2006年版 家庭用厨房・給湯・暖房機器市場の最新動向と中期展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/09/15
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 389頁
資料コード
C48203700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
440,000
400,000
40,000
660,000
600,000
60,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

総論:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場の現状と展望

 

 

◆厨房・給湯・暖房機器市場を取り巻く家庭用エネルギー環境
◆家庭用厨房機器市場の現状と展望
◆家庭用給湯器市場の現状と展望
◆家庭用暖房機器市場の現状と展望

第1章:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場を取り巻く環境

1.家庭用厨房・給湯・暖房機器の市場背景

 

 

 

1)人口・世帯数の動向
2)住居に係る家計消費の動向
3)新築住宅市場の動向
4)住宅リフォーム市場の動向
2.家庭用エネルギー市場の動向

 

 

 

1)家庭におけるエネルギー消費
2)エネルギー関連の法制度・行政施策
3)電力・ガス小売の自由化の影響
4)太陽光発電システムの普及動向
5)家庭用燃料電池コージェネシステムの開発動向

第2章:エリア別にみる家庭用エネルギー状況

1.北海道エリア

 

 

 

1)北海道エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
2.東北エリア

 

 

 

1)東北エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
3.関東エリア

 

 

 

1)関東エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
4.北陸エリア

 

 

 

1)北陸エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
5.中部エリア

 

 

 

1)中部エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
6.近畿エリア

 

 

 

1)近畿エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
7.中国エリア

 

 

 

1)中国エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
8.四国エリア

 

 

 

1)四国エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
9.九州エリア

 

 

 

1)九州エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
2)オール電化の普及状況
3)電力会社による普及促進への取り組み
4)ガス会社のオール電化対策の取り組み
10.電力・ガス事業者の事業戦略

 

 

 

北海道電力株式会社
~新設戸建のオール電化が前年度56%増と顕著な伸び~

東北電力株式会社
~オール電化住宅が5ヶ月で1万戸を達成し累計11万戸に~

東京電力株式会社
~本格的な取り組みから2年間で新築オール電化率は10%に~

中部電力株式会社
~日本有数の住宅需要拡大地域をバックにオール電化住宅急増を目指す~

関西電力株式会社
~サブユーザーとの提携によるオール電化普及の仕組みづくりに注力~

中国電力株式会社
~オール電化住宅が累計で20万戸を突破~

四国電力株式会社
~電気温水器拡販体制をベースにオール電化を普及~

九州電力株式会社
~オール電化の先駆企業は3年後に50万戸のオール電化住宅達成を目標に~

仙台市ガス局
~新料金プランの提案でガスの普及を図る~

東京ガス株式会社
~“新しいガスの良さ”の啓蒙活動に邁進~

大阪ガス株式会社
~サービス店・関係会社・アライアンス企業との“オールガス陣営”で展開~

四国ガス株式会社
~2010年の天然ガス転換完了を目指す~

西部ガス株式会社
~様々なイベント演出でエコジョーズの普及を図る~

広島県LPガス協会
(1)県内のLPガス業界の概要
(2)電化の攻勢状況と営業展開

第3章 家庭用厨房機器の市場動向

1.家庭用厨房機器の市場概況

2.IHクッキングヒーター市場の動向

 

 

 

1)市場規模
2)メーカーシェア
3)参入各社の事業戦略
<松下電器産業>
<三菱電機ホーム機器>
<日立アプライアンス>
4)IHクッキングヒーターの課題・問題点
5)IHクッキングヒーターの今後の展望
3.ガスコンロ市場の動向

 

 

 

1)市場規模
2)メーカーシェア
3)参入各社の事業戦略
<リンナイ>
<パロマ>
<ハーマン>
4)ガスコンロ市場の課題・問題点
5)ガスコンロ市場の今後の展望

第4章 家庭用給湯器の市場動向

1.家庭用給湯器の市場概況

2.エコキュート市場の動向

 

 

 

1)市場規模
2)メーカーシェア
3)参入各社の事業戦略
<コロナ>
<三菱電機>
<ダイキン工業>
<日立アプライアンス>
4)エコキュート市場の課題・問題点
5)エコキュート市場の展望
3.ガス式給湯器の市場動向

