2006年版 PCO・TCO・燻蒸サービスの市場実態と中期展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/08/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 315頁
資料コード
C48203000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第Ⅰ章 マーケットの最新関連動向

1.都市圏における公衆衛生行政
~ネズミ・カラスへの対応~
2.ビルメンテ業界における衛生管理動向
~ビル衛生管理法改正から3年~
3.輸入農産物防疫の現状
~増加する農産物輸入で高まる危機~
4.畜舎の衛生管理状況
~防疫と安全性追求との間で~
5.臭化メチル代替剤の普及状況
~モントリオール議定書により2005年全廃発効~
6.DEET代替剤の研究動向
~実験報告により代替ニーズ高まる~
7.関係省庁の取組み状況
~安全衛生行政は規制強化の方向~
(1)厚生労働省
(2)農林水産省
(3)環境省

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.PCO・TCO・燻蒸サービス総市場
(1)市場概況と総市場規模(2002~2006年度見込み)
-1.オペレーション市場
-2.薬剤市場
(2)総市場構成比(2005年度)
-1.オペレーション市場
-2.薬剤市場
(3)PCO&TCO・燻蒸サービス主要参入企業の業界フロー
(4)防除対象分野別市場規模(2005年度)
(5)末端需要分野の概況
  • 小売店舗・飲食業
  • ホテル
  • 医薬品製造業
  • 病院
  • オフィスビル
  • 輸入農産物防疫
  • 畜舎・農場
  • 食糧貯蔵庫
  • その他
(6)現状の課題点と業界中期展望
-1.法規制の強化、化学物質使用の禁止
-2.新分野の開拓、コンサルティングの重視
-3.市場の縮小傾向、訪販の問題
-4.その年の気象条件によって大きく左右される
-5.過当競争傾向が強いこと
-6.周辺サービスの強化、充実化
-7.害虫駆除から環境整備へ
-8.技術力のアップ、人材育成
-9.二極分化の進行
-10.PL法(製造物責任法)の問題
(7)市場規模予測(2006~2010年度)
-1.オペレーション市場
-2.薬剤市場

2.オペレーション市場分析
(1)PCO(Pest Control Operator)市場
-1.市場概況(防除対象害虫と施設&法規制)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造と特徴
-4.主要参入企業動向
-5.薬剤・防除技術の方向性
-6.現状の課題点
(ⅰ)自動化・効率化の推進、トータルサニテーションの提案
(ⅱ)受注の小型化傾向、価格競争(過当競争)の激化
(ⅲ)クマネズミに対する防除方法の開発
(ⅰⅴ)業務提携
(ⅴ)薬剤不要の駆除・防除技術の開発
(ⅴⅰ)薬剤メーカーへの積極的提案、新しい機器開発
(ⅴⅰⅰ)防除ノウハウの蓄積
-7.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)
(2)TCO(Termites Control Operator)市場
-1.市場概況(防除対象害虫と施設&法規制)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造と特徴
-4.主要参入企業動向
□(社)日本しろあり対策協会会員一覧
-5.薬剤・防除技術の方向性
-6.現状の課題点
(ⅰ)訪販の落ち込み
(ⅱ)シロアリ被害の減少化
(ⅲ)悪質リフォームのトラブルによる市場への悪影響
(ⅰⅴ)薬剤の使用制限
(ⅴ)新しいシステム住宅の開発
(ⅴⅰ)営業力の拡大・人材の育成
(ⅴⅰⅰ)提携の強化、顧客管理の徹底化
(ⅴⅰⅰⅰ)施工時間の短縮化や先端機器の導入
(ⅰⅹ)薬剤を使用しない防虫・防菌方法
-7.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)
(3)燻蒸サービス市場
-1.市場概況(防除対象害虫と施設&法規制)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造と特徴
-4.主要参入企業動向
□全国植物防疫協会くん蒸消毒実施者登録一覧表
-5.薬剤・防除技術の方向性
-6.現状の課題点
(ⅰ)規制緩和が年次進んでいること
(ⅱ)検疫不合格貨物が減少化していること
(ⅲ)臭化メチルの使用が制限され、薬剤を出来るだけ使わない方向性にあること
(ⅰⅴ)機器の開発
(ⅴ)植物防疫法違反事例の発生
(ⅴⅰ)新輸送手段の開発
(ⅴⅰⅰ)労務管理の重要性
-7.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)

