2006-2007 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/09/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 102頁
資料コード
C48300800
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

Ⅰ パワー半導体の市場概況
Ⅰ.Ⅰ パワー半導体の市場動向
Ⅰ.Ⅱ パワー半導体の市場規模推移
Ⅰ.Ⅲ パワー半導体のデバイス別構成比
Ⅰ.ⅠⅤ パワー半導体の需要分野別構成比
Ⅰ.Ⅴ パワー半導体のメーカシェア
Ⅰ.Ⅴ パワー半導体の参入メーカ一覧

Ⅱ パワー半導体の搭載動向
Ⅱ.Ⅰ 民生機器
Ⅱ.Ⅰ.Ⅰ 民生機器用パワー半導体の採用動向
Ⅱ.Ⅱ 情報・通信
Ⅱ.Ⅱ.Ⅰ 情報・通信機器用パワー半導体の採用動向
Ⅱ.Ⅲ 自動車
Ⅱ.Ⅲ.Ⅰ 車載用半導体の市場動向
Ⅱ.Ⅲ.Ⅱ 車載用パワー半導体の採用動向

Ⅲ パワー半導体のメーカ戦略
Ⅲ.Ⅰ Philips Semiconductors
Ⅲ.Ⅰ.Ⅰ 第4世代品となるパワーMOSFETを2005年Q4から出荷
Ⅲ.Ⅰ.Ⅱ Smart MOSFETの製品ラインナップを強化

Ⅲ.Ⅱ Infineon Technologies
Ⅲ.Ⅱ.Ⅰ 車載向けパワーMOSFETは欧州市場でトップシェア
Ⅲ.Ⅱ.ⅡCoolMOSと第2世代SiCダイオードで新規需要分野拡大を狙う
Ⅲ.Ⅲ STMicroelectronics
Ⅲ.Ⅲ.Ⅰ 低圧系パワーMOSFETが民生・自動車分野で順調な伸び
Ⅲ.Ⅲ.Ⅱ パワー半導体事業について次々と提携を発表

Ⅲ.ⅠⅤ International Rectifier
Ⅲ.ⅠⅤ.Ⅰ 情報機器から白物家電までマルチチップモジュールを供給
Ⅲ.ⅠⅤ.Ⅰ 車載向けパワーMOSFETをISA、EPSなどに出荷

Ⅲ.Ⅴ 新電元工業
Ⅲ.Ⅴ.Ⅰ 高圧系パワーMOSFETを中心に出荷

Ⅲ.ⅤⅠ サンケン電気
Ⅲ.ⅤⅠ.Ⅰ FPD向けパワーMOSFET/IGBTが拡大中
Ⅲ.ⅤⅠ.Ⅱ 車載分野でリレーからの置換え需要を狙う

Ⅲ.ⅤⅠⅠ 富士電機デバイステクノロジー
Ⅲ.ⅤⅠⅠ.Ⅰ HEV車向けIGBTモジュールを2006年から本格的に事業化
Ⅲ.ⅤⅠⅠ.Ⅱ 車載用パワーMOSFETが好調に推移

Ⅲ.ⅤⅠⅠⅠ 日立製作所
Ⅲ.ⅤⅠⅠⅠ.Ⅰ エアコン向け高耐圧ICの分野ではトップシェア

Ⅲ.ⅠⅩ 東芝
Ⅲ.ⅠⅩ.Ⅰ 2005年よりSJ構造のMOSFETをサンプル出荷開始
Ⅲ.ⅠⅩ.Ⅰ 加賀東芝に8インチウェハのパワー半導体工場を新設

Ⅲ.Ⅹ 三菱電機
Ⅲ.Ⅹ.Ⅰ HEV向けIGBTでトップシェアを維持
Ⅲ.Ⅹ.Ⅱ CSTBTの量産開始とSiCパワーMOSFETの開発

ⅠⅤ パワー半導体の市場拡大要因分析
ⅠⅤ.Ⅰ FPD
ⅠⅤ.Ⅱ エアコン
ⅠⅤ.Ⅲ パソコン
ⅠⅤ.ⅠⅤ EPS(電動パワーステアリング)
ⅠⅤ.Ⅴ 車載用LED(ヘッドランプ)
ⅠⅤ.ⅤⅠ HEV
ⅠⅤ.ⅤⅠⅠ 車載用モーター

