カーボンニュートラル事業テーマ20 ~脱炭素視点で新事業を考える~

パリ協定、SDGsの採択やESG投資の拡大によって、まさに今、企業は気候変動への適切な対応が求められている。低/脱炭素化の大きなうねりの中にはいくつものビジネスチャンスが潜んでいるが、それに気づき、取り組みをスタートさせている企業はまだ多くない。そこで、“カーボンニュートラル”という視点で未来を見据え、ビジネスを構想するという新しい切り口をここに示し、新事業・開発テーマを探る。

発刊日
2018/10/16
体裁
A4 / 23頁
資料コード
R60200701
PDFサイズ
2.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

10,800
10,000
800
21,600
20,000
1,600
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2018年6月~2018年7月

リサーチ内容

Introduction

今年の夏は特に暑かった。多くの人が猛暑や豪雨など気候の変化を肌で感じたであろうし、自然災害の脅威を目の当たりにしたかもしれない。しかしほとんどの方はおそらく、気候変動対策は政府や自治体の仕事であって自分には直接関係がないと思っている。あるいは「環境」はCSRであってカネにならないと思っている。
本レポートはそんな方にも是非ご一読いただきたい。世界はすでに脱炭素へ向けて動き出しているし、この分野への投資は成長につながるという見方が有力になってきている。たしかに少し先の長い話ではあるが、脱炭素社会が到来したとき、あなたの今のビジネスモデルはこれに耐え得るだろうか。自信をもってYesと答えられないのなら、共に新たなビジネスを探求してみませんか。“カーボンニュートラル”はビジネスチャンスだ。

脱炭素視点でビジネスを構想する

常識は変わる。もし、将来二酸化炭素を出せなくなったら…世界は、日本の産業は、企業は、あなたはどう変わるだろうか?起こり得る変化、訪れるかもしれない未来について、一度考えを巡らせてみてはどうだろう―できれば誰かと共に。
“カーボンニュートラル”という視点で未来を見据え、ビジネスを構想するという新しい切り口をここに示したい。現在の枠組みにとらわれない柔軟な発想を引き出すために、脱炭素視点が使えないだろうか。


目次

1.いま、世界は脱炭素へ
2.脱炭素とビジネス
 カーボンプライシングに備えよ
 先進企業のしていること
 カーボンニュートラルビジネス事例
3.カーボンニュートラルへの道と分野別ニーズ
4.脱炭素視点でビジネスを構想する
 カーボンニュートラル事業テーマ20
〔付録〕reactionする ~気になる・関心のある事業テーマへの投票~

図表

気候変動を巡る状況が一変
炭素はいくら?
先進企業のしていること
企業によるCO2排出状況(製造業A社の場合)
〔参考〕CO2排出の概況を知る
先進カーボンニュートラルビジネス事例
カーボンニュートラルへの道
分野別カーボンニュートラル化のニーズ
未来の輪郭
カーボンニュートラル事業テーマ20

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

10,800
10,000
800
21,600
20,000
1,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。