3.関連薬剤・資機材市場分析
(1)公衆衛生害虫駆除剤市場(殺鼠剤、シロアリ駆除関連剤、他)
-1.市場概況(防除対象害虫と施設)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造と特徴
-4.主要参入企業動向
□日本しろあり対策協会認定しろあり防除薬剤等一覧
□日本しろあり対策協会防蟻材料および施工一覧
□日本しろあり対策協会物理的工法登録一覧
-5.現状の課題点
(ⅰ)環境にやさしい薬剤開発
(ⅱ)薬剤の量を画期的に減らす製品開発
(ⅲ)薬剤効力の持続性保持
(ⅰⅴ)低臭性薬剤の開発、選択的薬剤の開発
(ⅴ)薬剤市場が年次急激に落ち込んでいること
(ⅴⅰ)喫食性の向上
(ⅴⅰⅰ)クマリン系薬剤を超える薬剤開発
(ⅴⅰⅰⅰ)手間のかからない薬剤、機器との組み合わせ薬剤の開発
(ⅰⅹ)IGR剤(昆虫成長阻害剤)の開発
(ⅹ)天然系原料を使用した製品開発
(ⅹⅰ)ピレスロイド系薬剤、ワルファリンの耐性を克服した製品開発
-6.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)
(2)忌避剤市場
-1.市場概況(防除対象害虫と施設)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造と特徴
-4.主要参入企業動向
-5.現状の課題点
(ⅰ)薬剤から物理的方法へのシフト
(ⅱ)天然素材使用の忌避剤
(ⅲ)ネズミ、ゴキブリを寄せ付けない忌避剤の開発
-6.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)
(3)殺菌・除菌・防カビ剤市場
-1.市場概況(防除対象害虫と施設)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造と特徴
-4.主要参入企業動向
-5.現状の課題点
(ⅰ)品揃えの充実化
(ⅱ)新たな用途開発
(ⅲ)安全性の向上、残留性がないもの
(ⅰⅴ)トータルサニテーション化
-6.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)
(4)燻蒸剤市場
-1.市場概況(防除対象害虫と施設)
-2.市場規模推移(2002~2006年度見込み)
-3.業界構造の特徴
-4.主要参入企業動向(メーカー、製品名、他)
-5.現状の課題点
(ⅰ)環境への配慮(出来るだけ薬剤を使わない方向)
(ⅱ)コストダウン、ノウハウの蓄積
(ⅲ)臭化メチルの使用制限と臭化メチルに代替する薬剤の開発
-6.市場展望と市場規模予測(2006~2010年度)
(5)関連資機材市場
-1.噴霧器(市場概況&参入企業動向)
-2.作業・防護服(市場概況&参入企業動向)
-3.防護マスク(市場概況&参入企業動向)
-4.捕虫機・殺虫機(市場概況&参入企業動向)
-5.ベイトガン関連(市場概況&参入企業動向)
-6.その他新規機材(市場概況&参入企業動向)