Ⅴ パワー半導体の市場展望
ⅠⅤ.Ⅰ パワー半導体の需要分野別可能性分析
ⅠⅤ.Ⅰ.Ⅰ 民生分野
ⅠⅤ.Ⅰ.Ⅱ 自動車分野
ⅠⅤ.Ⅱ パワー半導体における将来の技術要件
ⅠⅤ.Ⅱ.Ⅰ 低損失化
ⅠⅤ.Ⅱ.Ⅱ 素子開発
ⅠⅤ.Ⅲ パワー半導体の市場規模予測

ⅤⅠ 添付資料(半導体市場の概況)
 
図表目次
図 1 パワー半導体の概要
図 2 パワー半導体の市場規模推移(1999年-2005年 金額ベース ワールドワイド)
図 3 パワー半導体のデバイス別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
図 4 パワー半導体の需要分野別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
図 5 パワー半導体のメーカシェア(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
図 6 車載用半導体の市場規模推移(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
図 7 自動車1台当たりの半導体コスト推移(1998年-2005年)
図 8 車載用半導体の種類別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
図 9 車載用半導体の制御系別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
図 10 自動車におけるパワー半導体の種類
図 11 用途別パワーMOSFETの採用区分
図 12 PhilipsにおけるパワーMOSFETの性能推移
図 13 パワーMOSFETの世代別オン抵抗比較
図 14 LFPACKの構造
図 15 CoolMOSの性能比較(600V品 オン抵抗)
図 16 CoolMOSの性能比較(600V品 オン抵抗と容量の積)
図 17 ST社の半導体事業における分野別構成比(2005年 金額ベース)
図 18 ST社におけるパワー半導体の構成比(2005年通期 金額ベース)
図 20 IR社の業績推移
図 21 IR社のエリア別構成比(2005年 金額ベース)
図 22 売上高に占めるパワーMOSFETの割合(2005年 金額ベース)
図 23 Direct FETパッケージの構造図
図 24 セグメント別売上高推移(2002年度-2006年度見込み 金額ベース)
図 25 サンケン電気における売上高推移
図 26 サンケン電気における半導体デバイスの需要分野別構成比
図 27 パワー半導体の種類別構成比(2005年度 金額ベース)
図 28 富士電機デバイステクノロジーにおけるIGBTのロードマップ
図 29 富士電機デバイステクノロジーにおけるパワーMOSFETロードマップ
図 30 富士電機デバイステクノロジーにおけるスマートMOSFETロードマップ
図 31 富士電機デバイステクノロジーにおけるパワーICロードマップ
図 32 スマートMOSFET・IPDのサイズ推移
図 33 日立製作所におけるパワー半導体のデバイス別構成比(2005年度 金額ベース)
図 34 日立製作所におけるパワー半導体の変遷
図 35 パワーMOSFETのオン抵抗推移
図 36 PDPのパワー半導体の構成
図 37 PDPとLCDの市場規模推移と予測(2001年度-2002年度 ワールドワイド)
図 38 国内におけるルームエアコン出荷数量推移とインバータ化率
図 39 世界のルームエアコン出荷数量推移(2000年-2005年 数量ベース)
図 40 MPU用電源の仕様ロードマップ
図 41 デバイス技術のロードマップ
図 42 回路・制御技術のロードマップ
図 43 パソコンの市場規模推移(2000年-2005年 ワールドワイド 数量ベース)
図 44 パソコンの市場規模推移(2000年-2005年 ワールドワイド 数量ベース)
図 45 EPSの市場規模推移(2000年-2006年見込み 数量ベース ワールドワイド)
図 46 EPS用パワーMOSFETの需要分析
図 47 LEDの分野別構成比
図 48 HEVの市場規模予測(2005年-2015年 ワールドワイド 数量ベース)
図 49 車載用モーターの市場規模推移(2003年度-2006年度 国内生産市場 数量ベース)
図 50 車載用モーターの用途別構成比(2005年 国内生産市場 数量ベース)
図 51 民生分野におけるパワー半導体の市場規模予測(2005-2015年 ワールドワイド)
