2011年版 中古車流通総覧

東日本大震災の影響で中古車需要が高まるなど、中古車市場に対する関心が高まっております。本調査レポートでは、中古車関連企業への直接訪問を通じ、中古車買取市場、オークション市場を始めとする中古車関連有力企業の戦略等、中古車関連の各市場を多角的に徹底分析致しました。

発刊日: 2011/11/30 体裁: A4 / 421頁
資料コード: C53111200 PDFサイズ: 3.1MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:中古車流通市場で活躍する有力企業への直接訪問、ユーザーへのアンケート等を通じ、中古車流通市場の動向を把握・分析すると同時に今後の中古車流通市場の趨勢を読み取ることを目的として実施した。
調査対象:自動車メーカー、自動車ディーラー、オークション・入札会開催業者、中古車販売業者、自動車買取専門業者、自動車ユーザー、等
調査方法:直接面談取材・電話・メール取材・アンケートを併用。過去実施の調査データ、業界団体・官公庁等調査資料からの考察。
調査期間:2011年7月 ~ 2011年11月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 中古車流通市場の実態を定量的、定性的に表した業界唯一のレポート
  • 流通構造が変化する中古車市場を俯瞰的に捉え、将来を展望
  • 中古車小売市場規模をはじめとした2010年の中古車流通実態をフロー図で明らかに
  • 主要中古車流通関連事業者の戦略を分析(個表35社掲載)

■本資料の概要

第1章 車両保有動向、新車販売市場が中古車流通市場へ与える影響
第2章 中古車輸出市場の変化が中古車流通市場に与える影響
第3章 新車ディーラーにおける中古車販売戦略
第4章 中古車買取業者の現状
第5章 オークション流通市場の現状
第6章 中古車小売市場の現状
第7章 中古車流通市場の全体像
第8章 有力中古車関連企業個表

■掲載内容

第1章 車両保有動向、新車販売市場が中古車流通市場へ与える影響

第1節 自動車保有動向
  1-1. 自動車保有台数の推移
  1-2. 車両使用年数の長期化と車齢の高齢化
  1-3. 自動車買い替えサイクルの長期化
第2節 新車販売動向
  2-1. 新車販売台数の推移
  2-2. 新車市場と中古車市場の関連性
  (新車購入補助制度と東日本大震災が中古車市場へ与えた影響)
第3節 中古車登録動向
  3-1. 中古車登録台数の推移
  3-2. 中古車小売実態と乖離が進む中古車登録台数

第2章 中古車輸出市場の変化が中古車流通市場に与える影響

第1節 中古車輸出動向
  1-1. 中古車輸出台数の推移
  1-2. 新興国需要を背景に持ち直す中古車輸出市場
第2節 中古車輸出市場が国内市場に与える影響
  2-1. オークション市場を底支えする中古車輸出業者
  2-2. 放射線測定が必要となる中古車輸出と市場に与える影響
  2-3. 流通量減少の中で激しさを増す国内小売業者との車両獲得競争

第3章 新車ディーラーにおける中古車販売戦略

第1節 メーカー各社における中古車販売戦略
  1-1. ディーラー中古車事業支援策を拡充する自動車メーカー
  1-2. トヨタ自動車の中古車戦略
  1-3. 日産自動車の中古車戦略
  1-4. 本田技研工業の中古車戦略
第2節 新車ディーラーにおける中古車戦略
  2-1. 新車ディーラーにおける中古車事業の位置付け
  2-2. 良質車両の流出元となる新車ディーラー
  2-3. 新車ディーラーにおける中古車販売台数
  2-4. 新車ディーラーによる中古車販売の展望

第4章 中古車買取業者の現状

第1節 中古車買取市場の動向
  1-1. 仕入競争激化に伴い利幅が低下する中古車買取業者
  1-2. 重要さが増す中古車買取事業の方向性策定
  1-3. 中古車買取市場規模の推移
第2節 主要買取専門店の戦略分析と市場展望
  2-1. 主要買取専門店の店舗展開
  2-2. 主要買取専門店の戦略と方向性
    2-2-1.ガリバー(運営:(株)ガリバーインターナショナル)
    2-2-2.ラビット(運営:(株)R&W)
    2-2-3.アップル(運営:アップルオートネットワーク(株))
    2-2-4.カーチス(運営:(株)カーチス)
    2-2-5.ユーポス(運営:(株)ユーポス)
    2-2-6.カーセブン(運営:(株)カーセブンディベロプメント)
  2-3. 日本自動車流通研究所の活動
  2-4. 中古車買取市場の展望