第Ⅲ章 マーケットの需要動向分析と展望

1.ビルメンテ企業
(1)有力ビルメンテ企業一覧
(2)委託状況
-1.害虫駆除・殺菌・消毒管理の実施状況
-2.実施中の害虫駆除・殺菌・消毒管理の実施頻度
-3.実施中の害虫駆除・殺菌・消毒管理の年間コスト
(3)サービス業者への要望点
(4)今後の害虫駆除・殺菌・消毒管理の見通し
-1.害虫駆除・殺菌・消毒管理の今後の作業見通し
-2.害虫駆除・殺菌・消毒管理の今後の作業委託予定
2.貨物取扱業者
(1)有力貨物取扱業者一覧(海運・航空貨物)
(2)委託状況
-1.害虫駆除・殺菌・消毒管理の実施状況
-2.実施中の害虫駆除・殺菌・消毒管理の実施頻度
-3.実施中の害虫駆除・殺菌・消毒管理の年間コスト
(3)サービス業者への要望点
(4)今後の害虫駆除・殺菌・消毒管理の見通し
-1.害虫駆除・殺菌・消毒管理の今後の作業見通し
-2.害虫駆除・殺菌・消毒管理の今後の作業委託予定
3.畜舎関連管理団体
(1)畜舎関連管理団体一覧
-1.全国家畜保健衛生所
-2.有力畜産業者
(2)委託状況
-1.害虫駆除・殺菌・消毒管理の実施状況
-2.実施中の害虫駆除・殺菌・消毒管理の実施頻度
-3.実施中の害虫駆除・殺菌・消毒管理の年間コスト
(3)サービス業者への要望点
(4)今後の害虫駆除・殺菌・消毒管理の見通し
-1.害虫駆除・殺菌・消毒管理の今後の作業見通し
-2.害虫駆除・殺菌・消毒管理の今後の作業委託予定

第ⅠⅤ章 有力参入企業の個別実態

【PCO・TCO・燻蒸サービス参入企業】
□株式会社アサンテ 
~訪販規制などで全体として厳しい落ち込み~
□イカリ消毒株式会社 
~PCO最大手業者で機械化システムを積極的に進めている~
□関東白蟻防除株式会社 
~予防工事を主体に大手ハウスメーカーに強味~
□関東港業株式会社 
~燻蒸事業にあるが文化財燻蒸にも協力度を増している~
□国際衛生株式会社 
~燻蒸サービスへの働度アップとともに食品衛生市場に参入~
□株式会社サニックス 
~収益の柱であるHS事業部門が大幅な減少へ~
□三共消毒株式会社 
~PCO主体の取り組みで飲食業・病院向けに注力~
□中部資材株式会社 
~輸入植物燻蒸と文化財燻蒸を展開するも減少化~
□テクノ化成株式会社 
~輸入植物燻蒸サービスをメインにPCO分野も展開~
□株式会社ユニビオ(旧、日東エース) 
~大手ハウスメーカーからのTCO予防工事がメイン事業~
【PCO・TCO・燻蒸用薬剤・資材卸販売企業】
□神栄産業株式会社 
~防疫商社として薬剤主体に機器、資材も積極的に拡販~
□鵬図商事株式会社 
~ペイトジェルを積極的に拡販、情報提供も積極的~
□ヤシマ産業株式会社
~PCO、TCO供に自社ブランド薬剤を持つが、市場の落ち込みの影響が強い~
【PCO・TCO・燻蒸用薬剤・資材メーカー】
□アース環境サービス株式会社 
~コンサルテーションを主体に年次拡大を図る~
□株式会社児玉商会 
~児玉会を組織してTCOでは確固とした地位を占める~
□三共ライフテック株式会社 
~薬剤の販売のみでなく床下環境改善施工まで積極的に手がける~
□シントーファイン株式会社 
~TCO薬剤、PCO薬剤のシェアメーカーであるが、減少化傾向~
□住友化学株式会社 
~PCO分野の原体ではトップシェア、TCO分野の原体でも30%のシェア~
□ダウ・ケミカル日本株式会社 
~シロアリ防除ではベイト剤を使った『セントリコン・システム』を進めている~
□日本農薬株式会社 
~アリピレスを主体にTCO分野に注力~
□バイエルクロップサイエンス株式会社
~『マックスフォースジェルK』を積極的に展開、TCO薬剤でもトップシェア
□フマキラー・トータルシステム株式会社
~PCO、TCO共に薬剤の品揃えは豊富であり業務用100%~
□三井化学クロップライフ株式会社 
~TCO薬剤はVOCを低減した製品開発など積極的~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。