図 52 自動車分野におけるパワー半導体の市場規模予測(2005-2015年 ワールドワイド)
図 53 パワー半導体の市場規模予測(2005-2015年 ワールドワイド 金額ベース)
図 54 パワー半導体の需要分野別構成比推移(2005年-2015年 金額ベース)
図 55 世界半導体市場推移(1999年-2005年 金額ベース)
図 56 世界半導体市場・エリア別構成比推移(1999年-2006年 金額ベース)
図 57 世界半導体市場・需要分野別構成比
表 1 パワー半導体の市場規模推移(1999年-2005年 金額ベース ワールドワイド)
表 2 パワー半導体のデバイス別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
表 3 パワー半導体の需要分野別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
表 4 パワー半導体のメーカシェア(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
表 5 パワー半導体メーカの製造拠点一覧
表 6 民生機器におけるパワー半導体の採用事例
表 7 情報・通信機器のMPU電源回路におけるパワーMOSFETの数
表 8 車載用半導体の市場規模推移(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
表 9 自動車1台当たりの半導体コスト推移(1998年-2005年)
表 10 車載用半導体の種類別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
表 11 車載用半導体の制御系別構成比(2005年実績 ワールドワイド 金額ベース)
表 12 自動車向けパワー半導体の用途と搭載箇所
表 13 PhilipsにおけるパワーMOSFETの性能推移
表 14 ST社の半導体事業における分野別構成比(2005年 金額ベース)
表 15 ST社におけるパワー半導体の構成比(2005年通期 金額ベース)
表 16 IR社の業績推移(2001年-2005年 金額ベース)
表 17 セグメント別売上高推移(2002年度-2006年度見込み 金額ベース)
表 18 サンケン電気における半導体製品別売上高推移
表 19 サンケン電気における半導体デバイスの需要分野別構成比
表 20 パワー半導体の種類別構成比(2005年度 金額ベース)
表 21 日立製作所におけるパワー半導体のデバイス別構成比(2005年度 金額ベース)
表 22 パッケージ比較
表 23 PDPにおけるパワー半導体ロードマップ
表 24 PDPとLCDの市場規模推移と予測(2001年度-2002年度 ワールドワイド)
表 25 国内におけるルームエアコン出荷数量推移とインバータ化率
表 26 世界のルームエアコン出荷数量推移(2000年-2005年 数量ベース)
表 27 EPSの市場規模推移(2000年-2006年見込み 数量ベース ワールドワイド)
表 28 EPS用パワーMOSFETの需要分析
表 29 車載用LEDの採用車種および使用個数(2005-2006年
表 30 リアリンプにおけるLEDの搭載車種(2005-2006年)
表 31 車載用LEDの搭載箇所と特徴
表 32 HEVの市場規模予測(2005年-2015年 ワールドワイド 数量ベース)
表 33 車載用モーターの市場規模推移(2003年度-2006年度 国内生産市場 数量ベース)
表 34 車載用モーターの用途別構成比(2005年 国内生産市場 数量ベース)
表 35 民生分野におけるパワー半導体の市場規模予測(2005-2015年 ワールドワイド)
表 36 自動車分野におけるパワー半導体の市場規模予測(2005-2015年 ワールドワイド)
表 37 次世代素子を使ったパワー半導体の開発状況
表 38 次世代素子のパワー半導体における現状比較
表 39 パワー半導体の市場規模予測(2005-2015年 ワールドワイド 金額ベース)
表 40 パワー半導体の需要分野別構成比推移(2005年-2015年 金額ベース)
表 41 世界半導体市場推移(1999年-2005年 金額ベース)
表 42 世界半導体市場・エリア別構成比推移(1999年-2006年 金額ベース)
表 43 世界半導体市場・需要分野別構成比

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。