 

 

 

1)市場規模
2)メーカーシェア
3)参入各社の事業戦略
<ノーリツ>
<リンナイ>
<高木産業>
<大阪ガス>
<東京ガス>
4)ガス給湯器市場の課題
5)ガス給湯器市場の展望

第5章 家庭用暖房機器の市場動向

1.蓄熱式電気暖房器市場の動向

 

 

 

1)市場規模推移
2)地域別市場規模
3)商品タイプ別状況
4)メーカーシェア
5)地域別メーカーシェア
-1.北海道
-2.東北
-3.北陸
6)参入各社の事業戦略
7)市場の課題・問題点
8)今後の方向性
2.電気床暖房市場の動向

 

 

 

1)住宅用の市場規模
2)需要動向
3)メーカーシェア
4)参入企業の事業戦略
<大建工業>
<松下電工>
<永大産業>
<ジェイ・ビー・エイチ>
5)市場の課題・問題点
6)今後の方向性
3.温水床暖房市場の動向

 

 

 

1)温水床暖房器の定義
2)温水床暖房の商品概要
3)市場規模推移と需要動向
4)住宅用温水床暖房の市場規模
5)参入各社の事業戦略と業界構造
<東京ガス>
<大阪ガス>
6)市場の課題・問題点
7)今後の市場展望

第6章 有力機器メーカーの事業戦略

 

 

 

 

 

◇永大産業株式会社
~住宅メーカー向け販売に強みを発揮~

◇グレン・ディンプレックス・ジャパン株式会社
~蓄熱暖房機器の急成長メーカー~

◇ジェイ・ビー・エイチ株式会社
~ベンチャー系床暖房メーカーで営業拠点を積極展開~

◇新日本石油株式会社
~電気式床暖房と家庭用燃料電池の普及を目指す~

◇積水ホームテクノ株式会社
~総合住設商社のポジションで厨房・給湯機器を販売~

◇大建工業株式会社
~戸建住宅中心の展開。設備ルートの販売強化~

◇高木産業株式会社
~商品開発力を武器にエコジョーズのラインナップ充実を図る~

◇株式会社長府製作所
~全熱源にわたる商品構成で省エネ型商品の普及を目指す~

◇日本スティーベル株式会社
~高性能蓄熱暖房機の全国普及を図る~

◇株式会社ノーリツ
~給湯器トップメーカーは高付加価値商品の展開に注力~

◇株式会社白山製作所
~高齢社会にやさしい「操作性の優れた蓄熱暖房機」の普及を目指す~

◇株式会社パロマ
~ガス厨房器の先進メーカーはエコジョーズ普及にも注力~

◇日立アプライアンス株式会社
~オールメタル型IHと多機能エコキュートで電化機器の拡販を~

◇北海道電機株式会社
~北海道で70%のシェア。電力会社系列子会社と共同で販売~

◇松下電工株式会社
~ナショナルブランドの総合力で商品、営業力を発揮~

◇三菱電機ホーム機器株式会社
~三菱電機の家電ノウハウを武器にソフト訴求でIHクッキングヒーターの拡販を図る~

◇リンナイ株式会社
~トップメーカーとしてガス機器の普及に尽力~


第7章 サブユーザーにおける各機器の採用実態

1.調査概要

2.住宅供給戸数

3.厨房機器の採用実態

 

 

 

 

1)採用決定権者
2)熱源別の採用比率
3)サブユーザーによる推奨
4)推奨する理由
4.厨房機器の採用実態

 

 

 

1)採用決定権者
2)熱源別の採用比率
3)サブユーザーによる推奨
4)推奨する理由
5.床暖房の採用実態

 

 

 

1)採用決定権者
2)熱源別の採用比率
3)サブユーザーによる推奨
4)推奨している理由
6.太陽光発電システムに対する見解

7.家庭用燃料電池に対する見解

8.エネルギー供給会社、厨房・給湯・暖房機器メーカーに対する意見・要望

9.アンケート調査票

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
440,000
400,000
40,000
660,000
600,000
60,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。