~上位10社で占有率60.5%

6.商品別メーカーシェア(2005年度)
(1)食パン~上位3社で60%を占有
(2)食卓パン~フジパンと山崎製パンの2社が他社を大きくリード
(3)菓子パン~上位は大手ホールセールメーカーが独占
(4)デニッシュ~ベーカリー商材はシェア分散
(5)フランスパン~大手ベーカリーチェーンが上位にランクイン
(6)調理パン~コンビニベンダーが上位に進出
(7)冷凍パン生地~タカキベーカリーがトップ
7.全国地域別メーカーシェア(2005年度)
□全国
□北海道
□東北
□関東
□中部
□近畿
□中国
□四国
□九州
8.商品別動向
(1)食パン~メガヒット商品は安定、バラエティブレッドが好調
(2)食卓パン~食パンをシリーズ化し、こだわり商品で面展開図る
(3)菓子パン~ビッグヒット無く、PB対応でアイテム数増加
(4)デニッシュ~ベーカリーで主婦の購買を喚起
(5)フランスパン~裾野が広がりバラエティ化進む
(6)調理パン~食材の高級化、本格化が進行
(7)冷凍パン生地~コンパクトベイクオフシステムで小規模ユーザーが増加
9.末端小売動向分析
□コンビニ~フレッシュパンが更に拡大、店内焼成も増加
□量販店~食パンは減少傾向、バラエティブレッド等に健康志向を追う
□百貨店~店舗のS&B進み、高級ブランドベーカリーが安定
□一般小売店~メーカーの看板ショップルートは衰退の一途
□ベーカリー~冷凍生地利用チェーンは再考の余地
(1)コンビニのメーカーシェア~山崎製パンがトップシェア
(2)量販店のメーカーシェア~上位3社で70%
10.パンの消費動向分析

11.パン市場の拡大要因・阻害要因と2010年度展望

12.パンの総市場規模予測(2006~2010年度)~2010年度の市場規模は1兆3,495億円

13.パンメーカー業績ランキング
□売上高ランキング
□売上高伸び率ランキング
□税引後利益高ランキング
□税引後利益率ランキング
□従業員1人当り売上高ランキング
□従業員1人当り税引後利益高ランキング


第Ⅲ章 有力企業の市場戦略分析

1.事業の基本方針と方向性

2.商品政策(商品開発体制、商品開発ポイント、品揃え)

3.生産体制と衛生管理(HACCP、AIB)対策

4.焼き立てパン、冷凍パン生地への取組状況

5.直営店、FC店の出店状況

6.営業展開状況とコンビニ、量販店、生協との取引状況

7.販売促進策(キャンペーン、消費者対策)、物流対策

8.今後の市場戦略


第ⅠⅤ章 ベーカリーにおける商品開発と食材購買状況調査

1.店舗の特徴(立地、年商、従業員数、店舗面積、商品構成)

2.商品特徴(売れ筋商品と価格)

3.最近の特徴的な商品傾向

4.情報収集状況(新商品情報、食材情報の入手方法)

5.商品販売上の留意点

6.新商品発売状況、商品改廃のタイミング

7.消費者情報の収集方法

8.原材料の利用状況(原材料比率、原材料仕入れのポイント)

9.冷凍パン生地の使用状況とメーカーへの要望

10.原材料仕入先(メーカー、卸)に対する不満、要望

11.今後の原材料使用見通し


第Ⅴ章 主婦の食パン購入状況調査

□調査の実施概要と回答者属性

1.パン(全般)の購入状況
(1)パンの購入回数(1週間当たり)
(2)パンの購入個数(1回当たり)
(3)パンの購入金額(1回当たり)
2.パンの購入目的

3.よく購入する食パン

4.よく購入する食パンの購入理由

5.食パンをよく購入する売場

6.食パンを購入する時の店舗選択理由

7.食パンの食べ方

8.よく買う食パンのサイズ(枚数)

9.食パンを食べきる期間

10.適当と思う食パンの価格

11.食パンに対する不満・要望

12.今後購入したい食パン

13.今後購入したい食パンを選んだ理由

14.今後の食パンの購入見通し

□アンケートフォーム


第ⅤⅠ章 注目企業の個別実態(33社)

○イーグルデリカ~ローソン主力も取引先の多様化模索
○イケダパン~市場への対応力を強化し積極展開へ
○伊藤製パン~高級感を出したアッパーグレードの商品開発に注力
○オイシス~OISIS10を掲げ、10本の柱育成を課題に
○オリオンベーカリー~ホールセールの競合激化からLLパンの商品開発を強化
○カフェクロワッサン~ファストカジュアルカフェでブランド力を強化
○カワ~アメニティ重視の店舗展開で新機軸
○木村屋總本店~売れ筋定番品のリニューアルで商品力を強化
○銀嶺食品工業~『地ぱんプロジェクト』提唱でパン市場を活性化
○神戸屋~「Fresh & Pure」の深耕
○コモ~ワッフルとふっくらシリーズは生産キャパオーバー
○サラ秋田白神~安心・安全な商品提供をモットーに取引先を拡大
○サンジェルマン~ブランドイメージを再構築
○サンマルクホールディングス~2006年3月1日付けで業態別に分社化
○三味~今期のパン売上高は2桁成長
○敷島製パン~Pascoのブランドイメージ・企業イメージの昂進へ
○ジャパンフレッシュ~工場再編も終り、経営基盤を強化・深耕
○白石食品工業~“地産地消”で商品力を強化
○第一屋製パン~海の食パン、山の食パンで定番コーナーを確保
○Dining~関西で大ブレイクする“なおきのぱん工房”
○タカキベーカリー~2007年春、リテイルサポート事業で関東進出
○たけや製パン~高齢者、健康志向に向けてNBを強化
○トオカツフーズ~上位取引先への絞込みで競争力を強化
○ドンク~中期5ヵ年計画、再び成長路線へ
○日糧製パン~地域密着戦略でブランドイメージを向上
○ブーランジェリーエリックカイザージャポン~パンのある新たなライフスタイルを提供
○フジパン~2006年7月、持株会社制へ移行
○フジフーズ~品質体制の強化と商品開発力で業績拡大を図る
○フランソア~ホールセール事業が回復、菓子パン・デザート類が牽引
○マイカルカンテボーレ~高度に標準化、早期に100店舗体制へ
○美坂屋~地元に根ざした企業として、一歩一歩前進する
○山崎製パン~ベストクォリティ・ベストサービスを実践
○横浜ポンパドウル~「販売技術資格制度」の導入で店舗力を強化


第ⅤⅠⅠ章 全国主要製パン企業名鑑(379社)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。