第5章 オークション流通市場の現状

第1節 オークション市場の全体像
  1-1. オークション市場の成り立ちと中古車市場での役割
  1-2. オークション市場の出品成約台数の推移
  1-3. オークション成約車両の状況
    1-3-1.車両登録状況の推定
    1-3-2.中古車流通台数の減少により上昇する成約単価
    1-3-3.台数が減少する低走行車両
    1-3-4.低年式化が急激に進むオークション市場
    1-3-5.急上昇するリユース車両比率
    1-3-6.オークション市場における未使用車取引状況
    1-3-7.減少が続く売れ筋車両の成約台数
    1-3-8.成約価格が急騰する売れ筋車両
    1-3-9.成約車両から見るオークション動向
  1-4. スクラップインセンティブの影響を受けたリユースオークション
    1-4-1.アンケート概要
    1-4-2.リユースオークション開催状況
    1-4-3.リユースオークション出品成約台数の推移
    1-4-4.リユースオークション市場規模の算出
    1-4-5.リユースオークションの展望
  1-5. 地域・系列別に見たオークション市場
    1-5-1.吸引力を持つ大都市圏のオークション市場
    1-5-2.系列で見るオークション市場
第2節 オークション関連企業の動向と市場動向
  2-1. 整理統合段階に入りつつあるオークション会場
  2-2. 寡占化されたオークション市場
  2-3. 影響力を増す場外落札システム
    2-3-1.オークション開催企業における場外落札システムの展開
    2-3-2.提携会場戦略と形態
    2-3-3.応札代行システム
    2-3-4.場外落札比率の推移
    2-3-5.中古車販売業者の戦略と合致する即時落札サービス
  2-4. 車両検査基準の統一に向けたオークション市場の動き
  2-5. 日本オートオークション協議会の活動
  2-6. オークション関連有力企業の方向性
    2-6-1.(株)ユー・エス・エス(USS)
    2-6-2.(社)日本中古自動車販売協会連合会(JU)
    2-6-3.(株)トヨタユーゼック(TAA)
    2-6-4.(株)シーエーエー(CAA)
    2-6-5.(株)ジェイ・エー・エー(JAA)
    2-6-6.荒井商事(株)(アライオートオークション)
    2-6-7.(株)オークネット(オークネット)
    2-6-8.(株)オートサーバー
  2-7. オークション市場の現状と展望
第3節 入札会市場
  3-1. リースアップ車両中心に取引される入札会
  3-2. リースアップ車両の発生状況
  3-3. 入札会の動向
    3-3-1.入札会出品成約台数の推移
    3-3-2.入札会出品車両の特徴
  3-4. 入札会市場の展望

第6章 中古車小売市場の現状

第1節 中古車販売事業者における販売状況
  1-1. 中古車販売事業者数の推移
  1-2. 中古車在庫台数の推移
  1-3. 流通台数が減少する中、低年式過走行化の進む中古車小売市場
  1-4. 中古車販売事業者向けアンケート概要
  1-5. 中古車流通量が減少する中、激化する中古車仕入競争
  1-6. 中古車販売店における中古車小売状況
  1-7. 必須となる在庫の適正化に向けた取組みとインターネットサイトの活用
  1-8. 中古車販売店における小売手法とディーラー対抗策
  1-9. 未使用車市場の動向
  1-10. 在庫リスクを低減させる共有在庫市場の台頭と委託販売の可能性
  1-11. 需要が高まる車両品質評価
  1-12. 中古車販売店から見た仕入販売状況への意見(アンケート自由回答)
    1-12-1.仕入状況に対する自由意見
    1-12-2.販売状況に対する自由意見
  1-13. 日本中古自動車販売協会連合会の活動
第2節 中古車購入ユーザーの動向
  2-1. ユーザー向けアンケート概要
  2-2. 新車購入ユーザーと中古車購入ユーザーの比較
    2-2-1. 購入価格
    2-2-2. 購入時における比較検討車両と買い替え車両
    2-2-3. 代替車両の引渡先
    2-2-4. 代替車両の使用年数
    2-2-5. 初回車検委託先の意向
  2-3. 新車購入ユーザーの動向
    2-3-1. 新車購入理由
    2-3-2. 購入店舗
    2-3-3. 購入店舗選定理由
  2-4. 中古車購入ユーザーの動向
    2-4-1. 中古車購入理由
    2-4-2. 購入車両の年式
    2-4-3. 購入車両の走行距離
    2-4-4. 購入店舗
    2-4-5. 購入店舗選定理由
    2-4-6. 購入時における主な情報源
    2-4-7. 購入時の買い回り行動
    2-4-8. 購入時における実車確認状況
    2-4-9. 商品評価の付加状況と購入者における活用状況
    2-4-10. 商品保証の付加状況
    2-4-11. 購入時の付加商品
第3節 中古車小売市場の展望
第4節 中古車小売市場規模の推計

第7章 中古車流通市場の全体像

第1節 2010年における中古車流通フロー
第2節 中古車流通市場の展望

第8章 有力中古車関連企業個表

1. オークション・入札会関連有力企業
  荒井商事株式会社
  株式会社いすゞユーマックス
  株式会社オークネット
  株式会社オートサーバー
  JU岐阜羽島オートオークション(岐阜県中古自動車販売商工組合)
  株式会社シーエーエー
  株式会社ジェイ・エー・エー
  システムロケーション株式会社
  株式会社ゼロ
  株式会社トヨタユーゼック
  株式会社日産ユーズドカーセンター
  株式会社ベイオーク
  株式会社ホンダユーテック
  株式会社ユー・エス・エス
2. 中古車買取業者
  アップルオートネットワーク株式会社
  株式会社R&W
  株式会社カーセブンディベロプメント
  株式会社カーチスホールディングス
  株式会社ガリバーインターナショナル
  株式会社ユーポス
3. 中古車販売事業者
  株式会社オールフロンティア
  株式会社ケーユー
  株式会社高須自動車
  中部自動車販売株式会社
  東京オート株式会社
  豊長自動車販売株式会社
  株式会社トラスト(TRUST CO.,LTD .)
  株式会社ハナテン
  株式会社ベネック
4. その他事業者
  株式会社カービュー
  株式会社カーリンク
  ニッポンメンテナンスシステム株式会社
  株式会社ファブリカコミュニケーションズ
  株式会社プロトコーポレーション
  株式会社リクルート
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C51106500 2009年版 中古車流通総覧
C56116400 2015年版 中古車流通総覧
C53101900 2011年版 振動・熱電発電デバイス市場の現状と将来展望
C50117200 2009年版 自動車リースの現状と展望
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場